名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・ハンケの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ハンケのプロフィール

ジョン・ハンケ。アメリカの経営者、エンジニア。「Niantic(ナイアンティック)」CEO(最高経営責任者)。テキサス州出身。テキサス大学オースティン校卒業、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得。Archetype Interactiveを経てThe Big Network、Keyhole、ナイアンティックなどを設立。著書に『ジョン・ハンケ 世界をめぐる冒険』。

ジョン・ハンケの名言 一覧

会社としてのゴールは、AR(拡張現実)を活用した様々なサービスを生み出すための技術的な基盤(プラットフォーム)を提供することにあります。ゲーム(ポケモンGO)はそのスタート地点にすぎません。たとえば小売業との連携を検討してもいい。私が成し遂げたいのは、身の回りの商品の脱コモディティー(汎用品)化です。シャツでもジャケットでも、日々接する商品は本当に安く売られるようになっています。しかし大量生産された安価な商品を漫然と買う時代は終わり、今後は商品知識を深めたうえで買う時代になるはずです。ARを使えば、買い物を単なる「商品を入手する行為」ではなくて、「商品にまつわるストーリーに耳を傾け、学びを得る体験」に変えられます。最近はARに適した専用端末も開発が進んでいます。本格普及に向けて、我々も着実に歩みを進めていきたいと思います。


AR(拡張現実)というと「カメラで撮影した現実世界の画像に、(人気キャラクターの)ピカチュウのようなデジタル画像を合成すること」と捉えられがちです。しかしARは画面上の視覚的な体験にとどまりません。デジタル技術によって現実世界をより便利な場所にしていく、あるいは両者の垣根をできるだけ取り払っていく取り組み、そのすべてを指し示す言葉なのです。


ポケモンGOは一時的な流行で終わると眉をひそめる人もいましたが、今も多くのファンが楽しんでいます。「ただのゲーム」が、これだけ現実世界に影響を及ぼすと分かった意義は大きいでしょう。ポケモンGOはAR(拡張現実)を生かすゲームです。ゲームそのものより、遊ぶために人々が現実世界で外出し、自分の周りの世界の面白さに気づくきっかけになったのが支持の理由だと思います。


ジョン・ハンケの経歴・略歴

ジョン・ハンケ。アメリカの経営者、エンジニア。「Niantic(ナイアンティック)」CEO(最高経営責任者)。テキサス州出身。テキサス大学オースティン校卒業、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得。Archetype Interactiveを経てThe Big Network、Keyhole、ナイアンティックなどを設立。著書に『ジョン・ハンケ 世界をめぐる冒険』。

他の記事も読んでみる

小倉昌男

世間がそうだから、外国がそうだからでなく、なぜ、うちの会社はこうしなきゃならないか、自分で論理的にちゃんと組み立てられないとダメ。今、何が本当に大事なのか、それを選択して、はっきり示す、決断力がいる。


西浦三郎

我々は大手ではありません。自己資本も多くないため、大手と同じことをやっていたら必ず負けてしまいます。ですから常によそのやらないことをやろうと考えています。だからといって奇をてらったことをやるのではなく、当たり前のことを当たり前にやっていく。これを徹底しています。


桜井博志

周囲は「どうせダメなんだから、(社長を)やらせてみよう」という感覚だったと思います。旭酒造は、誰も経営をやりたがらない会社だった。だから、逆にやる気になりましたね。


小林佳雄

大きな成功を手に入れなければ次のエネルギーが湧いてこないと思われている方もおりますが、そんなことはありません。小さな勝利の実感、小さな進歩で良いのです。仕事の大変な面や嫌なことばかりに目が行くかもしれませんが、とんでもなく進歩している自分に気付いていないだけなのです。


中原淳

仕事を行うに当たり、多種多様の問題に直面することは多いのですが、それぞれにふさわしい対応策をとって乗り越えていき、成功も失敗もします。それらを通じて、のちの仕事に役立つ経験を積んでいきます。じつは重要なのはここからで、こうした実践や経験を折に触れて振り返り、今後の自分に役立つものは何かという内省を行う必要があるのです。そして、その後の仕事に役立つ教訓を導き出すことも重要です。


石田礼助(石田禮助)

俺はマンキー(山猿)だよ。マンキーが勲章さげた姿見られるか。見られやせんよ、キミ。
【覚書き|国鉄総裁在任中、勲一等叙勲を辞退したときの発言。】


張本邦雄

リフォームは20年ないし30年に1度しかやらないものです。だからこそ、お客様には最適な選択をしてもらいたい。当社や競合の商品を見てもらって、納得して選んでほしいのです。


阿川佐和子

こちらに伝えたいことがある場合も、やはり重要なのは、先に相手の話をきちんと聞くこと。たとえ自分に関係ない内容であっても、話をおもしろがって聞いてあげるのが正解。人は一方的にしゃべっていると、だんだんと「自分だけが話をしてなんだか悪いな」という気になってきます。ましてやそれまで自分の話を楽しそうに聞いてくれていた人に対しては、マイナスの感情は持ちませんから、今度はこっちが聞いてあげようという流れに自然となるのです。


勝間和代

無駄な努力は、努力をしていない時間よりもタチが悪い。


藤原弘治

まずは人を育て、組織を鍛える。金融業は製造業と異なり目に見えないものであり、人そのものがサービスだ。長時間労働の是正はもちろんのこと、成長と挑戦の機会を与え、個が輝き、豊かな人間性を育む土壌を根づかせたい。


樋口裕一

自分の価値観を確認し、強化することばかりやっていると、やがて正しいのは自分だけで、それ以外にもいろいろな見方や考え方があることが、わからなくなってきます。


堀之内九一郎

私は1か月ほど前から毎朝、会社の玄関の掃除をしています。他の社員よりも30分早く出社して、箒で掃いて、床を拭いて、ワックスもかけて、ピカピカにしています。私が掃除をはじめた数日後には、他の社員も早く出社して私と一緒に掃除をするようになりました。さらに数日後には私よりも早く来て掃除を済ませようとする社員も現れました。私が朝の掃除をはじめたのは社員の意識を変えたかったから。より良い方向に会社を成長させるためには、売り上げさえ伸ばせばいい、という考え方ではいけない。ほかにも大切なことがある、ということを強く意識させるために私がやって見せようと思ったんです。