名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョンルーク・ロベールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョンルーク・ロベールのプロフィール

ジョンルーク・ロベール。フランス出身の経営者。「キリバ」会長兼CEO(最高経営責任者)。

ジョンルーク・ロベールの名言 一覧

私はフランス生まれで、妻がアメリカ人のためアメリカに在住しています。様々な国に居住したことで、インターナショナルな視点を持つことができたと考えています。


私は会社を売却し、5年間ビジネスの世界から離れました。再びビジネスの世界に戻った理由は、もう一度グローバルリーダーになることができるような事業にチャレンジしてみたいという思いが芽生えたからです。やはりビジネスに携わらない人生は退屈なものです。


私が冒険的スポーツを好む理由は、ビジネスと同じで常にリスクと直面しているからです。しっかりとした準備をし、瞬間瞬間に正しい判断をすればリスクを低減させることができます。これはビジネスにも通ずると思います。


ジョンルーク・ロベールの経歴・略歴

ジョンルーク・ロベール。フランス出身の経営者。「キリバ」会長兼CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

森平茂生

父から受け継いでいた財産はすべて返上しました。私は父のことを超えたいと思っていたので、裸一貫で創業した父と同じ条件で独立することにこだわっていました。父を超えるために独立するのに、その父から支援を受けていたらおかしいでしょう?


香山リカ(精神科医)

目標が達成できなかったとき、まず取り組むべきは、失敗した自分の正当化です。計画を達成できなかったときに大切なのは、自分を責めたり落ち込んだりすることに時間とエネルギーを奪われないことです。そして、なるべく早く前の失敗はなかったことにして、また仕切り直しを試みる。そうすればむしろ、当初の想定より早いスピードで目標を達成することもできるかもしれません。


柴田励司

伸びる人は、やはり身近な手本をよく観察しています。たとえば上司や先輩の仕草や口調までモノマネできれば、十分に観察している証拠です。実際、ある会社での幹部候補生トレーニングで、役員のモノマネをしてくださいと試したこともあります。


畑村洋太郎

経営トップも人間なのだから、間違いを犯す。怠ってはいけないのは、社員が発した重要なサインを見逃さないこと。「まさか」と思うことであっても、自分の考えが間違っているのではないかという度量を持つことが必要。


香山リカ(精神科医)

仕事が好きで、仕事に燃えている人はバリバリ仕事をすればいいだろうけれど、そこまで思えない人は、「生活のため」と割り切ってもいいし、仕事や会社にはそんな期待しなくてもいいと思います。そう思うくらいの方が、逆に仕事を楽しめる場合もあるものです。


岡田斗司夫

付き合いの場など、自分でコントロールしきれない場面もあるでしょう。僕が実践している方法は、会食なら一時間ほど遅れていくこと。そのころになると、先にいたメンバーは脂っこい料理をあらかた食べ終えていますし、お酒をウーロン茶に切り替える人もいるので、こちらもお酒を控えやすい。途中で帰ろうとすると、「あいつは義理が悪い」と責められますが、遅れていくと「忙しい中よく来てくれた」と喜ばれるのでいいことずくめです。


金子靖代

厳しい声をいただくのは、お客様の期待の表れでもあります。もう店に行かないと思ったら、厳しい意見も言って下さらないからです。


橋本治

以前なら、豊かな時代の中で遊びながら警鐘を鳴らすなんてこともできたけれど、いまはそういう余裕もありませんし。ただ、そんなときでも、自分がふと見上げたときに存在している空を「美しい」と思えなくなったら、人間はおしまいだろうなとは感じているんです。


ジム・ロジャーズ

大事なのは得意分野を作ることなんだ。ファッションやスポーツなど、誰にだって詳しいジャンルはあるはずで、そういう業界や企業のリサーチから始めればいい。業界で起きている変化に気づき、チャンスと確信できるようなら投資する。自先の株価上昇を見逃したからってどうってことはなく、ここぞというタイミングに知っている分野で勝負するんだ。これならウォール街だろうが東京市場だろうが、他の投資家を出し抜くことは可能だ。


宮坂学

振り返ってみると、前社長の井上(雅博)さんが事業全体の基礎を固め、それをスマホの世界に引き継いだのが私の代でした。この数年は「このままでは会社が潰れるぞ」と全社で危機意識を共有し、スマホシフトを進めてきました。ある程度うまくいったと言えます。でも、そんな時だからこそ、まだ一息つく場面じゃない、気を引き締めなければと思っています。


山本晶(経済学者)

クチコミが成立するには、クチコミの発信者と受信者が必要です。発信者にとっては、尊敬や共感などの社会的なベネフィットが発信のインセンティブとなります。発信者がそうしたベネフィットを得るには、受信者がそのクチコミ情報によって機能的・情緒的ベネフィットを得る必要があります。つまり、クチコミが広がるには、発信者・受信者双方がベネフィットを得る状況をつくり出さなくてはなりません。


中尾ゆうすけ

製造業の現場で実際にあった話です。部品の組立工程に携わる人が数名いましたが、人によって、出来上がりの品質にバラつきが見られました。調べると、「その部品が製品のどこで使われ、どういう役割を担っているか」を理解している人が担当した部品の品質が高いことがわかりました。設備投資に費用をかけずとも、意識ひとつ変えれば高い成果に結びつくことを実感した出来事でした。