ジョン・カーワンの名言

ジョン・カーワンのプロフィール

ジョン・カーワン(ジョン・ジェームズ・パトリック・カーワン)。ラグビー選手、指導者。「ラグビー日本代表」ヘッドコーチ。ニュージーランド・オークランド出身。ベネトン・ラグビートレヴィーゾ、ニュージーランド代表、NECグリーンロケッツなどで活躍後、指導者の道に進む。NECチームアドバイザー、オークランド・ブルースアシスタントコーチ、イタリア代表ヘッドコーチ、日本代表ヘッドコーチなどを務めた。大英帝国勲章を受章。

ジョン・カーワンの名言 一覧

己を理解し、相手のことも100%理解して戦いに挑む。それがサムライだ。


日本ラグビーにはルージングカルチャー(負けの文化)がある。小さいから負けるのではない。相手を大きく見すぎるから負けるのだ。自信を持て!


日本ラグビーには可能性がある。日本人は体が小さいことや、フィジカルに強くないことを負けの理由にしてきたが、そんなことはない。日本人が優れる俊敏性、スピード、インテリジェントをうまく取り入れれば強いチームができるはず。世界最高のチームを作ることも夢ではない。マスト・ビリーブ! ゼッタイ、シンジル!


現役時代、プレッシャーからうつになりました。自分が誰なのか、鏡を見ても分からなかった。恐ろしかった。精神科医に相談し、「これは誰もがかかる可能性があり、治る病気である」と分かって気持ちが楽になった。誰かに相談してください。愛する人、医者など誰でもいい。相談した人が分かってくれなければ、理解してくれる人が現れるまで相談し続けてください。


ジョン・カーワンの経歴・略歴

ジョン・カーワン(ジョン・ジェームズ・パトリック・カーワン)。ラグビー選手、指導者。「ラグビー日本代表」ヘッドコーチ。ニュージーランド・オークランド出身。ベネトン・ラグビートレヴィーゾ、ニュージーランド代表、NECグリーンロケッツなどで活躍後、指導者の道に進む。NECチームアドバイザー、オークランド・ブルースアシスタントコーチ、イタリア代表ヘッドコーチ、日本代表ヘッドコーチなどを務めた。大英帝国勲章を受章。

他の記事も読んでみる

主藤孝司

ビジネスのネタを探すとき、特別なスキルや情報源は必要ありません。誰もが見ているネタだけで十分アイデアを湧かせられます。たとえば週刊誌。最先端やブームのきっかけをつくるのが週刊誌です。書籍では情報の鮮度が古いし、新聞は未来について取り上げてくれない。週刊誌ならコンビニで見出しをパラパラ見るだけでも価値があります。さらに、その時流や現象を自分ならどう捉えるかと考えてみれば、新しいアイデアにつながるかもしれません。


森本智子

目標しか見えなくなると、自分の可能性を自ら狭めてしまうことになるのでは、との不安もありました。20代はいろんな経験をして、仕事の幅はもちろん、人間としての幅も広げるべき時期じゃないかと思ったんです。


ロバート・キヨサキ

ベトナムでアメリカが負けたのは、強い使命感がなかったからだ。つまり、天からの呼び声、戦う大義がなかったのだ。


ニーチェ

愚者は良い暮らしを得ても、それよりもっと良い暮らしを求める。


樋口裕一

自分の意見が正しいことを説明するのに、その一部を権威に頼ろうとするのは、テクニックとしてないわけではありません。ただし、他人の分析や意見というのは、自分が問題としている前提とは異なるものから得られたものですから、裏付けとしては弱い。それに権威に寄りかかっている姿は、いかにも頭が悪そうに見えるので、あまりお勧めしたくはありません。


林野宏

基本的に人は善人だと思っています。何かの事情で悪いことをしてしまうことはあるかもしれませんが、最初から悪人はいないと思っています。どんな人でも苦しいときがあって、好き好んで悪いことをするような人は少数派ではないでしょうか。


中鉢良治

集めた情報を何度も見返しては、情報と情報を関連付け、網の目を広げていくのです。手間暇かけて情報を集め、それを咀嚼し、自分のものにする過程を経ずに、情報と情報のリンクはできません。素材をただそれらしくつなげて文章にしようとすると、データベースで無理やりソートしたような失敗作になってしまう。リンクには効率性という発想はありません。一朝一夕では体得できないスキルなのです。


松本晃(経営者)

かつて生産者の力が強かった時代は、「コスト+利益=売値」だった。だが、今やそれは逆になった。消費者が値段を決める時代だ。だから「売値-利益=コスト」で考えなければいけない。


土屋裕雅

雑談といっても私の場合、ビジネスに関係するものが多く、個人的な趣味の話をすることはほとんどありません。ですから、雑談も「仕事の一環」として捉えています。


大久保幸夫

入社3年以内に会社を辞める若者が多いといわれていますが、その仕事が自分に合っているかどうかわかるのは、人並みにこなせるようになってからの話。それにはやはり、5年から7年くらいはかかるでしょう。それくらいの時間を費やして、初めて適性がみえてくる。モチベーションが低い原因を仕事内容に求める人のほとんどは、我慢が足りないんです。その証拠に、「向いていないかも?」と思っていても、人から「このあいだ、よかったよ!」と褒められたら、「私、向いているかも?」と思ったりしませんか?「やる気」はそれくらいのことで変わるものなんです。


鈴木敏文

顧客はつねに100点満点のレベルを求めます。売り手側がそれを上回る120点の商品を出せば十分満足してもらえます。しかし、顧客の欲望はつねに増幅するため、求める100点満点のレベルは、次は売り手にとって120点の水準に上がります。そこで、140点の商品が提供されて満足するようになるのです。


澤田秀雄

予想外のことが起こると、プレッシャーは高まります。でも悔やんでいてもしょうがないのです。失敗の裏には必ず対策と答えがあります。


守安功

「ツーランク上の目線」が大切です。マネジャーになれば自分が経営陣だと思ってもらいたい。自分のグループだけでなく、全社を見渡す高い視点でビジネスを進めていく。それが縦割りや官僚化の弊害を防ぎます。


谷原誠

質問の際に「どういう目的で尋ねるのか」を意識している人は少数派です。質問力を身につけたいなら、目的が曖昧なまま質問することは非常に損なことです。


藤田晋

過去の選択を嘆くのは、はっきり言って時間のムダ。「時」は常に流れていて、今も何らかの選択を迫られているはず。過去を嘆く暇があるなら、今後の選択をどう決めていくか、考えるべきだ。


ページの先頭へ