名言DB

9429 人 / 110879 名言

ジョン・ハンケの名言

twitter Facebook はてブ

ジョン・ハンケのプロフィール

ジョン・ハンケ。アメリカの経営者、エンジニア。「Niantic(ナイアンティック)」CEO(最高経営責任者)。テキサス州出身。テキサス大学オースティン校卒業、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得。Archetype Interactiveを経てThe Big Network、Keyhole、ナイアンティックなどを設立。著書に『ジョン・ハンケ 世界をめぐる冒険』。

ジョン・ハンケの名言 一覧

会社としてのゴールは、AR(拡張現実)を活用した様々なサービスを生み出すための技術的な基盤(プラットフォーム)を提供することにあります。ゲーム(ポケモンGO)はそのスタート地点にすぎません。たとえば小売業との連携を検討してもいい。私が成し遂げたいのは、身の回りの商品の脱コモディティー(汎用品)化です。シャツでもジャケットでも、日々接する商品は本当に安く売られるようになっています。しかし大量生産された安価な商品を漫然と買う時代は終わり、今後は商品知識を深めたうえで買う時代になるはずです。ARを使えば、買い物を単なる「商品を入手する行為」ではなくて、「商品にまつわるストーリーに耳を傾け、学びを得る体験」に変えられます。最近はARに適した専用端末も開発が進んでいます。本格普及に向けて、我々も着実に歩みを進めていきたいと思います。


AR(拡張現実)というと「カメラで撮影した現実世界の画像に、(人気キャラクターの)ピカチュウのようなデジタル画像を合成すること」と捉えられがちです。しかしARは画面上の視覚的な体験にとどまりません。デジタル技術によって現実世界をより便利な場所にしていく、あるいは両者の垣根をできるだけ取り払っていく取り組み、そのすべてを指し示す言葉なのです。


ポケモンGOは一時的な流行で終わると眉をひそめる人もいましたが、今も多くのファンが楽しんでいます。「ただのゲーム」が、これだけ現実世界に影響を及ぼすと分かった意義は大きいでしょう。ポケモンGOはAR(拡張現実)を生かすゲームです。ゲームそのものより、遊ぶために人々が現実世界で外出し、自分の周りの世界の面白さに気づくきっかけになったのが支持の理由だと思います。


ジョン・ハンケの経歴・略歴

ジョン・ハンケ。アメリカの経営者、エンジニア。「Niantic(ナイアンティック)」CEO(最高経営責任者)。テキサス州出身。テキサス大学オースティン校卒業、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得。Archetype Interactiveを経てThe Big Network、Keyhole、ナイアンティックなどを設立。著書に『ジョン・ハンケ 世界をめぐる冒険』。

他の記事も読んでみる

福沢諭吉

慈悲の情に乏しく、廉恥の心を失い、道理の世界を逸して財貨をむさぼることを「吝」と名付け、一身一家の生計を綿密に立てて外見の見栄を張らないことを「倹」と言う。


兒玉義則

お客様のニーズの変化に対して、シンプルにお応えし続けることが、売上げにつながる。


細谷英二

会議では、事前に位置づけを明確にしておくことが重要です。会議といっても、方針決定の会議、情報共有化の会議、ときには不満をガス抜きする会議もあります。議論するのにあたって、幹の部分を決めておかないと、往々にして情緒的な枝葉の話で論理転換してしまいます。


佐藤浩市

期待していたのとは、現場の事情が違ったとしても、角度を変えて探せば、別のやりがいが見えてくるかもしれない。そんな努力すら放棄して、ただ単に「こんなの楽しくない」「思っていたよりも面白くない」とグチるだけでは、その先にチャンスは巡ってこない。


松本大

後継者の条件はイエスマンじゃないことです。どれだけ優秀でも、私の言うことを何でも聞き入れる人では、会社は成長しません。時には噛みついてくるくらいの人がいい。


篠原欣子

いまいる環境で一生懸命に取り組むことで、仕事の面白さややりがいが見つかり、明日が見えてくる。


ダン・ケネディー

専門知識をタダで与えてしまえば売り物にはできない。私の経験から言っても、アドバイスやアイデア、情報、サービスをタダでもらってしまうと、人はそれを十分に生かせない。きちんと金を請求した方が相手のためでもあるのだ。時間を割いた以上は、金を請求する。この姿勢を貫けば貫くほど、商売は繁盛するようになった。


和地孝

人間を評価することはそんなに簡単なものではありません。私は「アソシエイト経営」と言っていますが、社員一人一人がアソシエイトとして「自立」と「自律」をもって、マネジメントの主役になってください。そして、社員同士が議論しあうことで、新しい価値を生み出していきましょうということです。【覚書き:アソシエイト=仲間。外資系企業では役職なしの基幹業務に従事する従業員のこと】


ケインズ

経済哲学および政治哲学の分野では、25歳ないし30歳以後になって新しい理論の影響を受ける人は多くはなく、したがって官僚や政治家やさらには扇動家でさえも、現在の事態に適用する思想はおそらく最新のものではない。


野口吉昭

愚直に繰り返すというと精神論に聞こえるかもしれませんが、習慣をマネジメントするポイントさえつかめれば、誰でも正しい努力を継続させることができます。習慣化するための条件として欠かせないのは、手段そのものを好きになることです。