ジョセフ・トリポディの名言

ジョセフ・トリポディのプロフィール

ジョセフ・トリポディ。アメリカのマーケティング実務家。コカ・コーラ米国本社のCMO(最高マーケティング責任者)。米ハーバード大学卒業、英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで国際経営の修士号取得。米モービル石油、米マスターカードを経て、バンク・オブ・アメリカ、米オールステートでCMOに就任。その後、コカ・コーラへ移りCMOを務めた人物。

ジョセフ・トリポディの名言 一覧

「正しいと思うならば崖っぷちまで進もう」というのが私の哲学です。奈落の底に落ちそうになれば、引き返せばいいのです。


ブランドは企業が持っているものと考えがちですが、それは誤りです。むしろブランドを認知して購入する消費者がブランドを持っているのです。


最悪なのはリスクを避けることです。リスクをとらなければ、ブランドはおかしくなり、究極的には失敗します。いつも新しいことに大胆に挑戦し、攻撃的であって、学ぶことに貪欲でなければなりません。


ブランドが死に絶える理由は、顧客との適切な関係が失われることにあります。それを避けるには、イノベーションを継続的に起こす必要があります。


新しい時代のマーケティングとは、商品ではなく、まず消費者に伝えたい「大きなアイデア(メッセージ)」を中心に据えなければなりません。この大きなアイデアを伝えるために、マーケティング担当者は消費者に対する様々な接触ポイントをつくるのです。


コカ・コーラというブランドは、時代や消費者とともに進化する必要があります。当社が抱えている非炭酸飲料の様々なブランドも同じで、変化し続ける必要があります。


マーケティングの様々な手法を試す場合は、本当に効果があったかどうかを、データに基づいた正確なフィードバックを集めて検証する必要があります。


広告では、従来と違って他社ブランドとのタイアップにも力を注いでいます。ターゲットとする顧客が同じならば相乗効果が生まれ、認知度が高められるからです。


マーケティング手法を変革するうえで、CMO(最高マーケティング責任者)の役割は極めて重要です。私の仕事は、多くの人を動機付けて、変化を加速させることにあります。


日本には、成熟市場で戦う上で役立つ様々なヒントにあふれています。2年前、日本では炭酸飲料は終わったと言われていました。それがコカ・コーラゼロの登場に刺激され、既存商品の売上も伸びました。日本における成功事例やノウハウを共有して、世界各地で展開することで、成長を加速させたい。


各地の現地法人と世界的な協力関係を機能させるうえで注意すべきことは、本社が成功するためではなく、現地法人や販売の現場が成功することを優先することです。本社が「全能な我々がコントロールする。命令を下すのが我々の役割だ」と思っていては成功しません。世界各地の現場は、相互作用の関係にあるのです。


コカ・コーラ本社は世界中の社員が、情報や意見を交換できる仕組みをつくっています。ある新しい炭酸飲料の立ち上げについて質問すると、様々な国で働いている約3500人のマーケティング担当者から一斉に返事が返ってくるのです。新商品を立ち上げる戦略をつくる際に、他国の経験を参考にできるメリットは大きい。短期間に学習効果を得て、成功戦略を構築することができます。


グローバルなマーケティングにおいては、中央集権型ではなく、協調型のマネジメントを心がけています。世界のコカ・コーラ社員が価値観や戦略を共有することが重要です。具体的には、世界各地で得られた知識や成功事例を、共有して移転する取り組みを強化しています。


社員や関係者がいろいろなことを感じると、多数のアイデアが出てきます。新しいアイデアはそれぞれの縦割りの組織に閉じ込めるのではなく、結び付けなければなりません。


私はCMO(最高マーケティング責任者)として、様々な関係者にインスピレーション(刺激)を与えることを重視しています。命令するのではなく、方向を示すことで、インスピレーションを感じてもらいたい。


「マーケティングとは広告宣伝である」というのは間違いです。マーケティングには市場調査、広告宣伝、IR(投資家向け情報)、広報、CSR(企業の社会的責任)、商品パッケージなど、ブランド価値を高く保つあらゆる活動が含まれます。


消費者が実際に飲料を買う店頭や自販機でも、そのブランドが持つ価値やメッセージを伝えられるように工夫しています。広告を見て、消費者が何かを感じて「買いたい」と思うところから、実際に購買がなされる売り場まで、メッセージが一貫していないと成功はしません。


実験的な取り組みを始めることを恐れてはいけません。商品パッケージでも、デザインでも、ラベルでも同じです。変化し、変化し続けなければブランドは衰退していきます。


従来のマーケティング手法は、広告のメッセージをテレビCM中心にばらまいて、上手く消費者に届くことを祈る「スプレー・アンド・プレイ(ばらまいて祈る)」方式でした。しかしメッセージの内容を、どのメディアを使い、どのような属性の消費者に対して、いつ発信するかを考える必要があります。より精密なマーケティングが不可欠です。


多数の商品ブランドを展開するには、マーケティング手法を変革する必要があります。いまは好調ですが、2001年頃のコカ・コーラの業績は伸び悩んでいました。景気停滞とライバルの攻勢に直面していたからです。その危機感もあって当社は、飲料の多様化を加速する戦略を強化し、マーケティングの仕組み自体を見直しました。


大企業はしばしば、非常に保守的になってしまいます。私の仕事は、伝統あるコカ・コーラのブランドを壊さずに、マーケティングを革新し、これまでとはもっと違うレベルに持っていくことです。


ジョセフ・トリポディの経歴・略歴

ジョセフ・トリポディ。アメリカのマーケティング実務家。コカ・コーラ米国本社のCMO(最高マーケティング責任者)。米ハーバード大学卒業、英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで国際経営の修士号取得。米モービル石油、米マスターカードを経て、バンク・オブ・アメリカ、米オールステートでCMOに就任。その後、コカ・コーラへ移りCMOを務めた人物。

他の記事も読んでみる

松岡修造

高校3年のときに、単身アメリカに渡りました。アメリカで、ボブ(ボブ・ブレッド コーチ)に「修造、腕試しにプロの試合に出てみないか?」と言われましてね。プロになるなんて考えてもみなかったですよ。そんな力もないと思っていたし、日本人で海外のツアーを転戦しているという選手も、まだいませんでしたから。躊躇していたときです。ボブに「つまらない恐怖心は持つな!」と言われた。それで決心がついて、プロの小さなトーナメントに出たんです。なんとか大接戦を勝ち抜き、初めてプロの本戦に出ました。そうなると、やっぱり世界相手に挑戦してみたくなるじゃないですか。それでプロのスタートを切ったんです。


茂木健一郎

意味ややる気は必要ありません。ただ、目の前のことをやればいいのです。


羽鳥成一郎

勝ち組組織をつくるには、「遂行能力」と「戦略思考」という二つの力が必要だと考えています。残念ながらエスエス製薬には戦略思考が欠けていました。社長就任当時は業界全体の縮小に比例して、毎年売上が落ち続けるというジリ貧状態でした。なぜなら去年と同じ仕事は無難にこなせるものの、新しいことに挑戦して課題解決を図る能力が劣っていたからです。


岩井俊二

最近は、文春砲の影響なのか、社会が「正しくないことはすべて悪だ!」みたいな雰囲気になっているのは息苦しいよね。恋愛って倫理や理屈で簡単に割り切れるものじゃないから、時代の流れがそういう方向に向かっているとしたら怖い。


柳井正

ビジネスチャンスは世界中にあるんですよ。その際に大事なのは、その国の国民のためにビジネスをすること。その企業がその地域(ローカル)の人たちに支えられることが最も大事なんです。


松沢幸一

会社に言われた目標ではなく、自分自信で目標をつくることが重要です。いわゆる出世とか儲けといった目標ではなく、自分の存在価値とは何かといった本質的な問いから生まれてくる目標です。


伊藤淳史

よく人から驚かれるんですが、僕は役者の仕事を始めて約30年になります。いまや記憶が定かではない子役の頃から仕事をしていて、高校や大学に通っていた時期も、そのあともずっとこの世界にいます。ただそれだけ長い間、取り組み続けても、まだ将来の方向性は定まっていません。僕はこういう役者を目指しているという明確な形って持っていないんです。とはいえ、そんな自分の状況をネガティブにはとらえていません。役者は、自分のやりたい形でなかなか仕事が出来る職業ではないと思っているからです。


宮嶌裕二

当社はリアルとの融合をテーマに、スマホを使った新しいユーザー体験の実現を目指しています。ユーザーが増えれば増えるほど、旅行や街歩きが増えるので地方観光にも貢献でき、地方創生にも役立つサービスになっています。


塚本康浩

ダチョウ抗体を作り出したのは僕らですが、ダチョウマスクなどの商品はベンチャー企業や素材メーカー、化粧品メーカーとのコラボレーションです。じつはここで活きたのが「獣医をしてきた経験」だと感じてます。要はコミュニケーション力。土佐犬を飼っているおっさんとか、逆ギレするおばちゃんとか……。それはもういろんなタイプの人間と折衝してきたわけです。それを体験していたので、いろんな価値観を持った方々とフラットに話せた。ずっと研究所に閉じこもりプラナリアを顕微鏡で覗くだけの研究者には難しかったんじゃないかなと。


児玉和

社長の仕事は社員のモチベーションを上げること。それだけと言ってもいいでしょう。


三津原博

完全な「やっかみ」ですよ。当社の店舗は500店ほどあります。私の報酬は1店舗当たり120万円にしかならない。一般的な小売店主の方が利益を得ているんじゃないですか。しかも、私は10社の社長を務めていますから、正当な対価だと思います。
【覚書き|高額報酬について批判する人がいることについて語った言葉】


Mr.マリック

時に応じてスタイルを変え、人々の注目を集め、最前線で驚かせ続けること。師匠もなく、マジックを続けてきた私が後進のためにできるのはそれだけ。


野尻哲史

金融リテラシーという言葉が最近よく使われるようになりました。「Literacy」を辞書で引くと、「識字」と出てきます。すなわち読み書き能力のこと。つまり金融リテラシーとは、金融に関する知識や情報を正しく理解し、自らが主体的に判断することのできる能力だといえます。社会人として経済的に自立し、より良い暮らしを送っていく上で欠かせない生活スキルなのです。


シェイクスピア

私たちがどんなに粗削りをしておいたとしても、神の摂理が最後の仕上げをしてくれるものだ。


ニック・バーリー

多くの日本の方々と仕事をしてきた経験から感じたのは「日本は説得力のある商品を持っているにもかかわらず、その売り方があまり上手ではない」ということ。


ページの先頭へ