名言DB

9412 人 / 110637 名言

ジョンルーク・ロベールの名言

twitter Facebook はてブ

ジョンルーク・ロベールのプロフィール

ジョンルーク・ロベール。フランス出身の経営者。「キリバ」会長兼CEO(最高経営責任者)。

ジョンルーク・ロベールの名言 一覧

私はフランス生まれで、妻がアメリカ人のためアメリカに在住しています。様々な国に居住したことで、インターナショナルな視点を持つことができたと考えています。


私は会社を売却し、5年間ビジネスの世界から離れました。再びビジネスの世界に戻った理由は、もう一度グローバルリーダーになることができるような事業にチャレンジしてみたいという思いが芽生えたからです。やはりビジネスに携わらない人生は退屈なものです。


私が冒険的スポーツを好む理由は、ビジネスと同じで常にリスクと直面しているからです。しっかりとした準備をし、瞬間瞬間に正しい判断をすればリスクを低減させることができます。これはビジネスにも通ずると思います。


ジョンルーク・ロベールの経歴・略歴

ジョンルーク・ロベール。フランス出身の経営者。「キリバ」会長兼CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

知識賢治

トップが掲げる正しい戦略や情報を、いかに正確にスピーディーに組織の隅々にまで伝えるか。それが会社という組織が成功するためには欠かせないこと。


福沢諭吉

「額に汗して食らう」とは我々が片時も忘れてはならない教えである。たとえどんな身分の人であっても、この世に生きていく限りは、生きるのに必要な衣食を得るための労働をしなければならない。人間の世界は、労働と物品とを交換して商売するという世界であり、これに決して逆らってはならない。


矢野博丈

何かの結果というものは、それまでの過程があって生まれてくるもの。だから過程を大事にすることが、いい結果を生み出すただひとつの道なんだ。それをしっかりと心において、ひとつひとつ積み上げていくことが必要だと思う。


柚木治

客を知る努力は永遠に続けなければいけない。失敗の原因の第1は顧客の実態把握が甘かったこと。顧客視点を知る努力は永遠に続ける必要がある。


山口拓朗

寡黙な人と話すときは、こちらも「沈黙を楽しもう」というくらいの気持ちで、ニッコリ笑って堂々と構えましょう。すると相手は、「この人とはひっきりなしに話さなくても大丈夫なんだ」と安心します。「沈黙が大丈夫な間柄」は、気心しれた、深い信頼関係でもあります。そうした関係づくりにも一役買う対応と言えるでしょう。


鈴木雅哉(経営者)

間接資材の国内市場規模は5兆円とも言われていますから、シェアは1%程度にすぎません。競合があまり手掛けていないブルーオーシャンを、切り開いている感覚ですね。


佐野健一

私の場合は、通信一筋にビジネスを続けてきて、通信の世界で起きていることに敏感であったことが発想のポイントです。もし私に、通信に関する専門性がなかったら、「海外でスマホを使うのは、何かと不便」という印象を持つだけで、ビジネスに結びつけようとする発想はおそらく生まれなかったでしょう。新しいビジネスを見つけるためには、視野を広く持つと同時に、自分の専門領域を極めていることも重要。


片桐孝憲

現在のネット業界はサービスを作っても、育てるのに大きな資金が必要。だから、(有望なスタートアップは)DMMのグループに入って、DMMのリソースを使って大きく育ってもらう。つまり、天然記念物は病気にかかって死んでしまうと困るから、過保護にしないとダメという考え方。(一般の大手企業に多い)一部出資という選択肢はあり得ない。


菊原智明

いままでのやり方を反省し、営業アプローチを大きく見直しました。営業マンにとっては不利に思える情報も、お客様に有益と思えば正直に伝えるなどして、「信頼できる営業マン」を目指したのです。するとクレームは激減、お客様による新規紹介も増えて、成績がグンと伸びました。


北島素幸

中途半端に商売をはじめたら人生が終わる。経営って、一回の失敗で終わりますからね。ハングリーでいなければ、勘違いをしたまま、借金だらけで終わりかねない。


寺尾玄

「事業は永続性が大事だ」と言う人がよくいますが、私は永続性なんて信じていません。すべてのことには終わりがあるし、終わるから美しい。そして終わることを意識しているからこそ、「活躍できるのはいまだけなんだから、今日を懸命に頑張ろう」と思えるのだと考えています。


数土文夫(數土文夫)

戦後、日本の経済界はエリートをアメリカにどんどん送ってMBAを取らせました。ところが、そういう人たちは、帰国しても向こうで苦労して勉強してきたことを活かす場所がないものだから、みんな辞めて外資系企業に行ってしまう。そうしたら日本の会社は、どうせ無駄になると社員にMBAを取らせるのをやめてしまった。だから、日本の人材市場には、リーダーシップを発揮できる優秀な人材が不足しているのです。


高杉良

連載が始まった『最強の経営者小説・樋口廣太郎』では、アサヒビールの中興の祖と言われる樋口廣太郎さんのことを書いています。どの作品でもそうですが、今回も重きを置いているのは取材によるリアリティです。しかし、樋口さんご本人はお亡くなりになっているので、取材できません。そこで、ご健在である奥様にお話をうかがい、過去のインタビュー記事に目を通す。すると、自身を「瞬間湯沸器」と評していたという発言があり、「部下をすごい勢いで叱りつけていた」と。その代わり、「悪い。さっきは言い過ぎたと、褒めながらフォローするのも早いんだ」とも言っているわけです。こうした逸話を知ると、今度は当の部下たちはどう感じていたのかを聞きたくなるでしょう。それで、樋口さんの薫陶を受けた人たちに会いに行く。そんなふうにして事実にこだわり、書き進めていくのが僕の小説の作法です。


中山讓治(中山譲治)

まず、製品を売ってくれている人に敬意を表したい。次に、製品をつくってくれている人たち。そういう人たちの汗があって、研究開発など将来への布石が打てるからです。


嶋浩一郎

僕にも経験がありますが、企画を考えてそれを文章に落とし込んでいくと、その過程でどんどん内容にのめりこんでいって、「これってすごくいい案なんじゃないか」と企画に愛情を抱き、その勢いでプレゼンに臨んでしまうことがあります。「こんなに素敵だから通って当然でしょう!」と思っているかもしれませんが、これでは聞き手との温度差が生まれ、何とも痛い空気が流れてしまいます。