ジョン・ウェルスの名言

ジョン・ウェルスのプロフィール

ジョン・ウェルス。英国の経営学者。ハーバード大学経営大学院教授。英国オックスフォード大学で物理学を専攻し卒業後、欧州原子核研究機構(CERN)、英蘭ユニリーバなどを経たのち、ハーバード大学でMBAを取得。ボストンコンサルティンググループ勤務ののち、経営学博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。そのほか、米モルターグループ欧州法人取締役、ペプシコ欧州法人スナック菓子部門CFO(最高財務責任者)、スイスの経営開発国際研究所(IMD)学長なども務めた。

ジョン・ウェルスの名言 一覧

失敗の体験はとくに重要です。人は、成功よりも失敗から学ぶことの方が多いからです。


意思決定は、経験だけでなく様々な知見も生かして思考し、慎重になすべきものです。その意味で、経済理論などの学術的知識もある程度学ぶ必要があります。


リーダーが組織に非常に重要な意思決定をするとき、「これは過去に経験があって、やり方は分かっているからさっそく実行しよう」と考える。これは正直言って致命的な考え方です。そんな頼りない根拠だけで意思決定をすべきではありません。


リーダーが学術的な意味で何かの専門家である必要はありません。経営トップ層に必要なのは、学術的なトレーニングを通じて、自分が何を知らないのか、何が不得意なのかを認識することです。


ビジネスは団体競技であって、個人競技ではありません。意思決定者は、様々な分野に散らばっている多くの知見をひとつにまとめる必要があります。マーケティングからオペレーション、財務、人事に至るまである程度基本を押さええていなければ、適切な意思決定はできません。


企業経営を任されたトップ層には、意思決定が正しくなされていることを確認する確認義務があります。これは、株主の委任を受けて会社経営をしている以上、職務に忠実に、十分に注意を払って行動する義務があるということです。


現在向かっている先がどこなのかについて、我々は結局だいたいのことしかわかりません。有効な戦略や経営手法も、非常に速いスピードで刻々と変化しています。


企業経営において今後重要になるのは、環境の変化に応じて柔軟に対応できる「柔軟性の創造」です。25年前に主流だったロジックは「いったん戦略を開発したら長期間有効でなければならない」でした。だから誰もが5年、10年の経営計画書を立案しました。しかし、変化が激しく不確実ないまの時代はそうはいきません。


パイロットを訓練するとき、いきなりボーイング747に乗せて滑走路を走らせたりはしません。パイロットに必要なのは、まずシミュレーターを使って何度も模擬訓練をすることです。


マーケティング畑の人間はマーケティングの視点からだけ問題を分析し、ファイナンス畑の人間はファイナンスの面からだけ考えがちになります。「2歳児にハンマーを持たせたら、すべてが釘になってしまう」ということわざがあります。ハンマーひとつしか道具を持っていなかったら叩くことしかできません。だから、専門を超えて総合的な視点から、何が問題なのかを見極める姿勢を養うことが必要です。


ビジネスの領域では、自分のまったく知らないことが多数存在します。しかし、ビジネスパーソンに必要な素養は、スペシャリストというよりはゼネラリストとしてのものです。自分の知らないことや、自分の弱点が何かを十分に自覚していれば、必要に応じてその道の専門家を活用すればよいのです。


企業にとって経営トップ層に対する教育投資は、ほかの投資案件と同様、重要事項です。それだけに具体的な目に見える成果を求めるようになっており、経営大学院がそのために個別企業の要求に応えようとするのは、自然の成り行きと言えるでしょう。


ジョン・ウェルスの経歴・略歴

ジョン・ウェルス。英国の経営学者。ハーバード大学経営大学院教授。英国オックスフォード大学で物理学を専攻し卒業後、欧州原子核研究機構(CERN)、英蘭ユニリーバなどを経たのち、ハーバード大学でMBAを取得。ボストンコンサルティンググループ勤務ののち、経営学博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。そのほか、米モルターグループ欧州法人取締役、ペプシコ欧州法人スナック菓子部門CFO(最高財務責任者)、スイスの経営開発国際研究所(IMD)学長なども務めた。

他の記事も読んでみる

和田由貴

節約するため、職場にお弁当を持参する方も多いと思いますが、毎日ではツラくなってしまいますよね。例えば浮いたお金で週に一度は外食ランチを入れれば、心も満たされるし、次へのモチベーションになります。これはムダ使いではなく、長く続けるための経費と考えましょう。


大久保真一

現場を見ることを一番の信条としています。ゼロから新しいものを作って、事業としての見通しが立つまでが自分の仕事です。ある程度できてきた段階からは幹部社員に任せています。


堀之内九一郎

自身は打つ手がない、とか、行き詰るとかそんなことを思ったことないですね。立ち止まる余裕なんかない。常に前進するしかないですから。


岩佐大輝

専門家が時間と労力をほんの少し割いてくれるだけで、素人が何十人も集まってもかなわない成果が挙がる。


千本倖生

日本には世界に誇る技術もあれば、優れた人材もいます。あとは戦略と志です。高い目標を掲げ、それを実行することによって、世界に評価される経営を目指すべき。


寺島進

「忍苦精進(にんくしょうじん)」がオレの座右の銘ですね。「苦しみにたえて、精進しろ」。これ何事においても人生で大事だと思ってます。この言葉を思い出すんです。人生は自分の予定通りになんかいかないし、仕事で落ち込むこともしょっちゅう……。だから、自信がないときほど、この言葉でムリやり自分に暗示をかけてますよ。


亀田隆明

いくら高邁な理念を掲げたとしても、それだけでこの過疎地に若い人材や優秀な医師、看護師などがスタッフとして集まってくることはありません。亀田なら最新の医療設備が充実していてそれらを存分に使える、最先端の高度医療技術を身につけることができる、自分のやりたいことにチャレンジできる、そういう魅力的な環境があるからこそ、優秀な人材が集まってくれるのです。


成毛眞

自分を中心にして半径50センチをウロウロしてたって、いい発想なんて生まれないということです。一番右はどこか、一番左はどこか、自分から最も遠い世界のことを知らないと思考の幅は広がりません。


堀之内九一郎

これも昔から変わらないことなんですが、生活創庫の接待交際費は年間で約100万円。税務署が驚くほどの少なさですが、たまたま昼時に来客があったときに、近所の店でソバを食べる程度ですから、月に10万もあれば十分。実際、酒を飲みながらじゃないと成立しない話なんておかしいでしょ。酒なんか飲まなくても、お互いにメリットのある商談であれば、必ずまとまる。高い料理や酒で接待漬けにしないとまとまらない仕事なんて、そのうちこじれるに決まってます。だから、うちの社内には飲み屋の領収書なんて、一枚もないですよ。経費として決済されないことを皆が知ってますからね。


今井賢一

日本では米国のベンチャーキャピタルを金融機関の範疇に入れていますが、そもそもそこからして違うのです。ベンチャーキャピタルが創業まもない小さな企業にリスクマネーを供給して、その企業が成功したら大きなリターンを得るというのは、ベンチャーキャピタルのほんの一面にすぎません。彼らは20年以上も新しい企業に融資だけでなく人的、技術的な支援を続けてきました。


田中角栄

50歳を目安に、とにかく地道にひたすら勉強、努力するしかない。そういう中で、自然に風格も人脈もできてくる。ダメな奴は、そこまで。上へ行く奴は、そのあたりで決まるのだ。


菊原智明

「じつはこの物件なんですが、これこれこういう理由でお客様にはあえてお勧めしません」というようにマイナスの部分をあえてさらけ出す。いいことばかりしか言わない営業マンに対し、どうしても人は警戒心を抱くもの。その逆を言ってやることで、「この人は他と違うな」「ホンネで話してくれる人だな」という印象になる。


逢沢明

あなたはビジネスや投資の確率が7~8割、と言われたらどう思いますか? 「これは結構イケる」と安心する人が多いのではないでしょうか。しかし本当に成功する人たちはじつは確率7~8割ではまだ危ないと思っているんですね。プロ野球や歌手を目指す才能溢れた人でも、なれる確率が9割以上超えている人ほど、ますます努力を続けます。これは投資の世界も同様。だからこそ成功確率7割を9割以上に上げる方法が必要になります。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

お金の使い方は、ムダに使ったり、損をしたり、ときには恥をかいたりしながら上手くなっていくもの。


樋口武男

人というのは、直に会って話をしないと分からないものです。客観的な材料だけでは分かりません。


ページの先頭へ