名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジョン・チャートン・コリンズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・チャートン・コリンズのプロフィール

ジョン・チャートン・コリンズ。19世紀イギリスの文学評論家。英国バートン・オン・ザ・ウォーター村生まれ。オックスフォード大学ベイリオルカレッジ卒。文学研究の傍ら、バーミンガム大学英文学教授を務めた。画家ジョシュア・レノルズ、政治家・哲学者ボリング・ブローク、哲学者ヴォルテール、作家ジョナサン・スウィフトなどの研究を行った。最期は保養先のローストフトにて死亡。享年60

ジョン・チャートン・コリンズの名言 一覧

我々は、行いによって友人をつくるよりも、言葉によって敵をつくることの方が多い。


人々が他者へ忠告を求めるのは、十中八九、お世辞を言ってもらいたいと期待しているためである。


他人に忠告するより、自分に与えられた忠告を役立たせる方が、いっそう知恵を必要とする。


人生における成功の秘訣は、成功しなかった人々だけしか知らない。


すべての人々について良く言う人間を信頼するな。


ジョン・チャートン・コリンズの経歴・略歴

ジョン・チャートン・コリンズ。19世紀イギリスの文学評論家。英国バートン・オン・ザ・ウォーター村生まれ。オックスフォード大学ベイリオルカレッジ卒。文学研究の傍ら、バーミンガム大学英文学教授を務めた。画家ジョシュア・レノルズ、政治家・哲学者ボリング・ブローク、哲学者ヴォルテール、作家ジョナサン・スウィフトなどの研究を行った。最期は保養先のローストフトにて死亡。享年60

他の記事も読んでみる

村井史郎

勝負ごとで大事なことは、選択肢をいくつも持つこと。下手な人にかぎって、2つぐらいしか選択肢がない。うまくなればなるほど、何百手も先まで読み、多くの選択肢を用意している。


加藤進(住友商事)

入社して十年やそこらは、人をかき分けてとか、人の上に立ってとか、考える必要はない。必要な知識を身につけ、アンテナを磨き、好奇心を深めてくれればいい。土台がないと人は伸びない。


マキャベリ(マキャヴェッリ)

平時の状態に基づき人間を信用してはならない。それというのも人は死ぬ危険がほとんどない場合には馳せ参じ、支持を約束し、君主のために死ぬ覚悟があると述べるが、君主が市民たちを必要とする時節が到来すると少数の人間しか彼のもとには見いだされない。


ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルク

人間は歳を取るものだと始終考えていることほど人間を老けさせるものはない。


宮本亜門

意識しているのは、観客の皆さんに、まだ知らない世界、覚えのない感覚を少しでも味わってもらいたいということ。


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)

これからMUJINはどういう方向に進んでいくのか、二人の(共同創業者)間では常に一致している。社員もそのビジョンに引き寄せられた。たとえ製品がなくなっても二人が残ればMUJINは続くと信じている。本質的な強みはそこにある。


野村忠宏

「もう限界です」と細川(伸二)先生に伝えると、「お前はそんなもんか」とくる。休ませてはくれないんです(笑)。世の中にはそこで「はい、僕そんなもんです」と引く人間と、「なめんなよ」と前に出る人間がいます。もしもあの時僕が引いていたら、細川先生に見捨てられていたでしょう。面白いもので、「なにくそ!」と練習を再開したら、結局、次の1本もやり切れる。


藻谷浩介

ある島の小さな町の温泉施設建設計画のコンサルを担当したときのことです。県から「過大投資を防ぐために関わってほしい」と話があり、行ってみると「学歴だけの若造が東京から何しに来た」という空気。しかも片道6時間もかかる遠い場所。ですが私は嬉々として修行に励みました。この場で通じないなら、大きな仕事はできっこありません。


和田秀樹

40代の過ごし方は重要。ここで、その後の人生、9割が決まるといっても過言ではありません。40代で準備を始めておけば、50代60代、その後も豊かに暮らすことができるんです。その準備とは、「逃げ場」「社交場」「稼ぎ場」3つの場を作ること。


マザー・テレサ

私の恐れているものはただひとつ。お金です。お金への執着、金銭欲こそは、ユダをしてイエスを裏切らせる動機となったのです。


仲山進也

楽天大学参加者の皆さんは、常に新しい状況の中で手探りでショップ運営に取り組んでいます。みんなで「どうしたらいい?」と考え実践し、「うちではこうなった」「じゃあうちはこうしてみよう」と情報や意見を交換しながら試行錯誤する。その繰り返しです。


酒巻久

支援を求める相手は、多くの場合「成功者」です。つまり、自分も若き日に夢と大望を持ってチャレンジをした人です。そうした人物は、熱意ある者にかつての自分を重ねます。周囲の理解を得られぬ中、あきらめず奮闘した経験なども蘇るでしょう。その記憶が心に火をつけ、「応援しよう」という気持ちを起こさせるのです。