名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジョルダーノ・ブルーノ(哲学者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョルダーノ・ブルーノ(哲学者)のプロフィール

ジョルダーノ・ブルーノ。イタリアの哲学者、修道士。ナポリ王国ノーラ出身。ナポリ大学で学んだのち、ドミニコ会に入会。神学、古代哲学、そのほかの思想を広く学ぶ。異端の嫌疑をかけられたため各地を放浪。最終的に異端審問で有罪になり火刑に処された。

ジョルダーノ・ブルーノ(哲学者)の名言 一覧

判決を受けたわたしより、判決を下したあなた方のほうが震えている。
【覚え書き|異端裁判所で死刑を宣告されたときの言葉】


宇宙の広さは無限であり、世界も無数にある。なぜなら、神の卓越性は有限のもののなかより、無数のもののなかにはるかによく現れるからだ。


ジョルダーノ・ブルーノ(哲学者)の経歴・略歴

ジョルダーノ・ブルーノ。イタリアの哲学者、修道士。ナポリ王国ノーラ出身。ナポリ大学で学んだのち、ドミニコ会に入会。神学、古代哲学、そのほかの思想を広く学ぶ。異端の嫌疑をかけられたため各地を放浪。最終的に異端審問で有罪になり火刑に処された。

他の記事も読んでみる

中村史朗

文書は相手にアクションを起こしてもらい、こちらが望む状態になってもらうためのものです。ですから、相手にどういうアクションを起こしてもらい、どういう状態になってもらいたいのかを考えることで、伝えるべきことの本質が見えてきます。


佐藤琢磨

自分のドライビングテクニックだけでは勝てません。「このドライバーをチャンピオンにさせてやろう」という、メカニックをはじめとした様々な人たちの思いや魂が1つにならないと速くならないし、勝てない。実際、僕らの世界は1万分の1秒を競います。見た目は同じ車でも、何百個あるネジ1つの締め方次第で車の動きが変わってしまう。車のクオリティーをコントロールするのは人間なんです。だから、エンジニアやメカニックたちの考え方を知って、自分のことも知ってもらう濃厚なコミュニケーションが必須だと考えました。専門用語はもちろん、互いの意思や意見を伝え、理解し合い、彼らをやる気にさせる言い回しができるほどの語学力を身につけ、積極性や情熱を見せようと意識しました。


御手洗冨士夫

日本は技術で高付加価値の商品やサービスをつくり、生産技術でコストを徹底的に削減していくことが大事。


高畠靖雄

中学時代の柔道の先生が卒業間際に贈ってくれたのが、「人生、迷ったら困難な方を選びなさい」です。これまでの人生を振り返っても、楽な道を選んで良いことはないと実感しています。この言葉は常に頭の片隅にあり、何かを決断する時の指針になっています。


美輪明宏

結局のところ、人生は経験や慣れがモノを言うところがあります。船が沈まないよう、その都度何かを打ち付けて補強する。そうやって経験値が高くなるごとに自分の中に手札も増える。それこそが自信となるのです。


西川美和

不登校の子だけが孤独というわけではないと思うんですよね。集団生活になじみ、楽しく生きている中にも、みんなそれぞれに複雑なものを抱えている。別に家で折檻されているとかではなくても、貧困や暴力にさらされていなくても、いろんなふうに感じるのが人なので。そこに寄り添うことが、映画であったり文学であったり、ということだと思うんです。


マハトマ・ガンジー

すべての人の目から、あらゆる涙を拭い去ることが私の願いである。


南部靖之

社会に問題があって、その問題に多くの人が気付いていた。僕はそれをつかみ、その問題解決を手伝ってきただけです。それが世の中の流れになっていった。


町田勝彦

企業のブランド育成のためのコミュニケーション活動7つのポイント

  1. コンプライアンス(法令順守)の徹底をする
  2. 企業ブランドを高めるテーマに集中する
  3. 専門用語を使わず、子供からお年寄りまで誰からも受け入れられるわかりやすい表現をする
  4. 表現のトーンや雰囲気を統一させる
  5. コミュニケーション活動もオンリーワンでなければならない
  6. お客様の心に届くまで継続する
  7. 投資対効果を常に考え、一円足りとて無駄にしてはいけない

トマス・エジソン

チャンスは衣を被ってやってくる。だから見逃してしまうのだ。


飯島彰己

会長の槍田(松螢)が言う通り、潰れても仕方のない会社というところまで追い込まれ、その反省から立ち直ってきました。良い仕事をしてお客さんやパートナーから喜ばれ、評価され、我々自身も納得する。そういうひとつの基軸ができました。世界を豊かにし、日本が元気になるようにすれば、事業ポートフォリオを含め、おのずと会社の形はできてくると思います。


鶴野充茂

プレゼンや会議では自分の側の優位性をしっかりと認識したうえで、それに関係のない余計な情報は極力省き、「こうすれば問題を解決できますよ」というメッセージを重点的に打ち出すべきでしょう。そのうえで、相手の理解を確認するため、聞き手に質問を挟みながら説明していくのが効果的です。黙ったまま人の話を聞き続けるのは苦痛を伴いますから、聞き手にも意見や感想を言う機会を与えることで、話の歩調を合わせることができます。