名言DB

9413 人 / 110706 名言

ジョン・ウェルスの名言

twitter Facebook はてブ

ジョン・ウェルスのプロフィール

ジョン・ウェルス。英国の経営学者。ハーバード大学経営大学院教授。英国オックスフォード大学で物理学を専攻し卒業後、欧州原子核研究機構(CERN)、英蘭ユニリーバなどを経たのち、ハーバード大学でMBAを取得。ボストンコンサルティンググループ勤務ののち、経営学博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。そのほか、米モルターグループ欧州法人取締役、ペプシコ欧州法人スナック菓子部門CFO(最高財務責任者)、スイスの経営開発国際研究所(IMD)学長なども務めた。

ジョン・ウェルスの名言 一覧

失敗の体験はとくに重要です。人は、成功よりも失敗から学ぶことの方が多いからです。


意思決定は、経験だけでなく様々な知見も生かして思考し、慎重になすべきものです。その意味で、経済理論などの学術的知識もある程度学ぶ必要があります。


リーダーが組織に非常に重要な意思決定をするとき、「これは過去に経験があって、やり方は分かっているからさっそく実行しよう」と考える。これは正直言って致命的な考え方です。そんな頼りない根拠だけで意思決定をすべきではありません。


リーダーが学術的な意味で何かの専門家である必要はありません。経営トップ層に必要なのは、学術的なトレーニングを通じて、自分が何を知らないのか、何が不得意なのかを認識することです。


ビジネスは団体競技であって、個人競技ではありません。意思決定者は、様々な分野に散らばっている多くの知見をひとつにまとめる必要があります。マーケティングからオペレーション、財務、人事に至るまである程度基本を押さええていなければ、適切な意思決定はできません。


企業経営を任されたトップ層には、意思決定が正しくなされていることを確認する確認義務があります。これは、株主の委任を受けて会社経営をしている以上、職務に忠実に、十分に注意を払って行動する義務があるということです。


現在向かっている先がどこなのかについて、我々は結局だいたいのことしかわかりません。有効な戦略や経営手法も、非常に速いスピードで刻々と変化しています。


企業経営において今後重要になるのは、環境の変化に応じて柔軟に対応できる「柔軟性の創造」です。25年前に主流だったロジックは「いったん戦略を開発したら長期間有効でなければならない」でした。だから誰もが5年、10年の経営計画書を立案しました。しかし、変化が激しく不確実ないまの時代はそうはいきません。


パイロットを訓練するとき、いきなりボーイング747に乗せて滑走路を走らせたりはしません。パイロットに必要なのは、まずシミュレーターを使って何度も模擬訓練をすることです。


マーケティング畑の人間はマーケティングの視点からだけ問題を分析し、ファイナンス畑の人間はファイナンスの面からだけ考えがちになります。「2歳児にハンマーを持たせたら、すべてが釘になってしまう」ということわざがあります。ハンマーひとつしか道具を持っていなかったら叩くことしかできません。だから、専門を超えて総合的な視点から、何が問題なのかを見極める姿勢を養うことが必要です。


ビジネスの領域では、自分のまったく知らないことが多数存在します。しかし、ビジネスパーソンに必要な素養は、スペシャリストというよりはゼネラリストとしてのものです。自分の知らないことや、自分の弱点が何かを十分に自覚していれば、必要に応じてその道の専門家を活用すればよいのです。


企業にとって経営トップ層に対する教育投資は、ほかの投資案件と同様、重要事項です。それだけに具体的な目に見える成果を求めるようになっており、経営大学院がそのために個別企業の要求に応えようとするのは、自然の成り行きと言えるでしょう。


ジョン・ウェルスの経歴・略歴

ジョン・ウェルス。英国の経営学者。ハーバード大学経営大学院教授。英国オックスフォード大学で物理学を専攻し卒業後、欧州原子核研究機構(CERN)、英蘭ユニリーバなどを経たのち、ハーバード大学でMBAを取得。ボストンコンサルティンググループ勤務ののち、経営学博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。そのほか、米モルターグループ欧州法人取締役、ペプシコ欧州法人スナック菓子部門CFO(最高財務責任者)、スイスの経営開発国際研究所(IMD)学長なども務めた。

他の記事も読んでみる

平塚常次郎

私と堤が荒海の北洋に乗り出したのは、ポーツマス条約による我が国家権益の開発にあった。事業をやるからには利益を求めるのは当然であるが、資本家的な欲望からではなかった。もし我々が小さい自我自欲にのみとらわれていたら、ロシア側に押されて一人ずつ落伍したかもしれない。


岸田祐介

何より大事なのは、自分の直感を信じて行動すること。周囲に強引だと少々思われても全然いいんです。


佐藤優

友達と会社を作るのは、たいていうまくいかない。利害がからんだら揉めるから。


和田裕美

素の方が、心で人と繋がることができる。


橋本信次郎

どうせ一度は辞めようとしたんだから、これまでと全く違うものをやろう。


谷原誠

説得の場面で有能な営業マンがよくやっていることですが、自分の希望が受け入れられるという前提で質問するという方法があります。「うかがってもよろしいでしょうか?」ではなく、「いますぐうかがえるのですが、明日改めてうかがうのとどちらがよろしいですか?」と聞くと、相手は無意識のうちに「今日か明日か」と考えはじめ、「訪問を断る」という選択肢が浮かばなくなってしまいます。


大平信孝

いつも上手くいっている人は、例外なく意味づけが上手。自分が置かれている状況が変わるたびに、新しい意味を見出し、やる気が自然に湧いてくる状況をつくっている。


大前研一

仕事を遅くしている原因は忙しいからと、スケジュールに時間をかけずにすぐに取りかかるから。最初にゴールまでの最短距離を描かなければ、どんなに速く走っても、遠回りは免れない。とくに複数の仕事を抱えている場合は、どれだけ効率のいい組み合わせを考えられるかで、勝負が決まるといってもいい。


枝川義邦

10~15分程度の昼寝でも、ワーキングメモリはかなり回復します。避けたほうがいいのが、常にスマホをいじっていること。多くの情報が脳に飛び込んでくるため、ワーキングメモリが散らかってしまう。また何でもかんでも検索する習慣か身につくと、記憶の容量も減っていきます。


土屋雅稔

学習を習慣づけるには、よく言われるように、少しのスキマ時間でもいいから毎日のように英語に触れることが基本です。


谷原誠

こちらの選択肢が一つしかないと、それを押しつけることになり、相手は「負けまい」と反発します。しかし、「これならどうですか?」「あの方法は?」と多くの選択肢を示して、その中から選んでもらう。そうすれば、他人の意見でなく、自分で選んだ意見となり、相手の「負ける」感覚は薄れます。


福井威夫

安易な間違いはしないよう厳しく伝えてはいますが、必死に考えてもどうしようもない間違いはある。だから、思い切ってやってほしい。お客様に迷惑をかけなければ、会社に多少の損害があっても、それは将来のための投資だと思っています。


齋藤孝(教育学者)

20代とか30代の前半ぐらいまでは、鬱屈した時間を過ごすのも悪くないと思います。仕事がうまくいかない、恋愛も思うようにならない、それもブレークする前の燃料になっていると考えて。「くすぶる」という言葉も、出口を探してエネルギーがたまっている状態のことですから。


浜矩子

残念ながら、日本の会議の多くは、考える力を鍛える場になっていません。会議は本来、結論が見えない中で出席者がお互いに良い質問と良い答えを出し合い、そのプロセスを通して問題解決したり、新しいアイデアを創っていくものだと思います。ところが、日本の企業で行なわれている会議は、最初から落としどころとしての答えが用意されていて、関係者の合意を取り付けるための場になっていることが少なくありません。


成毛眞

あらゆる企業は勝ったから強いのであって、強かったから勝ったという根拠はあまりないでしょう。僕はマイクロソフトにいたがゆえに、本当にそう思っています。勝ったから強いんです。上手くやったから勝ったとか、経営がよかったから勝った。そういうことではなくて、勝ったから経営もいいと評価されるのです。