名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ジョン・トッドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・トッドのプロフィール

ジョン・トッド。アメリカの牧師、教師、文筆家。修養書を多数執筆した。主な著書に『自分を鍛える』『諸事指針』『真理明解』『青年』『子供への説教』ほか。

ジョン・トッドの名言 一覧

前もって立てた計画に従って過ごした充実した一日は、無計画に過ごした1週間に相当する。


ジョン・トッドの経歴・略歴

ジョン・トッド。アメリカの牧師、教師、文筆家。修養書を多数執筆した。主な著書に『自分を鍛える』『諸事指針』『真理明解』『青年』『子供への説教』ほか。

他の記事も読んでみる

野田一夫

僕はいまだ若かった頃、松下幸之助さんや本田宗一郎さんといった、戦後日本の経済成長の象徴と称してもいい経営者から幸い直接教えを受けることができたおかげで、自由経済社会の企業経営というものの本質を教えられた気がします。こうした方々も例外なく、若い頃には企業経営上の深刻な失敗を度々経験されたのですが、成功者としての晩年になって、その失敗こそ後の成功の最大の勉強になったと述懐されています。


永守重信

さらに今後2兆円、5兆円、10兆円企業へと成長をするためには、世界中から生産性の高い人材を採用する必要がある。そのときに、残業が常態化し、プライベートの計画が立てにくいような企業だったら、このレベルの優れた人材は集まらない。「残業ゼロ宣言」は、日本電産がこれからさらに高いレベルのグローバル企業を目指す、という宣言でもあるのだ。


小山昇

武蔵野の事業は好調です。その理由はまさしく社員全員が数字を見ているからですよ。幹部も一般社員も本当にみんな見ているから。普通そんなことないでしょ。その差なんですよ。


松尾貴史

すごくいいことを言う人でも、100%いいことを言っている人なんていない。だから、いい部分だけ読んでいれば、その人のことを好きでいられます。


小倉広

リーダーは部署を最も俯瞰的に見られる立場にいて、かつ決定権を持っています。その中では「現場の声」がなくとも、ムダと判断すれば切る、という必要性も出てきます。私自身も社長として、何度かこうした経験をしてきました。


山﨑養世(山崎養世)

証券界を根底から変えようと思って入社しました。入社したときに今後の金融界のあるべき姿を書いた計画書を部長に出したのですが、2年目には当時の同前雅弘副社長から「山﨑、なんでも考えてくれ。あとは俺たちが全部実行する」と言われました。12年間勤めて、10の部署に就き、そのうち5つの部署を私がつくりました。各部署を立ち上げる時は、管理者の人選もすべて私がしたのです。証券会社での主には商品開発です。金利スワップ、デリバティブ、証券化などの商品を作りました。入社する前にMBA留学と国際金融部門への配属を条件にしていたのです。大学時代から国際金融を学んでいたのですが、「直接金融の時代が来るから、投資銀行業務が伸びる」と確信していました。


北条重時

大勢の人たちと一緒に座り込んでいるとき、茶菓子などが出された場合に、自分もそれを取って食べるように振る舞っても、わざと取りはずしたふりをして、他の者にたくさん取らせるといいだろう。それも人の気付かぬように。


大田正文

私は、休日の朝9時から勉強会を主宰しています。もともと朝は苦手なタイプですが、自分が心から楽しめる予定を入れているため、ワクワクして目が覚めます。さらに、自分1人ではなく人との約束があれば、絶対に起きますよね。


井上礼之

社長になってから20年以上が経ちますが、リーダーの一番の仕事は何かと問われたら、「決断すること」だと即答します。それだけ、リーダーの決断とは重要なものです。とくに、変化の激しいパラダイムシフトの時代といわれる今、勝負を決めるのはリーダーのタイミングのいい決断だといってもいいと思います。


松橋良紀

ベテランになると、新人のころより「聞く力」が衰えます。そのせいで壁にぶつかる人が少なくない。新人は、知識がない分先読みができないので、人の話を最後まで、口を挟むことなく真摯に聞くことができます。ベテランになっても、新人の時と同じように聞く姿勢を持ち続けることが大切。


干場弓子

転機をもたらす人物と出会う3つのコツ

  1. 自分の力だけで人生は切り開けない。一つ一つの出会いを大切にする。
  2. 誘われた集まりには迷わず参加してみる。
  3. 人と会うのに効率を求めないで、無駄足と思っても足を運ぶ。

辻野晃一郎

自分の主張が様々な理由で必ずしも正しくない状況になったとき、それをきちんと認めて修正するプロセスをとれるかどうか。それができない人はリーダーの素養に欠けています。