名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・コッターの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・コッターのプロフィール

ジョン・コッター。米国の経営学者、専門はリーダーシップ論。ハーバード大学経営大学院教授。マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学卒業後、ハーバード大学経営大学院で教鞭をとる。その後正教授に就任し、終身在職権を得る。松下幸之助の研究者としても知られている。主な著書に『企業変革の核心 「このままでいい」をどう打ち破るか』『カモメになったペンギン』『幸之助論 経営の神様松下幸之助の物語』『ビジネス・リーダー論』『企業変革力』『企業変革ノート』『リーダーシップ論 いま何をすべきか』『パワーと影響力 人的ネットワークとリーダーシップの研究』など。

ジョン・コッターの名言 一覧

リーダーシップとは、ビジョンと戦略をつくり上げ、戦略の遂行に向けてそれに関わる人々を結集し、障害を乗り越えてでも実現できる力のことである。


革新的な雰囲気を取り除くことが安全な道だと思ったら大間違い。


上手くいかないのは、賢くないとか、やる気がないとかではありません。やり方を知らないからなんです。


現状満足を打破するための危機意識の核心は、「変化を起こすため、今日も頑張るぞ」と毎朝思える前向きな姿勢にあります。今日何か新しいことをするため出かける。その姿勢が大きな財産となるはずです。


歴史上の優れたリーダーは、すべからく誠実で、何からでも学び続けられる人たちです。


リーダーとして成長し続ける方法のひとつは、常にいろいろなことにアンテナを張り、観察し、自分より何かを知っている人を見つけ、質問し続けることです。


現状満足の打破。これこそリーダーがすべきことです。


太平洋戦争の敗戦という苛烈な試練が、日本の偉大なリーダーを育てたんです。


古いシステムを打破するには、ときには大きなショックが必要です。


大切なのは、自分が何を理解していないかを知り、そんな自分を認めることです。


私は長年、多くの経営者の方々と議論を重ねてきました。経営者のほとんどは、「自分の組織に危機意識がある」と考えています。しかし実際は全然違います。


人は成功すると現状に満足し、危機意識が崩壊します。悩むべきことについて悩まないまま過ごしてしまうのが、成長企業の落とし穴です。成功に溺れ、傲慢になります。そのため見過ごしてきた多くの問題によって、のちにトラブルを抱えることになります。


変革を起こそうとする試みの70%は失敗します。社員をやる気にできず、変革のスタートラインにすら立てないこともあります。スタートしたものの完全に失敗に終わる場合もあります。そしてヘトヘトに消耗して、非常に遅きに失したタイミングで目的を達成する場合もあります。


松下幸之助さんは80歳になっても、新しいことや、より優れたことをどう成し遂げようか、常に見極めようとしていました。大抵の人は、40歳で成長が止まってしまいます。学ぶことに心が開かれていれば、優れたモデルを、ライバル企業からさえ見つけることができます。


ゼロから何かを生み出す者がイコール、優れたリーダーであるということが珍しくありません。米国が何度も何度も間違いを犯し続けているにもかかわらず、上手くやってきたのは、起業家精神を高めることに成功してきたからでしょう。


解決しなければいけない問題はあちこちに転がっています。社会は、その解決を強く必要としています。優れたリーダーは「よし、ではとにかくやろう」と、問題解決に取り組みます。


リーダーは、本質的に変革を生み出す人です。優れたリーダーは、「去年と同じようにやろう」という考え方を一番嫌います。


リーダーシップと変革はいつも一緒に語られるテーマで、私は両方について多くの本を書きました。それは、変化し続ける環境の方が、リーダーとして成長しやすいからです。


誰もが、リーダーとしての潜在能力を持っています。それが非常に小さい場合もあるし、大きい場合もある。そうした中からリーダーをつくるには、まずリーダーシップ能力がある人材を見つけ、次にそのスキルを開発する。さらにスキルを使える場を何らかの形で提供することが重要です。ほとんどの企業でこの点を実行していません。


ジョン・コッターの経歴・略歴

ジョン・コッター。米国の経営学者、専門はリーダーシップ論。ハーバード大学経営大学院教授。マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学卒業後、ハーバード大学経営大学院で教鞭をとる。その後正教授に就任し、終身在職権を得る。松下幸之助の研究者としても知られている。主な著書に『企業変革の核心 「このままでいい」をどう打ち破るか』『カモメになったペンギン』『幸之助論 経営の神様松下幸之助の物語』『ビジネス・リーダー論』『企業変革力』『企業変革ノート』『リーダーシップ論 いま何をすべきか』『パワーと影響力 人的ネットワークとリーダーシップの研究』など。

他の記事も読んでみる

相原輝夫(経営者)

当初は何の戦略も無かったんですけど、最初の大学病院で一定の評価を頂きましたので、そこからはうまくいったと思います。初めは愛媛大学の大学病院、次は徳島大学、長崎大学と広がっていって、4~5年も経つと大阪大学、東京大学へと広がっていきました。それが今から4年ほど前のことです。大学病院での採用が増えるにつれて、「仕事が仕事を呼んでくれる」ようになっていきました。それまで「PSC? どこの会社?」なんて軽くあしらわれていたのが、一転してお付き合いしていただけるようになったりもしました(笑)。


小杉友巳

アメリカ駐在中、23か国から集まってきた現地法人の従業員とともに仕事をしていました。人種のサラダボウルといわれる、多民族国家アメリカならではの環境です。当時は、たとえ同僚でも友人でも、自分とは育った環境も好みも考え方も違うという前提で付き合っていましたし、自分の意見を表現することが当たり前になり、他人との意見の相違に対しても寛容になります。


岩崎弥太郎

無駄をなくすということは、口に出して言うのは簡単でも、実行するのは難しい。これは昔も今も、人々のひとしく悩みとするところである。余分な人員を整理し、無駄な費用を省き、精魂を尽くして本社の基礎を固め、相手に負けないだけの体制を築いてこそ、はじめてこちらの勝利が期待できる。


峯尾輝男

技術は日々進化しますが、スペックだけでは比較できないノウハウと経験と人材が弊社にはあります。一朝一夕で真似できるものではなく、これこそ宝です。


小阪裕司

価値創造型の企業というのは、組織の構成員が持つ創造力=クリエイティビティこそが資本ですから。産み出すべき価値から逆算した人数、場所、マネジメントの考え方まで異なってくるのは当然なんですよね。


和田由貴

使った金額を記録していくと、前向きな姿勢で節約を続けられます。家計簿のようにきっちり付ける必要はなく、使った額を大雑把につけるだけでかまいません。使った額が先月より減れば励みになりますし、多ければ削れるところがはっきりわかります。


迫俊亮

私は社長になる前から現場に足を運ぶことを重視してきました。この会社が持つ魅力、強みのすべてが現場の店舗にあるから、という部分もあります。


元祖爆笑王

笑いを取ろうとする喋りは、絶対にやめたほうがいい。笑いを取るためには、我々の業界でいう「話を盛る」、あるいは脚色しがち。でも、後でそれが嘘だとわかると、かえって印象が悪くなる。そういうリスクをあえて負う必要はありません。相手がお笑いをあまり知らない、あるいは不要な方である可能性もありますから。


三枝匡

戦略を変えても、社員たちの「マインド(心)」や「行動」に落とし込まれ実行に至らなければ、改革は進みません。高額のコンサルタントを雇って高等な理屈の改革案を作っても、社員たちの心と行動を突き動かすに至らないケースは、嫌になるほど多いのです。会社がそんな改革案作りに使ったお金は、ドブに捨てたのも同然です。


築山節

遅くとも12時前に就寝し、6時間以上は寝る。そして、起床時間を一定にする。当たり前に思えるこの生活リズムをしっかり確立して、生活の原点をつくることが脳活動を安定化させるためにも大事です。朝時間のリズムを失うことは、強い言い方をすれば痴呆予備軍になるリスクがあると私は考えています。


坂口孝則

私はこれまで16冊ほど本を出していますが、執筆の際も危機感を持たざるを得ない状況に自分を追い込むようにしています。本のテーマの中に、必ず「自分でもわかっていない領域」を盛り込むのです。もちろん嘘は書けませんから、必死になって勉強しますよね。経験上、このやり方が一番身につきます。


本田圭佑

自分の道は自分で決める。