名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・カーワンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・カーワンのプロフィール

ジョン・カーワン(ジョン・ジェームズ・パトリック・カーワン)。ラグビー選手、指導者。「ラグビー日本代表」ヘッドコーチ。ニュージーランド・オークランド出身。ベネトン・ラグビートレヴィーゾ、ニュージーランド代表、NECグリーンロケッツなどで活躍後、指導者の道に進む。NECチームアドバイザー、オークランド・ブルースアシスタントコーチ、イタリア代表ヘッドコーチ、日本代表ヘッドコーチなどを務めた。大英帝国勲章を受章。

ジョン・カーワンの名言 一覧

己を理解し、相手のことも100%理解して戦いに挑む。それがサムライだ。


日本ラグビーにはルージングカルチャー(負けの文化)がある。小さいから負けるのではない。相手を大きく見すぎるから負けるのだ。自信を持て!


日本ラグビーには可能性がある。日本人は体が小さいことや、フィジカルに強くないことを負けの理由にしてきたが、そんなことはない。日本人が優れる俊敏性、スピード、インテリジェントをうまく取り入れれば強いチームができるはず。世界最高のチームを作ることも夢ではない。マスト・ビリーブ! ゼッタイ、シンジル!


現役時代、プレッシャーからうつになりました。自分が誰なのか、鏡を見ても分からなかった。恐ろしかった。精神科医に相談し、「これは誰もがかかる可能性があり、治る病気である」と分かって気持ちが楽になった。誰かに相談してください。愛する人、医者など誰でもいい。相談した人が分かってくれなければ、理解してくれる人が現れるまで相談し続けてください。


ジョン・カーワンの経歴・略歴

ジョン・カーワン(ジョン・ジェームズ・パトリック・カーワン)。ラグビー選手、指導者。「ラグビー日本代表」ヘッドコーチ。ニュージーランド・オークランド出身。ベネトン・ラグビートレヴィーゾ、ニュージーランド代表、NECグリーンロケッツなどで活躍後、指導者の道に進む。NECチームアドバイザー、オークランド・ブルースアシスタントコーチ、イタリア代表ヘッドコーチ、日本代表ヘッドコーチなどを務めた。大英帝国勲章を受章。

他の記事も読んでみる

安渕聖司

仕事の判断を誤らないためにも、ストレスを溜めないためにも、「予測や計画は簡単に狂う」と強く意識しておいたほうがいいでしょう。


アリストテレス

人は繰り返し行なうことの集大成である。だから優秀さとは、行為でなく、習慣なのだ。


近田哲昌

直属の上司と部下の距離感が近いのは当然ですが、さらに上の上司(上級上司)とも気軽に話せる距離感であることも、熱狂するチームづくりのポイントではないかと思っています。


ドナルド・トランプ

私は慢心していないし、慢心した人間とは無縁でいたい。


羽生善治

師匠は特に教えてくれないんです。ほとんど技術的なことは全くといっていいほど教えてくれません。すべて自分で考えて自分に合った勉強方法を見つけるという感じです。どういう勉強方法をとるのかはそれぞれで、レベルによっても違い、また、その人に合った方法が必ずしもほかの人に合うとは限りませんからね。


森永卓郎

何事もやってみないとわからない。「面白い発想がしたいなぁ」と思っているだけでは何も生まれない。他人が何を面白いと思うのかなんて、試してみないとわかりませんよ。だから、とにかくしゃべるし、やってみる。そうしなければ、自分を変えることはできないんじゃないでしょうか。


高城剛

やる気の源は、自分が素直に面白いと感じたことをやることです。


伊藤直彦

毎年、新入社員に話をする機会がありますが、野球に例えて話すことが多い。「三遊間を抜かれるな、クリーンヒットならともかく、連係プレーのまずさで抜かれることは問題だ。お互いにぶつかっても、自分でとろうと、両者が気迫を持って立ち向かえば、どちらかのグラブにボールは吸い込まれるものだ。仕事も同じで自分の守備範囲を広げ、決して仕事から逃げてはいけない」。


曽山哲人

才能開花のために私たちが最も重要だと考えているのは、「決断経験」を積むことです。決断というと、リーダーだけが行なうものと思いがちですが、決してそうではなく、本来、誰にでも日常的にその機会があります。たとえ命じられたことであっても、どのように行なうかを自分で考えて決める余地があるはずですし、実行した結果を受けて、何か提案をするといった決断もできるでしょう。しかし、それを認識せず、何でもただ言われたままに仕事を行なうだけでは、決断経験は得られず、成長にもつながりません。


嶋田毅

人間誰しも自分のポジションで都合のいいことを言ってしまう傾向があることは確かです。ただ、自分が客の時とそうではない時で、言っていることが全く違うというような人は信頼されません。そのような全く違う両面が見えた同僚や上司、部下は、「立場によって意見がころころ変わる、都合のいいやつ」という人物評価になってしまうのではないでしょうか。


北川智子(歴史学者)

絵本の英語は易しいですが、文法的に正しく、分かりやすく、学習に適しています。同じ作品でも、絵がメーンの易しいものから、文字の多い難しいものまで揃っているのも魅力です。易しい本で物語を把握しておけば、同じ作品の難しいものにも挑めます。それに何より楽しい。非日常の世界観に浸り、子供と遊びながら英語を学べるのですから。


スティーブ・ヴァンアンデル

ガバナンス(統治)という言葉が当てはまるか疑問ですが、経営上の問題解決という観点からこの構造(事業ごとに個別会社とし、持ち株会社方式にした組織構造)を新たに採用しました。重視したのは役割の分離です。各企業の経営陣がそれぞれの役割にフォーカスをあてることができました。それが私どもの享受した最大の恩駅だと思います。