名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジョン・チャートン・コリンズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・チャートン・コリンズのプロフィール

ジョン・チャートン・コリンズ。19世紀イギリスの文学評論家。英国バートン・オン・ザ・ウォーター村生まれ。オックスフォード大学ベイリオルカレッジ卒。文学研究の傍ら、バーミンガム大学英文学教授を務めた。画家ジョシュア・レノルズ、政治家・哲学者ボリング・ブローク、哲学者ヴォルテール、作家ジョナサン・スウィフトなどの研究を行った。最期は保養先のローストフトにて死亡。享年60

ジョン・チャートン・コリンズの名言 一覧

我々は、行いによって友人をつくるよりも、言葉によって敵をつくることの方が多い。


人々が他者へ忠告を求めるのは、十中八九、お世辞を言ってもらいたいと期待しているためである。


他人に忠告するより、自分に与えられた忠告を役立たせる方が、いっそう知恵を必要とする。


人生における成功の秘訣は、成功しなかった人々だけしか知らない。


すべての人々について良く言う人間を信頼するな。


ジョン・チャートン・コリンズの経歴・略歴

ジョン・チャートン・コリンズ。19世紀イギリスの文学評論家。英国バートン・オン・ザ・ウォーター村生まれ。オックスフォード大学ベイリオルカレッジ卒。文学研究の傍ら、バーミンガム大学英文学教授を務めた。画家ジョシュア・レノルズ、政治家・哲学者ボリング・ブローク、哲学者ヴォルテール、作家ジョナサン・スウィフトなどの研究を行った。最期は保養先のローストフトにて死亡。享年60

他の記事も読んでみる

安井豊明

かつては販売する商品単位の知識があれば売り場に立てました。いまは、それだけでは不十分です。様々な家電や機器がネットワークにつながり高機能化、多機能化しているため、販売員には個々の商品にとどまらない説明が求められます。


クリス・ジョンソン(ネスレ)

日本は最重要市場のひとつです。味について、お客様の要求水準は非常に高く、嗜好が洗練されています。パッケージも同様です。たとえば、あるペットフードは、日本のお客様のニーズに応えるために改良を重ねた結果、商品の価値が高まり、世界中で支持を得ることができました。


森下裕道

人と話すときは失敗を気にし過ぎないことも大事です。ある心理学実験によると、人は20分経つと、話していたことの42%は忘れているそうです。二度三度と繰り返さない限り、記憶はどんどん薄れるもの。あがりやすい人はえてして失敗を引きずりがちですが、「20分後には半分忘れているんだ!」と思って、気楽に構えましょう。


出雲充

ミドリムシという絶好の素材が見つかって、いよいよ、どうしたらバングラデシュの食卓に上らせることができるか、を考えている。食生活はそこの文化と結び付いているから、お母さんたちが使いやすいように、工夫したい。


ジョン・リディング

データはまさに宝の山。どんな人がどんなニュース、事柄に関心を持っているのか、分析すればするほど様々な読者と距離を縮めていくことができる。


平井伯昌

明確な目的意識を持てるか否かも大きい。レベルに関係なく、明確な目標があるほど集中力は増し、意志のある泳ぎができる。


山名昌衛

大手と同じような戦い方で挑むわけではない。ニッチでもジャンルトップを狙って攻めるような、コニカミノルタなりの存在感を出していきたい。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

もはやリストラは定年と同じ会社員の宿命といえる時代に入っている。ただし、残りの年数がわかる定年と違い、リストラは突然やってくる。しかも会社側は、専門家の助けを借りるなど準備万端、総力戦で攻めてくるので、「何とかなるさ」「俺には関係ない」「嵐はそのうちやむよ」などと、のんきなことを言っていては太刀打ちできない。


籾井勝人

特に我々は設備投資に巨額のお金をかける業種ではありませんから、何にお金を投資するかというと「人」しかないんです。


菅広文

僕は、何かテレビでエピソードを話さなければいけないとき、事前に後輩に話すんですよ。すると、そのエピソードについて頭の中が整理できているのかがわかり、自分の身になっていくんです。


竹中平蔵

インベンション(発明)とイノベーション(社会の変革)は全く違う。トーマス・エジソンが偉大である理由は、電気のメカニズムの開発という発明をしたからではありません。実際に会社(現在のGE)を作ってニューヨークに電気を売り、イノベーションを起こしたからです。日本はパーツで良いものを持っていても、システム化するのが苦手です。自動運転車を見ても、確かに日本のセンサーは優れています。しかし、道路交通法で「車の運転は人が行うもの」と定められているため、公道で実験できません。これではイノベーションは起きない。日本はそういった弱さが克服できていません。


深谷紘一

間違いのないしっかりとしたモノづくりに対する現場の努力に常に気を遣い配慮して「ごくろうさん」「ありがとう」という言葉で報いることです。百万個をノーミスで作るのはすごいことです。その持続性に対して、ありがとうと言わなければならないと思います。所詮モノづくりの現場は地味ですし、光が当たらないことが多い。それに対して新製品開発などの部分はカッコいいし、注目を集めますよね。拍手を浴びることも多い。でも、けっして派手ではないモノづくりの現場にこそ、目を向けていかなければいけないと思うんです。