名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・ウェルスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ウェルスのプロフィール

ジョン・ウェルス。英国の経営学者。ハーバード大学経営大学院教授。英国オックスフォード大学で物理学を専攻し卒業後、欧州原子核研究機構(CERN)、英蘭ユニリーバなどを経たのち、ハーバード大学でMBAを取得。ボストンコンサルティンググループ勤務ののち、経営学博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。そのほか、米モルターグループ欧州法人取締役、ペプシコ欧州法人スナック菓子部門CFO(最高財務責任者)、スイスの経営開発国際研究所(IMD)学長なども務めた。

ジョン・ウェルスの名言 一覧

失敗の体験はとくに重要です。人は、成功よりも失敗から学ぶことの方が多いからです。


意思決定は、経験だけでなく様々な知見も生かして思考し、慎重になすべきものです。その意味で、経済理論などの学術的知識もある程度学ぶ必要があります。


リーダーが組織に非常に重要な意思決定をするとき、「これは過去に経験があって、やり方は分かっているからさっそく実行しよう」と考える。これは正直言って致命的な考え方です。そんな頼りない根拠だけで意思決定をすべきではありません。


リーダーが学術的な意味で何かの専門家である必要はありません。経営トップ層に必要なのは、学術的なトレーニングを通じて、自分が何を知らないのか、何が不得意なのかを認識することです。


ビジネスは団体競技であって、個人競技ではありません。意思決定者は、様々な分野に散らばっている多くの知見をひとつにまとめる必要があります。マーケティングからオペレーション、財務、人事に至るまである程度基本を押さええていなければ、適切な意思決定はできません。


企業経営を任されたトップ層には、意思決定が正しくなされていることを確認する確認義務があります。これは、株主の委任を受けて会社経営をしている以上、職務に忠実に、十分に注意を払って行動する義務があるということです。


現在向かっている先がどこなのかについて、我々は結局だいたいのことしかわかりません。有効な戦略や経営手法も、非常に速いスピードで刻々と変化しています。


企業経営において今後重要になるのは、環境の変化に応じて柔軟に対応できる「柔軟性の創造」です。25年前に主流だったロジックは「いったん戦略を開発したら長期間有効でなければならない」でした。だから誰もが5年、10年の経営計画書を立案しました。しかし、変化が激しく不確実ないまの時代はそうはいきません。


パイロットを訓練するとき、いきなりボーイング747に乗せて滑走路を走らせたりはしません。パイロットに必要なのは、まずシミュレーターを使って何度も模擬訓練をすることです。


マーケティング畑の人間はマーケティングの視点からだけ問題を分析し、ファイナンス畑の人間はファイナンスの面からだけ考えがちになります。「2歳児にハンマーを持たせたら、すべてが釘になってしまう」ということわざがあります。ハンマーひとつしか道具を持っていなかったら叩くことしかできません。だから、専門を超えて総合的な視点から、何が問題なのかを見極める姿勢を養うことが必要です。


ビジネスの領域では、自分のまったく知らないことが多数存在します。しかし、ビジネスパーソンに必要な素養は、スペシャリストというよりはゼネラリストとしてのものです。自分の知らないことや、自分の弱点が何かを十分に自覚していれば、必要に応じてその道の専門家を活用すればよいのです。


企業にとって経営トップ層に対する教育投資は、ほかの投資案件と同様、重要事項です。それだけに具体的な目に見える成果を求めるようになっており、経営大学院がそのために個別企業の要求に応えようとするのは、自然の成り行きと言えるでしょう。


ジョン・ウェルスの経歴・略歴

ジョン・ウェルス。英国の経営学者。ハーバード大学経営大学院教授。英国オックスフォード大学で物理学を専攻し卒業後、欧州原子核研究機構(CERN)、英蘭ユニリーバなどを経たのち、ハーバード大学でMBAを取得。ボストンコンサルティンググループ勤務ののち、経営学博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。そのほか、米モルターグループ欧州法人取締役、ペプシコ欧州法人スナック菓子部門CFO(最高財務責任者)、スイスの経営開発国際研究所(IMD)学長なども務めた。

他の記事も読んでみる

佐々木かをり

大きな夢であっても、締め切りまでの行動計画の立て方と同じです。「いつか独立したい」の「いつか」は具体的に日付を決めない限り、永遠にいつかのままです。「3年後にニューヨークに移住したい」も同じことです。日付を決めて行動計画にまで落とし込まなければ、3年経ってもいまだに「3年後に…」と言っているに違いありません。


鵜飼裕司

コダックを経て米eEye Digital Securityに転職しました。当時から非常に有名だった名うてのエンジニアをたくさんヘッドハントしていて、それほど大きな会社ではなかったのですが、業界では非常に有名でした。そういった環境に飛び込むのは結構怖かったのですが、様々な技術を学ぶことができました。


泉谷直木

世の中は様々な情報に満ちています。玉石混交の中から、有用な情報を見つけて整理し、ビジネスに役立てるにはどうすればいいのか。それは、努力と経験によってビジネスの勘を磨いていく方法しかありません。


青木仁志

優秀なセールスマンは、売上のパフォーマンスのみならず「一年後、数年後、十年後に○○を実現するためには」という逆算力と、スケジュールの立案力・実行力が桁違いに高いのです。彼らは手間暇かかる大きなビジネスの開拓に積極的に時間を割いています。


弘兼憲史

漫画家として駆け出しの頃は、未経験のテーマを編集者に提案し、描かせてもらっていました。最初の連載は、喧嘩シーンの多い学園もの。宇宙船でいろいろな星に行き、異星人と戦うSF漫画や野球漫画、恐竜が登場する漫画も描きました。苦手な分野を作らず、何でもやってみようという気構えで仕事に取り組んでいた。そうしていろいろ描いているうちに、「少年漫画は向いてないな」「色気のある話の方が向いているのかも」「国際的な組織やビジネスの話がもっと描きたい」などと、核となる方向性が定まってきたのです。


犬塚尚美(悠木そのま)

「忙しい」が口癖の人ほど、どの仕事にどれくらいの時間がかかるか、把握できていません。まずは時計を見る習慣をつけることから始めて、平均所要時間をつかむことです。


西村貴好

褒めた方は忘れているようなことでも、褒められた相手の方はよく覚えているんです。褒めることで、相手の心に残る印象的な言葉を、知らぬ間に伝えているのかもしれません。


ハロルド・ジェニーン

企業家とは自分自身のために事業に携わっている人間として定義される。彼は事業を組織し、経営し、進んでリスクを冒す。平たく言えば、彼はすべてを賭け、大きな見返りのために大きなリスクを冒す人間である。賭けに勝てば報酬は途方もなく莫大かもしれない。負ければ何もかもおしまいだ。


小栗成男

上司は、様々な立場で物事を考える必要がある。今では、自分と相手の理解にはズレがあることを前提に、ギャップを埋めるべく、丁寧なコミュニケーションを心がけています。


中村獅童(二代目)

役者という仕事が根っから好きなんです。だから転んでも起き上がることができた。


石田智子

経験や技術も大切。年をとって多少体力が衰えても、記録は伸ばせます。私も、技術的にはまだまだ進化の途中。


マザー・テレサ

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。ですが、気にすることなく、善を行いなさい。