名言DB

9429 人 / 110879 名言

ジョン・ウッドの名言

twitter Facebook はてブ

ジョン・ウッドのプロフィール

ジョン・ウッド。米国の社会起業家。発展途上国の識字率向上を支援するNPOルーム・トゥ・リード設立者。ケロッグ経営大学院でMBAを取得。マイクロソフトに入社し、エグゼクティブまで出世するも、退職し発展途上国での識字率向上を支援する活動を開始。マイクロソフト時代に培った経営手腕を用い、目標に向かって効率的に社会事業を推し進めた。その活動の輪は年々広がっている。主な著書に『マイクロソフトでは会えなかった天職』。

ジョン・ウッドの名言 一覧

マイクロソフト時代と変わらないハードワークなのに、これほど幸福な気分でいられることに自分でも驚いています。教育によって子供たちの人生を良い方向に変えることができる。そう考えるだけで、毎日とても幸せです。


字の読めない人は世界に8億人、初等教育を受けられない子供も1億人います。学校に行けず、本も読めない子供が、こんなにたくさんいることを知ったときは、本当にショックでした。でも僕はマイクロソフトで「Think Big(大きく考えろ)」という教訓を学びました。問題がどんなに大きくても、ひるまずに挑戦する。その姿勢が大きな違いを生むと思います。


従来の慈善活動と違うのは、ビジネス同様、目的を設定し、効率を追求し、結果を出していることです。効率の良い運営で成果を上げているため、ゴールドマン・サックスやアクセンチュアといった大企業も、我々の活動を評価し、サポートしてくれています。


ジョン・ウッドの経歴・略歴

ジョン・ウッド。米国の社会起業家。発展途上国の識字率向上を支援するNPOルーム・トゥ・リード設立者。ケロッグ経営大学院でMBAを取得。マイクロソフトに入社し、エグゼクティブまで出世するも、退職し発展途上国での識字率向上を支援する活動を開始。マイクロソフト時代に培った経営手腕を用い、目標に向かって効率的に社会事業を推し進めた。その活動の輪は年々広がっている。主な著書に『マイクロソフトでは会えなかった天職』。

他の記事も読んでみる

大西賢

人材教育の在り方は、以前と同じということはありません。現在の我々は「JALフィロソフィ」というものを持っているからです。これは、我々がどういう集団であり、企業として何を目指すのかを、40項目にわたって簡潔なかたちで明文化した冊子であり、現在のJALの拠り所となっているものです。


吉松徹郎

私の場合は、変化に富んだ仕事にチャレンジしていることが、心身の健康を支える源になっているように思います。


森山眞弓

前例がない中、垣根を一つずつ越えていくことが後に続く人たちのためになる。そんな思いを胸に仕事をこなす日々でした。


井上和幸(ヘッドハンター)

「ゼクシィ」は400億円事業に成長しましたが、当初担当者が提案しては経営陣から却下されるということの繰り返しだったのです。それでもあきらめないで食い下がるから、ゴーサインを出したところ結果的には大成功。「ホットペッパー」と並んで、バブル崩壊後の苦境を救うリクルートの救世主になりました。


田中靖浩

会社の数字は、細かく落とし込むほど、厳しい現実を社員全員が目の当たりにすることになります。しかし、臭いものに蓋をしたまま、安易に不採算部門のカットを繰り返しているようでは、改善は見られないし、社員の納得も得られません。


水道橋博士

ブログをはじめたおかげで、40代からは文章を書く仕事が増えました。『お笑い男の星座2』や『藝人春秋』といった本も出せました。最近ではルポライター芸人と言われたりしてます。


栗原博

相手の肩書、年齢、性別で態度を変えるのもダメ。私も今でこそ社長という立場ですが、誰が相手でも分け隔てなく同じ態度で接してきたつもりです。そうして付き合ってきた人たちほど、不思議なことにピンチのときに救ってくれたり、応援してくれたりしたものでした。


石田建昭

海外で長く銀行業務に携わってきたので、その経験から言いますと、欧米でもやりすぎてしまう人は少なくありません。壁をうち破ろうとする若いエネルギーを通常の社会、ビジネスのルールを逸脱しないようにどう導いていくかが大事です。エネルギーと公正なルールを厳守する仕組みの両方を兼ね備えていないと中長期的には成功しません。


大隅良典

パイの奪い合いをしていても発展は望めない。企業と大学が組んで、パイを大きくする工夫はあると思います。ただ、研究費を稼ぐために大学が企業の下請けのようになっては元も子もありません。本来、基礎研究をしている人が製品まで考えるなんてあり得ない。そこは思い切って分業し、大学の人は大いに基礎研究をやる、企業はそこから面白いことを引き出しプロダクトとして見えるようにするというのが、正しい共同研究の形だと思います。


義家弘介(ヤンキー先生)

やりたいことが見つからない子供に、私は必ず「いま、君にできることは何?」と聞くことにしています。するとほとんどの子が、「何もできない」と答えます。私はそれに「それはそうだよ。だから学んでるんだろ」と語りかけます。できないで終わるのではなく、できることをどう増やしていくのかが重要です。その先に見えてくるのが職業で、その原点にあるのがどう生きていきたいかという夢なんだと思います。