名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・トッドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・トッドのプロフィール

ジョン・トッド。アメリカの牧師、教師、文筆家。修養書を多数執筆した。主な著書に『自分を鍛える』『諸事指針』『真理明解』『青年』『子供への説教』ほか。

ジョン・トッドの名言 一覧

前もって立てた計画に従って過ごした充実した一日は、無計画に過ごした1週間に相当する。


ジョン・トッドの経歴・略歴

ジョン・トッド。アメリカの牧師、教師、文筆家。修養書を多数執筆した。主な著書に『自分を鍛える』『諸事指針』『真理明解』『青年』『子供への説教』ほか。

他の記事も読んでみる

鳥居祐一

5つ星ホテルや高級レストラン、グリーン車など、お金持ちが利用する場を体験するのもいい。高級レストランといっても一番安い料理でOKです。重要なのは上質な場を体験すること。「今後もまたこれるよう頑張ろう」という成功への原動力になります。


ウォーレン・バフェット

多くのプロの投資家や学者たちが、毎日の株価に一喜一憂しています。しかし、株価やマーケットの動向を、毎日、毎週、毎月追うことで、投資が成功するとは、私は考えていません。株はそのビジネスの一部分でしかないからです。注目すべきは、株価ではなく、事業そのものでなくてはなりません。常に株券ではなく、ビジネスを買うという投資姿勢が必要です。


堀場雅夫

もし、あなたのビジネスプランが「論理的に正しく、企業哲学に合致し、商売になる」という3条件に合致した正しいものであったら、必ず応援してくれる人が出てくるだろう。僕自身、何度も失敗をしているが、土俵際まで追い詰められ、それでも頑張ろうとしていると「それは面白い。やってみろ」と言ってくれる人が現れた。


佐々木正悟

最近では、ほとんどの連絡や伝達事項をメールで行っているところが多いようですが、このメールを頻繁にチェックすることで、その場の思考は停止、さらに新しい情報が脳内にインプットされ、思考の整理どころではなくなってしまいます。これでは効率的な仕事はできません。


松本幸夫

意外と盲点となりがちですが、ToDoリストで仕事をやり残した場合、やり残しの仕事を把握して帰ることが大切です。疲れたところで仕事をパッと切り上げてしまい、翌朝出勤した際、もう一度ゼロからどこまで仕上げたかを確認していると、午前中は確認作業だけで終わってしまいます。それを防ぐには、やり残した仕事を翌日分のToDoリストとして転記するだけ。これで、翌朝からの仕事がスムーズにスタートできます。


水口和彦

相手にとって返信しやすいメールを送ることも、仕事の効率を上げる上で重要なポイントです。たとえば、日程を調整する場合にはあらかじめ選択肢を提示する、あるいは要点を個条書きにまとめるなど、相手が読んでわかりやすい、決断しやすい工夫も必要でしょう。読みやすいメールほど相手は返信しやすいですし、相手からの返信が早ければ、結果的に自分の仕事もはかどります。


金井誠太

企画段階では、新型車にどんな技術を入れるかという「設計構想」を作ります。その策定にかかる前に、「競合車をしっかり調べたか」を確認するようにしたんです。ここは私はかなり頑張って、いろいろ無理をして入れてもらいました。もちろん、競合車を調べるのは当たり前のことですが、「そこで手を抜くな、3か月はベンチマークに没頭せよ」と。そのくらい競合車を勉強せずに、設計構想を作るなんて思い上がりだ。そんな思いが昔からずっとあったのです。モノを作る人間は唯我独尊になりがちで、量産に入る直前になって、よそのクルマにかなわない箇所に気がついて慌てる、なんてことも起こるのですよ。そうすると、売れないクルマを頑張って作ることになりかねない。


加藤芳夫(アートディレクター)

デザインは人間の生活とともにあります。


魔裟斗

ランニングや筋トレで、衰えないようにしていたけれど、試合となると話は別。肉体も気持ちも、現役にはとても戻せないけれど、錆びた刀を必死に研いでいるところですよ。


安藤浩之

現代の日本企業の経営構造から見ても、昇進せずに賃金だけが上がる期待は今後も低い。それならば、管理職の役割をきちんと把握したうえで、「効率を上げる仕組みは何か」を絶えず考えて、実行できる人材を目指す方がメリットは大きいのでは。


塙宣之

負けた瞬間、人間ってすごいなと思いました。悔しいって気持ちを忘れたいからか、ド級のプラス思考になったんですよ。「これは絶対にこの後、いじられる。(M-1グランプリで)優勝しないでいじられるポジションもおいしいな」って。瞬で切り替えよう、切り替えようとする変わり身の早さに、自分で驚きましたよ。


清水厚芳

一方通行なコミュニケーションではなく、消費者の反応を正しくフィードバックすることで、マーケティング活動が初めて実のあるものになる。