ジョセフ・バウアーの名言

ジョセフ・バウアーのプロフィール

ジョセフ・L・バウアー。アメリカの経営学者。ハーバード大学経営大学院教授。ハーバード大学経営大学院でMBA、経営学博士号を取得。同大学院でゼネラル・マネジメントについて45年間教鞭をとった。主な共著に『イノベーションのジレンマ』『破壊的技術』など。クレイトン・M・クリステンセンとともに著した『イノベーションのジレンマ』はマッキンゼー賞金賞を受賞した。

ジョセフ・バウアーの名言 一覧

会社が厳しい競争を勝ち抜き、成功していくためにどう変わるべきかを深く冷徹に理解するには、自分の会社を外から客観視できる視点が不可欠です。


有望な人材なら、社歴に関係なく早くから思い切って責任を任せていく。こんな社風に変えるべきです。予算から企画、運営の管理まで任せてとにかく経験をさせていくのです。


社内と社外の両方の視点を持つ人は、世界が向かう方向と自分の描くビジョンが正しいかどうかを見極めることができます。それゆえ、本当に変化が必要かどうかもわかっています。


トップの後継者候補は複数育成すべきです。これはCEOの最も重要な仕事のひとつです。CEOが自らこのプロセスの陣頭指揮をとらない限り、後継者は育ちません。


後継者の最有力候補にすべきなのは、生え抜きで、かつ会社を外から客観視できる能力を備えた人です。生え抜きは、社内人脈から組織や制度、社風まで知り尽くしています。それだけに、会社の強み、弱み、会社を変える際に頼りになる人は誰で、どうすれば理想的な形で会社を変えていけるかまで知っているからです。


企業が後継者となる次期CEO(最高経営責任者)を決める際の最大の問題は、多くの企業が場当たり的な対応しかとっていないことだ。CEOも取締役会も、後継者を決めさえすれば自分の仕事は終わったと思っている。この現状は、後継者とは企業が何年もかけて経営を通じて育成していくものという本来の姿からはかけ離れている。


ジョセフ・バウアーの経歴・略歴

ジョセフ・L・バウアー。アメリカの経営学者。ハーバード大学経営大学院教授。ハーバード大学経営大学院でMBA、経営学博士号を取得。同大学院でゼネラル・マネジメントについて45年間教鞭をとった。主な共著に『イノベーションのジレンマ』『破壊的技術』など。クレイトン・M・クリステンセンとともに著した『イノベーションのジレンマ』はマッキンゼー賞金賞を受賞した。

他の記事も読んでみる

永守重信

創業当初、私は生き残るために他社が敬遠するような難しい仕事ばかり取ってきた。


高田明(ジャパネットたかた)

常識にとらわれず、お客様が何を求めておられるのか、相手の立場から俯瞰する、読み取る力、感じる力が大切です。そのために現場に立ち続けてきました。


前刀禎明

今の日本で、与えられたことをただこなすだけ、つまり「自分の時間を売ってお金を稼いでいる」という人はまだ多いかもしれませんが、それではいずれ行き詰まります。


山内雅喜

小倉(昌男)さんは自分や会社のことよりも、世のため人のためという軸で働いていましたから、一緒にいてワクワクしましたね。もちろん大変でしたが。怖かったですね。怖かったというのは、怒るからとかではなくて、冷静で透徹した怖さです。私が仕事をしたのは若手社員の時でしたから、小倉さんの先の先のそのまた先まで考えている思考の領域に触れると、そのすごさに怖くなるんです。もちろん、勉強になりますが、それ以上に自分の考えの浅さを感じていましたね。


魚谷雅彦

ブランド価値の確立ができていないと、どうしても価格勝負に行かざるを得ません。


畑正憲(ムツゴロウ)

私は飛行機や車の中ではどうしても文章が書けないもので、飛行機の待ち時間や現地での空き時間が貴重な執筆のチャンスでした。空港の片隅で原稿用紙を広げたり、人里離れた明かりのない村では、懐中電灯をガムテープでつるして原稿を書いたり。


横田雅俊

トップセールスはロイヤルカスタマーをどうやって獲得したのか。それはヒット商品があったからでも、値引きして気を引いたからでもない。継続的にアプローチを続けてきたからこそ、不況でも揺るがない強固な信頼関係を築くことができたのだ。


倉富純男

天神はその狭いエリアの中で、アンテナショップができたり、イベントが開催されたりと、常にどこかで新しいものが生まれている。それが街の鮮度を保っているのだと思います。私たちの「天神コア」ビルなども、テナントの見直しも含めて、一生懸命鮮度を保つ努力をしています。そうやって街全体が躍動しているのです。


渡瀬謙

話を聞くのがつらく感じるのは相手の話が面白くないからで、面白くないのは相手が本音で話していないから。本音を引き出すまで話を聞けば、どんな話も面白くなる。


田中愼一(田中慎一)

私がホンダ社員時代、本田宗一郎さんが日本人初の米国自動車殿堂入りを果たした際、現地責任者としてデトロイトのホテルに案内すると、部屋のテーブルには寿司そっくりにつくられた菓子が用意されていました。ホテルの気遣いに感動した本田さんは、ホテルの対応ぶりを褒め称えました。しばらくして私たちに叱声が飛びました。「それに比べておまえたち、最近は米国に対して敬意が足りないんじゃないのか。ホンダは米国に育ててもらったことを忘れるな!」と。米国でホンダ車を買ってくれるのは米国人で、彼らの反感を買えばホンダは生きていけない。だからもっと感謝を示せというのです。


箭内道彦

チャンスってそんなに頻繁にやってこないよ。でもまぐれは、1時間に1回、もしかしたら、10分に1回、3分に1回ぐらい起こっている。日常はまぐれだらけ。まぐれ=奇跡ですよ。チャンスより奇跡の方が確率が低いとみんな思いがちだけど、見つけられないだけなんです。


中島武

一つのテーマが決まると、それを横展開していきます。たとえば、中華料理の冷やし中華のメニューを100種類考えろって言われたら、僕はすぐに考えられるんですよ。味では、辛い、味噌、シンプル、ヘルシー、ゴージャス。素材はゴージャスだったら、フカヒレ、アワビ、和牛のたたき、マグロのカルパッチョ・・・というふうに。お店も同じで、地味にいくのか派手にいくのかといったような形で考えていくと、いろいろなものが出てきます。


太田剛

我々は目先の利益ではなく、ブリティッシュ・パブの文化を広げながら、10年後も伸び続けることを考えています。30年間続けてきたおかげで、HUBを理解してくださるお客様が増えてきました。


山本梁介

理念が浸透し、価値観が一致してモチベーションが上がってくれば、自然に売り上げや利益がついて来る。


為末大

世界をみても、34歳のハードラーはなかなかいません。しかも、僕が27歳で銅メダルを獲ってから7年も経っていて、僕がロンドン五輪でメダルを獲るとは、誰も期待していない。そんななか、「獲ったら、みんなビックリするだろうな」と、一人でアメリカのグラウンドで虎視眈々と練習しているのは、本当に幸せでした。


ページの先頭へ