名言DB

9419 人 / 110788 名言

ジョン・テンプルトンの名言

twitter Facebook はてブ

ジョン・テンプルトンのプロフィール

ジョン・テンプルトン。アメリカの投資家。テネシー州出身。オックスフォード大学で法律の学位を取得。証券会社勤務を経て投資顧問会社を設立。テンプルトン財団を創設した。

ジョン・テンプルトンの名言 一覧

相場は絶望と恐怖の淵に生まれ、不安と懐疑の中で育っていく。


四つの単語でできた言葉の中で、最も高くつくものは「今度ばかりは違う(This time it’s different.)」である。


今の資産よりもはるかに割安なものに買い替えるのでなければ、その資産を売ってはならない。


集団的意思決定によって高いパフォーマンスが得られることはない。自分ひとりで決めることだ。


意思決定の前に祈りをささげること。頭の中がクリアになり、うかつなミスも少なくなる。


大多数の人々と違うことをしなければ、高いパフォーマンスをあげることはできない。


みんなが売ろうとしているときに買い、みんなが買おうとしているときに売るのは強靭な精神力がいる。


株式市場で「お買い得」な物を買おうと思えば、みんなが売ろうとしているものを買う以外にない。


市場が最も悲観的になっているときこそ買いのチャンスである。
市場が最も楽観的になっているときこそ売りのチャンスである。


いつも同じ資産を選んではならないし、いつも同じ銘柄選択手段をとってはならない。投資家は常に柔軟でなければならず、固定観念にとらわれてはいけない。長期にわたって最大のリターンを確保するには、人気のある証券や手法から人気のないものにシフトする必要がある。


ジョン・テンプルトンの経歴・略歴

ジョン・テンプルトン。アメリカの投資家。テネシー州出身。オックスフォード大学で法律の学位を取得。証券会社勤務を経て投資顧問会社を設立。テンプルトン財団を創設した。

他の記事も読んでみる

永田豊志

「ロジカルに考えろ」とはよく言われることですが、いくら「頭をロジカルにしよう」と念じても、ロジカルにはなりません。図解思考をすれば、継続していくだけで、勝手に頭がロジカルになっていくのです。


上野和典

引き際も即断することが重要。難しいと思ったらすぐにストップ。中途半端な修正案など出さず、すぐ引き上げます。


遠藤健(経営者)

介護施設では通常、夜中に職員が巡回しています。これもセンサーを入居者の方につけておいてもらえば、不要になります。脈拍や血圧などを常に計測できるわけですから、異常が起きたときに駆けつければいいのです。ITの活用です。あるいは入居者の方を動かしたりするときには、介助ロボットを使えば職員が楽に働けるようにもなります。生産性を上げるというのはそういうことだと思うのです。


秋元康

今は昔に比べて、メジャーとマイナーの差が縮まっている。この影響は大きい。マイナーな存在がメジャーとして認められるのは、昔は難しかったけれど、今は何かをきっかけに認められる。マイナーな存在を持ち上げることが、メジャーを期待する受け手との間にある予定調和を壊すことにつながり得る。


梅田望夫

チャンスは広がったといっても、じっと待っているだけでは天職に出合える確率は低いまま。大事なのは、どんどん自分から積極的に動くことです。


原田武夫

交渉では相手がいま何を一番求めているのかを知り、それに対する交渉のカードを最初から持っていなければならない。ライバルに勝つためには、本当に欲しいことを相手に知られないことが何よりも重要であり、相手の欲することを突き止めれば勝機が生まれる。欲望がすべての突破口となる。


ジョン・カビラ

コミュニケーションの基本は、真摯であること、誠実であること。それは、知ったかぶりをしないことにも通じます。特に放送では、知ったかぶりは最大のタブーです。知らない自分よりも、知ったかぶりをする自分のほうが恥ずかしい。だって、リスナーのなかには、そのテーマについて、自分よりも詳しい人が必ずいますから。


加治敬通

よく「組織の末端」という言い方がされますが、私はパートナー社員(パート・アルバイト社員)のことをそうは思っていません。彼らは「現場の最先端」にいる社員なのです。


左京泰明

どの道が正解かは人それぞれだし、もっと言えば正解・不正解は誰にもジャッジできない。


谷川花子

「なぜそれを使うのか」というのは今まで代々語り継がれてきたものですが、現代ではその意味すら意識しなくなっています。時代の流れに淘汰されるものは出てきますが、残していくべきものは、我々が責任を持ってきちんと後世につないでいく、といコミッションを持って日々取り組んでいます。