名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジョン・ハンケの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ハンケのプロフィール

ジョン・ハンケ。アメリカの経営者、エンジニア。「Niantic(ナイアンティック)」CEO(最高経営責任者)。テキサス州出身。テキサス大学オースティン校卒業、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得。Archetype Interactiveを経てThe Big Network、Keyhole、ナイアンティックなどを設立。著書に『ジョン・ハンケ 世界をめぐる冒険』。

ジョン・ハンケの名言 一覧

会社としてのゴールは、AR(拡張現実)を活用した様々なサービスを生み出すための技術的な基盤(プラットフォーム)を提供することにあります。ゲーム(ポケモンGO)はそのスタート地点にすぎません。たとえば小売業との連携を検討してもいい。私が成し遂げたいのは、身の回りの商品の脱コモディティー(汎用品)化です。シャツでもジャケットでも、日々接する商品は本当に安く売られるようになっています。しかし大量生産された安価な商品を漫然と買う時代は終わり、今後は商品知識を深めたうえで買う時代になるはずです。ARを使えば、買い物を単なる「商品を入手する行為」ではなくて、「商品にまつわるストーリーに耳を傾け、学びを得る体験」に変えられます。最近はARに適した専用端末も開発が進んでいます。本格普及に向けて、我々も着実に歩みを進めていきたいと思います。


AR(拡張現実)というと「カメラで撮影した現実世界の画像に、(人気キャラクターの)ピカチュウのようなデジタル画像を合成すること」と捉えられがちです。しかしARは画面上の視覚的な体験にとどまりません。デジタル技術によって現実世界をより便利な場所にしていく、あるいは両者の垣根をできるだけ取り払っていく取り組み、そのすべてを指し示す言葉なのです。


ポケモンGOは一時的な流行で終わると眉をひそめる人もいましたが、今も多くのファンが楽しんでいます。「ただのゲーム」が、これだけ現実世界に影響を及ぼすと分かった意義は大きいでしょう。ポケモンGOはAR(拡張現実)を生かすゲームです。ゲームそのものより、遊ぶために人々が現実世界で外出し、自分の周りの世界の面白さに気づくきっかけになったのが支持の理由だと思います。


ジョン・ハンケの経歴・略歴

ジョン・ハンケ。アメリカの経営者、エンジニア。「Niantic(ナイアンティック)」CEO(最高経営責任者)。テキサス州出身。テキサス大学オースティン校卒業、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得。Archetype Interactiveを経てThe Big Network、Keyhole、ナイアンティックなどを設立。著書に『ジョン・ハンケ 世界をめぐる冒険』。

他の記事も読んでみる

遠藤功

ロジックはひとつではありません。一人一人に、その人なりのロジックがあります。ロジック偏重の人は、こういう視点が抜け落ちているのです。


小笹芳央

現状のままでは危ない。築き上げてきたものを壊し、リストラをしなくてはならないこともある。存亡をかけた戦いに挑むために、「今の苦境を乗り越えたらどうなるのか」というビジョンを含めた強いメッセージを発信することもリーダーには求められる。


松井忠三

要は段取り。最初から6時までに仕事を終えようと思えばできるのです。最初から、これは無理だ、残業するしかないなと思ってしまうと、夜の10時、11時までかかってしまう。だったら7時に終わりと全社的に決めてしまえば、7時に終わるように段取りをするのです。


村口和孝

新規事業は、既存市場であるか新規市場であるかによって若干様相は異なるものの、他人様である顧客と、同じく他人様である仕入先、競合先を相手に事業を立ち上げてゆくのだから、必ず計画通りなどは行かず、まず間違いなく当初の計画は失敗する。私の経験では100%失敗すると言っても良い。


ヘンリー・フォード

今こそ大きなチャンスの時である。だがそれを知っている人は実に少ない。


大橋博(教育者)

自ら志を立て、行動していくことで、人は成長していく。


落合寛司

立川南口支店長に就任したとき、相談業務を始めました。税金で困っている方やバブル崩壊の影響により経営改善で困っている方など、何かあったら言ってくださいと。専門家を紹介した経営改善を進めていった結果、1年半で預貸の合計残高を86億円にすることができました。この経験が今の「お客様支援センター」というコンサルタント業務の入口につながりました。


穂村弘

パブリックイメージって、どんなにズレていても、覆すのが難しいですよね。僕、藤圭子が好きなんだけど、何かの本の中で本人は「黒髪で人形のようなって絶対に言われる。でもデビューの時、私は茶髪だった」って。そういえば確かに茶髪だったんです。でも僕の脳内でも黒髪になっている。明らかに事実とズレていても払拭できないイメージがあって。


小林陽太郎

偏見だと非難されても、自分の意見を持ち勇気をもって発言することを恐れないでほしい。それなしでは、従来なかった技術、従来なかった発想などは生まれない。


茅野亮

新規事業は失敗を恐れていてはできない。手掛ける仕事の10分の1も成功すればいい。


中谷巌

資本主義の本質をいろいろ分析していくうちに、気が付いたことがあります。西洋が引っ張ってきた資本主義社会というのは、市場によって価値を「交換」させることによって成り立っています。逆に言えば、市場で交換できないものは価値がない、とするわけです。しかし、家族同士の愛情とか、地域社会の助け合いとか、人と人との絆とか、市場で交換できないものはたくさんあります。そうしたものがないがしろにされてきた結果、コミュニティが崩壊し、社会が荒れてきました。このあたりで一度立ち止まって、このままでいいのだろうか、と議論を始めないといけないと思います。


三木雄信

人間の脳が一度に把握できる数は「7」と言われています。机の上の硬貨が何枚か置いてあっても、その数を普通の人が一目で確認できるのは7枚程度までなのです。8ケタの電話番号を記憶しようとしてもなかなか覚えられず、何か語呂合わせを考えて記憶しようとするのも、こうした理由があるからなのでしょう。だから仕事の計画に10項目以上の細かな内容を詰め込んで、メンバーと共有しようと思っても、それはどだい無理な話なのです。