名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・グランバーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・グランバーのプロフィール

ジョン・J・グランバー。イギリスの経営者。経営幹部の採用支援会社エゴンゼンダー会長。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス卒業後、フランスの世界的ビジネススクールINSEADでMBAを取得。約10年間の証券業界勤務ののち、エゴンゼンダーに入社。ロンドン・オフィス・マネジング・パートナー、グローバルCEO(最高経営責任者)などを経て会長に就任。

ジョン・グランバーの名言 一覧

いまは確かに危機です。しかし、多くのことを変革できるチャンスでもあるのです。


グローバルな人材とは、語学力もさることながら、異質な文化や価値観に対しても柔軟かつ適切に対応できる能力を持つ人たちです。


過去の成功体験があれば、将来もきっと似たような局面で成功を期待することができます。


今後、人事という機能は単なる管理部門ではなくなり、事業の成功を左右する基幹部門となります。優秀な人材をどう惹きつけ、評価し、維持し、やる気を起こさせるかをリーダーにアドバイスし、組織を活性化する立場になるのです。


当社のコンサルタントはみな、ビジネスや戦略コンサルティング、あるいは政府関連組織などで実務経験を豊富に持っています。


当社が現在、経営幹部候補者を評価するうえで重要視しているのは、心の知能指数です。つまり他人と関わっていく能力、コミュニケーション能力、自分の置かれた環境を理解する能力です。


必ずしも知的なタイプではないのに、世の中をよくわかり、周囲に受け入れられてトップに上り詰める人もいます。彼らは感情の知的な活用、あるいは自信と周囲との対人関係をコントロールする能力である「心の知能指数」が優れているのです。


リーダーには、もちろんある程度以上の知能の高さが求められます。ただし、文字通りの「知能」以上のものが必要です。賢くても、自己管理が苦手な人がよくいます。そういう人は得てして脆くて傷つきやすく、危機に接すると機能不全を起こしやすいのです。


何もしようとしない経営者が多いのも事実でしょう。社内の古い文化や慣習、先輩OB、そして長期雇用されている社員たちからの変化に対する抵抗が激しいため、変化の必要性は認識していても、実現は難しいと考えているようです。こうした企業も、たしかにいまのところはそれなりの強みがあるから良いかもしれません。しかし、今後を考えたとき、こういった姿勢は確実に弱みになってきます。


世界経済がこれまでになく急速に悪化する中、これまでの手法に甘んじる従来型のリーダーに対する信頼が失われています。まさに、パラダイムの転換が起こっています。


米国ですら、しばらく前まで終身雇用は珍しいものではありませんでした。英国もかつてはそうでした。しかし現在、企業買収が盛んになった結果、個人がそれぞれのキャリアについて自分で計画するようになりました。


ジョン・グランバーの経歴・略歴

ジョン・J・グランバー。イギリスの経営者。経営幹部の採用支援会社エゴンゼンダー会長。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス卒業後、フランスの世界的ビジネススクールINSEADでMBAを取得。約10年間の証券業界勤務ののち、エゴンゼンダーに入社。ロンドン・オフィス・マネジング・パートナー、グローバルCEO(最高経営責任者)などを経て会長に就任。

他の記事も読んでみる

鈴木あや(IBM)

私はどんなに忙しくても、話しかけにくいオーラを出さないように心がけています。感情の波が激しく、部下に「今日は機嫌が悪そうだから報告はやめておこう」と顔色を窺わせる上司などは論外です。


阿刀田高

スマホで夜も日も明けぬ子供たちの中で、しっかり読書をする少数派に徹すればチャンスがおのずとつかめるのではないか。


高田明(ジャパネットたかた)

ブランド力を向上させるには、会社を構成する社員一人一人の質を高めなければなりません。通信販売は、消費者と直接顔を合わせるわけではありません。テレビやラジオ、チラシなどを通して販売する商品を説明し、お客様から電話を受けて注文や質問に対応します。コミュニケーションのハードルが高いのは当然ですが、そこで人間の質が問われます。


倉田主税

人は天下一品の使命といって、その人でなければ持ち合わせてない特性、あるいは才能がある。これを自由に発揮させる場をつくることが、経営者にとって最も必要なことだと思う。


カルロス・ゴーン

どの変革にも抵抗は必ずありました。もし抵抗がなく、みんなが「いいね」と言うのなら、会社をストレッチさせて、より高いハードルを目指す変革になっていないということです。痛みがあるからこそ筋力がつくわけです。会社の抵抗も同じです。もちろん抵抗がありすぎるなら注意しなければいけませんが、目的地が分かっているなら、リーダーは妥協すべきではありません。


福原賢一

お金を稼ぐことを目的化してはいけない。お金はあくまで手段であって、稼いだお金をどう使うかが大事。それは人が幸せになるような文化や地域を作るために使われるべき。


村上憲郎

創造的な仕事ができる社員というのは、特徴が2つあります。ひとつは、原理的なことがわかっている人。もうひとつは、高いアンテナの持ち主です。若いうちはまず、この2つの能力を獲得するために、努力を惜しまないことが必要です。


徳重徹

海外ではわかりにくい表現は嫌われます。ですから私は初対面の相手と会うと、まず最初に「自分は何をしに来たのか」という目的をズバッと伝えます。


松田譲

自分の経営に対する考えにブレが生じなくなったとき、アナリストからの厳しい指摘や意見にも自然と自分の言葉で説明や反論ができるようになりました。アナリストたちへの説明の場が、有益な情報収集の場になったんです。


吉田たかよし

スーパーマンのポーズを取ってください。なんと、それだけで体内のホルモン量が変化し、やる気がみなぎってくるという驚く実験結果が発表されたのです。ハーバード大学のグループは、両足の間隔を肩幅くらいに広げ、胸を張り、両手は腰に当てるという映画でおなじみのスーパーマンのポーズをしたときに、体内でどんな変化が起こるか調べる実験を行いました。その結果、たった2分、このポーズをしただけで、テストステロンというホルモンが増加し、これが脳に作用することによってやる気が高まるというデータが得られたのです。しかも、このポーズを止めたあとも、効果は15分から20分ほど持続することも分かりました。こうした現象が起こるのは、脳がポーズに編されるためだと考えられています。私たちは子供の頃から何かを成し遂げると、ついつい胸を張って誇らしい気分に浸ってきました。こうした経験を繰り返すと、脳は次第に、胸を張っているときは自分が絶好調なのだと判断するようになるため、自動的に前向きな気分が生み出され、やる気が高まるのです。スーパーマンのポーズはその究極の形だったわけです。


吉田たかよし

まず取り組むタスクは「緊急&簡単」、次に「緊急&難解」、三番目は「非緊急&難解」、最後が「非緊急&簡単」。私なら迷わずこの順番をつけます。


秋山剛

ホームランを打っても大して評価されないのに、一度ミスを犯すとすぐに責められる。そんな減点主義の職場では足の引っ張り合いが起こりやすい。他人がミスをして脱落すれば、自分がレースで勝ち残れるからです。