名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・ハム(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ハム(経営者)のプロフィール

ジョン・ハム。アメリカの経営者。ライブ動画配信サービス「Ustream」創業者の一人。カリフォルニア州出身。リバーサイド技術専門学校卒業後、ウェストポイント陸軍士官学校に入学。同校でユーストリーム共同創業者のブラッド・ハンスタブル、ジュラ・フェヘルと出会う。卒業後、アメリカ陸軍少尉になり、在韓米軍基地で第19戦域支援司令部司令長官補佐を務めたのち退役。その後、ユーストリームを創業。

ジョン・ハム(経営者)の名言 一覧

起業家に最も重要なものを一つ挙げろと言われれば、志に尽きると思います。


はじめは理解されにくくても、本当に必要なサービスは世の中に受け入れられる。


幸い当社の創設者は3人とも非常にプラス思考の人間で、我々は恐怖心ではなく可能性にフォーカスして経営しています。


志が高ければ高いほど大きな結果を生み出すことができる。


恐怖心はプラス思考で克服することができます。たとえ恐怖心があっても、恐怖や失敗を恐れてはなりません。


自分に誠実であることが大切です。自分に対しての誠実さが欠けていると長期的につじつまが合わなくなります。


ビジョンや実行力など起業家に求められる要素は沢山ありますが、志がなければ様々な苦難を乗り越えることができません。


シリコンバレーの魅力を一言で表せば、「Dream」です。アップルやグーグル、フェイスブックなど、夢を実現して成功している会社の例が沢山あります。そこにさらに夢を持った技術者や起業家、投資家が集まってきます。夢を大きく抱いて様々な苦難を乗り越えて実現していく。そういう考えの似た人間が集まるということが、今のシリコンバレーを作り上げています。


一番嬉しいのは、沢山の素晴らしい社員に恵まれていることです。もちろん自分自身の挑戦も大きな喜びですが、自分にとって最大の喜びというのは社員の笑顔だと思います。


ジョン・ハム(経営者)の経歴・略歴

ジョン・ハム。アメリカの経営者。ライブ動画配信サービス「Ustream」創業者の一人。カリフォルニア州出身。リバーサイド技術専門学校卒業後、ウェストポイント陸軍士官学校に入学。同校でユーストリーム共同創業者のブラッド・ハンスタブル、ジュラ・フェヘルと出会う。卒業後、アメリカ陸軍少尉になり、在韓米軍基地で第19戦域支援司令部司令長官補佐を務めたのち退役。その後、ユーストリームを創業。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

日本の家電メーカーはライフサイクルが短いのが問題です。マイナーチェンジの新製品が多すぎる。たとえばカメラでも3カ月に1回、商品を替える必要が本当にあるのか。そのたびに値段が5割ぐらい上がるでしょう。お客様にどこを伝えればいいのかがわからない新製品が多く、すごく悩んでいます。


羽生善治

仮に批評や批判が的を射たものであったとしても、実践と、それを控室やテレビで見ているのとでは、プレッシャーも緊張感も違うのですから、もちろん参考にはしますが、かなり割り引いて聞いています。気にしすぎなのはよくないですね。


千本倖生

第二電電(のちのKDDI)立ち上げのとき、稲盛(和夫)さんにはしかられっぱなしでした。「電電公社の考え方を捨てろ」と何度も怒鳴られながら経営者の思考を学びました。


ロマン・ロラン

病気はためになることが多い。肉体を病めることによって魂を解放し、浄(きよ)める。一度も病気をしたことのない者は十分に自己を知っているとはいえない。


川野幸夫

最初に一番苦労したのは人材の確保。今は関東で150店以上を持つチェーンだが、当時はわずか5店舗で、全く知られていない。人事担当が連れてきた学生を、私自身が一生懸命口説くしかなかった。


和地孝

人とお会いするとき、私は何かしら自分の向上にプラスになるものを得たいと思って接しています。そして、話の中で印象深かったことをお礼状で触れるのです。相手も自分の話が役に立ったことを素直に喜んでくれるでしょう。


南場智子

要職に就くということはその責任からして大変なことです。男性も物凄い競争を経て、苦労して、やっと要職に就けるのですから、女性も上にいくからには、その苦労を、激務を、ちゃんと経験してほしいと思います。


ジェリー・ドリザス

日本法人社長になったとき、まず日本のお客様が自動車をどのように見ているか、自動車とどのような接点を持っているかを把握し直すところから始めました。日本のお客様の特性を理解したうえで、我々は何をしていくべきかを考えたのです。


角田秋生

受験対策市場に足を踏み入れる気はありません。自分で勉強する力や新しい課題を解こうとする力、解く方策を知るのが公文です。教室に来て勉強した子供の中には、特別な大学受験対策をしなくても志望校に入れる子がいますし、それでいいと考えています。


山田満(経営者)

人の真似は面白くない。誰も作らないような独創性のある製品を作った方が楽しい。


守安功

ほんの数人が新しいものを生み出し、とんでもない価値を生み出す例はいくらでもあります。モバゲーにせよ、怪盗ロワイヤルにせよ、開発したのは5人ほどのチームですから。


桑原祐

マッキンゼーでは「文書をつくるときに、いきなりパワーポイントやワードに向かうな。まずは手書きしろ」とよく言われます。思考というのは、最初から整理されているわけではないのです。「あんなこともある」「こんなこともある」と、雑多な要素が順不同に思い浮かんでくる。それをあとから整理して構造化するわけです。