名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ジョルダーノ・ブルーノ(哲学者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョルダーノ・ブルーノ(哲学者)のプロフィール

ジョルダーノ・ブルーノ。イタリアの哲学者、修道士。ナポリ王国ノーラ出身。ナポリ大学で学んだのち、ドミニコ会に入会。神学、古代哲学、そのほかの思想を広く学ぶ。異端の嫌疑をかけられたため各地を放浪。最終的に異端審問で有罪になり火刑に処された。

ジョルダーノ・ブルーノ(哲学者)の名言 一覧

判決を受けたわたしより、判決を下したあなた方のほうが震えている。
【覚え書き|異端裁判所で死刑を宣告されたときの言葉】


宇宙の広さは無限であり、世界も無数にある。なぜなら、神の卓越性は有限のもののなかより、無数のもののなかにはるかによく現れるからだ。


ジョルダーノ・ブルーノ(哲学者)の経歴・略歴

ジョルダーノ・ブルーノ。イタリアの哲学者、修道士。ナポリ王国ノーラ出身。ナポリ大学で学んだのち、ドミニコ会に入会。神学、古代哲学、そのほかの思想を広く学ぶ。異端の嫌疑をかけられたため各地を放浪。最終的に異端審問で有罪になり火刑に処された。

他の記事も読んでみる

谷山雅計

コピーライターは企業やモノのために、それを動かす知恵をひねり出す仕事です。たとえメディアが変わっても人が知恵を出さなくていい時代はきっとないだろうから、僕たちのような仕事は名前が変わっても残るんじゃないかな。コピーライターの元祖と言われる平賀源内が「土用の丑の日」と言ったことで、現代のうなぎ屋に繁栄をもたらしつづけているような仕事を、僕も実現できたらいいなと思っています。


守島基博

どんなに戦略が優れていても、どんなに弁舌さわやかでも、いいリーダーシップとそうでないリーダーシップを分ける最後の基準は、フォロワー(部下)を率いて、成果を出すかにかかっている。そのためにすることは、極端に言えば何でもいいのだ。


仲暁子

一度手に入れた大企業の席を手放すことに不安がなかったというと嘘になります。毎月振り込まれる給料がなくなって、やっていけるのだろうかと怖かった。でも、考えてみれば高い給料が私に必要かというと、そうではありませんでした。


吉松徹郎

IT系の企業は往々にして「勝つ」戦略を考えますが、私は「負けない」戦略を作ることこそ長く続く秘訣ではないかと思っています。


宇野郁夫

厳しい経済状況の中だからこそ、前向きな姿勢が重要です。私たち経営者は、将来に光を当てるような発言をもっとしなくてはいけません。


弘兼憲史

「限界だ」と思う前に精神的な疲れを極力残さないことが大事ですが、本当に限界を感じてしまった時は、思い切って休んでしまえばいい。仲間や客先に迷惑がかかる、と思うのであれば、仲間や客先が困っている時に、今度はあなたが助けてあげればいい。「自分の心身は自分で守る」と言い聞かせ、心の荷を降ろして楽になってください。


田中史朗

僕はパシフィックネーションズでの練習後、円陣で「負けているのにこんな練習で代表と言えるのか」と一部の選手の練習姿勢にあえて苦言を呈しました。そういう僕の言動をうっとうしいと感じる選手もいたはずです。距離を置かれていくのも感じましたし、1人になる場面も多く、すごく孤独でした。正直、ラグビーは好きなのに、代表に合流して練習するのは嫌やな……と思った時期もあります。それでもチームが勝つために役立つなら、自分がつらくても嫌われ役をやればいい。その気持ちを、海外での経験があるキャプテンのリーチマイケルや小野晃征は、理解してくれた。


佐藤昌弘(コンサルタント)

営業マンの習性として、契約に結び付きそうなお客とは、全部商談を進めておきたいと思う傾向があります。でも現実には、営業マンを単なる「当て馬」としか考えていないお客もいるかもしれません。本当は近所の中古屋でクルマを買うことを決めているのに、交渉材料のため名刺と見積もりを求めるお客もいます。そうとは知らない営業マンは、必死で営業を続けますが、結局、努力は徒労に終わります。


石田宏樹

我々のようなベンチャーが何とかしないといけない。


安部修仁

ドラスティック(徹底的)な革新運動はそれまでの常識を持ち出して、はなから無理だとしてしまったからできないんですね。そこで、現状肯定と過去習慣の延長は全部ご破算にして、おおっぴらに自己否定をするところから始めました。こうでなければ我々は成立できないという目標と枠組みを作って全員を追い込みました。


伊夫伎一雄

勤め人として伸びたいのなら、やはり他の人間とは一味違ったものを持って努力しなきゃいかんだろう。僕は課長代理のとき、課長・部長になったつもりで仕事をした。上の人間には絶対迷惑をかけない。自分で泥をかぶるんだと腹を決めて仕事に取り組みました。


松井道夫

会社を大きくすることより社員1人当たりの利益を最大化する方が、結果的にプラスだと思う。