ジョン・グランバーの名言

ジョン・グランバーのプロフィール

ジョン・J・グランバー。イギリスの経営者。経営幹部の採用支援会社エゴンゼンダー会長。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス卒業後、フランスの世界的ビジネススクールINSEADでMBAを取得。約10年間の証券業界勤務ののち、エゴンゼンダーに入社。ロンドン・オフィス・マネジング・パートナー、グローバルCEO(最高経営責任者)などを経て会長に就任。

ジョン・グランバーの名言 一覧

いまは確かに危機です。しかし、多くのことを変革できるチャンスでもあるのです。


グローバルな人材とは、語学力もさることながら、異質な文化や価値観に対しても柔軟かつ適切に対応できる能力を持つ人たちです。


過去の成功体験があれば、将来もきっと似たような局面で成功を期待することができます。


今後、人事という機能は単なる管理部門ではなくなり、事業の成功を左右する基幹部門となります。優秀な人材をどう惹きつけ、評価し、維持し、やる気を起こさせるかをリーダーにアドバイスし、組織を活性化する立場になるのです。


当社のコンサルタントはみな、ビジネスや戦略コンサルティング、あるいは政府関連組織などで実務経験を豊富に持っています。


当社が現在、経営幹部候補者を評価するうえで重要視しているのは、心の知能指数です。つまり他人と関わっていく能力、コミュニケーション能力、自分の置かれた環境を理解する能力です。


必ずしも知的なタイプではないのに、世の中をよくわかり、周囲に受け入れられてトップに上り詰める人もいます。彼らは感情の知的な活用、あるいは自信と周囲との対人関係をコントロールする能力である「心の知能指数」が優れているのです。


リーダーには、もちろんある程度以上の知能の高さが求められます。ただし、文字通りの「知能」以上のものが必要です。賢くても、自己管理が苦手な人がよくいます。そういう人は得てして脆くて傷つきやすく、危機に接すると機能不全を起こしやすいのです。


何もしようとしない経営者が多いのも事実でしょう。社内の古い文化や慣習、先輩OB、そして長期雇用されている社員たちからの変化に対する抵抗が激しいため、変化の必要性は認識していても、実現は難しいと考えているようです。こうした企業も、たしかにいまのところはそれなりの強みがあるから良いかもしれません。しかし、今後を考えたとき、こういった姿勢は確実に弱みになってきます。


世界経済がこれまでになく急速に悪化する中、これまでの手法に甘んじる従来型のリーダーに対する信頼が失われています。まさに、パラダイムの転換が起こっています。


米国ですら、しばらく前まで終身雇用は珍しいものではありませんでした。英国もかつてはそうでした。しかし現在、企業買収が盛んになった結果、個人がそれぞれのキャリアについて自分で計画するようになりました。


ジョン・グランバーの経歴・略歴

ジョン・J・グランバー。イギリスの経営者。経営幹部の採用支援会社エゴンゼンダー会長。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス卒業後、フランスの世界的ビジネススクールINSEADでMBAを取得。約10年間の証券業界勤務ののち、エゴンゼンダーに入社。ロンドン・オフィス・マネジング・パートナー、グローバルCEO(最高経営責任者)などを経て会長に就任。

他の記事も読んでみる

箱田忠昭

独立したり会社を辞めるのが怖ければ、働きながら勉強を続けてもいいと思います。たとえば営業マンが「経理マンになる」という目標を持ったならば、営業を続けながら簿記二級を取得する。そうすれば、経理部に異動するチャンスは確実に高まるでしょう。


佐々木かをり

実社会で、自分の失敗や甘さに気づいて体で覚える体験を繰り返さないと、力はつかない。


伊藤由美

日々の努力なくして、35年もお店を続けることはできなかったと思います。


佐治信忠

若い社員が一生懸命やっている。その仕事を見て芽が出るようにしてやるのがトップの責任だと思います。


瀬戸欣哉

会社は、大きくしたら無駄を整理するという作業を繰り返さなければならない。


藤井孝一

いざ行動を起こすと、体験してみなければわからなかった問題に直面するもの。その問題を一人で悩まず、業者の力を借りて解決するのもいいですね。


泉谷直木

われわれはカルピスを買収しましたが、それはカルピスが乳性飲料の分野でダントツの企業だったからです。うちには乳性カテゴリーはなかったのですが、カルピスの買収で、ナンバー1ブランドとして市場に参入できるようになった。


北島康介

不安がなかったわけではありません。でも、そこはなるようにしかならないと開き直って、やれることをすべてやろうと思いました。良くも悪くも前さえ向いていれば、何か1つでもできることが見つかるかもしれない。


伊原保守

今はトランスミッションが売れて忙しいから誰も危機感なんてない。だが、私から見ると怖くてしょうがない。将来、車が完全に電動化すると、アイシンの売上高は今の3.5兆円から1兆円ぐらいまで減る。そのインパクトは大きい。だからこそ好調な今のうちに手を打たないといけない。


長谷川閑史

海外の大きな会社を買い取って、そことの調整に日常的に取り組まざるを得ない状況になれば、会社は変わらざるを得ない。我々が一番苦労している、グローバルマネジメントができる人材も獲得できます。


北野武(ビートたけし)

マイホームパパだかなんだか知らないが、いつもニコニコ笑っていて、子供の気持ちがよくわかる、物わかりのいい父親が理想だなんてことになった頃から、ども教育がおかしくなった。駄目なものは駄目なんだと父親が教えてやらなきゃいけない。父親が子供に媚びを売ってどうする。結局は自分が可愛いだけのことなんじゃないか。父親は子供が最初に出会う、人生の邪魔者でいいのだ。子供に嫌われることを、父親は恐れちゃいけない。


張本邦雄

持って生まれた性格なのか、解決できたことはみんな忘れてしまうんです。過去のトラブルはすべて解決できたからこそ、いまこうしていられるわけですから。それでいいじゃないかと。


妹尾大

オペレーション業務では、物事を計画的に進めて、無駄を省くことが重視されてきました。しかし、イノベーション業務では、その考え方を改め、様々な人と対話の「場」をつくり、そこから偶発的に生まれたアイデアを形にしていくことが大切。


似鳥昭雄

流れを先取りして、人より5年先にやらないといけない。


ヨシタケシンスケ

幼いときに読んだものが、大人になってから、子どもができてから……と、その人にとって、いろんな年代のなかで向き合わざるを得なくなる本になれば、さらにうれしい。


ページの先頭へ