名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョセフ・マーフィーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョセフ・マーフィーのプロフィール

ジョセフ・マーフィー。イギリス出身のアメリカの宗教家、ニューソート派の牧師、能力開発の先駆け。潜在意識を活用して成功や幸福を得る手法を提唱。出版した自己啓発書はロングセラーとなっている。ロサンゼルスのディヴァイン・サイエンス教会で28年間牧師として活動した。仕事と読書に励み、質素な生活を送った。なお、ベストセラー『マーフィーの法則』とは関係がない(こちらはアメリカ空軍大佐のマーフィー)。

ジョセフ・マーフィーの名言 一覧

いまのあなたの思考と行動が、未来のあなたをつくります。


起こったことをすべて受け入れてしまいなさい。それも、よいこととして受け入れなさい。それが成功への第一歩です。


良い想像は自らの気分を快活にし、積極的な態度をつくります。


ジョセフ・マーフィーの経歴・略歴

ジョセフ・マーフィー。イギリス出身のアメリカの宗教家、ニューソート派の牧師、能力開発の先駆け。潜在意識を活用して成功や幸福を得る手法を提唱。出版した自己啓発書はロングセラーとなっている。ロサンゼルスのディヴァイン・サイエンス教会で28年間牧師として活動した。仕事と読書に励み、質素な生活を送った。なお、ベストセラー『マーフィーの法則』とは関係がない(こちらはアメリカ空軍大佐のマーフィー)。

他の記事も読んでみる

根岸秋男

私達が標榜しているのは「感動を生み出す生命保険会社」です。受け身でなく、能動的にお客様に働きかけて、お客様に「明治安田生命に加入していてよかった」と言っていただける会社になりたい。


宮坂学

井上(井上 雅博前社長)さんは自分でつくりあげてきたからできなかったのですが、僕は既存組織を壊すことができます。それも僕の特徴だと思います。


山地章夫

私の座右の銘は「変化こそ常道」です。


中野信子

SNSは人脈を広げたり、仕事のチャンスを得たりするのに役に立つ、という人もいますが、意外とうまく使えている人は少ないでしょう。というのも、ついハマって、時間をかけてしまうから。かなりコストパフォーマンスが悪いと思います。私自身は、ツイッターはやらないことにしています。匿名性が高く情報の確度が低いこと、人に対して何かのアクションを起こした場合、ダイレクトにその反応を見られるので、快楽を伴う攻撃が行なわれやすいことが理由です。私が使用しているのは、告知用にフェイスブックを使うくらいでしょうか。フェイスブックは実名なので、ときどきよくわからないコメントもありますが、そうひどい攻撃はありません。


筒井義信

生保という事業の使命は何かといえば、やはり長期的にしっかりとお客様を守り続ける、支え続けるということ。


佐々木常夫

相手からの評価が悪くなったら、評価されるように改める。単純化して考えれば、ただそれだけの話であり、萎縮してやらないことはもったいない。私もかつて東レで営業を担当していた頃に、大きな失敗をしたことがあります。誤って強度の低い糸を出荷してしまい、そのことに気づいたのは、取引先がその糸で製品をつくってしまった後でした。聞いたその日に私は取引先のある熊本まで飛んでいき、正しい糸を無償で提供することと、誤った糸でつくられた製品をすべて買い上げることを取引先の社長に伝えました。すると、その対応の早さを社長に気に入ってもらえて、取引量を拡大することができました。


出口知史

支配欲求が強いタイプは服従する相手を無下にできない。とりあえず「そうですね」「さすが」と同意と賞賛をしましょう。懐に飛び込み、「聞く耳」を持たせるのです。


鈴木純(経営者)

自分たちの強み同士をかけ合わせようと社内では言っているんですが、そうすると社内にあるものだけでビジネスをしようと間違える人もいます。そうではなくて、稼ぐ絵図を考えたときに欠けているパーツが必ずあるわけです。そこは外から取ってくる。


上田渉

スキマ時間は意外とあるんですよ。私はスキマ時間の長さによって何をするか決めています。短い時間であればタスク整理、メール返信などの時間に充てますし、15分以上あればオーディオブックを聴くなどします。


マーク・カガヤ

毎日、同じ日はないし、どんなお客さんが来るかも分からずに全力でやってきて、ここまできた。


岡本圀衞

難しいけれど、そこに一生懸命ぶつかるというのもおもしろい。


室伏広治

アテネ五輪を終えてから体の疲労が抜けきれず、今までのように自分を追い込む練習ができなくなっていました。アスリートは30歳前後が引退するか迷う時期かと思いますが、38歳で自己記録を更新した父の影響もあって、競技を継続したい気持ちはありました。でも、すでに29歳だったので年齢との戦いにもなる。目標設定をどうすればいいか、正直迷いました。そんな時、尊敬する先生が「君の対戦相手は、無限の蒼空と不動の大地だ」という言葉をくださった。これはライバルに勝って金メダルを獲るとか、世界記録を出すとか、そんな小さくてくだらないことを目標にするのはやめなさい。不動の大地と広い大空を相手にハンマーを投げる喜びを追求しなさいというメッセージでした。はっとして、肩にのしかかっていた重荷がすっと落ちたような気がしました。視点ががらりと変わって自分の考えの小ささに気づいたあの瞬間は、その後10年以上、世界のトップで戦い続けられることになった、まさしく私のターニングポイントでした。