名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジョン・ジェイ(アートディレクター)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ジェイ(アートディレクター)のプロフィール

ジョン・C・ジェイ。アメリカのアートディレクター。米国オハイオ州出身。オハイオ州立大学でビジュアル・コミュニケーションを学ぶ。雑誌のアートディレクター、ニューヨーク百貨店や米国のデパート「ブルーミングデールズ」でマーケティングディレクター、クリエーティブ・エージェンシー「ワイデン+ケネディ(W+K)」でクリエイティブディレクターを務めた。その後、「GX」を設立。

ジョン・ジェイ(アートディレクター)の名言 一覧

知識を獲得するには、やっぱり深い体験が重要です。


効率よくやろうとして、世界中で同じやり方をしても、うまくいかないんですよ。そうすると、いい商品が生まれるマジックが失われてしまう。


情報は知識ではありません。グーグルで答えが見つけられるからといって、それだけに頼っている人は、世界を理解しているとは言えない。


私の場合で言うと、広告以外の世界から来た人間であることが、新しいクライアントとの関係性に貢献したと思っています。いわゆる広告業界のルールを知らなかったから、思い込みや慣例から自由で、それが逆によかった。


人材は毎日ノンストップで探すんです。いま、グローバル化するビジネスの中で一番の課題は、優秀な人材をどう見つけるかですから。


目まぐるしく変わる世界の中で、好奇心を保つことって、すごく大事だと思うんですよ。


日本は世界の変化から、いろいろと守られているから、外でどれぐらい速く、いろいろなことが変わっているか、皆さん、あまり気付いていないかもしれないけれど、私は変化をすごく意識しています。


私には、中国人と日本人のアシスタントがいて、いつもいろいろリサーチしてくれているんですよ。一人はミュージシャン、もう一人は映像作家。私が知らない世界を知っているから、常に新しい情報を教えてくれます。


先端のことしか語れないアートディレクターほど、退屈な人はいません。アートディレクションには、コンテクスト(文脈)とカルチャーの中身の両方が、非常に大事です。


アートディレクターは、当事国の文化について、いろいろな角度から興味を持って、そのカルチャーの中に浸って生きなければいけない。私はそう思っていて、実践しています。


アートディレクターは、世界をどう理解しているか、ということが問われます。


普通は海外に進出すると、その国のエージェントを買収するのですが、我々はそういうことはしないんです。私自身が世界を回って、肌で感じたことを仕事にしていく、というやり方です。


広告を作る人間にありがちな勘違いがあります。消費者より自分の方がセンスがいいと思い込んでいて、マーケットをリスペクトしない。作者はテレビを見ている人たちをもっと信頼し、そのインテリジェンスに期待すべきだ、とずっと思っていました。


トレンドって常に変わるじゃないですか。ローカルからグローバルになっても、5年もたてばまたローカルへと変化する。そのサイクルを見誤ると、もともとローカルで持っていたいい意味での驚き、ご当地の味というものが薄れ、均一化してしまう。だから、グローバルとローカルの両者を、いかに上手にハイブリッドするかが課題ですよね。私にしても、その揺らぎは常にあります。


私のところに来るクライアントの大半は、答えは知らないかもしれないけれども、質問は分かっていますよ。私の仕事はそんな彼らに答えを見つけてあげることなんです。


ジョン・ジェイ(アートディレクター)の経歴・略歴

ジョン・C・ジェイ。アメリカのアートディレクター。米国オハイオ州出身。オハイオ州立大学でビジュアル・コミュニケーションを学ぶ。雑誌のアートディレクター、ニューヨーク百貨店や米国のデパート「ブルーミングデールズ」でマーケティングディレクター、クリエーティブ・エージェンシー「ワイデン+ケネディ(W+K)」でクリエイティブディレクターを務めた。その後、「GX」を設立。

他の記事も読んでみる

秋山真之

経験は必要だが、経験によって増える知恵と同じ分量の牡蠣殻が頭に付く。知恵だけ採って、牡蠣殻を捨てるということは人間にとって大切なことだが、老人になればなるほどこれができぬ。
【覚書き:牡蠣殻とは動きを鈍くする先入観を意味している。】


大塚周一

叩き上げの人がチャンスを与えられるには、一番難しいテーマに挑戦して結果を出していくしかないんですよ。安穏として過ごす仕事人生というのは、もう自分の中では考えられなくなっているわけです。


小笹芳央

以前、ある会社で20人のメンバーを率いる営業所長さんから、相談を受けました。曰く「職場に活気がなく、挨拶すらしない」。そこで私が提案したのは、所長さんが先陣を切って朝の挨拶をするということ。月曜日、彼の挨拶に応えた人はゼロ人でした。それが翌日は、戸惑いながら2人が挨拶を返し、水曜日には6人になり、水曜日には過半数以上に。そして金曜日、ついに全員が挨拶をするようになったのです。


寺田健

上司は部下のことがなかなかわかりにくい。部屋に呼んで話したり、酒を飲ませたりしてみても相手は体裁のいいことばかりを言うから、わかるまでには一年から三年ぐらいかかります。


織畠潤一

過去にも数字的に十分に結果が出たかといえば、おそらく出ていないものもある。でも最終結果でなくても、少なくとも進捗度合いや成果は自分で認識できます。何をやってきたか、という過程に自らが納得できるかどうか、です。そして少なくとも一緒にやっているまわりのチームのメンバーが、意識を共有できているか、そこに納得しているか。それこそが、最も大切にしないといけないことだと思っているんです。


星野佳路

日本のおもてなしとはなんでしょうか。たとえば、日本の地方を訪れる人にとって、その地方で体験したいことが明らかなわけではありません。むしろ、迎え入れる側の人が、「この地方に来たらぜひこの料理を食べてほしい」と「押しつける」のが日本のおもてなしであり、日本旅館のやり方だったはず。それを海外でも展開すべきだと我々は思っています。つまり、「バリらしさ」をニューヨークやロンドンの本部で考えるのが西洋ホテル流だとすれば、地域の魅力を一番よく理解している現地スタッフが「バリらしさ」を考えるのが日本旅館流。


宗次徳二

経営者にとっては、右肩上がりの経営を継続することが全てだと思います。会社が増収増益を続けていれば、人材採用、社員教育、モチベーションなど、どんな問題もほとんど解決できます。もちろん、自分が信じたやり方からブレる事なく会社経営に身を捧げ、嫌なこと、厳しいことに率先して立ち向かう姿勢は必須として。売り上げのグラフがずっと右肩上がりなら、「ここで頑張れば何年か後には幹部になれそうだ」と、みんな頑張りますよね。


藤堂高明(経営者)

零細業者ほど商売敵にすると危険。逆に味方につけると強力な援軍になる。だから常にパトロールして、10年後に芽が出そうな生きのいい企業があれば丸ごと買うようにしている。


野本弘文

常に進化させ、継続させていかなければいけない。1つのものを築き上げるよりも進化・継続させることのほうがもっと大変になる。


一瀬邦夫

私は社内報の巻頭で「社長から皆さんへ」という記事を20年間みずから書き続けてきました。普段から社員に何を伝えようか考え、毎回数時間費やして書いています。毎号欠かさず続けるのは正直なところ容易ではありませんが、私は発刊にあたって、メッセージを発信し続けようと決意し、今日まで貫いてきました。


原田まりる

哲学は「AとBという選択肢のほかに、CやDもある」ということを教えてくれる。見方を変えるだけで救われる人も多いのではないでしょうか。


小林哲也(帝国ホテル)

私が総合企画室長だった頃、「さすが帝国ホテル推進会議」という活動を始めました。帝国ホテルはやはり、「さすが」と言われなければならない。その対極が「帝国ホテルともあろうものが」という叱責です。お客様の我々への評価は、極端に言えばこの2つだけ。常に「さすが」と評価されるためにはどうすべきか。「挨拶、清潔、身だしなみ」「誠実、謙虚、感謝」といった地道な行動テーマを設け、接客のさらなる向上に取り組みました。