名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョルジョ・ヴァザーリの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョルジョ・ヴァザーリのプロフィール

ジョルジョ・ヴァザーリ。16世紀のイタリアの画家、建築家。イタリア・アレッツォ出身。ローマで学び、メディチ家トスカーナ大公コモジ1世のお抱え芸術家となる。『画家・彫刻家・建築家列伝』などの著作からルネサンス期芸術家の研究者としても高い評価を得た。

ジョルジョ・ヴァザーリの名言 一覧

修道院長はレオナルドに休まずに絵筆を持ち続けて仕事を完成させるように頼んだ。彼にしてみれば、レオナルドが時には半日も思索にふけったりするのが不思議に思えたのだ。彼は、レオナルドに庭を耕す労働者のように、絵筆を離さず仕事をしてもらいたかったに違いない。【覚書き:修道院長=ダ・ヴィンチに最後の晩餐を依頼したサンタマリア・デル・グラーツィエの修道院長。上記は最後の晩餐制作中のダ・ヴィンチが急に休みを取った時のエピソード】


ジョルジョ・ヴァザーリの経歴・略歴

ジョルジョ・ヴァザーリ。16世紀のイタリアの画家、建築家。イタリア・アレッツォ出身。ローマで学び、メディチ家トスカーナ大公コモジ1世のお抱え芸術家となる。『画家・彫刻家・建築家列伝』などの著作からルネサンス期芸術家の研究者としても高い評価を得た。

他の記事も読んでみる

八尋俊邦

利益を上げなければ会社は社会になんの寄与貢献もできないわけです。しかし、営利会社だからと言って、営利のために手段を選ばず、国益に反し、大衆に不当の迷惑を及ぼしてまで儲けに走ることだけは厳に慎まなければなりません。士魂商才ということばを私はこうした意味合いで心にとめ、企業における個々人の行動基準として大切だと考えているのです。


為末大

スポーツ選手の場合、メダルを獲るまではモチベーションについてあまり悩む人はいません。ところが、2個目のメダルを目指すとなると話が違ってきます。「メダルを獲れば安泰」というほど、人生はシンプルではないことが実感されるからです。1年もすれば、みんなに忘れられてしまう。「何のためにやっているんだろう」と悩むのです。


落合寛司

人事制度も大きく変えました。まず年齢による定年制度をなくしました。60歳を過ぎても昇進や昇給もあります。これは高齢者のためだけではなく、若い人のためでもあります。これにより、組織の中から年齢というキーワードをなくしました。何歳であっても、能力があれば高い役職につくことができるし、人事異動も自分で決めるように変えました。そのため、年収400万円の若手が支店長になり、一気に年収1300万円になったケースもあります。あるいは何年後かに年収1千万円を目指そうと思えば、そのポストに就くためにどういう能力を身につけなければならないかが分かるため、それに向かって努力する。


山田昭男

私には、社員のアルバイトを禁止する理由がまったく分からない。おそらく多くの中小企業が、大企業の就業規則をマネているのだろう。しかし、我々のような規模の会社が社員のアルバイトを禁止するのは、絶対に間違っていると思う。以前、当社の社員がよくアルバイトをしている温泉宿の主人が訪ねてきた。そのとき、「お宅の社員は本当によく働いてくれて、年末年始は非常に助かっている。ものは相談だが、できたらもっと休みを長くしてくれないか」と、冗談半分に話されたことがある。未来工業は休みが多い。いま以上に休みを長くすると、お客様をさらに怒らせることになるから、さすがにそれはできないけれど、休みを多く与え、アルバイトを自由にしたことで、社員たちがみな喜んでいるのは間違いない。


青野慶久

場企業の社長は利益を出すために粉骨砕身して働くべきという風潮を、私は変えたい。上の人間が率先してやれば、下の人もそれを目指すことができますから。


岩瀬大輔

これまでクライアント企業及び自社の戦略立案にかかわってきて、経営戦略において重要なことは、いかにして他社と差別化した商品やサービスを顧客に提供するかだと実感しています。


富田直人(経営者)

起業してから苦労の連続でした。実は今までに撤退した事業はいくつもあります。


岡素之

「信用」。残したい言葉として、迷わずに選んだ一言です。企業にとって大切なことは、長期に渡り存続することです。これなしには使命を果たすことができません。ゆえに、信用を重んじる経営が不可欠なのです。我が社の事業精神を一言で表すなら、この言葉に尽きるでしょう。


石黒不二代

日本企業は数年ごとに部署異動させて業務の均一化を図るなど非効率なことをしていますが、得意な領域を持つ人たちを集めて会社を尖らせたほうがいい。会社は適材適所がすべて。これを実践する企業は日本ではまだ少ないですね。


高田明(ジャパネットたかた)

私もまだまだ修行中です。伝え方というのは本当に奥が深い。日々勉強です。


藤原弘治

銀行はともすれば覇権主義的に、自分がリーダーとなって何かをやろうとしがちですが、テクノロジーの進展が激しい時はプラットフォーマーとなって、ベンチャーや異業種の方々に活躍してもらうという大きな発想の転換が必要。


清水照雄

1年は8760時間。そこから勤務時間や、日常生活に必要な時間を差し引いても、一般的に年2000時間の余剰時間があります。私の場合はそれを始業前に割り当てていますが、出勤前か仕事後、どちらに分配するにしろ、有効に使うことが自分の成長につながっていくと思います。重要なのは、時間の使い方を常に意識することです。