ジョン・ドライデンの名言

ジョン・ドライデンのプロフィール

ジョン・ドライデン。イングランドの詩人、文芸評論家、劇作家。ノーサンプトンシャー州出身。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ首席卒業。イギリス文学界に大きな影響を与えた。

ジョン・ドライデンの名言 一覧

はじめは人が習慣をつくり、それから習慣が人をつくる。


ジョン・ドライデンの経歴・略歴

ジョン・ドライデン。イングランドの詩人、文芸評論家、劇作家。ノーサンプトンシャー州出身。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ首席卒業。イギリス文学界に大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

人見ルミ

ストレスは避けられませんが、それを心身に溜めない方法を知り、訓練しておくことが大切。


伊藤洋志

仲間で楽しくやっていると、なにやら面白そうだと、人が集まるようになった。


月尾嘉男

確かに努力は重要だが、新しい価値をひらめきによって発見することも重要である。そのような気持ちで身辺を眺めていれば、大発見・大発明の材料は無数にあるはずである。


堀北祐司

「殴ったる帳(不平不満を書き連ねるノート)」や「にやにやノート(過去の良かったことや心に残った言葉などを書き連ねるノート)」を用意するだけで、気持ちはかなり楽になります。人によっては、良い香りや入浴によって癒やされるケースもあるでしょう。いろいろ試して、一生役立つストレス解消法を見つけてください。


梅田望夫

不向きな仕事にひたすら耐える働き方をしている人は、たとえ朝から晩まで仕事に打ち込める環境にあっても、集中し続けることが難しい。そうすると、仕事が好きでたまらなく、四六時中没頭している人には、絶対にかなわない。21世紀の仕事というのは、どれだけ没頭できるか、その度合いで勝負が決まるのではないでしょうか。


望月広愛

従業員が楽しい気持ちで働いていると、お客様が何度も足を運んでくれるようになり、無料で私たちの宣伝マンになってどんどんお客様を連れてきてくれます。元気な従業員が接することで、お客様から「ありがとう」の言葉をもらいます。すると従業員はなお元気になって、たとえば5人分の仕事を4人でこなせるくらいにモチベーションが上がるわけです。売上が上がり、効率化するのですから、儲かります。それだけの話です。


山極寿一(山極壽一)

勝ち組ばっかり作っていたら、チームワークはできませんし、リーダーも育ちません。調整役として、自分で少し力を抑えながら、人々にも勝利のチャンスを与えて、チーム全体で勝っていくということを演出できる人が必要です。


中村友哉(経営者)

ビジネスという観点では、アップルのようなケースを目指しています。アップルは端末とOSが普及したことで、多くのアプリがリリースされました。同じように、私たちがプラットフォームを作り、それを利用したいと思う企業や個人が乗ってくるビジネスモデルを作りたいです。


佐藤孝幸

一定の時間を超えたら、躊躇せずに損切りして時間を他のものに投資すべきです。目標に向けて費やした時間は、一種のサンクコスト(埋没費用)です。サンクコストとは、事業に投資した資金のうち、撤退しても回収できない資金を指します。本来、未来の利益を最大化するためには、サンクコストを無視したうえで、事業継続か撤退かの意思決定をする必要があります。ところが人間の心理は不思議で、サンクコストが大きくなるほど、それを無視できなくなって非合理的な判断を下してしまいます。


澤上篤人

有力誌ビジネスウィークが「株式の死」と題した大特集を組むほど米国の株価が長期低迷した時代。1960年代に始まるボックス相場でダウが700ドルから1000ドルの間を行ったり来たりした16年半においても、個別企業を選別する我々長期投資家は、そこそこの運用成績をあげていた。


スコット・マクネリー

大きな原則は簡単に変えてはならない。
【覚書き|93年にサン・マイクロシステムズが急成長をはじめたときの発言。会社がどんなに大きくなろうとも、4人で始めた当初の運営方針、ビジョンを変えずに行こうという趣旨の発言】


フリーダ・フロム・ライヒマン

私は毎日彼に会いに行き、ドアの外から、あなたに、あなただけに会いに病棟にきたこと、あなたがわれわれに有効な治療的交流を試してみる機会を与えてくれるようになるまで、私は待っていることを話した。三ヵ月後に彼は私を招き入れた。


為末大

「自分がなぜそれを目指すのか」と認識している人は、失敗しても、この失敗が自分にとって何を意味するのか、どんな影響があるのかという解を見つけやすい。


徳永太郎

企業は起点を自社ではなく顧客に据えて、そこから商品のあり方やビジネスモデルを変えていくという発想に切り替える必要がある。


ダライ・ラマ14世

非常に複雑な現実のありようというものを正しく把握しようと思ったら、ひとつの角度からだけその問題をとらえてはいけません。全体的な視野、様々な角度から問題に光を当てる必要があります。


ページの先頭へ