名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジョン・ネスビッツの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ネスビッツのプロフィール

ジョン・ネスビッツ。コンサルティング会社ネスビッツ・グループ会長。ユタ大学を経てコーネル大学大学院を修了。卒業後はイーストマン・コダックに入社。役員まで出世したのち、ケネディ大統領時代の厚生教育福祉長官補佐、ジョンソン大統領特別補佐官を経て、IBM役員を務めた。その後、国際コンサルティング会社ネスビッツ・グループを創業。政治・経済・社会に詳しく、分析力に秀で、80年代を予測した著書『メガトレンド』は世界的なベストセラーになった。

ジョン・ネスビッツの名言 一覧

我々は、平均化によってすべての知性を失う。


ジョン・ネスビッツの経歴・略歴

ジョン・ネスビッツ。コンサルティング会社ネスビッツ・グループ会長。ユタ大学を経てコーネル大学大学院を修了。卒業後はイーストマン・コダックに入社。役員まで出世したのち、ケネディ大統領時代の厚生教育福祉長官補佐、ジョンソン大統領特別補佐官を経て、IBM役員を務めた。その後、国際コンサルティング会社ネスビッツ・グループを創業。政治・経済・社会に詳しく、分析力に秀で、80年代を予測した著書『メガトレンド』は世界的なベストセラーになった。

他の記事も読んでみる

寺尾恵介

よく「地域平均の空室率」を気にする人がいますが、空室になるかどうかは、労力をかけるかどうかによるのであって、地域平均など関係ありません。実際、私が持っている物件の中には、地方の田んぼに閉まれたアパートもありますが、そんな条件でも、空室率が10%を超えることはありません。


為末大

無理なこと、適性のないことで努力をしても、結局は勝つことができず、「負けた」という意識だけを引きずってしまいます。


似鳥昭雄

順境のときは、あまり人は育たない。努力しなくても数字がいいというのは、人を育てるということでは適していない。逆に景気が悪いときが一番、役員、社員の教育のためになる。


平田進也

最初にツアーの原型を考え、2万円になったとします。そこから食事やホテルのグレードを落として1万円の安いツアーをつくるのが減点主義。旅行というのは心を癒やしに来るもの。そんなツアーじゃ誰も癒やされません。それに対して加点主義は、普段は行かないホテルの高級ランチを設定したり、部屋の茶菓子を老舗の銘菓にしたり、多少値段を上げてもお客が喜んでくれることを「これでもか」と提供するんです。


能村龍太郎

人間は、とくに企業を動かす者は、考えるだけではだめです。どんなに良いアイデアを思い付いただけでは一文の値打もありません。また、思い付きをああだこうだと公言しているだけの人間は、単なる大ぼら吹きです。アイデアを実行に移し、それが世のため人のための役に立って、はじめて価値が生まれるのです。その価値が利を生み、商売が成り立つのです。


青木擴憲

当社もファッションでスタートしましたが、企業としての継続性を考えた時にファッションだけでは今後どうなるのか分からない。そこで、結婚式場をつくったり、カラオケや複合カフェのようなエンターテイメント分野に進出したり、いまは3つの分野で事業を展開しています。3つの業態を持っていれば、どこがどういう状況になっても補え、継続性が維持できるというポートフォリオ経営です。


池田弘(経営者)

やりたいことをやっていれば、人の目などまったく気にならなくなる。


新井直之(執事)

大富豪の方々がお休みに何をされているか。基本は、のんびり読書をされるか、家族との交流にお時間を使われるケースがほとんど。あくせく観光するでもなく、遠くに行き、何もしない。非常に贅沢な時を過ごされています。大富豪はお休みを通じて、ご自分を1回リセットされ、取り組んでいる事業を客観視し、新しい発想や新しい事業のヒントを見出していらっしゃるように思えます。


新井田傳

自社工場では餃子を1時間に8000個製造できます。人間がやると必ず間違いが起きる。コンピューターは故障しない限り間違いが発生しません。


西本博嗣

我々の取り組みとして、ベンチャーと一緒にやることは、非常にウェルカムというか、むしろ積極的に行きたいですし、私自身がベンチャーを起こしたいくらいの感覚でやっています。


神野直彦

一気に転換期に差し掛かっているからこそ人間は不安になるのではないでしょうか。こういう時こそ、人間は知恵のある動物、ホモサピエンスですから、どうやって乗り越えていくかを考えなくてはなりません。また、これらの問題は少なくとも人間がつくり出したものですから、必ず人間が解決できるはずです。その意味では、あまり絶望ばかりしないで、最後の力を振り絞って解決策を見つけていくべきなんだろうと思いますね。


樋口恵子

親のコネは親が死んでしまえば終わりだけれど、自分でつくったコネは一生自分のものです。自分自身の人間関係を大切にする姿勢は大事です。