名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・デューイ(哲学者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・デューイ(哲学者)のプロフィール

ジョン・デューイ。アメリカの哲学者、教育哲学者、心理学者。バーモント州出身。バーモント大学卒業後、小学校、高校で教師を務める。ジョンズ・ホプキンズ大学大学院に入学。同大学で博士号を取得。ミシガン大学教授、シカゴ大学教授、アメリカ心理学会会長、コロンビア大学教授、アメリカ哲学会会長などを務めた。プラグマティズムを代表する思想家。

ジョン・デューイ(哲学者)の名言 一覧

教育の目的は、各人が自己の教育を継続できるようにすることである。


コミュニケーションとは、お互いの別々の体験がひとつの共有財産となるまで、その体験を貸し借りするプロセスのことを言う。


考えるということは、環境をコントロールするための道具である。


子供の教育は、過去の価値の伝達にはなく、未来の新しい価値の創造にある。


ジョン・デューイ(哲学者)の経歴・略歴

ジョン・デューイ。アメリカの哲学者、教育哲学者、心理学者。バーモント州出身。バーモント大学卒業後、小学校、高校で教師を務める。ジョンズ・ホプキンズ大学大学院に入学。同大学で博士号を取得。ミシガン大学教授、シカゴ大学教授、アメリカ心理学会会長、コロンビア大学教授、アメリカ哲学会会長などを務めた。プラグマティズムを代表する思想家。

他の記事も読んでみる

坂根正弘

課長のときは仕事がうまくいっていたのに、部長にしたとたんに無能だと分かったというケースもあるように、上に上がるほど大きな仕事をする人と、上に上がるほど力を発揮できない人の2種類がいる。それだけに、20代でまだ人を使ったこともない若手の将来の可能性を見抜くことは、非常にむずかしい。若手の将来性を見抜くのには誤りがあるというのが大前提ゆえ、敗者復活を必ず入れている。


ハッソ・プラットナー

一般に、会社が成長している時は、次世代を担う事業への投資に関心が向かない。一方で、会社が危ないと気付いた時には大抵、投資資金が底をついている。事業の世代交代は適切なタイミングで決断できるか否かにすべてがかかっている。


松井忠三

ベテランの優秀な店長たちはマニュアル化に反発しました。しかし、むしろそうした反対派の店長を作成委員に任命して、マニュアル作りを進めさせました。マニュアルは、自分たちで作らなければ役に立たない。そのためには、反対派をも抱き込んで良いものを作っていくしかないのです。


羽生善治

これから日本がどうなっていくかはわかりませんし、わからないことは考えない。それは、思考をストップさせるという意味ではありません。わからなくても、とりあえず目の前で何かを選んでいかなくてはいけないし、進まなくてはいけないからです。


ネルソン・ロックフェラー

アートは私の精神生活を満たし、どの分野でも年齢に関係なく観察し、理解し、楽しみ、健全な考え方を持たせてくれる私の暮らしの源になっています。


石井幹子

美しいものを作っていくのは、日本の特徴だと思っています。長年継承されてきた文化が、日本の技術やデザインにはつながっていると感じます。


小杉俊哉

誰にとっても絶対的に楽しい仕事などありません。捉え方次第で、楽しくも、つまらなくも思えるのです。


上釜健宏

当社は創業以来素材から製品に至る全工程を自社で一貫生産するものづくりが強みです。素材から手掛けるため、製品の進化を主導でき、安易な模倣も許しません。


広岡等(廣岡等)

人間年をとると、なぜ何度も同じような話をするようになるのか?未来を見なくなって、過去しかなくなるからですよ。私もいろいろな人の話を聞く機会がありますが、正直言って、自慢げな話にはうんざりする。50、60歳になっても大事なのは志。つまり、先を見続けることです。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

大学が東京芸大だったせいか、まわりには作家性の強い人がたくさんいて、早い時期から有名になるのはそういういわゆる個性的な人ばかりでした。僕にはなかなか作家性が見えなかったので焦りもしたけど、そのうち「まあ、全員が自己表現をする必要なんてないよな」と吹っ切れました。そう思えたのは、作家性がなくても仕事は現場でちゃんと機能してるじゃないかと気づけたからです。それに、仕事をしていれば、どうしたって個性は出てしまう。だから無理に個性的になろうとする必要はないと考えるようにもなりました。むしろ、企業との話しあいのプロセスの中にこそ仕事がある、と思えるようになっていったんです。


内藤眞(経営者)

私たちは日々変化するお客様のニーズに応えなければなりません。そうでなければここまで来ることはできなかった。


徳岡邦夫

黙々と料理の道を追究するというのも、職人のひとつの在り方ではあると思います。しかし自分の仕事に自信と誇りがあるなら、それを伝える努力も必要ではないかというのが私の考え方です。