名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・テンプルトンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・テンプルトンのプロフィール

ジョン・テンプルトン。アメリカの投資家。テネシー州出身。オックスフォード大学で法律の学位を取得。証券会社勤務を経て投資顧問会社を設立。テンプルトン財団を創設した。

ジョン・テンプルトンの名言 一覧

相場は絶望と恐怖の淵に生まれ、不安と懐疑の中で育っていく。


四つの単語でできた言葉の中で、最も高くつくものは「今度ばかりは違う(This time it’s different.)」である。


今の資産よりもはるかに割安なものに買い替えるのでなければ、その資産を売ってはならない。


集団的意思決定によって高いパフォーマンスが得られることはない。自分ひとりで決めることだ。


意思決定の前に祈りをささげること。頭の中がクリアになり、うかつなミスも少なくなる。


大多数の人々と違うことをしなければ、高いパフォーマンスをあげることはできない。


みんなが売ろうとしているときに買い、みんなが買おうとしているときに売るのは強靭な精神力がいる。


株式市場で「お買い得」な物を買おうと思えば、みんなが売ろうとしているものを買う以外にない。


市場が最も悲観的になっているときこそ買いのチャンスである。
市場が最も楽観的になっているときこそ売りのチャンスである。


いつも同じ資産を選んではならないし、いつも同じ銘柄選択手段をとってはならない。投資家は常に柔軟でなければならず、固定観念にとらわれてはいけない。長期にわたって最大のリターンを確保するには、人気のある証券や手法から人気のないものにシフトする必要がある。


ジョン・テンプルトンの経歴・略歴

ジョン・テンプルトン。アメリカの投資家。テネシー州出身。オックスフォード大学で法律の学位を取得。証券会社勤務を経て投資顧問会社を設立。テンプルトン財団を創設した。

他の記事も読んでみる

野村克也

一芸に秀でた人間が、気づけば他の芸も身につけ、さらに一流のプロとして磨きをかける。そんなことも少なくない。ひとつを極めた人間にとっては、別の道でも「何をどうやれば結果が残せるか」が見えやすくなる。そして、一芸で得た「自分はデキる!」という自信が、別の道でも自分を磨く時の余裕となる。つまり一芸があれば、他の道も開くんだよ。


勝沼精蔵

行動だ。何もしないで、ある日突然潜在能力は現われはしない。【覚書き|潜在能力を引き出すにはどうすればいいですか?と問われた時の返答】


長谷部誠

愚痴で憂さ晴らしをするのは、自分の問題点と向かうことから逃げるのと同じ。ゆえに、逆に愚痴を言わないように心がければ、おのずと問題点と向き合えるようになる。


木村惠司(木村恵司)

経験豊富な人は、「いままでそんなことはなかった」と言うことがありますが、これからはそれを簡単に信じてはいけません。時代は大きく変わっていますから、経験をベースとしつつ、自分の頭で一所懸命に考え、この難局を乗り越える能力を磨くことが大切です。


岩田松雄

企業は事業を通じて世の中をよくするためにある。それぞれの会社には存在理由があり、それがミッションです。ザ・ボディショップには化粧品を通じて、スターバックスにはコーヒーを通じて、世の中をよくしていくという使命(ミッション)がある。


馬場彰

波騒(なみざい)を前にして雑魚のように右往左往している日本人の姿を見ると、情けなくて仕方ありません。日本人はいつから国民としての気概を失ってしまったのでしょうか。戦後の焼け野原から奇跡的な復興を果たし、豊かになったのと引き換えに、困難に立ち向かう勇気を失ってしまったように思います。


田原総一朗

いまの自分の環境を嘆く人がいますが、ハンデが大きい人ほどチャンスがある。


鈴木宗男

大出世を目指すなら、下の面倒を見ることだ。小さな出世で良ければ、上にお世辞を使えばいい。


池田貴将

現代で命を懸けるシーンは考えられないし、実際に命を投げ出すようなことがあってはならないと思います。ただ、自分のクビをかけてプロジェクトに取り組む場面はありえます。そのときに、本当にいまがすべてを懸けるタイミングなのか、それをしっかり見極めたいところです。


北山節子

教えたことができなくても、頭ごなしには叱らないようにしましょう。「ポジティブ(褒めるなど)、ネガティブ(注意など)、ポジティブ」の順に話すと、スタッフは聞く耳を持つようになります。


吉野彰

すばらしい発見をし、開発に成功し、特許を取っても、事業化にコケてしまったら、ビジネス的には二束三文の価値しかないわけでしょう?それでは、産業の世界ではリスペクトされることはありません。じつは日本人の産業開発の中にはそういうパターンが多いんじゃないのかな。


佐々木常夫

鈍感力と楽天性が、心が折れないための両輪。