ジョン・デューイ(哲学者)の名言

ジョン・デューイ(哲学者)のプロフィール

ジョン・デューイ。アメリカの哲学者、教育哲学者、心理学者。バーモント州出身。バーモント大学卒業後、小学校、高校で教師を務める。ジョンズ・ホプキンズ大学大学院に入学。同大学で博士号を取得。ミシガン大学教授、シカゴ大学教授、アメリカ心理学会会長、コロンビア大学教授、アメリカ哲学会会長などを務めた。プラグマティズムを代表する思想家。

ジョン・デューイ(哲学者)の名言 一覧

教育の目的は、各人が自己の教育を継続できるようにすることである。


コミュニケーションとは、お互いの別々の体験がひとつの共有財産となるまで、その体験を貸し借りするプロセスのことを言う。


考えるということは、環境をコントロールするための道具である。


子供の教育は、過去の価値の伝達にはなく、未来の新しい価値の創造にある。


ジョン・デューイ(哲学者)の経歴・略歴

ジョン・デューイ。アメリカの哲学者、教育哲学者、心理学者。バーモント州出身。バーモント大学卒業後、小学校、高校で教師を務める。ジョンズ・ホプキンズ大学大学院に入学。同大学で博士号を取得。ミシガン大学教授、シカゴ大学教授、アメリカ心理学会会長、コロンビア大学教授、アメリカ哲学会会長などを務めた。プラグマティズムを代表する思想家。

他の記事も読んでみる

永田豊志

フレームワークは様々あるが、本質的な利用目的は変わらない。自社の商品・サービスの「伸ばすべき強み」と、「補強すべき弱点」を知るためのものだ。分析したい切り口によって、どんどん使えばいい。


梅野重俊

男性客への浸透は道半ばですが、雰囲気を壊さなければ、こだわらず美味しい単品料理を開発し、どんどん提供していきます。
【覚書き|女性客の割合が高い中、男性客獲得にも力を入れていることについて語った言葉】


吉田直人(経営者)

大学時代、実家がつぶれかかり、仕送りがなくなって学費から生活費まで自分で稼がなければならなくなりました。環境というのは恐ろしいなと思いますが、平々凡々と生きてきた子供が「やるしかない」となると自立していくものなんですね。その時の経験は、素晴らしく、今に生きていると感じます。


漆紫穂子

昨年のプロジェクトでCM制作を行ったとき、広告代理店のCMプランナーの方がある生徒について、「あの子にはくだらないことを次々と思いつく才能がある」とおっしゃったんです。それって才能なのかなと思いましたが、その方が言うには、「僕は広告代理店に入ったときに、それを上司がとても評価してくれたからいまがある。彼女の才能を大事にしてください」と。


弘兼憲史

人を褒めるのが苦手な人がいる。損な人だと思う。損なタイプはふたつある。ひとつは「やって当然」「できて当たり前」と考えるタイプ。挫折を知らないエリート管理職にこのタイプが多い。もうひとつはひたすらシャイなタイプ。恥ずかしくて言葉に出して褒められないというタイプだ。前者のタイプの管理職は部下を褒めるのも仕事の内と心得て褒め方を学んでみる。後者のタイプは役者になったつもりで多少大げさに褒める練習をしてみるといい。


松下幸之助

値切られて、薄口銭で飯も食えんようになるという商売はいけません。双方に喜びが残り、味わえるような商売のあり方を、政府は奨励しなければいかんでしょう。


いっこく堂

「腹話術をやる」と決めた後、その決意を劇団の先輩に打ち明けました。すると「昔の芸だ」「やりつくされて消えたものをやってどうする」と猛反対。露骨にあきれた顔もされました。それでも、僕には小さな勝算がありました。たしかに腹話術は衰退しています。しかし、「閉じた口から声が出ている」という芸の型は誰もが知っている。そこに強みを感じたんです。ゼロからすべて作るのは大変ですが、いまあるものをアレンジし、バージョンアップすればうまくいくのではないか、と。


河野英太郎

日本語の文法の構造上、話を最後の最後まで聞かないと、否定しているか肯定しているかがわかりません。「……だと思う」のか「……ではないと思う」のか。話の方向性は180度違います。だから、途中で部下の話に「あ、その件はね……」などと口を挟むと、相手の意図と反した理解をしてしまう危険性があります。相手との距離が近いケースほど、ふだんから一を聞いて十を知る、といった会話のリズムができていて、つい口を挟んでしまいがちです。


国分良成

国際化は留学生の受け入れだけでなく、防大からも学生を外へ出していくことが重要です。実際、海外に行った学生は、格段にレベルを上げて帰ってきます。真面目な学生ですから、たった4カ月の留学でも、英語力など、飛躍的に能力を上げてきます。ですので、機会さえ与えれば、ものすごく伸びていくんです。


水谷研治

日本は戦後、食べ物にすら困る状況から再興した国です。そんなことができる国民は本当に偉大。我々が本気になってやれば、すごいことができると思います。


小宮一慶

仕事がデキる人は、一度うまくいかなくても、相手とのズレを認識して修正します。商品の機能に興味がないとわかれば、提案の仕方を変える。常に相手の気持ちがどこにあるか探っているのです。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

資格試験をいくつか受けると、普段の仕事にも良い影響が出ます。問題と向き合うことに慣れると、「仕事の課題」にも意欲的に取り組めるようになり、効率的な時間管理もできるようになります。


松澤萬紀

交渉学では、相手との交渉が1時間あったら、そのうち40分を雑談に費やせと言われます。うまく交渉を運ぶには、ビジネスの話を詰める前に、相手との距離を縮めることを優先すべきという考えです。


戸塚隆将

ゴールドマン時代の上司の「残業」も印象的でした。忙しい時期になると毎日残業続きになるのですが、この上司はどんなに忙しくても必ず夜中の2時に帰るのです。調子がいいからと2時過ぎまで残ることもなければ、今日は疲れたからと2時前に帰ることもなく、毎日キッカリ2時です。自分のバイオリズムを完全に把握していて、2時過ぎまで仕事をすると必要な睡眠時間が取れず、翌日の生産性が下がることを熟知していたのです。


新浪剛史

主力事業であっても、無駄な資金は使いません。しかし、成長のためにきちんとリターンがあるなら投資は惜しみません。


ページの先頭へ