名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

ジョセフ・バウアーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョセフ・バウアーのプロフィール

ジョセフ・L・バウアー。アメリカの経営学者。ハーバード大学経営大学院教授。ハーバード大学経営大学院でMBA、経営学博士号を取得。同大学院でゼネラル・マネジメントについて45年間教鞭をとった。主な共著に『イノベーションのジレンマ』『破壊的技術』など。クレイトン・M・クリステンセンとともに著した『イノベーションのジレンマ』はマッキンゼー賞金賞を受賞した。

ジョセフ・バウアーの名言 一覧

会社が厳しい競争を勝ち抜き、成功していくためにどう変わるべきかを深く冷徹に理解するには、自分の会社を外から客観視できる視点が不可欠です。


有望な人材なら、社歴に関係なく早くから思い切って責任を任せていく。こんな社風に変えるべきです。予算から企画、運営の管理まで任せてとにかく経験をさせていくのです。


社内と社外の両方の視点を持つ人は、世界が向かう方向と自分の描くビジョンが正しいかどうかを見極めることができます。それゆえ、本当に変化が必要かどうかもわかっています。


トップの後継者候補は複数育成すべきです。これはCEOの最も重要な仕事のひとつです。CEOが自らこのプロセスの陣頭指揮をとらない限り、後継者は育ちません。


後継者の最有力候補にすべきなのは、生え抜きで、かつ会社を外から客観視できる能力を備えた人です。生え抜きは、社内人脈から組織や制度、社風まで知り尽くしています。それだけに、会社の強み、弱み、会社を変える際に頼りになる人は誰で、どうすれば理想的な形で会社を変えていけるかまで知っているからです。


企業が後継者となる次期CEO(最高経営責任者)を決める際の最大の問題は、多くの企業が場当たり的な対応しかとっていないことだ。CEOも取締役会も、後継者を決めさえすれば自分の仕事は終わったと思っている。この現状は、後継者とは企業が何年もかけて経営を通じて育成していくものという本来の姿からはかけ離れている。


ジョセフ・バウアーの経歴・略歴

ジョセフ・L・バウアー。アメリカの経営学者。ハーバード大学経営大学院教授。ハーバード大学経営大学院でMBA、経営学博士号を取得。同大学院でゼネラル・マネジメントについて45年間教鞭をとった。主な共著に『イノベーションのジレンマ』『破壊的技術』など。クレイトン・M・クリステンセンとともに著した『イノベーションのジレンマ』はマッキンゼー賞金賞を受賞した。

他の記事も読んでみる

磯貝實

(ワシントン条約によって原材料の輸入が禁止されたので)先代がストックしていた原材料を、無駄遣いしないよう、べっ甲細工を作っています。たとえば、異なる素材と組み合わせ、べっ甲をアクセントとして使用したり、端材を利用して洋小物を製作しています。


福澤徹三

人間関係は手間暇がかかるものです。手間暇を惜しんではいけない。


大葉ナナコ

子供たちの8割が、5歳までに「赤ちゃんはどうやって生まれてくるの?」と聞いてきます。しかしそのとき、母親の答えは「痛い」「つらい」「そんなこと聞くな」とネガティブなものばかりです。子供の生命観はこのネガティブな情報から始まるのです。これでは、「出産=つらい、苦しい」と思われても仕方ありません。それどころか、生命そのものが大切ではないものと思われる可能性も、あると思いませんか?


林高生

分社化の一番大きな理由は、環境が人を創ると考えているからです。ナンバー2が社長の経験をせずに社長職に就くことは簡単ではありません。やはり、社長は経験者でないと分からないことがたくさんある。


高橋がなり

常に思ったことと逆のことを言う。それがカッコいいクリエイターだと僕は思います。だって、無能な大人ほど何年も同じこと言ってるでしょ?


川村隆

OBのことは考えませんでした。考えられない。そこまで考えていると何もできない。


伊藤忠兵衛(初代)

商売人にとって重要なことは、機敏なことである。
【覚書き|長州戦争時に戦地で衣料品の需要が高まるだろうと考え、下関に命懸けで荷物を運ぶなど、スピードと行動力で伊藤忠は富を蓄積していった】


工藤阿須加

学生時代からの親友がいます。悩みを相談でき、気持ちが沈んだ時には一緒にいてくれる大切な存在。彼らと話をするだけでも、自分の悩みが小さく思えてきます。この存在がなかったら、どうなっていたか想像もつかないですね。


加藤進(住友商事)

事業のメンテナンスをきちんとやっていくことが、持続的な成長につながるのです。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

私は、自ら創設したグーグルの秘密研究プロジェクト「グーグルX」で自動運転車の研究・開発などに長年かかわってきました。かつては「インテリジェント・カーを造る」と言ったら、みんなに笑われたものです。でも私は当初から「車は人より賢くなれる」という強い信念を持っていました。そして今、公道での走行実験も本格化し、それは実証されています。


嶺脇育夫

(ネットショップには)確かに品揃えでは勝てません。でも、情報量はリアル店舗に分がある。パッケージを手に取ってもらえるから、ジャケットの細部のデザインや重み、CDによっては紙製など素材による手触りの違いを確認してもらえる。リアル店舗は感覚的な情報を提供できるわけです。お客さんの五感を刺激する売り場をどうやって作るか。これがリアル店舗の生き残るカギで、今後の課題です。


井上靖

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。