名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ジョン・ウェスレーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ウェスレーのプロフィール

ジョン・ウェスレー。18世紀、イングランド国教会の司祭、神学者。オックスフォード大学で神学を学ぶ。メソジスト運動を行い、プロテスタント教会メソジスト派を広めた。

ジョン・ウェスレーの名言 一覧

君ができるすべての善行を行え
君ができるすべての手段で
君ができるすべての方法で
君ができるすべての場所で
君ができるすべてのときに
君ができるすべての人に
君ができる限り


ジョン・ウェスレーの経歴・略歴

ジョン・ウェスレー。18世紀、イングランド国教会の司祭、神学者。オックスフォード大学で神学を学ぶ。メソジスト運動を行い、プロテスタント教会メソジスト派を広めた。

他の記事も読んでみる

小林一雅(小林製薬)

工場の不満を聞くのも、経営陣に聞く耳があり、実際に不満を改善する意思があると社員が理解することで、組織の風通しが良くなると思うからです。


夏野剛

自分を表現するには好きなことをするのが一番いい。無理をするのではなくて、自分をそのまま出していく。それが個性になる。


石井宏宗

同じベクトルを持つ人脈を背景に実行力を築き、社員のやる気を引き出すことでビジョンと戦略を遂行することができる人物がリーダーである。


井上由美子(脚本家)

脚本を書くうえでは、時代の気分をつかむことがとても大事です。でも私は、あえてアンテナを立てないんです。新聞や雑誌を隅から隅まで読んで必死に情報を集めるのではなく、台所に立っているときにたまたま耳にしたテレビの腹立たしいニュースとか、電車に乗っているときに聞こえてくる会話とか、そんな探さなくても入ってくる情報を大切にしたいと思っています。


及川智正

私自身は60歳で引退することを考えておりますが、会社として、あと2つの目標があります。一つは、持続可能な農産業を実現し、生活者を豊かにすること。もう一つは未来の農業が衰退しない仕組みを作ることです。そして農林水産省の仕事をさせていただきたいとも考えています。農水省の仕事を全て預かっても大丈夫なくらい、農業に熱いプロフェッショナル集団を目指します。


柳井正

創業者の人間力、器量以上に、その会社は大きくなれないといいますが、これをどう考えるか。僕は本来、謙虚なタイプ。本当は謙虚な人間なんですが、経営者は謙虚だけではダメ。ホラを吹かないとダメだし、ホラを吹いたことに関しては実行していかないと。みんなが幸福になろうと思ったら、成功以外にはない。


北島素幸

軌道に乗ればうまい話が持ちかけられるけど、それって結局利用されることが多い。多店舗展開は教育の行き届かない従業員を増やすことにもなり、店のクオリティを維持できなくなるリスクもありますよね。多店舗で従業員を雇い過ぎ、組織を目の届く範囲ではハンドリングできなくなれば、職人というよりは社長としての仕事に専念をしなければならない。俺は職人の仕事を追究したいから、商売の規模はだんだん小さくしていきたいと思っているんです。65歳になっても70歳になっても料理の仕事をやっていると想像してみたら、そのときにもいい店でいい料理を出せて、いい家族でいられるのかというのは大きいんじゃないのかなあ。


高橋政史

生産性を大きく阻害している要素は「会議」「資料作り」、これら2つに関わる仕事。多くの企業を指導してきましたが、共通して、資料を作る際に、ムダな情報を詰め込み過ぎる傾向があります。そんな資料は手間も時間もかかるし、読み手にも負担をかけて、生産性を下げます。


佐々木かをり

時間管理は、その人が幸せを味わうためにあるものだと思うんです。あくまで自分がハッピーになるための手段です。


柳弘之

新しい組み合わせをいかに作るかがイノベーション。


幸田真音

30代の生き方次第で人生が決まるといってもいいくらい。この時期に逃げずに頑張った人と、小賢しくショートカットした人とでは、後で必ず差が出てきます。悩み、苦しみ、いろんな挫折も味わっておくと、将来間違いなく生きてきます。だから、30代は思いっ切り「ジタバタ」を楽しんで!


和田秀樹

最も勉強に向かない性格は「完璧主義」ですね。教科書を1ページ目から順番にやっていかないと気が済まないようなタイプ。我々精神科の領域で、最も問題視されるタイプです。