ジョン・チェンバース(シスコシステムズ)の名言

ジョン・チェンバース(シスコシステムズ)のプロフィール

ジョン・チェンバース。アメリカの経営者。「シスコシステムズ」会長。オハイオ州出身。IBM、ワング・ラボラトリーズを経てシスコシステムズに入社。国際業務担当上級副社長などを経て社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。CEO就任後5年で同社の株価を60倍に成長させた。

ジョン・チェンバース(シスコシステムズ)の名言 一覧

現在そして未来のビジネスリーダーが理解しなければいけない最も重要なことは、自分がコントロールして影響を及ぼせることだけに意識を集中すること。そして、実行し、実行し、実行することだ。


ジョン・チェンバース(シスコシステムズ)の経歴・略歴

ジョン・チェンバース。アメリカの経営者。「シスコシステムズ」会長。オハイオ州出身。IBM、ワング・ラボラトリーズを経てシスコシステムズに入社。国際業務担当上級副社長などを経て社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。CEO就任後5年で同社の株価を60倍に成長させた。

他の記事も読んでみる

三宅秀道

意識されていなかった名前のない問題を発見することが新しい文化の創造に結びつく。技術開発はもちろん大切ですが、いまは比重がそちらに寄りすぎていると思います。未知の問題をもっと発見していくことが明日への希望になると信じています。


上田研二

よい経営者のところには、よい社員が残り、ダメな社員は去っていく。
ダメな経営者のところには、ダメな社員が残り、よい社員が去っていく。


榎本博明

自分もイライラしないためには、感情を沈静化させる作用がある「ポジティブセルフトーク」が有効です。例えば、上司の理不尽な言葉に、「もう我慢できない!」とカッとなったら、「大したことじゃない」「大丈夫、落ち着こう」などと自分に言い聞かせる癖をつけます。暴言を比較的冷静に受け止められ、相手への嫌悪感も軽減します。


ダニエル・ピンク

働く喜びを実感できる秘訣とは、「仕事の中に、心から楽しめることを見つけること」「自分の強みを見つけてそれを活かすこと」「日々の成長や進歩を確認すること」「新しいことを始めて、人間関係を広げること」そして「社会に貢献するといった大きな志を抱くこと」。この5つが、これからの時代のビジネスパーソンにとって幸福のカギとなると思います。


西本智実

振り返れば、長い期間、拠点にしていたロシアでは、時間をかけてしっかりとした礎を築けました。だからこそ、「ロシア国立交響楽団の首席客演指揮者をやってみないか」という依頼をいただけるわけです。


田中良和(GREE)

現在、物販以外のEC、そして新しいコミュニケーションツールの開発に着手しています。もしかしたら周囲からは「そんなのはうまくいかない」と言われるかもしれません。ただ、振り返れば私たちはいつもそう言われ、そして結果を必ず出してきました。新しい事業をやっていくということは、そういった様々な人の様々な言葉に惑わされない、強い意志が必要だと思っています。


山崎浩一(コラムニスト)

駆け出しでも高級品を使うことで、「道具に恥じない自分」を心がけるようになった。


山本ケイイチ

ちょっと挫けたからと投げ出していては、何も進歩しない。


岡藤正広

社員が前向きに働けるインセンティブをどうつくるかが一番大事じゃないかな。結果が出ればちゃんと報いるということを約束し、実行することがね。僕が社長になった頃は、社員の給料は総合商社で4~5位だった。今では、社員の平均年齢が比較的若いことも考慮すると実質的にはトップ。クラスでしょう。


黒川靖生(経営者)

経営は、毎日が自分との闘い。


山田義仁

ベトナムでは2輪車のことを「ホンダ」、貼り薬のことを「サロンパス(久光製薬)」と呼んでいます。世界で血圧計のことを「オムロン」と呼ばれるように社員にはハッパをかけています。ヘルスケア事業は社業に占める割合は低いですが、血圧計は世界シェア50%を占めます。ブランド力向上と社会貢献を示すうえで消費者に分かりやすく、重要な役割を担っています。


加藤義博(経営者)

起業家の人たちって、熟考していたと思ったら、急に違う方向に走り出すような変な「スイッチ」みたいなものを持っているのかもしれませんね。彼らを見ていると、どこかしら変わったところがある気がします。


豊田章男(モリゾウ)

何が起きるかわからない激動の時代。だからこそ、変えてはいけないブレない軸と、未来のために今を変える覚悟を持つべきだ。


尾崎裕

ここ(関西)の地方文化が我々の企業文化に影響していると思うし、新しい取り組みもこちらがだいたい多いですよね。東京は中央官庁のお膝元だから、みんな行儀よくて、横の関係を保ちながらやる。お上からの圧力もある。関西は「そんなの自分でやったらええねん」という世界で、役人が言ったって、「そんなのできまへん」という文化があります。江戸時代からそうです。ここは商人の町で、全部自分たちでやるんだという意識が強い。そういうところはDNAとして関西に残っていると思います。


王陽明

知識をつけることは、行動の始まり。
行動することは、知識を完成させること。
行わなければ、知っているとは言えない。
知っていても、行わなければ、知らないのと同じである。


ページの先頭へ