ジョン・ハム(経営者)の名言

ジョン・ハム(経営者)のプロフィール

ジョン・ハム。アメリカの経営者。ライブ動画配信サービス「Ustream」創業者の一人。カリフォルニア州出身。リバーサイド技術専門学校卒業後、ウェストポイント陸軍士官学校に入学。同校でユーストリーム共同創業者のブラッド・ハンスタブル、ジュラ・フェヘルと出会う。卒業後、アメリカ陸軍少尉になり、在韓米軍基地で第19戦域支援司令部司令長官補佐を務めたのち退役。その後、ユーストリームを創業。

ジョン・ハム(経営者)の名言 一覧

起業家に最も重要なものを一つ挙げろと言われれば、志に尽きると思います。


はじめは理解されにくくても、本当に必要なサービスは世の中に受け入れられる。


幸い当社の創設者は3人とも非常にプラス思考の人間で、我々は恐怖心ではなく可能性にフォーカスして経営しています。


志が高ければ高いほど大きな結果を生み出すことができる。


恐怖心はプラス思考で克服することができます。たとえ恐怖心があっても、恐怖や失敗を恐れてはなりません。


自分に誠実であることが大切です。自分に対しての誠実さが欠けていると長期的につじつまが合わなくなります。


ビジョンや実行力など起業家に求められる要素は沢山ありますが、志がなければ様々な苦難を乗り越えることができません。


シリコンバレーの魅力を一言で表せば、「Dream」です。アップルやグーグル、フェイスブックなど、夢を実現して成功している会社の例が沢山あります。そこにさらに夢を持った技術者や起業家、投資家が集まってきます。夢を大きく抱いて様々な苦難を乗り越えて実現していく。そういう考えの似た人間が集まるということが、今のシリコンバレーを作り上げています。


一番嬉しいのは、沢山の素晴らしい社員に恵まれていることです。もちろん自分自身の挑戦も大きな喜びですが、自分にとって最大の喜びというのは社員の笑顔だと思います。


ジョン・ハム(経営者)の経歴・略歴

ジョン・ハム。アメリカの経営者。ライブ動画配信サービス「Ustream」創業者の一人。カリフォルニア州出身。リバーサイド技術専門学校卒業後、ウェストポイント陸軍士官学校に入学。同校でユーストリーム共同創業者のブラッド・ハンスタブル、ジュラ・フェヘルと出会う。卒業後、アメリカ陸軍少尉になり、在韓米軍基地で第19戦域支援司令部司令長官補佐を務めたのち退役。その後、ユーストリームを創業。

他の記事も読んでみる

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

金に目もくれない人はいくらでもいるが、金の与え方を心得ている人はほとんどいない。


柳井正

皆さんが店長ならば、改めて自分の店を隅から隅まで見ることです。それも、一番厳しいお客様になったつもりで、自分の店を点検する。従業員の動き、表情、売り場が整頓されているか、店舗の清掃はちゃんとされているか……。すると、問題点はいくつも出てくる。


杉本宏之

欲をもって仕事している人は、ほとんど例外なく「もっと時間がほしい」と思うようになります。どうしてかというと、「もっと仕事ができるようになりたい」「もっと成長したい」と思うからです。でも、それには時間が足りない。すると、時間の使い方がどんどん密になっていって、その結果、仕事のスピードも上がっていきます。


松井道夫

動いているのは太陽ではなく地球なんです。すなわち、地動説です。中心に存在するのはあくまでお客さんです。顧客中心主義。顧客がすべてを決める。組織を大きくしてグループを作れば顧客を囲い込める時代ではないのです。これが情報革命のもたらしたパラダイムシフト(概念、枠組みの変化)なのです。


津村記久子

身の丈に合ったものを選んで、ちゃんと使いこなすことに喜びを感じます。


玉塚元一

トップダウンだけでは組織は強くなれない。チーム力を発揮できてこそ高い壁も乗り越えられる。


西室泰三

東芝と東京証券取引所で経営改革に取り組み、様々な教訓を得ました。ひとつは、会社が危機のときはある程度お金をかけてでもスリムダウンする必要があること。もうひとつが、そうした緊急事態の際には必ず、会社の実情を全社員に周知徹底しなければならないことです。


奥井俊史

小売業やサービス業では、顧客目線という言葉が常套句です。ほとんどの経営者が、現場の従業員に「顧客の気持ちを考えろ」と指導するのではないでしょうか。それはもちろん大事なことですが、私がハーレーダビッドソン・ジャパンの経営を通じて学んだのは、経営にはもうひとつ「従業員目線」も重要だということです。


松田丈志

練習量はもちろん、練習に向き合う姿勢は誰にも負けていないという自負がありました。逆に言えば、自分にはそれしかなかった。


高木芳紀(髙木芳紀)

終身雇用制が崩れ、給料も右肩上がりにならない今、肩書や役職を外した時に果たしてやっていけるのか、かなりの人が不安に思っているはず。職場以外の人と交流を深めることで、プライベートの充実や自己成長のための情報収集はもちろん、新たなビジネスチャンスの発掘を期待する人も多い。そんなときに役立つのが名刺。出会った人を、自身の活動を詳しく伝えるブログやSNSにつなげるツールが名刺。チラシは捨てられてしまうが名刺を捨てる人はあまりいない。だからこそ、相手の印象に強く残る名刺を作って活用しない手はない。


北尾吉孝

教えるという気持ちを持つということは、その人を伸ばすということであり、その人に対する愛情なんです。叱る側は、そうした気持ちを持たなければなりません。そして叱り終えれば、さっぱりと気分を変えることです。


仲暁子

大学に進んでからは、思いついたことに次々とチャレンジしました。立ち上げが得意な半面、育てるのは苦手で、悪くいうとやりっぱなしみたいな感じでもあったのですが、世の中、立ち上げる人の方が希少価値が高いということが分かってきたのもその頃です。


細貝淳一

自社の強みが大事。ただ注文通りの材料を納品するだけでなく、事前に必要な長さに切りそろえて納品することにした。ときには「こんな加工はできないか?」と、難しいリクエストも来る。全部応えた、応えるために必死で加工技術を高め、利益は最新の設備に充てた。


大来佐武郎

流動めまぐるしい内外情勢に敏感であろうとするなら、専門にこだわらない広範囲な知識を求めなくてはならない。自分の専門分野以外に疎いというのは知のアンバランスであって威張れたことではない。


永用万人

私の転機は、35歳頃にシステム開発会社を経営していた時に業績が悪化し、社員をリストラしたり事業売却をせざるを得なくなったことです。得た教訓は「撤退の仕方」です。戦争でも最重要なのは兵站(へいたん)と撤退だと言いますが、経営も同じだと実感したのです。私自身、運もあって、多くの方々に支えられて今があります。この経験は勢いで経営をしていた私が、マネジメントを考える転機になりました。


ページの先頭へ