名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジョセフ・バジールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョセフ・バジールのプロフィール

ジョセフ・バジール。ベルギーの文明評論家。

ジョセフ・バジールの名言 一覧

これからは読み書きができるとか、学ぶ技術を知っていることが大事というより、創造することを学ぶことこそ大事なのだ。


ジョセフ・バジールの経歴・略歴

ジョセフ・バジール。ベルギーの文明評論家。

他の記事も読んでみる

松井忠三

社内の紙の量と実行力は反比例する。


藤原和博

日本の教育では「頑張ること」ばかりを教えるでしょう。日本人は、言わば「頑張る教」の宗教教育を施されている。そのため、いったん止まる、降りる、退却する、断るといったことの大切さを学んでいない。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

昨日、フジマキは京都に行ってきた。出張で地方を訪れる機会は多いけれど、旅先では意識的に孤独な時間をつくるようにしているんだよ。そして、知らない街や雰囲気のいい場所を、一人で歩いてみる。途中で気になる店を見つけたら、物怖じしないで入ってみる。そこには必ずと言っていいほど、素敵な出会いや発見が待っている。感性や感覚というのは、そういう体験の積み重ねによって磨かれるものなんだ。


隈研吾

大事なのは、自分を捨てて相手の立場に立てているかどうか。いかにして自分を出すか、自分、自分とだけ考えていては、ちっぽけな自分も一生実現できないよ、と言っている。


日覺昭廣

儲かっている会社というのはむしろ環境が優しくない。逆に事業環境が厳しい会社のほうが儲かっている。厳しい中で一生懸命知恵を出して、効率化していく。そうすると高収益になる。


阿刀田高

小泉純一郎元首相は言葉に鋭敏な政治家だった。次のジョークも聴衆の言葉をつかむ秀逸なものだ。「人生には3つの坂がある。上り坂、下り坂、『まさか』」。下り坂までは、普通に納得できる話である。では3つ目は何だろうと身構えていると、一転して「まさか」。洒落である。だが、考えてみれば「まさか」という出来事が人生にはよくある。洒落で笑わせつつ、状況を的確に伝える見事な言い回しだ。


塚越友子(水希)

会社の人間関係は、心理学で言う「役割期待交換モデル」で成り立っています。会社の目的に沿って上司は上司の、部下は部下の仕事をすれば十分であり、仲良しである必要はありません。


天坊昭彦

問屋を使う卸売りの商売は楽な面がありますが、消費者との接点がないため、実際に使っている人の要望やクレームを直接聞いて、製品に反映することができません。ですから出光では、社員が直接、営業活動を展開するのです。このスタイルは、国内でも海外でも同じです。今でいう「ソリューションビジネス」を創業時からやってきたわけです。


石渡美奈

体制への不満は、結局、私への不満だ。私は混乱が起きたいきさつを幹部から聞いていたが、人を介して聞く話は尾ひれがつき、大きな問題に膨らんでいると感じた。私の思いが幹部を通じて現場に伝わっていないがゆえに、こうした事態を招いたのなら、私が社員たちと向き合わなければいけないと考えた。1対1で向き合うのはエネルギーを要したが、実際に向き合って話を聞くと、人づてに聞く内容と違う部分が分かり、彼らの仕事への意欲が高いことも感じ取れた。私に話を聞いてもらいたかったということも分かった。これですべてが解決したわけではない。これからも成長のための混乱はまだまだ続くはずだ。ただ、今回のことで、「相手を理解したい」と思いながら人と向き合うことの重要性を痛感した。


宮内義彦

経営資源を100%使い切るのが経営者の仕事。


野村恭彦

実は世の中は、アイデアで溢れています。ですが、アイデアがたくさんあっても実行されない。それはなぜかと言うと、本当に解きたい課題のアイデアではないからでしょう。そうなると、「本当は何をしたいの?」というところを突き詰めていかないといけません。


吉越浩一郎

皆、一生懸命やりますが、「もう少し」というところで諦めてしまう人が少なくありません。諦める理由はいくらでも探せます。ですから、手法の良し悪しよりも、「やりきる」覚悟の方が大事です。