名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジョン・デューイ(哲学者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・デューイ(哲学者)のプロフィール

ジョン・デューイ。アメリカの哲学者、教育哲学者、心理学者。バーモント州出身。バーモント大学卒業後、小学校、高校で教師を務める。ジョンズ・ホプキンズ大学大学院に入学。同大学で博士号を取得。ミシガン大学教授、シカゴ大学教授、アメリカ心理学会会長、コロンビア大学教授、アメリカ哲学会会長などを務めた。プラグマティズムを代表する思想家。

ジョン・デューイ(哲学者)の名言 一覧

教育の目的は、各人が自己の教育を継続できるようにすることである。


コミュニケーションとは、お互いの別々の体験がひとつの共有財産となるまで、その体験を貸し借りするプロセスのことを言う。


考えるということは、環境をコントロールするための道具である。


子供の教育は、過去の価値の伝達にはなく、未来の新しい価値の創造にある。


ジョン・デューイ(哲学者)の経歴・略歴

ジョン・デューイ。アメリカの哲学者、教育哲学者、心理学者。バーモント州出身。バーモント大学卒業後、小学校、高校で教師を務める。ジョンズ・ホプキンズ大学大学院に入学。同大学で博士号を取得。ミシガン大学教授、シカゴ大学教授、アメリカ心理学会会長、コロンビア大学教授、アメリカ哲学会会長などを務めた。プラグマティズムを代表する思想家。

他の記事も読んでみる

ヘンリー・フォード

落ち度を探すな。改善策を探せ。


泉谷直木

雑談の「雑」には混ぜるという意味があります。それから「談」は「言」と「炎」という字からできている。混ぜ合わされた何かを言葉の炎で加熱して、新しいものを生み出していく。雑談というのは、本来そういう力強いものなのです。そして、混ぜるものが増えれば増えるほど化学反応は活発になり、思いもよらないものがそこから立ち上がってくる。


岩瀬大輔

批判がすべて当たっていて、一理あると自分でも納得できる内容のものだったら、素直に受け止め自分の糧にします。僕のブログには「教養がない」「語彙のバリエーションが少ない」という書き込みがよくあるのですが、自分で痛感していることなので「頑張らなくちゃ」と思っています。


奥山清行

ある職種のプロであるほど忘れがちになるのは、プロであるほど業界の常識に縛られているということです。つまり、プロの発想は前例の集積になりやすい。しかし、それではまず発案者本人が興奮できません。発案者が興奮できないものに、他人が興奮するわけがないですよね。だから「自分以上」になる道具が必要ですが、僕にとってはそれが「手描きの絵」なんですよ。機械を使って描く図面は非常に正確ですが、発想のはじめから機械で描くと、僕の場合は細かいところの不備が気になって前に進めなくなります。でも、手のスケッチなら、細かいところはコチョコチョと曖昧にしておき、アイデアの核心については力強く描ける。初期衝動の印象をかなりそのまま形にできる道具なんです。しかも、手はなかなか思い通りにはなりません。それで偶然に引いた描線が、自分の意図を越えていいものになる可能性もある。そういう意味で僕にとっての手描きの絵は、本人も興奮できる企画を作るための道具になるんですね。


青野慶久

現場からの提案をベースに、「チームワーク」に好影響を与えるものであれば、基本的には採用します。チームワークを重視するのは、組織や社会の成り立ちを支えるチームが円滑に機能すると、素晴らしい成果を生み出せるからです。


猪瀬直樹

毎回、簡単なテーマを設定することが大事。毎回テーマを持つと、マンネリ感がなくなっていつも新鮮な気持ちを保てる。


渡部昭彦

自分の勤め先が変化の激しいベンチャー企業なのか、変化の乏しい役所かで出世の方法は違ってきます。


中原淳

管理職になった女性は、男性上司が説くリーダー像は話半分で聞いておき、自分のキャラクターに合ったリーダーシップの形を模索することが大切です。それを知るためには、仕事外の場でも良いので、なるべく早い段階からリーダーシップをとる経験をしましょう。そうすれば、自分のリーダーシップの型が把握でき、何がベストな形なのかが見えてくるはずです。


陰山英男

自分を変えたいと思ったら、いまからでも一度やってみたらいいと思います。


土屋公三(経営者)

一つのことを愚直に突き詰められる人はめったにいないかもしれません。ただ、人間の脳は潜在能力の1割も引き出せないまま生涯を終えるともいわれるぐらいですから、まだまだ開拓の余地はあるはずです。


安永竜夫

最後は人。人を育て、事業を育てるのは商社の醍醐味。100年以上も前からそういうことをやってきた。インキュベーションの段階で孵化しないものもあるかもしれないが、そこはチャレンジしてもらわないと。


中本晃

当社には昔から「まずやってみよう」という挑戦心を育む風土があります。この伝統がいま、お客様の要望に迅速に応え、形にする元となっているのです。