名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジョン・ネイスビッツの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ネイスビッツのプロフィール

ジョン・ネイスビッツ。アメリカの未来学者。ユタ州出身。著書に『メガトレンド』『大逆転潮流』『メガトレンド・アジア』『ハイテクハイタッチ』『マインドセット ものを考える力』。

ジョン・ネイスビッツの名言 一覧

世の中がハイテクになればなるほど、人間的なもの、アナログ的なものがより求められる。


ジョン・ネイスビッツの経歴・略歴

ジョン・ネイスビッツ。アメリカの未来学者。ユタ州出身。著書に『メガトレンド』『大逆転潮流』『メガトレンド・アジア』『ハイテクハイタッチ』『マインドセット ものを考える力』。

他の記事も読んでみる

桜田厚(櫻田厚)

どの企業も理念や目標を掲げていますが、お客様やお取引先にそれが伝わるよう、努力することが大切です。


木川眞

物流のトータルコストを下げるためには、配送部分のみを考えていてもダメです。物を運ぶという単機能だけで勝負していた時は、オペレーションさえ間違えなければ問題ありませんでしたが、これからはお客様が手掛けている付加価値機能の一部を我々にアウトソーシングするケースが増えていきます。例えば、機器の修理や医療器械の洗浄など、これまでお客様が担ってきた機能の一部を当社のターミナルの中に埋め込みます。大事なのはそうした機能と物流機能が同居していることです。通常、物流は企業の担当者からコストセンターとみられていますが、それをプロフィットセンターに変えていくという改革です。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

かつては、ゲーム・プランを発案し、実際の制作に入り、完成した暁には流通に商品を流し、広告・宣伝を打ち、最終的に顧客が購入してくれるまでの全体像が共有できていないばかりに、業務のいたるところで微妙な齟齬が生じていました。自分たちの仕事の前後にどんな工程があり、それらの部署はどんな意識で仕事をしているのか。彼らの仕事をもっとやりやすくするには自分たちはどうすればいいのか。基本的なことから研修で学んでもらいました。


佐久間昇二(佐久間曻二)

どうやって危機意識を持たせるかが、一番大きな問題。


中山マコト

ビジネスのターゲットを決める際、属性(年齢、性別、年収、職業など)から考えるのは失敗のもと。属性で見ることは塊で見ること。すると個人を見失ってしまう。そうではなく、「あなたのスキルや強みで誰が助かるのか」「誰が喜ぶのか」そして「誰に喜んで欲しいのか」のかをイメージする。それがターゲットであり、同時にビジネスの目的や使命感に結びつくのです。


廣内武

人間は五感の生き物ですから臨場感や憧れなど論理的ではない思考を持っています。例えばブランドとは何でしょうか。シャネル、カルティエ、ブルガリなども一夜にしてラグジュアリーブランドになった訳ではなく、歴史的な背景とブランドを大切に育て上げてきた先達の思いなどが醸成されて出来上がったものです。その付加価値が価格に転嫁されるわけですが、ブランドの価値を価格で表現するのが難しく、本当の価値はお客様が決めるものだと思います。


団野村

僕らは駆け引きはします。ただ、嘘はつきません。あとで問題化して結局はマイナスです。


小川浩平

投資事業というと、それだけで誤解を招きかねない部分もありますが、私がやりたいのはデット(銀行借り入れ)やエクイティ(株式)をバランスよく活用しながら企業の成長を促し、お客さまはもとより、従業員など関係するステークホルダーにとっての価値の最大化を目指すという企業再生の王道を行くことです。ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイが大きな目標です。


寺本克弘

かつてのナブテスコは、なじみのない海外企業へのM&Aにやや抵抗感があったと思います。しかしギルゲンの買収を契機に、自動ドア事業を名実ともにグローバルに展開できる体制が整ったと自負しています。大型案件が成功したことで、その後に続くM&Aのけん引役にもなりました。


守島基博

どんなに戦略が優れていても、どんなに弁舌さわやかでも、いいリーダーシップとそうでないリーダーシップを分ける最後の基準は、フォロワー(部下)を率いて、成果を出すかにかかっている。そのためにすることは、極端に言えば何でもいいのだ。


大久保尚武(積水化学工業)

社長に就任してから組織図も変えました。社長を一番下に置き、一番上に営業所を持ってきました。顧客の声はまず営業所に入り、次いで工場や事業部に来ます。本社や社長に届くのは最後。そうした情報の流れを組織図に反映させたわけです。主役は現場ということを伝えたかったんですね。


ケリー・マクゴニガル

自分を変えられる人は、「自己分析」に時間をかけます。起きた出来事について、「なぜ自分はあんなことをしたのか」と考えたり、その時の行動が誤りなら、「どんなことをすればよかったか」と自分に対する好奇心を発揮させて、自己分析したりします。