ジョン・ネスビッツの名言

ジョン・ネスビッツのプロフィール

ジョン・ネスビッツ。コンサルティング会社ネスビッツ・グループ会長。ユタ大学を経てコーネル大学大学院を修了。卒業後はイーストマン・コダックに入社。役員まで出世したのち、ケネディ大統領時代の厚生教育福祉長官補佐、ジョンソン大統領特別補佐官を経て、IBM役員を務めた。その後、国際コンサルティング会社ネスビッツ・グループを創業。政治・経済・社会に詳しく、分析力に秀で、80年代を予測した著書『メガトレンド』は世界的なベストセラーになった。

ジョン・ネスビッツの名言 一覧

我々は、平均化によってすべての知性を失う。


ジョン・ネスビッツの経歴・略歴

ジョン・ネスビッツ。コンサルティング会社ネスビッツ・グループ会長。ユタ大学を経てコーネル大学大学院を修了。卒業後はイーストマン・コダックに入社。役員まで出世したのち、ケネディ大統領時代の厚生教育福祉長官補佐、ジョンソン大統領特別補佐官を経て、IBM役員を務めた。その後、国際コンサルティング会社ネスビッツ・グループを創業。政治・経済・社会に詳しく、分析力に秀で、80年代を予測した著書『メガトレンド』は世界的なベストセラーになった。

他の記事も読んでみる

田中孝司(経営者)

お客様との接点が希薄になっていくのを避けるために、会社を変えなければならない。


福沢諭吉

もしチャンスがあって、殺す側と殺される側とが数日間同じ場所で過ごし、お互いに隠すところなく本当の心のうちを吐露し合ったならば、どんな敵同士でも必ず和解し、そればかりでなく、無二の親友となることもあるでしょう。


小笹芳央

気持ちが内向きになりがちな世の中だからこそ、安定志向を脱し、大きな夢を持つ。すると、不思議なことに、同じような志を持つ人が集まり、自分だけのネットワークもできるのです。


小路明善

当社は「スーパードライ」という国内トップブランドを持ち、高い収益性とコストダウンを実現しています。母国の市場で鍛えられた優位性は、海外市場でも生きてきます。


柳井正

世の中はもう危機だらけで、危機を楽しみながら、どうやって世界を変えていくかを考えないといけない。


羽鳥兼市

社長から報告は受けるが、事業の細かいことに口出ししない。口を出すくらいなら、交代しない方がましだ。事業は社長に任せておける分、自分は現場を回り、人材育成や経営理念の伝承などに時間を割くことが可能になった。これは創業者、年寄りの役目だ。


中原淳

キャリアを考えるうえでは、組織の枠で考えないことが重要です。たとえば「大企業だから大丈夫」「ベンチャーだから挑戦できる」などと組織のサイズでものを考えてはいけません。挑戦できる大企業もあれば、搾取されるベンチャー企業もあります。組織の枠でものを考えることをやめ、自分自身の組織の実態を見つめ直すことから始めてはいかがでしょうか。


ロバート・キヨサキ

私たちが投資している対象の本質は「ビジネス」だ。株式投資をしている人は、企業という形態のビジネスに投資している。不動産を買おうが債券を買おうが、あなたがしていることはすべて「ビジネスへの投資」だ。だからこそ、投資家として成功したいなら、まず「ビジネスとは何か」を理解しなければならない。


高城幸司

「あいつは役員に媚びている」などと陰口を叩いたり、足を引っ張る作為を施されたりしたらどうすればいいか。結論から言えば、鈍感になること。対応策はこれに尽きる。陰口を言う人間は、反応を面白がっているのだ。「私はアンテナが低くて周りで何か言われていてもまったく気づかないんですよ」と、かわしているうちに、相手は陰口を言うことがつまらなくなってくるはずだ。


生月誠

たとえ挫折したとしても「浪費癖を克服したい」と思うこと自体が大きなチャンスだと考えてください。問題は自分自身に逃げ道を作っていることなのです。つまり浪費癖のある人に案外共通していることが「本当に切羽詰まってはいない」という点です。そこで有効なのは退路を断つという方法なのです。まずは自分の手持ちのクレジットカードは、手が届かないところにしまいましょう。


ジャック・ウェルチ

変化を起こそうとしているリーダーは、変化の必要性を訴える必要があります。そして、その主張を聞く者が自分のこととしてとらえられるように持っていかなくてはなりません。勇気を出して、事細かに説明してください。業界の動き、利幅、新技術、政治動向などあらゆることについての集められる限りのデータを使って、変化しなければどうなるか、変化したらどうなるかという2つのシナリオを描きだしてください。


理央周

自分の時給を把握しておくことも大事です。月給を勤務時間で割れば簡単に分かります。自分でやるより外注した方が生産性が高いという業務があれば、上司に提案してみましょう。時間は限られた資源ですから、それを有効に使うためにはそんな発想が必要になってきます。


伊藤隆行

雑談で大切なのは自己犠牲ですね。時には恥をかきながらも自己を開示することで、相手と自分のムダな障壁を除去していくのです。


岩崎裕美子

長時間労働や人手不足が社会問題になっている今こそ、変化のチャンス。


三國清三

どんな仕事であっても、みんながやりたくない、嫌がる仕事には、突破口となるチャンスが隠れている。


ページの先頭へ