名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジョン・コッターの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・コッターのプロフィール

ジョン・コッター。米国の経営学者、専門はリーダーシップ論。ハーバード大学経営大学院教授。マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学卒業後、ハーバード大学経営大学院で教鞭をとる。その後正教授に就任し、終身在職権を得る。松下幸之助の研究者としても知られている。主な著書に『企業変革の核心 「このままでいい」をどう打ち破るか』『カモメになったペンギン』『幸之助論 経営の神様松下幸之助の物語』『ビジネス・リーダー論』『企業変革力』『企業変革ノート』『リーダーシップ論 いま何をすべきか』『パワーと影響力 人的ネットワークとリーダーシップの研究』など。

ジョン・コッターの名言 一覧

リーダーシップとは、ビジョンと戦略をつくり上げ、戦略の遂行に向けてそれに関わる人々を結集し、障害を乗り越えてでも実現できる力のことである。


革新的な雰囲気を取り除くことが安全な道だと思ったら大間違い。


上手くいかないのは、賢くないとか、やる気がないとかではありません。やり方を知らないからなんです。


現状満足を打破するための危機意識の核心は、「変化を起こすため、今日も頑張るぞ」と毎朝思える前向きな姿勢にあります。今日何か新しいことをするため出かける。その姿勢が大きな財産となるはずです。


歴史上の優れたリーダーは、すべからく誠実で、何からでも学び続けられる人たちです。


リーダーとして成長し続ける方法のひとつは、常にいろいろなことにアンテナを張り、観察し、自分より何かを知っている人を見つけ、質問し続けることです。


現状満足の打破。これこそリーダーがすべきことです。


太平洋戦争の敗戦という苛烈な試練が、日本の偉大なリーダーを育てたんです。


古いシステムを打破するには、ときには大きなショックが必要です。


大切なのは、自分が何を理解していないかを知り、そんな自分を認めることです。


私は長年、多くの経営者の方々と議論を重ねてきました。経営者のほとんどは、「自分の組織に危機意識がある」と考えています。しかし実際は全然違います。


人は成功すると現状に満足し、危機意識が崩壊します。悩むべきことについて悩まないまま過ごしてしまうのが、成長企業の落とし穴です。成功に溺れ、傲慢になります。そのため見過ごしてきた多くの問題によって、のちにトラブルを抱えることになります。


変革を起こそうとする試みの70%は失敗します。社員をやる気にできず、変革のスタートラインにすら立てないこともあります。スタートしたものの完全に失敗に終わる場合もあります。そしてヘトヘトに消耗して、非常に遅きに失したタイミングで目的を達成する場合もあります。


松下幸之助さんは80歳になっても、新しいことや、より優れたことをどう成し遂げようか、常に見極めようとしていました。大抵の人は、40歳で成長が止まってしまいます。学ぶことに心が開かれていれば、優れたモデルを、ライバル企業からさえ見つけることができます。


ゼロから何かを生み出す者がイコール、優れたリーダーであるということが珍しくありません。米国が何度も何度も間違いを犯し続けているにもかかわらず、上手くやってきたのは、起業家精神を高めることに成功してきたからでしょう。


解決しなければいけない問題はあちこちに転がっています。社会は、その解決を強く必要としています。優れたリーダーは「よし、ではとにかくやろう」と、問題解決に取り組みます。


リーダーは、本質的に変革を生み出す人です。優れたリーダーは、「去年と同じようにやろう」という考え方を一番嫌います。


リーダーシップと変革はいつも一緒に語られるテーマで、私は両方について多くの本を書きました。それは、変化し続ける環境の方が、リーダーとして成長しやすいからです。


誰もが、リーダーとしての潜在能力を持っています。それが非常に小さい場合もあるし、大きい場合もある。そうした中からリーダーをつくるには、まずリーダーシップ能力がある人材を見つけ、次にそのスキルを開発する。さらにスキルを使える場を何らかの形で提供することが重要です。ほとんどの企業でこの点を実行していません。


ジョン・コッターの経歴・略歴

ジョン・コッター。米国の経営学者、専門はリーダーシップ論。ハーバード大学経営大学院教授。マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学卒業後、ハーバード大学経営大学院で教鞭をとる。その後正教授に就任し、終身在職権を得る。松下幸之助の研究者としても知られている。主な著書に『企業変革の核心 「このままでいい」をどう打ち破るか』『カモメになったペンギン』『幸之助論 経営の神様松下幸之助の物語』『ビジネス・リーダー論』『企業変革力』『企業変革ノート』『リーダーシップ論 いま何をすべきか』『パワーと影響力 人的ネットワークとリーダーシップの研究』など。

他の記事も読んでみる

テリー伊藤

芸能人もビジネスマンも、成功者たちは基本的にMだ。Mというのは向上心とセットなのだ。もっと自分を成長させたいと思ったら、Mになることだ。


オグ・マンディーノ

あなたの友とは誰か。逆境があなたを飲み込んでいる時こそ、真の友を数える最良の時である。


南原竜樹

敗戦処理にメチャクチャ疲れたので、求人情報誌に載っていたバスの運転手の募集に電話したこともあります。でも、年齢を聞かれて45歳と言ったら、35歳までだから駄目だと。当時、45歳からでも大丈夫なのはタクシーの運転手と夜間警備くらい。就職しようと思ったらできなかったから、商売で稼ぐしかなかったんです。


中村獅童(二代目)

悩みはうまく使えば、人を行動させ、奮い立たせる力になる。悩みは悩みのまま終わらせないことが大切。


小池信三

自分の仕事を楽しめ。楽しくない仕事は長続きしない。何のために楽しむかと言えばお客様のため。世界にひとつしかない、お客様の満足する住宅を提供する。そのために侃々諤々議論をして、新しいものを創造していく。


松井道夫

組織というのは、こだわりを結集して成り立つものだと最近では思っています。こだわりがない人間はやはりダメです。こだわりのない者を何十人、何百人と集めても単なる烏合の衆です。執念のある人間を何人集められるか。それが社長の仕事です。


伊藤勝康(経営者)

我々が会員制リゾートという市場を開拓できたのは、常に会員と我々の目線をできるだけ近づけ、感覚を一致させる努力をしてきたからだと思います。会員の方々が何を望んでいるか、常に心掛ける。だからこそ、会員の方々が新規の会員を紹介してくださるのです。


遠藤功

商品がコモディティ化するほど、微差が大きな強みになる。隣の商品と99%は同じでも、「この手触りはちょっと違うな」「この香りは他にはない」という残り1%の違いが、「買う・買わない」を決める。微差こそが決定的な差となるのです。


田村潤

じつは私は、仕事なんかより、海外旅行や温泉めぐりやお酒が大好き。だから新入社員のときからずっと「仕事はさっさと終わらせて、遊びに行きたい!」、ならば「勝手にビールが売れる状態にするには?」と常に考えていた。「仕事でお客様を幸せにする」というミッションは必ず果たす。けれど、そのプロセスは「可能な限りラクして素早く」がいい。そのほうがいい仕事ができる。


宮田昇始

アクセラレータプログラムに参加すると、指導してくれたメンターに「ユーザーのことを把握していない」と指摘されました。僕たちは「~らしいです」「だと思います」といった曖昧な話をしていたんです。ユーザーヒアリングの重要性を叩き込まれたのはその時です。「こんな属性の人たちはこんなことに困ってるんじゃないか」と仮説を立て、ヒアリングにより事実情報を集め、検証していく作業です。あの経験がなければ、僕は事業を諦めて会社員に戻っていたと思います。


ロバート・ルイス・スティーブンソン

希望は永遠の喜びである。人間の所有している土地のようなものである。年ごとに収益が上がって、決して使い尽くすことのできない確実な財産である。


北尾吉孝

何が正しくて何が間違っているかを判断するのは、実はそれほど簡単ではない。それが法律であっても、守るのが正しくて違反は間違いとは一概にはいえない。