名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジョン・ウェルスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ウェルスのプロフィール

ジョン・ウェルス。英国の経営学者。ハーバード大学経営大学院教授。英国オックスフォード大学で物理学を専攻し卒業後、欧州原子核研究機構(CERN)、英蘭ユニリーバなどを経たのち、ハーバード大学でMBAを取得。ボストンコンサルティンググループ勤務ののち、経営学博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。そのほか、米モルターグループ欧州法人取締役、ペプシコ欧州法人スナック菓子部門CFO(最高財務責任者)、スイスの経営開発国際研究所(IMD)学長なども務めた。

ジョン・ウェルスの名言 一覧

失敗の体験はとくに重要です。人は、成功よりも失敗から学ぶことの方が多いからです。


意思決定は、経験だけでなく様々な知見も生かして思考し、慎重になすべきものです。その意味で、経済理論などの学術的知識もある程度学ぶ必要があります。


リーダーが組織に非常に重要な意思決定をするとき、「これは過去に経験があって、やり方は分かっているからさっそく実行しよう」と考える。これは正直言って致命的な考え方です。そんな頼りない根拠だけで意思決定をすべきではありません。


リーダーが学術的な意味で何かの専門家である必要はありません。経営トップ層に必要なのは、学術的なトレーニングを通じて、自分が何を知らないのか、何が不得意なのかを認識することです。


ビジネスは団体競技であって、個人競技ではありません。意思決定者は、様々な分野に散らばっている多くの知見をひとつにまとめる必要があります。マーケティングからオペレーション、財務、人事に至るまである程度基本を押さええていなければ、適切な意思決定はできません。


企業経営を任されたトップ層には、意思決定が正しくなされていることを確認する確認義務があります。これは、株主の委任を受けて会社経営をしている以上、職務に忠実に、十分に注意を払って行動する義務があるということです。


現在向かっている先がどこなのかについて、我々は結局だいたいのことしかわかりません。有効な戦略や経営手法も、非常に速いスピードで刻々と変化しています。


企業経営において今後重要になるのは、環境の変化に応じて柔軟に対応できる「柔軟性の創造」です。25年前に主流だったロジックは「いったん戦略を開発したら長期間有効でなければならない」でした。だから誰もが5年、10年の経営計画書を立案しました。しかし、変化が激しく不確実ないまの時代はそうはいきません。


パイロットを訓練するとき、いきなりボーイング747に乗せて滑走路を走らせたりはしません。パイロットに必要なのは、まずシミュレーターを使って何度も模擬訓練をすることです。


マーケティング畑の人間はマーケティングの視点からだけ問題を分析し、ファイナンス畑の人間はファイナンスの面からだけ考えがちになります。「2歳児にハンマーを持たせたら、すべてが釘になってしまう」ということわざがあります。ハンマーひとつしか道具を持っていなかったら叩くことしかできません。だから、専門を超えて総合的な視点から、何が問題なのかを見極める姿勢を養うことが必要です。


ビジネスの領域では、自分のまったく知らないことが多数存在します。しかし、ビジネスパーソンに必要な素養は、スペシャリストというよりはゼネラリストとしてのものです。自分の知らないことや、自分の弱点が何かを十分に自覚していれば、必要に応じてその道の専門家を活用すればよいのです。


企業にとって経営トップ層に対する教育投資は、ほかの投資案件と同様、重要事項です。それだけに具体的な目に見える成果を求めるようになっており、経営大学院がそのために個別企業の要求に応えようとするのは、自然の成り行きと言えるでしょう。


ジョン・ウェルスの経歴・略歴

ジョン・ウェルス。英国の経営学者。ハーバード大学経営大学院教授。英国オックスフォード大学で物理学を専攻し卒業後、欧州原子核研究機構(CERN)、英蘭ユニリーバなどを経たのち、ハーバード大学でMBAを取得。ボストンコンサルティンググループ勤務ののち、経営学博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。そのほか、米モルターグループ欧州法人取締役、ペプシコ欧州法人スナック菓子部門CFO(最高財務責任者)、スイスの経営開発国際研究所(IMD)学長なども務めた。

他の記事も読んでみる

中村貞裕

コンセプトは簡潔なものが理想。そうでなければ、従業員も理解ができませんし、お客が友人・知人に話しにくいのでクチコミも生まれにくくなってしまう。


小沼大地

もともとビジネスと国際協力は別ものだと考えていました。大学でマルクス経済学を教わって、むしろビジネスに悪いイメージを抱いていたくらい。ところが、(青年海外協力隊として行った)シリアで僕の上司になったのはドイツ人のコンサルタントで、その人はビジネスの力でマイクロファイナンスのプロジェクトをよりよいものにしていった。その姿を見て、自分もビジネスの世界に身を置いて、社会貢献と世界をつなげたくなりました。その上司から、「ビジネスを学ぶならコンサルタントがいい。日本ならマッキンゼーかボスコン(ボストン・コンサルティング・グループ)がいいだろう」とアドバイスをもらいました。両方受けましたが、ボスコンは書類選考で落ちて、たまたま受かったマッキンゼーにお世話になることにしました。


朝倉千恵子

好きな仕事に就くか、就いた仕事を好きになるか。どっちのアプローチでもいいんです。


内藤誼人

敵をつくらないコツは、「相手の嫌がることをしない」ということに尽きます。もし、周囲に敵が多いと感じるならば、改めて自分が周囲にどう振る舞っているか見つめ直すことも大切です。


豊田章男(モリゾウ)

リコール問題が起きたときに、「なぜこんなことが起きたのか」という質問を多くの方から受けました。そのときの私の答えの一つは、「会社の成長のスピードが人材育成のスピードを上回ってしまった」というものでした。市場が大きく伸びたとき、企業としてシェアを維持しないと、「トヨタは成長が止まったのではないか」と言われてしまう。その恐れから、人材の成長を上回る計画を立ててしまったと思っています。


加島禎二(加島禎二)

具体的に不文律を消していくプロセスにおいては、不文律を別のルールに変えたり、研修を行う必要性が出てくる。ルール化と研修による意識改革は不文律をなくすための王道だ。ただしこれは漢方薬のように、ある程度、時間のかかる方法である。


岡田武史

いまの若者は覇気がないといわれています。しかし、これは彼らにすべて責任があるわけではありません。いまの日本社会は、人間が家畜化しています。冷暖房が聞いている中、餌が流れてくる。苦労しないで生きていくことのできる家畜の目はトロンと緩むのは当然でしょう。


松田雅也

価値を認められない商品やサービスを見つけた時、大切なのは、その物自体に本当に価値がないのか、業界の習慣など外部要因で無価値になっているのかを見極めること。後者であればマンボウのように工夫次第で、値段を付けて売ることも可能になる。


出口汪

有効なのは人に説明すること。たとえば、本の内容をしっかり記憶したいなら、概要や感想を話せる場や仲間を作ると良いでしょう。理解しなければ説明できませんから、思考力を働かせて読まざるを得ません。学んだことをどう表現するか。その視点を持てば、より確かな知識の蓄積が可能になるでしょう。


真鍋精志

日々の安全・安心を提供して私どもの使命をきちんと果たしていく一方で、企業として成長しなければなりません。私どもの営業エリアで地元と一緒になってビジネスを展開していく、つまり地域共生企業をめざすということです。今後は人口が減っていくので、鉄道事業の経営環境はますます厳しくなります。そのため、鉄道以外の事業をいかに伸ばすかが重要になります。


小泉文明

「より良いものに変える勇気を持つ大胆さ」を。状況は目まぐるしく変わり、1日として同じ日はありません。成功しているやり方でも、「よりベターなやり方」になるよう常に考えるべきでしょう。


小早川隆景

私は決断する前には、長く思案する。しかし、いったん決断したあとで二度と後戻りをしない。思案に思案を重ねたうえで得た決断であるからだ。