ジョン・ネイスビッツの名言

ジョン・ネイスビッツのプロフィール

ジョン・ネイスビッツ。アメリカの未来学者。ユタ州出身。著書に『メガトレンド』『大逆転潮流』『メガトレンド・アジア』『ハイテクハイタッチ』『マインドセット ものを考える力』。

ジョン・ネイスビッツの名言 一覧

世の中がハイテクになればなるほど、人間的なもの、アナログ的なものがより求められる。


ジョン・ネイスビッツの経歴・略歴

ジョン・ネイスビッツ。アメリカの未来学者。ユタ州出身。著書に『メガトレンド』『大逆転潮流』『メガトレンド・アジア』『ハイテクハイタッチ』『マインドセット ものを考える力』。

他の記事も読んでみる

石井聖子

医療も、美容にまつわる分野も日々進化していて、多くの情報に触れられるようになりました。しかし、技術や治療に対して患者さまや化粧品のご利用者さまが不安に感じながら利用すると、肌にも美容にもよくありません。本当に信頼できる治療を受けることが、美容にとって何よりも効果的なのです。肌につける化粧品だけでなく、食事や心理状況なども美に影響します。


野口圭登

自分が失敗すれば、みんなに迷惑をかけ、社員の人生も変えてしまいます。その意味でも、経営者として判断を誤まってはならない、と肝に銘じています。


大塚哲芝

私はこれまでラーメン店の仕事でしかお金を稼いだことはありませんでしたから、「串カツあらた」の1号店がオープンし、最初にお会計してくださった瞬間は非常に感動しました。苦戦した時期もありましたが、串カツの味はもちろんのこと、漬物や刺身など他のメニューでも、いい意味でお客様のご要望を裏切ってきたことで評判も上がってきました。ロゴマークの浸透のためにオリジナルグッズを作成するなど、ブランディングにも力を入れています。


和田千弘

我々のミッションは、短期的な売上げ拡大だけでなく、クライアントが5年後、10年後に目指す姿へ向けた確実な変革を実現すること。


越智仁

どう仕事を進めていくべきかをよく考えないと、メリハリがつかないし、人は幸せにならない。


ジム・ロジャーズ

利益率は高いほうがもちろんいいが、低いからその企業の調子がよくないということには必ずしもならない。過去からの推移を調べたうえで、利益率の上下が激しく、現在の利益率が低い状況にあれば、投資すべきだと判断する。利益率が上がり、株価が上昇する可能性は高いからだ。


橋本雅博

何か新しいことをやりたいと言い出した人を、押さえつけるようなことはしません。そこから、アグレッシブな社内風土が根づいているのだと思います。


笹野和泉

私は、海外でビジネス経験を積んできたぶん、日本にいた時間が短い。店頭の販売スタッフや買い付け担当者は、私よりも、日本のマーケットを熟知しています。彼らが私の打ち出す方針について、自信とプライドをもって真剣に考え、「それは違います。それは、こうなっているんですから、こうしたほうがいいですよ」と、積極的に提案してきてほしいのです。私が一人でも多くほしいと思うのは、そういう人材です。


林成之

「私はコツコツ努力するタイプです」と言う人を私は信用しません。その言葉を聞いた途端、「こいつはダメだな」と思ってしまいます。もちろん、コツコツ努力するのは、まったく努力しないよりははるかにいい。しかし、コツコツ努力する人が大きく成長することはないし、一流の人間になることもありません。コツコツ努力するとは、一歩一歩着実に努力しようということであり、この言葉の背後には失敗しないよう慎重に事を運ぼうという意識が隠れています。失敗すると自己保存が危うくなる。だから失敗しないようにコツコツやろうというわけです。


岡野雅行(岡野工業)

他ができないことを次々に実現させると、「あそこは何でもできるから」と仕事が集まり始める。その結果、大企業からもどんどん仕事が入るようになる。


岩澤巌

日本ではトイという子供向け玩具とはっきり区分されていませんが、ホビーは大人の趣味です。自動車だって、乗って楽しみ、外観にこだわるのなら、ホビーでしょう。エアガンなどのホビーを日本で広げようと思うなら、もっと大人が喜ぶものを真剣につくらないといけません。まだまだ努力が足りないと思います。


宋文洲

お金の投資とは、価値のポジションを変更すること。そしてお金はいくつかにポジション変更しておかないと危ない。でもそれは土地や株とは限らない。むしろ人脈や経験にポジションを移すことこそが、将来財産となる。


大久保恒夫

小売業の価格は、チラシで丸見えになっており、値下げをしてもすぐに他社が追随してきます。安売り合戦になると、体力のない店に勝ち目はありません。


平塚常次郎

世の中は刻々変化し、個人の力ではどうすることもできない場合もある。だが、どんなに変化する世の中でも、自分から落伍しては駄目だ。これが私の信念であり、人生観だ。


佐分利ユージン

日系企業に今一番求められていることは、マーケティング力。もっと日本の企業にマーケティングの重要さを訴えたい。


ページの先頭へ