名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・チャートン・コリンズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・チャートン・コリンズのプロフィール

ジョン・チャートン・コリンズ。19世紀イギリスの文学評論家。英国バートン・オン・ザ・ウォーター村生まれ。オックスフォード大学ベイリオルカレッジ卒。文学研究の傍ら、バーミンガム大学英文学教授を務めた。画家ジョシュア・レノルズ、政治家・哲学者ボリング・ブローク、哲学者ヴォルテール、作家ジョナサン・スウィフトなどの研究を行った。最期は保養先のローストフトにて死亡。享年60

ジョン・チャートン・コリンズの名言 一覧

我々は、行いによって友人をつくるよりも、言葉によって敵をつくることの方が多い。


人々が他者へ忠告を求めるのは、十中八九、お世辞を言ってもらいたいと期待しているためである。


他人に忠告するより、自分に与えられた忠告を役立たせる方が、いっそう知恵を必要とする。


人生における成功の秘訣は、成功しなかった人々だけしか知らない。


すべての人々について良く言う人間を信頼するな。


ジョン・チャートン・コリンズの経歴・略歴

ジョン・チャートン・コリンズ。19世紀イギリスの文学評論家。英国バートン・オン・ザ・ウォーター村生まれ。オックスフォード大学ベイリオルカレッジ卒。文学研究の傍ら、バーミンガム大学英文学教授を務めた。画家ジョシュア・レノルズ、政治家・哲学者ボリング・ブローク、哲学者ヴォルテール、作家ジョナサン・スウィフトなどの研究を行った。最期は保養先のローストフトにて死亡。享年60

他の記事も読んでみる

おおたわ史絵

身体を動かさないことは、現代人に多い低体温症や冷え性の原因にもなっています。低体温症は、エネルギーを生み出す筋力が衰えるとなりやすく、また冷え性は、運動不足によって血液の循環が悪くなると生じやすくなります。つまり、体内で熱を生み出すのも、その熱を身体の隅々まで届けるのも、筋肉の働きによるものなのです。身体を動かすことは、身体機能を維持するためにも重要なことなのです。


ジェリー・ドリザス

いくら正しい製品を日本に導入しても、それを認知していただかなければ意味がありません。心理的なバリアを解消するためには、やはり積極的な宣伝広告投資が必要であると考え、これを実行してきました。


エピクテトス

人間を不安にするものは物事そのものではない。物事に対する見解が人間を不安にさせる。


孫正義

すべての投資が成功するわけではない。むしろ、失敗の方が多い。しかし、大ホームランを逃さないように、私に投資情報を上げるように言っている。


鑄方貞了(鋳方貞了)

いつまでも現役で新たな分野に挑戦し続けることは、とても素晴らしい。


中村獅童(二代目)

僕の場合は、歌舞伎の舞台自体も神棚のようだと感じています。舞台に立ち、無事にお役をつとめさせていただくということは、歌舞伎の神様に見守られているということです。歌舞伎は歴史が長く、「名優と言われた先達たちが大切に演じてこられたお役を受け継いでいる」という意識を強く持っています。


天野浩

「イノベーションとは何か」。私は、このことを大学で研究を進める中で常に意識していました。分かりやすく言えば、「イノベーション」と「インベンション」の違いです。0から1を生み出す発明はインベンション。社会を変えることがイノベーション。


原口博光(経営者)

部下の専門家に質問するとき「アホか、こいつは」と思われてはいけませんん。そうなったら相手は何も教えてくれません。「この人は考えている人だな。「この人は考えている人だな。俺らのために頑張ってくれるんじゃないか」と夢や希望を与え、社員たちが積極的に話しかけてくれるような関係を目指しました。


野中正人

お客様の期待に応えるには、商品を安く調達することがひとつ。もうひとつは、利幅が小さくても儲けが出る運営をしていくことです。要するに「低価格での調達と、ローコストの運営」ですね。このふたつを徹底して追求していけば、自ずと「お客様の期待を少しだけ超える」商売ができます。そして、こうした経営をずっと継続してきたことが、大きく落ち込まずに済んだ原因ではないでしょうか。


岩瀬昌美

グローバルエリートは特に用事がない日は夜10時にはベッドに入っています。朝5時からジムが開いているので、早起きしてジムで運動してから出社する人も多いです。


橋口昌弘

技術やサービスについては、自分の思う理想に近づいてきた。ただ、それを証明するにはブランド化が必要。そのために、高級ホテルの案件を手がけることで、実績を作ろうと考えた。


冨永照子

最初は阿波踊りでも呼ぼうかという話だったんですが、亡くなった喜劇役者の伴淳三郎さんが「阿波踊りなんて古い。リオのカーニバルだよ」って台東区長に話したそうで。区長と浅草の旦那衆がみんなでリオに見に行っちゃった。お腹を壊した人もいたけど、帰ってきたらみんな「あれはいいよ!」と盛り上がってサンバに決まりました(笑)。今、サンバは花火より盛り上がっていますよ。サンバの日は朝からおじさんたちが、熱射病対策のペットボトルを抱えて場所取りして動かないのよ。商店街の活性化ですから、「清く正しく美しく」だけじゃ駄目なんです。チラリズムにあると思っています。