名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ジョン・カビラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・カビラのプロフィール

ジョン・カビラ。日本のキャスター、タレント。沖縄県出身。日米ハーフ。国際基督教大学卒業後、CBSソニー(のちのソニー・ミュージックエンタテインメント)に入社。TBSラジオ主宰のイングリッシュDJコンテストに優勝。FM横浜でDJデビュー。その後、CBSソニーを退社しJ-WAVEのナビゲーターとして活躍。

ジョン・カビラの名言 一覧

コミュニケーションが難しそうなときは、挫けないことが大事。


コミュニケーションでは、必ずしも饒舌である必要はありません。ただ、真摯で誠実でなければ、伝えたいことも伝わらない。それがゴールデン・ルール。


僕は基本的に性善説の考え方なので、こちらの身元と意図を明らかにして、懐に入っていけば、相手が誰であれ、必ずコミュニケーションは取れると思っています。


コミュニケーションの秘訣は、どんな状況でも、楽しんでしまおうという姿勢。厄介な交渉ごとも、その時間を楽しんでみる。うまく行かなかったら、もう一回チャンスを下さいと言えばいい。レッツ・エンジョイ・コミュニケーション。


いま自分があがっているなと思ったら、そういう自分を心のなかで実況してみる。「さあ、ジョン・力ビラ、緊張しています。いま、ドアノブに手がかかった。どうする? 笑顔で切り込め!」みたいな。自分を客観視することで、緊張や不安は意外と取れるものです。


基本的に、相手が話したいことを話してもらう。何か伝えたいことがある方は、ドアを開ければ必ず出てきてくれます。その開け方には、いろいろな工夫が必要で、間違えたドアを開けると大変ですが(笑)。


初対面の人と話をするとき、事前に質問を考えますが、こういうふうに答えてほしい、こういう流れで話してほしい、と決め付け過ぎると、それが違う方向に行ったときに困ってしまいます。自分の予想と違う答えが返って来たときは、臨機応変に対応すべきです。むしろそれを楽しんでしまう。


コミュニケーションの基本は、真摯であること、誠実であること。それは、知ったかぶりをしないことにも通じます。特に放送では、知ったかぶりは最大のタブーです。知らない自分よりも、知ったかぶりをする自分のほうが恥ずかしい。だって、リスナーのなかには、そのテーマについて、自分よりも詳しい人が必ずいますから。


インタビューの時間が少ないときは、必ず聞かなければならないMUSTの質問を用意しておきます。「ごめんなさい、最後にこれだけは聞かせてください」と、こちらの事情をオープンにしちゃうことも有効です。


準備はしても、想定通りに話が進まないことはよくあります。そのとき気を付けているのは、水先案内人になろうとするがあまり、話の流れを断ち切ってしまわないこと。予想外の展開になっても、あわてず、柔軟に対応することを常に心掛けています。そのためにも、やはり綿密な下調べは必要。でないと、いざというときの対応ができない。


僕の仕事は、どちらかといえば尋ねることが多いため、下調べは必要です。基本的に番組で人に話を聞く場合、アポイントメントが取れているのが前提なので、準備さえしていれば、それが誰であれ、緊張することはありません。


J-WAVEの朝の番組では、政権が交代したばかりのホワイトハウスに電話をかける、というとんでもない企画もありました。電話、かかるんですね、ちゃんと。それも発見だったんですが、交換手に質問を畳みかけたら、広報のラジオ担当者に回してくれた。担当者は、何を聞いても徹頭徹尾、「生でのラジオインタビューは受け付けていません」という答えでしたが、チャレンジしたかいがありました。とにかく諦めず、くじけず、コミュニケーションを取ろうとする姿勢が大事なんです。


プレゼンや会議で、緊張や不安を取り除くにはどうすればいいのか。これはもう現場力です。一言でいえば、場をつかむ。その部屋に入った瞬間、プレゼンや会議の出席者の表情を把握する。大物アーティストのインタビューでも同じです。周りのスタッフがピリピリしていたら、思い切り和やかな表情で入っていく。おどおどしてもいけないし、上から目線はあり得ない。「この時間を楽しみましょう」という雰囲気で臨む。


レコード会社時代、通訳も担当していたので、プレス対応の仕方も勉強になりました。同じ質問ばかり受けてうんざりした某ミュージシャンに、「もう取材は9回目じゃん。ジョン、もう8回聞いているんだから、同じ質問にはお前が答えろ」って(笑)。ただその経験のおかげで、自分が質問者の立場になったときは、自分なりのスパイスを混ぜて質問し、うまくコミュニケーションが取れるようになりましたね。


コミュニケーション力を高めるため、特に切磋琢磨したという記憶はないんですが、レコード会社時代に学んだことはあります。それは、外国人に特有の「なぜ?」という問いに対して、常に答えを用意しておくことです。仕事は、海外アーティストとの交渉が主で、相手は弁護士が多かったのですが、彼らは必ず、理詰めで来るんです。「なぜミュージシャンのアルバムにテレフォンカードが必要なのか?」。それに対して「日本のファンは収集することに喜びがあり、限定で付いてくる特別なものに価値を見いだす。付加価値が付いているアルバムを出すことで、日本のファンにより温かく迎え入れられる」というような論法を用意しておかなければならない。「Why?」に対するコミュニケーションはこのときに鍛えられました。


ジョン・カビラの経歴・略歴

ジョン・カビラ。日本のキャスター、タレント。沖縄県出身。日米ハーフ。国際基督教大学卒業後、CBSソニー(のちのソニー・ミュージックエンタテインメント)に入社。TBSラジオ主宰のイングリッシュDJコンテストに優勝。FM横浜でDJデビュー。その後、CBSソニーを退社しJ-WAVEのナビゲーターとして活躍。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

私の中で一つの法則があって、45歳以上の男性はたとえ普通にしていても不機嫌に見える(笑)。年を重ねるほど男子は元気を失って行く。講演でも中高年の男性ばかりの圧力はすごいですよ。無表情で無言。私がギャグや冗談を言えばいうほど冷めていく(笑)。ここで私は負けません。「どうもみなさん固いですね。ちょっと体をほぐしましょうか」と言って全員立ってもらうんです。「みんなその場でジャンプしましょう」。いいおじさんたちが最初はいやいやながらジャンプする。すると一気にほぐれて表情が柔らかくなるんです。そこからは私がちょっとした冗談を言っても、声を出して笑ってくれるようになる。


松本洋(コンサルタント)

成果は目標に比例する。小さな目標設定すると、本当はもっと大きな成果を得られるにもかかわらず、目標達成時点で気が緩んでしまう。それ以上頑張るモチベーションが持てなくなることもある。本気で頑張らなくても達成可能な目標を掲げても、企業は成長しない。


伊藤有壱

CMは限られた時間の中に膨大な情報が要求されます。制作も短期間に集中してやる。だから人もたくさん関わるし、その連携がとても重要です。それは大変でもありますが、逆に楽しいことでもあります。それぞれの分野のプロや、能力の高い人たちが集まる場は心地いい。そして不思議なことにモノを作る人たちに悪い人はいないように思う。CM制作は大変だけど自分にとってはすごく刺激的な現場です。


富野由悠季

お金は基本的に出ていくものですから、どうしてお金が貯まらないんだろうという程度の疑問しか出てこない人には絶対お金を貯めることはできません。お金を貯めるという行為は、無理をしなければできません。もっと極端な言い方をすれば、己の体を削ってでもお金を貯めるという意識がなければ駄目なのです。
僕があなたにこういうことが言えるのも、何より僕がお金を貯められなかった人間だからです。


石坂典子

やはり大事なのは謙虚さです。謙虚な心を持ち、批判されても前向きな姿勢を持つということが大事なのではないかと思います。


長谷山彰

必ず物事には二面性、場合によっては多面性がある。一つの側面だけ見て、この歴史はこうなっていると思ったら絶対だめだ。必ず人物にしろ、国にしろ、事件にしろ、多面性があるので、こちら側から、あちら側から見たりしないと、なかなか歴史の真相は分からない。


宮本慎也

社会人時代に経験した、都市対抗予選の緊張感は半端なものではありませんでした。2年目の東京都予選で敗れ、11年連続出場が途切れてしまい、冷たい視線を浴びながら、皿洗いをしたことが忘れられません。でも、そんなつらい経験がプロになっても生きたし、社会人野球を経験できて本当に良かったと思っています。


川淵三郎

サッカーの監督時代に学んだのは、日ごろから選手の表情、様子、体調などをよく見ていることが必要だということでした。なんだかボールに勢いがない選手に「おい、どうした?」と聞くと必ず、「実は腰痛が」「子供の具合が」と答えが返ってきます。日ごろの観察力が的確な状況分析を導くし、その方向性において自分の軸なり芯がぶれなくなります。そうすれば、この人についていけば「絶対に」じゃなくても、「まあ、だいたいは間違いないかな」というくらいに部下から見てもらえるようになります。


小杉友巳

生涯現役で常に夢や目標を追い続けていれば、老いることも忘れてしまうもので、何よりのアンチエイジングだと考えています。いくつになっても、何に関しても、常にポジティブに前向きな姿勢で取り組むのです。


ケリー・マクゴニガル

自由と柔軟性。仕事をどう進め、時間をどう使うかを、本人が柔軟に決められる状態を実現することが、働く人の生産性や仕事への取り組みを向上させ、健康につながる。


コリン・アングル

インターネットに接続することによって、ロボットのオンオフ機能の手助けとなったり、あるいは掃除力と関係ないところで役に立つかもしれませんが、私たちが常に心掛け、焦点を当てているもっとも重要なポイントは、部屋をきれいに掃除をすることです。


森本智子

時間の許すかぎり、できるだけ多くの情報を現場の人から集めるようにしています。自分で発信する場合、集めてきた情報のうちの一割を出せれば良いほうですね。切り捨てた情報はもったいないとは思いますが、それもムダではないと思っています。若い頃はわからなかったのですが、別々に収集した情報が、ある日、ひとつに収斂されていくことがあるのです。情報が蓄積されると、経済問題や社会問題が連鎖していることがわかる瞬間が来ることもあります。