ジョン・テンプルトンの名言

ジョン・テンプルトンのプロフィール

ジョン・テンプルトン。アメリカの投資家。テネシー州出身。オックスフォード大学で法律の学位を取得。証券会社勤務を経て投資顧問会社を設立。テンプルトン財団を創設した。

ジョン・テンプルトンの名言 一覧

相場は絶望と恐怖の淵に生まれ、不安と懐疑の中で育っていく。


四つの単語でできた言葉の中で、最も高くつくものは「今度ばかりは違う(This time it’s different.)」である。


今の資産よりもはるかに割安なものに買い替えるのでなければ、その資産を売ってはならない。


集団的意思決定によって高いパフォーマンスが得られることはない。自分ひとりで決めることだ。


意思決定の前に祈りをささげること。頭の中がクリアになり、うかつなミスも少なくなる。


大多数の人々と違うことをしなければ、高いパフォーマンスをあげることはできない。


みんなが売ろうとしているときに買い、みんなが買おうとしているときに売るのは強靭な精神力がいる。


株式市場で「お買い得」な物を買おうと思えば、みんなが売ろうとしているものを買う以外にない。


市場が最も悲観的になっているときこそ買いのチャンスである。
市場が最も楽観的になっているときこそ売りのチャンスである。


いつも同じ資産を選んではならないし、いつも同じ銘柄選択手段をとってはならない。投資家は常に柔軟でなければならず、固定観念にとらわれてはいけない。長期にわたって最大のリターンを確保するには、人気のある証券や手法から人気のないものにシフトする必要がある。


ジョン・テンプルトンの経歴・略歴

ジョン・テンプルトン。アメリカの投資家。テネシー州出身。オックスフォード大学で法律の学位を取得。証券会社勤務を経て投資顧問会社を設立。テンプルトン財団を創設した。

他の記事も読んでみる

シルベスター・スタローン

私は中学時代、先生たちから、一番電気椅子送りになりそうな生徒だと言われていた。


山本一力

昔から「金に汚い」「お金に執着しない」という言い方があるように、日本人はお金に対して妙に気取ってしまう部分があります。ところが、それこそがとんでもない誤りなんだ。「お金の話をしてはいけない」という悪しき風潮を変えるには、親が子供に「真正面からお金に向き合いなさい」と教えて、使い方をきちんと叩き込むしかないんじゃないか。


飯田亮

「一念巌も貫く」といいますが、私がこれまでやってこれたのは「何が何でもやりぬく」という意志とともに、父から送られた言葉「初心不忘」が大きなエネルギーを私に与えてくれたからに他ならないと思っています。この言葉は、今でも私の机近くの壁に掲げられ、父の戒めとして私を見守っているのです。


スガシカオ

僕は「プロダクトアウト」オンリーですね。マーケットとか、今の音楽に対しての距離感はすごい近くに取っているんです。そのうえで、自分が作る音楽は、それとはあんまり関係ないかなっていう。要するに、「売れてる音楽とは関係ないな」って位置にずっといちゃうんですよね。


林野宏

どうしてもライバルに敵わない場合、無理して戦ってもノイローゼになります。潔く撤退して違う土俵でリベンジする勇気も必要でしょう。


柳井正

大多数の日本企業は、いまだにクライアントサーバー型にとどまっていて、作業や仕事を同時進行し、同期化する感覚を持てずにいます。ですからリーダーについても柔軟に考えることができない。リーダーはその仕事にふさわしい人がなればいいし、これからは一人一人が全体最適を考えながら自立し、その力が有機的につながっている会社を目指すべきだと思います。


弘兼憲史

身の周りの整理をして、余分なものを取り除いていくのも、自分のやるべきことを減らす方法です。例えば、年賀状。今の時代は、ただですら忙しい年末をさらに慌ただしくさせる慣習でしかない。20年ほど前から「年賀状は出さない」主義を貫いています。かつては手作り感があり、オリジナリティーにあふれていた年賀状ですが、今はパソコンで作って印刷するだけの年賀状も少なくない。ますます、不要な慣習と感じています。


冨安徳久

大きなビジョンを描くのは大事なことです。ビジョンを日本一と定めておけば、そのためにどのようなミッションを成し遂げねばならないのかが自ずと見えてくる。そして、それを細分化し、地道にクリアしていくのです。


アイスキュロス

英知は苦難からもたらされる。


水野学

僕の中で、アートディレクションは「広く見る」こと、デザインは「深く見る」ことという区別をしています。「広く見る」というのはものごとを俯瞰して道筋をつくることで、「深く見る」というのはあらゆる細部を検証して精度を高めていくことです。


川崎秀一

積み上げてきた技術の深さというのは、意外に真似しようと思っても真似しにくいもの。だから、その槍をどんどん尖らせようと。しかし、槍は油断すると途端にさびたり、曲がったりしてしまいますので、油断しないように槍をとがらせておけ、と技術部隊に発破をかけています。


国分良成

防衛大学は学生の使命や目的が非常に明確な学校ですから、逆に言うと、人間としての幅が狭くならないように、という思いを抱いています。そのためにも文化・教養を深めることが大切だと感じています。


佐藤綾子(心理学者)

何をやってもマイペースな自己満足型の人に注意するときは、本人のペースを認めたうえで、短くポイントだけ伝えましょう。自己満足しているだけに、あまり鋭く細かく修正点を指摘したりすると、急に反発しかねません。自分のやり方がよいと思っているので、あまり注意されると、陰で悪口を言ったりもします。


三浦雄一郎

エベレストでお茶会をしたとき、外はマイナス25度。でも、絶対8500メートルでお茶会をやろうと決めてたんです。だから茶筅(ちゃせん)から何から全部持っていった。本当は100グラムでも軽いほうがいいのに(笑)。「お父さん、何でそんな無駄なもの」って息子や他のメンバーからは言われました。でもね、すごく効いた。8500メートルの高さでは交感神経が優位になって、興奮して眠れなかったり、落ち着かなかったりするんです。それがお茶を飲んでいるうちにスーツと心が静まって。


佐々木常夫

私たちが仕事をする意義は、自分の幸せをつかむことにあると納得できればいい。そのように働く意義を自分事化して捉えることができれば、困難に直面してもエネルギーが湧いてくるものです。図太い人でも、小心者であっても心を支える土台は変わらないのです。一方、この大前提がボヤけていると心が折れやすくなります。


ページの先頭へ