名言DB

9419 人 / 110788 名言

ジョン・ネスビッツの名言

twitter Facebook はてブ

ジョン・ネスビッツのプロフィール

ジョン・ネスビッツ。コンサルティング会社ネスビッツ・グループ会長。ユタ大学を経てコーネル大学大学院を修了。卒業後はイーストマン・コダックに入社。役員まで出世したのち、ケネディ大統領時代の厚生教育福祉長官補佐、ジョンソン大統領特別補佐官を経て、IBM役員を務めた。その後、国際コンサルティング会社ネスビッツ・グループを創業。政治・経済・社会に詳しく、分析力に秀で、80年代を予測した著書『メガトレンド』は世界的なベストセラーになった。

ジョン・ネスビッツの名言 一覧

我々は、平均化によってすべての知性を失う。


ジョン・ネスビッツの経歴・略歴

ジョン・ネスビッツ。コンサルティング会社ネスビッツ・グループ会長。ユタ大学を経てコーネル大学大学院を修了。卒業後はイーストマン・コダックに入社。役員まで出世したのち、ケネディ大統領時代の厚生教育福祉長官補佐、ジョンソン大統領特別補佐官を経て、IBM役員を務めた。その後、国際コンサルティング会社ネスビッツ・グループを創業。政治・経済・社会に詳しく、分析力に秀で、80年代を予測した著書『メガトレンド』は世界的なベストセラーになった。

他の記事も読んでみる

春日潜庵

自ら責むること厚ければ、何ぞ人を責むる暇(いとま)あらんや。


鈴木敏文

私は、一つのことをこう決めたら、次はまたこうしようと、連続的に考えていくので、そんなに悩むことはありません。ダメなら修正すればいい。


小林清志

チャンスはそのときには気がつかないもの。後輩たちに人生のアドバイスをするとすれば、「自分なりの生き方をすればいい」ということ。


石橋信夫

私は経営を耳で学んだ。これこそ生きた経営学である。私は学問はないが「聞学(もんがく)」は習得した。これが何よりの武器なのである。
【覚書き|上記発言はたたき上げの創業社長の経験からの経営哲学を語ったもの】


栗山英樹

選手を育てるのは監督の仕事ですが、しかし結局のところ、その選手が伸びるかどうかは本人次第です。人は育つときには、自分の力で育っていくはずです。ただ僕にできるのは、「彼なら伸びる」と信じて、活躍できる環境をつくってあげるだけだと思っています。


藤原理加

取材を終えても、なかなか書き始めることができなくて。おばぁたちのことをきちんと伝えなければいけない。それが。プレッシャーになっていたんです。そんなとき、ふと手に取ったのが池澤夏樹さんの小説。本当におこがましいのですが、その作品に導かれるように文体が生まれ、書き上げることができました。その出会いがなければ、まったく違う本になっていたかもしれません。

【覚え書き|『八重山おばぁのぬちぐすい』について】


宗次徳二

道なき道を切り拓いてきたという感じです。手探りで、失敗もありました。ただ、迷ったときの答えは現場にあった。


谷原誠

お断わりやお詫びなど、言いづらい内容のメールを書かなくてはならないときは、億劫になって先送りしがちです。この場合は「下書き」を活用するのがお勧めです。下書きなら比較的気楽な気持ちで、すぐ取りかかれるでしょう。簡単に返信文を書いておき、少し時間をおいて内容を確認し、適宜調整して送信すればOKです。このようにタスクを細分化すれば、心理的ハードルを上手に下げられます。


ビクトル・ユーゴー

世界中の軍隊を集めたよりも強いものが一つある。それは時宜を得たアイデアである。


塩野七生

即決断して即実行しなければならない場合もあります。だけど、待っていれば周りの環境の方が動いてくれるかもしれない。だから外交の一側面では、待っている方が正解ということもあるのです。