ジョン・ジェイ(アートディレクター)の名言

ジョン・ジェイ(アートディレクター)のプロフィール

ジョン・C・ジェイ。アメリカのアートディレクター。米国オハイオ州出身。オハイオ州立大学でビジュアル・コミュニケーションを学ぶ。雑誌のアートディレクター、ニューヨーク百貨店や米国のデパート「ブルーミングデールズ」でマーケティングディレクター、クリエーティブ・エージェンシー「ワイデン+ケネディ(W+K)」でクリエイティブディレクターを務めた。その後、「GX」を設立。

ジョン・ジェイ(アートディレクター)の名言 一覧

知識を獲得するには、やっぱり深い体験が重要です。


効率よくやろうとして、世界中で同じやり方をしても、うまくいかないんですよ。そうすると、いい商品が生まれるマジックが失われてしまう。


情報は知識ではありません。グーグルで答えが見つけられるからといって、それだけに頼っている人は、世界を理解しているとは言えない。


私の場合で言うと、広告以外の世界から来た人間であることが、新しいクライアントとの関係性に貢献したと思っています。いわゆる広告業界のルールを知らなかったから、思い込みや慣例から自由で、それが逆によかった。


人材は毎日ノンストップで探すんです。いま、グローバル化するビジネスの中で一番の課題は、優秀な人材をどう見つけるかですから。


目まぐるしく変わる世界の中で、好奇心を保つことって、すごく大事だと思うんですよ。


日本は世界の変化から、いろいろと守られているから、外でどれぐらい速く、いろいろなことが変わっているか、皆さん、あまり気付いていないかもしれないけれど、私は変化をすごく意識しています。


私には、中国人と日本人のアシスタントがいて、いつもいろいろリサーチしてくれているんですよ。一人はミュージシャン、もう一人は映像作家。私が知らない世界を知っているから、常に新しい情報を教えてくれます。


先端のことしか語れないアートディレクターほど、退屈な人はいません。アートディレクションには、コンテクスト(文脈)とカルチャーの中身の両方が、非常に大事です。


アートディレクターは、当事国の文化について、いろいろな角度から興味を持って、そのカルチャーの中に浸って生きなければいけない。私はそう思っていて、実践しています。


アートディレクターは、世界をどう理解しているか、ということが問われます。


普通は海外に進出すると、その国のエージェントを買収するのですが、我々はそういうことはしないんです。私自身が世界を回って、肌で感じたことを仕事にしていく、というやり方です。


広告を作る人間にありがちな勘違いがあります。消費者より自分の方がセンスがいいと思い込んでいて、マーケットをリスペクトしない。作者はテレビを見ている人たちをもっと信頼し、そのインテリジェンスに期待すべきだ、とずっと思っていました。


トレンドって常に変わるじゃないですか。ローカルからグローバルになっても、5年もたてばまたローカルへと変化する。そのサイクルを見誤ると、もともとローカルで持っていたいい意味での驚き、ご当地の味というものが薄れ、均一化してしまう。だから、グローバルとローカルの両者を、いかに上手にハイブリッドするかが課題ですよね。私にしても、その揺らぎは常にあります。


私のところに来るクライアントの大半は、答えは知らないかもしれないけれども、質問は分かっていますよ。私の仕事はそんな彼らに答えを見つけてあげることなんです。


ジョン・ジェイ(アートディレクター)の経歴・略歴

ジョン・C・ジェイ。アメリカのアートディレクター。米国オハイオ州出身。オハイオ州立大学でビジュアル・コミュニケーションを学ぶ。雑誌のアートディレクター、ニューヨーク百貨店や米国のデパート「ブルーミングデールズ」でマーケティングディレクター、クリエーティブ・エージェンシー「ワイデン+ケネディ(W+K)」でクリエイティブディレクターを務めた。その後、「GX」を設立。

他の記事も読んでみる

菅井敏之

家計の支出の多くを占める住宅費、保険料、自動車費、教育費。この4大固定費は減らせないと思い込んでいる人が多い。しかし、見直すと大きく改善できるのは、ここ。この合計を手取り収入の50%以内に収めることができれば資産は確実に増える。


島津義弘

昼夜ともに小路で高声で雑談したり、高笑いしたり、また、だらしない格好で、朝鮮に出兵している者や京都にいる者などの留守居の家の門の周囲を回って歩いたり、泊りこんだりすることは、厳禁と心得よ。


大坂靖彦

実現までの工程表が必要です。漠然とした夢は、いつまでたっても遥か彼方の夢のままです。


樫尾和雄

決断を下すには先を見ることが大切。大体3年先くらいまでですね。それ以上は見ても分かりません。世の中が変化しますから。


周防正行

個性的でありたいと思っても、個性は自分が出そうと思って出すものじゃない。追い詰められれば、おのずと出てきてしまう。出したくないと思っても、出てきてしまうものこそ個性。無理して出すのが個性じゃない。


内田和成

様々な手法で不確実性をある程度織り込めるとはいえ、結局は新規事業の成功率は誰にもわかりません。ならばリスクを成功時のリターンと対比して判断するより、失敗時に得るものと対比させた方が現実的です。私なら成功した場合のリターンよりも、失敗した場合の無形のリターン(ノウハウ取得、社員の成長など)に焦点をあてます。


上田彩子

「自分は口下手で……」という人も表情ひとつで人の心を掴むことは可能です。コミュニケーションで大事なのは「口数」ではなく「口もと」なのです。


牛島信

リーダーがあまりにも右を見たり左を見たりして、結局立ち止まっていることがある。結局は自覚の問題ですが、そんなトップに頼っていてうまくいく会社は少ない。


下園壮太

部下にアドバイスする際は「私だったら、~するな。君はどう?」と「アドバイス + どう?」の形で、10秒以内に収めるとより効果的だ。


本田有明

上のために働くのは当然ですが、パフォーマンスを上げるためには部下のために働くことを忘れてはなりません。


川越達也

毎日1ミリでもいい、ちょっとずつでもパフォーマンスを上げてお客様にもっと喜んでいただきたい。


加地倫三

テレビ界に入ってくる新人によくいうのは、「人の企画をパクるな」ということ。パクリって、癖になると本当にまずいんです。脳というのは使わないと、どんどん退化していきますから。


竹内薫

最も悪いのは、示されたデータを鵜呑みにすること。年収の平均額にせよ、放射線データにせよ、まずは疑ってかかる癖を付けることが大切です。いろいろな思考回路を持ち、物事を正面からだけでなく、前後左右、上下など、様々な角度から見るようにすると、多くの情報が得られます。それが新たなデータとして自分の中に蓄積され、より正しい判断ができるようになります。


北浦明雄

名言から学ぶことに加え、名言によって自分の決断や選択を確かめる機会も得た。社長業は人に相談がしづらい。不安とプレッシャーも大きい。しかし、先人たちの名言に触れると、「これでいいんだ」と確認できて、安心できる。


能町光香

お店選びは、直前にインターネットで探す程度では限度があります。日頃からアンテナを張ってお店を探して、多少のわがままも聞いてもらえるお店のレパートリーを持っていると、いざという時に大変役に立ちます。


ページの先頭へ