名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・ネイスビッツの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ネイスビッツのプロフィール

ジョン・ネイスビッツ。アメリカの未来学者。ユタ州出身。著書に『メガトレンド』『大逆転潮流』『メガトレンド・アジア』『ハイテクハイタッチ』『マインドセット ものを考える力』。

ジョン・ネイスビッツの名言 一覧

世の中がハイテクになればなるほど、人間的なもの、アナログ的なものがより求められる。


ジョン・ネイスビッツの経歴・略歴

ジョン・ネイスビッツ。アメリカの未来学者。ユタ州出身。著書に『メガトレンド』『大逆転潮流』『メガトレンド・アジア』『ハイテクハイタッチ』『マインドセット ものを考える力』。

他の記事も読んでみる

市田清兵衛

奉公人は穏やかで謙譲なることを旨として、諸事倹約を心掛け、出入りの者は老若男女を問わず、丁寧に取り扱うこと。


秋元康

遠くにある幸せを探すより、身近な幸せをどれだけ見つけられるかが重要です。


長谷川嘉哉

「不快」に立ち向かうことは、強烈な「快」を生み出す最も効果的な方法であり、自分の負の感情をうまくコントロールする手段でもある。


福井泰代

核は地域密着のキラーコンテンツを作ろうということで、アイデアが勝負。仕事としては在庫が要らないため、いろいろなことができるところがいいですね。


築山節

考える必要が出てくるのは、教えてもらって仕事をする段階を脱したとき。たとえば営業なら、これまでに担当したことのない業種の顧客を新規開拓するときは、自分でやり方を考えるしかありません。そのとき、「これは成功するかどうか、ギリギリだな」と思いながらも、失敗を恐れないからこそ、自分で考えることができるのです。


塚本こなみ

成功したら皆さんのおかげ。失敗したら私の責任。


関口康

私は生来負けず嫌いということもあり、「可能性がゼロになるまであきらめない」「簡単に失敗と認めない」を信条にいままでやってきました。仕事というのは、往生際が悪いくらいでちょうどよい気がします。


原安三郎

僕は荒手術を決意し、まず会社の不急不要のものをどしどし処分してしまった。会社につぎ込むため、創業家所蔵の書画骨董を売り立てることにし、それは当時誰も試みなかった写真入りの売立目録で宣伝した。なにしろ毎日5、6本出る手形の不渡りを片づけなければならないので、ずいぶん骨が折れた。そんな苦労が報いられて、3年後には1割2分の配当までやれるようになり、金港堂は息を吹き返した。
【覚書き|教科書専門の大手出版社金港堂の経営再建時を振り返っての発言】


兵頭誠之

入社5年目にヨルダンで最初の海外駐在を経験した。自分が入札した発電事業の案件で、現場の所長を任せてもらった。しかし現地は食べ物、飲み物にも事欠く岩だらけの土壌で、日本人はただ1人という過酷な環境だった。そこで3年を過ごして帰国すると、昭和が平成になっていて浦島太郎のようだった。赴任直前に生まれた娘は、見知らぬおじさんが家にいると怖がって抱っこもさせてもらえなかった(笑)。


渡辺訓章(経営者)

お客様の発展や社会への貢献につなげていく目的を外さないようにしなければならない。そのために、技術もさることながら、お客様に「任せておけば安心だ」、といった心配りあふれる会社にしていきたい。


寺門ジモン

はっきりいって、ボク、芸能人としての才能はありません。姿、カッコウを見てもイケてないし、滑舌がいいわけでもない。でも、映画を観るとかトレーニングをする、人より美味いものをいっぱい食べるとか、表に見えないことでコツコツやってきたことが、最終的には才能より勝つんじゃないのかなと思っているんです。


岡田正大

日本にはそもそも共有価値に近い概念がすでにある、とよく言われますが、そうした標準化された文化的属性を乗り越えて、自社の独自性を発揮することが求められます。企業があまねく実行できるような戦略では競争優位は実現しません。