名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・ジェイ(アートディレクター)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ジェイ(アートディレクター)のプロフィール

ジョン・C・ジェイ。アメリカのアートディレクター。米国オハイオ州出身。オハイオ州立大学でビジュアル・コミュニケーションを学ぶ。雑誌のアートディレクター、ニューヨーク百貨店や米国のデパート「ブルーミングデールズ」でマーケティングディレクター、クリエーティブ・エージェンシー「ワイデン+ケネディ(W+K)」でクリエイティブディレクターを務めた。その後、「GX」を設立。

ジョン・ジェイ(アートディレクター)の名言 一覧

知識を獲得するには、やっぱり深い体験が重要です。


効率よくやろうとして、世界中で同じやり方をしても、うまくいかないんですよ。そうすると、いい商品が生まれるマジックが失われてしまう。


情報は知識ではありません。グーグルで答えが見つけられるからといって、それだけに頼っている人は、世界を理解しているとは言えない。


私の場合で言うと、広告以外の世界から来た人間であることが、新しいクライアントとの関係性に貢献したと思っています。いわゆる広告業界のルールを知らなかったから、思い込みや慣例から自由で、それが逆によかった。


人材は毎日ノンストップで探すんです。いま、グローバル化するビジネスの中で一番の課題は、優秀な人材をどう見つけるかですから。


目まぐるしく変わる世界の中で、好奇心を保つことって、すごく大事だと思うんですよ。


日本は世界の変化から、いろいろと守られているから、外でどれぐらい速く、いろいろなことが変わっているか、皆さん、あまり気付いていないかもしれないけれど、私は変化をすごく意識しています。


私には、中国人と日本人のアシスタントがいて、いつもいろいろリサーチしてくれているんですよ。一人はミュージシャン、もう一人は映像作家。私が知らない世界を知っているから、常に新しい情報を教えてくれます。


先端のことしか語れないアートディレクターほど、退屈な人はいません。アートディレクションには、コンテクスト(文脈)とカルチャーの中身の両方が、非常に大事です。


アートディレクターは、当事国の文化について、いろいろな角度から興味を持って、そのカルチャーの中に浸って生きなければいけない。私はそう思っていて、実践しています。


アートディレクターは、世界をどう理解しているか、ということが問われます。


普通は海外に進出すると、その国のエージェントを買収するのですが、我々はそういうことはしないんです。私自身が世界を回って、肌で感じたことを仕事にしていく、というやり方です。


広告を作る人間にありがちな勘違いがあります。消費者より自分の方がセンスがいいと思い込んでいて、マーケットをリスペクトしない。作者はテレビを見ている人たちをもっと信頼し、そのインテリジェンスに期待すべきだ、とずっと思っていました。


トレンドって常に変わるじゃないですか。ローカルからグローバルになっても、5年もたてばまたローカルへと変化する。そのサイクルを見誤ると、もともとローカルで持っていたいい意味での驚き、ご当地の味というものが薄れ、均一化してしまう。だから、グローバルとローカルの両者を、いかに上手にハイブリッドするかが課題ですよね。私にしても、その揺らぎは常にあります。


私のところに来るクライアントの大半は、答えは知らないかもしれないけれども、質問は分かっていますよ。私の仕事はそんな彼らに答えを見つけてあげることなんです。


ジョン・ジェイ(アートディレクター)の経歴・略歴

ジョン・C・ジェイ。アメリカのアートディレクター。米国オハイオ州出身。オハイオ州立大学でビジュアル・コミュニケーションを学ぶ。雑誌のアートディレクター、ニューヨーク百貨店や米国のデパート「ブルーミングデールズ」でマーケティングディレクター、クリエーティブ・エージェンシー「ワイデン+ケネディ(W+K)」でクリエイティブディレクターを務めた。その後、「GX」を設立。

他の記事も読んでみる

朝倉孝景(朝倉敏景)

奉公熱心の者と、勤勉に奉公しない者とを、同様に扱ったのでは、奉公熱心の人も勤勉の気持ちをくじかれてしまうだろう。


冨山和彦

アップルのような買い手は、メジャーな部材の価格は徹底的にたたきにくる。もしこれが接着剤や、フィルムのバックライトで使う蛍光材料といったマイナーな部材なら、値下げ要請もそう強くない。全体の構成比率は小さいが、そこでトラブったら致命的になるデバイスやコンポーネントが一番儲かる。今の時代は「スモール・バット・グローバル」が強いんです。小さいけれど世界を独占できる、そうした部品を100個持っている会社のほうが、メジャーな部材を1個持っている会社より絶対的、安定的に高収入。村田製作所しかり、日本電産、京セラしかりです。


押井守

自由とは「生き方の幅」と、とらえ直してもいいかもしれない。人間、幅がある方が自由に決まっている。本質的な意味での自由とは、自由に見える状態のことではなく、自由に何ができるか、という行為のことをさすのだ。ある人間が何かをしたいと望む、それがどのくらい自在にできるかどうかが、自由と不自由の分かれ目なのである。


山本常朝

修行においてはこれまで成就という事はなし。


イーロン・マスク

スペースXでは、人類が複数の惑星で生存できる道があるかどうかを確かめたいと思っています。人類の文明と技術が高いレベルにあるうちに、宇宙を探検し、火星に恒久的な基地を建設したいのです。


千本倖生

電電公社が嫌いだから新しい会社をつくったわけではありません。むしろ、感謝しています。ただ、独占的にサービスを提供していては、日本の通信産業は世界に伍していけないものになってしまう。競争していく中で、電電公社もよくなると思ったのです。そこで私は新しい電電公社をつくろうと思いました。


坂本孝

51%でも勝算があれば、新しい土壌に果敢に挑戦すべきです。失敗するリスクはあるかもしれませんが、そのぶんライバルも少ないので、競争優位性を確立できれば一人勝ちです。たとえ失敗したとしても、失敗から学べることはたくさんあります。失敗の原因を探り、それを次の挑戦に活かして、成功するまで続ければいいのです。


原田耕太郎(経営者)

まず、ユーザーと話して現場の情報を仕入れる。そして、その情報をバイヤーとの商談の材料にするわけです。彼らは何かと理由をつけて、安くしろといってくる。確かな情報をもとに言い返さんと、なかなか商談にはならん。若い人には無理ですね。私も20年ほどかかりました。


山下徹

私は、NTTデータを夢と感動が共有できる会社にしたいと考えています。夢とは、お客様の仕事のやり方や社会の仕組みを変える提案を行うことです。そして、プロジェクトマネジメントによってそれが実現するとき感動が生まれます。人類を月に立たせたアポロ計画が偉大なお手本です。


篠原菊紀

一人一人を平等に扱うのは人としては正しいけれど、個体差があるので、部下が今、何に対してやる気がわくのかを、ちゃんと把握できているかどうかが重要。新奇性の強い部下には新しい仕事を与えて、スケジュールも短く設定して、さっさと仕上げさせる。損害回避傾向の強い部下には最初の段取りはつけて始めやすくしてやるとか、パフォーマンスが上がるように対応を変えることが大切です。


鈴木喬(経営者)

デジタル化が進み、いろいろと便利な世の中になりました。しかし、どんなに進歩しても、デジタル情報は未来まで教えてはくれません。デジタル情報が得意とするのは、過去です。インターネットを検索すれば、過去についてはほとんどのことがわかりますが、明日、何が起きるかは検索をしてもわからないのです。では、未来を予見するためにはどうすればいいかというと、やはり自分の頭で考えるしかないでしょう。


佐藤優

「内省ノート」をつけることをお勧めします。批判や忠告を受けたときに、なぜその人がそんな言質を取ったかを書き出してみる。少なくとも誤解や嫉妬からではないと判断できたなら、傾聴するに値します。自分に何か落ち度や侮りがないかを虚心坦懐に書き出してみましょう。