名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョルジョ・ヴァザーリの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョルジョ・ヴァザーリのプロフィール

ジョルジョ・ヴァザーリ。16世紀のイタリアの画家、建築家。イタリア・アレッツォ出身。ローマで学び、メディチ家トスカーナ大公コモジ1世のお抱え芸術家となる。『画家・彫刻家・建築家列伝』などの著作からルネサンス期芸術家の研究者としても高い評価を得た。

ジョルジョ・ヴァザーリの名言 一覧

修道院長はレオナルドに休まずに絵筆を持ち続けて仕事を完成させるように頼んだ。彼にしてみれば、レオナルドが時には半日も思索にふけったりするのが不思議に思えたのだ。彼は、レオナルドに庭を耕す労働者のように、絵筆を離さず仕事をしてもらいたかったに違いない。【覚書き:修道院長=ダ・ヴィンチに最後の晩餐を依頼したサンタマリア・デル・グラーツィエの修道院長。上記は最後の晩餐制作中のダ・ヴィンチが急に休みを取った時のエピソード】


ジョルジョ・ヴァザーリの経歴・略歴

ジョルジョ・ヴァザーリ。16世紀のイタリアの画家、建築家。イタリア・アレッツォ出身。ローマで学び、メディチ家トスカーナ大公コモジ1世のお抱え芸術家となる。『画家・彫刻家・建築家列伝』などの著作からルネサンス期芸術家の研究者としても高い評価を得た。

他の記事も読んでみる

セネカ

重要なことは何を耐え忍んだかということではなく、いかに耐え忍んだかということだ。


黒鉄ヒロシ

僕の車に乗せると「いい車だね」と喜んでくれるのに、自分は特注の車を持っていたりする金持ちがいる。彼らは絶対に自慢しない。自慢しない自慢。物をよく知っている人間は、えてしてそういうものなんです。


河村浩明

朝型の生活習慣は、25歳で初めて米国駐在になった時からです。それまでは、午前8時50分の始業時間にいつもギリギリで出社していました。時々あった8時20分からの会議も、嫌で仕方がありませんでした。ところが、米国では6時を過ぎた頃から、通勤の車でハイウェーが渋滞しているのにまず驚きました。また、仕事ができると思える人ほど、朝早くから活動していることが多く、自分も6時30分に出社するようになりました。


宮本勝文

チーム改革に反発する選手をそのまま放置していたわけではありません。理由を論理的に説明し、話し合いました。たとえば、学生時代に華々しい活躍を遂げた選手は、プライドが高く、長年続けてきたプレースタイルを変えようとはしません。でもそれは自己評価が甘いだけです。僕は考え方の変わらない選手は試合には使いませんでした。


バートランド・ラッセル

浪費するのを楽しんだ時間は、浪費された時間ではない。


吉松徹郎

いまの課題は会社の規模がやりたいことに見合っていない点でしょうか。「やりたいこと」と「できること」のギャップ。それを埋めていくのが仕事です。


デニース・ラザフォード

日本の総人口は減りますが、アクティブな高齢者は増えていくでしょう。病院などの医療施設で使われる粘着テープや聴診器はもちろんのこと、大人用のおむつなど潜在的に市場の大きい在宅医療も、私たちの技術が生きる分野です。


赤羽雄二

仮説思考とは一度立てた仮説にこだわって独断的に仕事を進めることでは決してありません。その都度、速やかに修正を行うので、ビジネス分野でもまずは思い切って仮説を立てればよいのです。


御立尚資

知識は2割が手に入れば、すぐに現場で試してみることです。カレーライスのつくり方を思い浮かべてください。カレーの歴史やスパイスの調合から勉強していたら、いつまでたっても鍋を火にかけることすらできないでしょう。肉とジャガイモとニンジンを刻んで鍋に入れ、ルーを混ぜればできるということがわかった途端「よしやってみよう!」とつくった人のカレーは、ひどい味かもしれません。でもその人は、周りから文句を言われることで改良のポイントを知ることができ、それを繰り返しているうちにいずれ美味しいカレーがつくれるようになるものです。仕事も同じです。


喜多村円

M&A(合併・買収)は全く否定するものではありません。ただ、規模拡大だけを狙うM&Aは我々の頭には全くありません。我々が扱うトイレなど水回りの商品は長期にわたって使われるものです。売って終わりではなく、顧客満足を維持するアフターサービス体制が必要と考えています。こうした企業方針を本当に理解できる企業としか組まないようにしています。ですから自然と買収対象となる企業は限られてきます。


志賀俊之

NECとのEV(電気自動車)用の電池開発の現場では侃々諤々やりあっています。「空気を読めない」ことを気にしていては、新しい発想は出てきません。変わるためにはKY(空気が読めない)が必要なのです。同質性の居心地の良さからは、新しい価値観は生まれないからです。


伊藤正裕(起業家)

数字は苦手でしたが、財務諸表についていちから学び、実際に手さぐりで会社を運営しながら理解を深めていきました。最初からすべてが上手くいったわけではありませんが、1~2年もすると、直感的に原価をはじき出せるようにもなりました。たとえば商談の際、相手の予算を聞いたらすぐに自社の利益を計算します。どのくらいまで値下げできるか、どんな条件ならペイするのかといったことに考えを巡らせ、それに従って交渉するのです。これは商談の席で大きな武器になりました。