名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジョン・ウッドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ウッドのプロフィール

ジョン・ウッド。米国の社会起業家。発展途上国の識字率向上を支援するNPOルーム・トゥ・リード設立者。ケロッグ経営大学院でMBAを取得。マイクロソフトに入社し、エグゼクティブまで出世するも、退職し発展途上国での識字率向上を支援する活動を開始。マイクロソフト時代に培った経営手腕を用い、目標に向かって効率的に社会事業を推し進めた。その活動の輪は年々広がっている。主な著書に『マイクロソフトでは会えなかった天職』。

ジョン・ウッドの名言 一覧

マイクロソフト時代と変わらないハードワークなのに、これほど幸福な気分でいられることに自分でも驚いています。教育によって子供たちの人生を良い方向に変えることができる。そう考えるだけで、毎日とても幸せです。


字の読めない人は世界に8億人、初等教育を受けられない子供も1億人います。学校に行けず、本も読めない子供が、こんなにたくさんいることを知ったときは、本当にショックでした。でも僕はマイクロソフトで「Think Big(大きく考えろ)」という教訓を学びました。問題がどんなに大きくても、ひるまずに挑戦する。その姿勢が大きな違いを生むと思います。


従来の慈善活動と違うのは、ビジネス同様、目的を設定し、効率を追求し、結果を出していることです。効率の良い運営で成果を上げているため、ゴールドマン・サックスやアクセンチュアといった大企業も、我々の活動を評価し、サポートしてくれています。


ジョン・ウッドの経歴・略歴

ジョン・ウッド。米国の社会起業家。発展途上国の識字率向上を支援するNPOルーム・トゥ・リード設立者。ケロッグ経営大学院でMBAを取得。マイクロソフトに入社し、エグゼクティブまで出世するも、退職し発展途上国での識字率向上を支援する活動を開始。マイクロソフト時代に培った経営手腕を用い、目標に向かって効率的に社会事業を推し進めた。その活動の輪は年々広がっている。主な著書に『マイクロソフトでは会えなかった天職』。

他の記事も読んでみる

裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

一日のスケジュールを夜からスタートさせることがポイント。翌日のための準備は夜から始まっているからです。


清水祐孝

お寺はどのように収益を得ているのかに着目し今のビジネスのヒントを見つけました。仏教の教えを本にして売っても中々購入してくれる人は少ないけれど、それよりも人が亡くなった後のお葬式というサービスは必ず購入するので、そのようなマーケットに特化した本を作ろうと思ったのです。


坂本孝

ブックオフのトップを退任した時、その後の人生をどう過ごすべきか。私もいろいろ考えました。創業者として持っていた株の売却でキャピタルゲインもあったので、例えばハワイで優雅に酒とバラとゴルフ三昧の日々を過ごすこともできました。しかしそれではすぐに飽きるだろうし、やり残したこともあると思ったのです。やり残したこととは、立派な企業家を数多く育てることです。起業することも大切ですし、たとえ企業で社員として働いていても、成長した人材が分社化で独立する「のれん分け」のような制度が必要だと思いました。


村田昭治

企業は変化のエージェントである。環境、市場が激しく変化する時代、どんな方向性が考えられるかを考えぬく力が企業のもつ「変化へのエージェント」の機能を果たすのである。


今田耕司

成果を上げるためには、時には喧嘩をしてでも主張をぶつけ合う。それが仕事での「最高のコンビ」なんだと思う。


京和将史

個人が壁にぶつかってもみんなで解決していく。そうすることで一人一人が成長し、チームが成長し、会社が成長するんだと思います。


北見尚之(経営者)

移動が多いのでスケジュールやメールなどはタブレットで管理しています。移動中も作業環境が変わらず便利ですね。


蔵田理

私が30年間務めたホテルオークラでは、紙一重上のサービスを提供するべく取り組んでいる。それはちょっとした言葉遣いであったり、お客様に提供する情報であったりする。それぞれにお客様をよく観察して「いまこの人が求めているものはこういうことかな」と情報を探りながら接客することで、お客様の気持ちや状態を知り、満足していただける。


辻亨

経営者というものは、常に多くの人の意見にさらされながらも、最善の判断とは何か、冷静に自らに問いかけなくてはなりません。得意であるときに淡然と振る舞うことはさほど困難ではないと思いますが、失意のとき一人泰然であろうとすることは辛く、本当に難しいことです。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

何でも覚えられる超人はいません。忘れたら覚え直せばいいだけ。忘れたことにがっかりすると、勉強が嫌になる。


いっこく堂

2体の人形を同時に操る技術、時間差の腹話術、腹話術では不可能といわれてきた「マ・パ・バ行」の破裂音も、長時間の研究と練習によって身につけていきました。どれも、みんな驚くだろう、喜んでくれるだろうという思いが原点です。


池上彰

現代のビジネスパーソンはあまり本を読まない。ならば、むしろ本を読むだけで差別化できるのではないか。考えようによっては、楽な時代になった。