名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・ジェイ(アートディレクター)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ジェイ(アートディレクター)のプロフィール

ジョン・C・ジェイ。アメリカのアートディレクター。米国オハイオ州出身。オハイオ州立大学でビジュアル・コミュニケーションを学ぶ。雑誌のアートディレクター、ニューヨーク百貨店や米国のデパート「ブルーミングデールズ」でマーケティングディレクター、クリエーティブ・エージェンシー「ワイデン+ケネディ(W+K)」でクリエイティブディレクターを務めた。その後、「GX」を設立。

ジョン・ジェイ(アートディレクター)の名言 一覧

知識を獲得するには、やっぱり深い体験が重要です。


効率よくやろうとして、世界中で同じやり方をしても、うまくいかないんですよ。そうすると、いい商品が生まれるマジックが失われてしまう。


情報は知識ではありません。グーグルで答えが見つけられるからといって、それだけに頼っている人は、世界を理解しているとは言えない。


私の場合で言うと、広告以外の世界から来た人間であることが、新しいクライアントとの関係性に貢献したと思っています。いわゆる広告業界のルールを知らなかったから、思い込みや慣例から自由で、それが逆によかった。


人材は毎日ノンストップで探すんです。いま、グローバル化するビジネスの中で一番の課題は、優秀な人材をどう見つけるかですから。


目まぐるしく変わる世界の中で、好奇心を保つことって、すごく大事だと思うんですよ。


日本は世界の変化から、いろいろと守られているから、外でどれぐらい速く、いろいろなことが変わっているか、皆さん、あまり気付いていないかもしれないけれど、私は変化をすごく意識しています。


私には、中国人と日本人のアシスタントがいて、いつもいろいろリサーチしてくれているんですよ。一人はミュージシャン、もう一人は映像作家。私が知らない世界を知っているから、常に新しい情報を教えてくれます。


先端のことしか語れないアートディレクターほど、退屈な人はいません。アートディレクションには、コンテクスト(文脈)とカルチャーの中身の両方が、非常に大事です。


アートディレクターは、当事国の文化について、いろいろな角度から興味を持って、そのカルチャーの中に浸って生きなければいけない。私はそう思っていて、実践しています。


アートディレクターは、世界をどう理解しているか、ということが問われます。


普通は海外に進出すると、その国のエージェントを買収するのですが、我々はそういうことはしないんです。私自身が世界を回って、肌で感じたことを仕事にしていく、というやり方です。


広告を作る人間にありがちな勘違いがあります。消費者より自分の方がセンスがいいと思い込んでいて、マーケットをリスペクトしない。作者はテレビを見ている人たちをもっと信頼し、そのインテリジェンスに期待すべきだ、とずっと思っていました。


トレンドって常に変わるじゃないですか。ローカルからグローバルになっても、5年もたてばまたローカルへと変化する。そのサイクルを見誤ると、もともとローカルで持っていたいい意味での驚き、ご当地の味というものが薄れ、均一化してしまう。だから、グローバルとローカルの両者を、いかに上手にハイブリッドするかが課題ですよね。私にしても、その揺らぎは常にあります。


私のところに来るクライアントの大半は、答えは知らないかもしれないけれども、質問は分かっていますよ。私の仕事はそんな彼らに答えを見つけてあげることなんです。


ジョン・ジェイ(アートディレクター)の経歴・略歴

ジョン・C・ジェイ。アメリカのアートディレクター。米国オハイオ州出身。オハイオ州立大学でビジュアル・コミュニケーションを学ぶ。雑誌のアートディレクター、ニューヨーク百貨店や米国のデパート「ブルーミングデールズ」でマーケティングディレクター、クリエーティブ・エージェンシー「ワイデン+ケネディ(W+K)」でクリエイティブディレクターを務めた。その後、「GX」を設立。

他の記事も読んでみる

佐藤義雄

結局、大切なのは部下のことを真剣に考えているかどうかです。成績が落ちたとき、お前のせいで自分の評価まで下がると自分の都合を押し付けるような上司の下で数字が上がったケースはいまだ見たことがありません。


東英弥

学んだことを、その人が自分でどう落とし込むかが大事。


小林栄三

「変化の激しい時代」とよくいわれますが、その中身は20世紀と21世紀でまったく違います。ITなどの進化により、変化のスピードは著しく速まり、振れ幅も大きくなった。加えて、それが一気に世界中を網羅するようになりました。そうした中で重要なのが、まさしく異なる業界の企業などと情報交換する手段を持っておくことだと私は思います。なぜなら多様な情報チャネルを確保しておくことは、変化の予測可能性を高めることにつながるからです。


山下泰裕

ハンディを背負った人々は自分の能力を卑下するのでなく、その人独自の花を咲かせたらいい。ハンディは一つの個性だと気づいたら、随分楽になる。


酒井眞一郎

世の中が求める財やサービスを供給し、従業員を雇用し守る。そして利益をあげて納税する。この3つの機能を果たすから、企業は世の中に受け入れられているのです。ですから「利益をたくさん稼げればいい」という考え方をしてほしくはありません。


平本清

入社希望者や取引先、各メーカー、マスコミといった外部の方々との電子メールのやり取りについても、社内で共有すべき内容があるものは社内ウェブに掲載します。これにより、たとえばある社員が休んでいるあいだに、その人が担当する案件で問い合わせがあっても、他の社員がウェブを見て対応できます。これだけでもかなり業務の効率化が図れます。


横田英毅

会社をよくするために何を大切にしないといけないか、頭では分かっていても、そのためにこの一カ月、この一年何をしたか、これからの一年に新たに何をするか、仮に聞かれたとしたら、なかなか答えられないのではないでしょうか。分かっていてもやらなかったら、望ましい結果は手に入りません。


工藤公康

「感情をコントロールする」と聞くと、器用さや柔軟さが必要だと思われがち。しかし、実際には、それよりも勝負(仕事)に挑む心の強さが大事で、その強さや自信を持つためには準備が必要だということ。


茂木健一郎

脳が最も創造的になっているのは、フロー状態にあるときです。フロー状態とは、集中しているけれどもリラックスしている状態です。努力することなく自然に、脳や身体が最大のパフォーマンスを発揮できます。私たちは、緊張してしゃちほこばっている状態を「集中している状態」と勘違いしてしまいますが、そうではありません。目指すべきは緊張ではなくリラックスです。


コロッケ(ものまね芸人)

最近は礼儀や感謝について雑な人が増えています。つまり普通のことをちゃんとやるだけで信用を得られる幸運な時代。


肥後克広

「聞いてないよォ」というギャグが生まれ、流行語大賞をいただいたのが、ちょうど30歳の時……って、あれはギャグでいいのかな。普通に「お笑いウルトラクイズ」のスタッフにぼやいてて、それがウケるという身内ウケが始まりだったから。これも流れですよね。


新野隆

携帯電話事業、パソコン事業をそれぞれ分社化したとき、「これからのNECは何の会社になるんだ」と各事業の役員全員で議論しました。新NECはそのときスタートしました。