名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジョン・ウーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ウーのプロフィール

ジョン・ウー、呉 宇森(ウー・ユィセン)。中国人の映画監督、プロデューサー。広州市出身、香港育ち。香港時代に監督したノワール系アクション映画で脚光を浴び、『男たちの挽歌』で香港電影金像奨最優秀作品賞・金馬奨最優秀監督賞を受賞、『狼/男たちの挽歌・最終章』で香港電影金像奨最優秀監督賞。その後、ハリウッドに渡り数々のヒット映画を手掛けた。印象的なアクションシーンが多くのファンの心をとらえた。

ジョン・ウーの名言 一覧

西洋には東洋に対する誤解があるとよく言われますが、本当は相互理解が足りないと思います。相手を理解することも必要ですが、相手に理解してもらう努力も大切です。私は東洋の精神世界というものを、映像を通して伝えていきたいと考えています。


景気の良いときは往々にして見落とされますが、景気が悪くなってくると真心の大切さというものが際立ってくるように感じます。普段から真心を込めて皆に接しているリーダーは、たとえ問題が起きても皆と力を合わせて乗り越えてゆけます。


古代でも現代でも、本物のリーダーは人材を評価する以外に、自分の部下や信頼する人たちに対して真心を込めて接することにより、さらに多くの助力を得てゆくものです。


レッドクリフという映画をつくるときに最初に考えたのは、「東洋系」の情感や精神文化というものをいかに世界の人々に伝えられるか、ということでした。100億円という製作費を投じた映画ですから世界的な市場が必要になります。そこで、構想段階から、史実にこだわらないで映画的なアングルからわかりやすいストーリーの三国志を撮ろうと考えました。中国の歴史や三国志の登場人物を知らない西欧の観客もひとつの物語として楽しめる映画にしたかったのです。


ジョン・ウーの経歴・略歴

ジョン・ウー、呉 宇森(ウー・ユィセン)。中国人の映画監督、プロデューサー。広州市出身、香港育ち。香港時代に監督したノワール系アクション映画で脚光を浴び、『男たちの挽歌』で香港電影金像奨最優秀作品賞・金馬奨最優秀監督賞を受賞、『狼/男たちの挽歌・最終章』で香港電影金像奨最優秀監督賞。その後、ハリウッドに渡り数々のヒット映画を手掛けた。印象的なアクションシーンが多くのファンの心をとらえた。

他の記事も読んでみる

外山滋比古

他の人が知らないことを知っていたりすると、優越感を持ったりするでしょう。本好きな人は知識があることで人間的にどんどんダメになっていく。40歳を過ぎたら本に頼らず、自分で考える。生き方のヒントを本から得て、他人のマネをしてみても、それは他人の人生の亜流にすぎません。つまり、人生の後半戦の勉強は、若いときとはまったく違うのです。


川西勝三

私は、学生の時に全日本学生馬術個人選手権に出場しました。この時に掲げた目標は「学生日本一になる」ということです。そして、この目標を達成するためには、現在の自分には何が足りないのか、その克服のためにはどうしなければならないのか、ということを必死で考えました。そしてモチベーションの維持。私はそれを修整しながら実行して、学生チャンピオンになることができました。私は、このことは社会人になっても必ず役に立つと自信を持ちました。


倉本博光

私は「サービス・メイド・イン・ジャパン」と言っていますが、これからも日本企業らしいサービスを売りにしていきます。お客様のかゆいところに手の届く、きめ細かいサービスを提供する。欧米の大手物流企業と戦ううえで有力な武器になるはずです。


鈴木修

自分のところの商品の良さを誠心誠意説明し、お客さんのハートをつかむのがセールスの真髄です。


小笹芳央

成長するためにはまず、「自分は常に他者と比較されている」ということを意識してください。もし、社内での自分の評価を上げたければ、同僚と自分を積極的に比較しましょう。


遠山正道

1店舗から始めるような小さな事業は景気の動向に左右されやすく、事業が立ち行かなくなって、撤退を迫られる可能性も高いと思います。しかしながら、あらゆる事業は「小さなこと」から始まっていくのも事実です。


坂本孝

失敗を恐れる人は、失敗が宝の山であることを知りません。あるいは失敗したとしても、そこから何もつかまずにその場を立ち去ってしまうので、ただ「転んで痛かった」という苦い記憶しか残らないのです。失敗が宝の山かどうかということは、じつは失敗してみないとわからないものです。


辻村直也

目指すべき道が明確になると、生き方がガラリと変わりました。


高田明(ジャパネットたかた)

日本の家電メーカーはライフサイクルが短いのが問題です。マイナーチェンジの新製品が多すぎる。たとえばカメラでも3カ月に1回、商品を替える必要が本当にあるのか。そのたびに値段が5割ぐらい上がるでしょう。お客様にどこを伝えればいいのかがわからない新製品が多く、すごく悩んでいます。


ロバート・キヨサキ

財務諸表の「資産欄」に着目するとき、「無料で何かを得ること」は「持続的な富を得る」うえで生命線となる。


中野信子

「気が利く」能力は、努力次第で大きく伸ばすことができるんです。すごく気が利く子供というのはあまりいませんよね。これは、この能力が大人になってから完成すること、つまりは後天的に伸ばせることを示唆しています。伸ばすことでメリットが得られるし、大人になってからでも伸ばすことができる。こんなに伸ばしがいがある能力は、ほかにないのではないでしょうか。


コリン・アングル

私が最も大事だと考えているのは、実は中期的な開発です。多くの企業でありがちなのは、目先の製品とロングタームの最新技術にばかり労力を注ぐケースです。2年くらいのスパンの中間的な開発に人やお金を割くのを忘れてしまうのです。