名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジョセフ・スティグリッツの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョセフ・スティグリッツのプロフィール

ジョセフ・E・スティグリッツ。アメリカ人経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。インディアナ州出身。アマースト大学卒業後、マサチューセッツ工科大学大学院、ケンブリッジ大学大学院で学ぶ。その後、マサチューセッツ工科大学、イェール大学、オックスフォード大学、プリンストン大学、スタンフォード大学、コロンビア大学などで教鞭をとった。そのほか、クリントン政権で大統領経済諮問委員会委員長、世界銀行上級副総裁、世界銀行主席経済学者などを務めた経済学者。主な著書に『スティグリッツ公共経済学』『スティグリッツ入門経済学』『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』『人間が幸福になる経済とは何か』など。

ジョセフ・スティグリッツの名言 一覧

若い人の存在はある意味で重要です。若者は年配者より行動が大胆ですから。


日本は少子高齢化社会に突入しています。しかし、若者が減少したとしても、経済成長は可能なはずです。若年労働者がゼロになるわけではなく、調整が必要なだけです。


まずは規模の大小が問題にならない分野を産業単位や企業単位で見つける必要があります。グローバリゼーションは、かつては小国の市場規模では無理だったことを可能にしました。


グローバルな経済・社会・環境の中で、地球が増え続ける人口をこのまま吸収していくことは不可能です。だからこそ、人口が増えない経済環境といかに上手く付き合っていくかを人類は学ばなければなりません。このまま人口が増え続けたら、地球は持ちません。


日本には世界で最も生産性の高い製造業と、そのほかの非常に生産性が低い産業が混在しています。二重の経済が混在しているのです。教育は好例でしょう。日本が製造業以外の分野においても生産性を向上させ、人口減少下でも経済の成長を維持していく最初の国になることを期待しています。


人口が多いことが経済成長に有利に働くとは私は思いません。たとえば、シンガポールは小さな国ですが、経済成長率は高い。スイスもしかりです。今日のグローバル経済の中で日本人は人口減少に適応する良い方法を見つけると期待しています。


人口減少社会では、大学教育を例に挙げるなら、講師がもっと個々の学生の面倒を見ることができるようになり、結果としてより高品質な労働力の確保につながるはずです。社会の健全性が高まる可能性もあります。ある意味でチャンスなのです。


イノベーションがもたらす効果をGDP(国内総生産)の統計に見いだすことは難しい。


ジョセフ・スティグリッツの経歴・略歴

ジョセフ・E・スティグリッツ。アメリカ人経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。インディアナ州出身。アマースト大学卒業後、マサチューセッツ工科大学大学院、ケンブリッジ大学大学院で学ぶ。その後、マサチューセッツ工科大学、イェール大学、オックスフォード大学、プリンストン大学、スタンフォード大学、コロンビア大学などで教鞭をとった。そのほか、クリントン政権で大統領経済諮問委員会委員長、世界銀行上級副総裁、世界銀行主席経済学者などを務めた経済学者。主な著書に『スティグリッツ公共経済学』『スティグリッツ入門経済学』『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』『人間が幸福になる経済とは何か』など。

他の記事も読んでみる

秋元康

本物の天才は別として、多くの人は発想するときにさほど創造的なことをしているわけではないと思う。見聞きしてきたものを組み合わせているだけです。だから、発想は生み出すものというより、「気づく」ものなのかもしれません。


貝沼由久

買収防衛策を持つだけですぐさまダメという議決権行使助言会社や機関投資家の紋切り型の判断はいかがなものか。はっきり言えば勉強不足ですよ。最近のコーポレートガバナンス・コードで言えば、ステークホルダーの保護や、企業の持続可能性について重要視している。じゃあ買収防衛策もなしに、アクティビストがやってきて、配当可能利益を全額出せとなったらどうするのか。短期的に株価が上がって売り抜けた人は得をするかもしれないが、その短期保有者を優遇したあと、残された従業員や債権者といったステークホルダーは困る。これではコーポレートガバナンス・コードに矛盾する。


朝井リョウ

大切なのは推敲。小説であれ、会社の業務であれ、ひと呼吸置いて、客観的な視点で俯瞰すべきですよね。推敲によって質は高まり、その繰り返しが、結果的にスピードを加速することにつながる気がします。


加藤諦三

『Twin Demons』という本があります。そこに書かれている話です。二人の人がレストランで食事をしています。一人は蛙の足と生カキを注文します。それが最高の味であることを期待しているからです。もう一人は蛙がのたくったり、カキが泥のなかで繁殖したりしているのを想像し、それが自分の食道を通り、胃の中に入ることを思い、吐き気を催します。同じものを食べていても、これだけ違うのです。この本の著者は、同じ体験が幸福にもなるし不幸にもなると主張しています。


稲盛和夫

私がJALに来て最初に思ったことは、幹部社員に「会社が潰れた」という実感がないということでした。ですから、私はみんなに「JALは潰れたんですよ」という認識を徹底させるところから始めました。そして、「幹部社員はもちろん、現場の社員まで含めて、一人ひとりが経営者と同じ気持ちで努力をする以外にないんですよ」と訴えてきました。


橋下徹

全体の環境改善を行うためには、一人ひとりの細かな遵法意識を高めていかなければならない。


工藤将太郎

保険会社だと節税は保険商品で、証券会社だと株でという話になってしまう。もっと効率的に資産の運用・保全を図りたいというニーズが顕在化してきています。当社は一商材に偏らない、本来あるべきポートフォリオの実現が可能です。さらにそれらすべてが、ワンストップで対応可能な点が当社の最大の強み。


清家篤

慶應義塾塾長に就任したのはリーマンショック直後。いきなり厳しい財政状況に直面しました。当時金融資産は約530億円の評価損を抱え、年度ベースの収支もマイナスという危機的状況。ちょうど慶応の創立150年記念事業も進んでいました。この時何より優先すべきと考えたのは学校の持続可能性です。財政再建のため150年記念事業の一部を凍結し、各学部などからの予算要望も相当削りました。金融資産についてもリスクが小さくなるよう構成の組み換えを進めました。


原口博光(経営者)

役所の現場では、キャリア、ノンキャリアが絶対的な上下関係を決めます。この事実に対する批判はさておき、肩書が自動的に正しい・正しくないを決めるシステムが機能していると、年上の部下がいても苦労はしません。


大東隆行

「自分一人では何もできない。すべては従業員のおかげ」という感謝の気持ちが大切です。それは経営者じゃなくとも、人の上に立つ人間は誰しもが持ってないといけないでしょう。


林信秀

「他と何が違うのか」「どんな付加価値があるのか」「昨日の自分と何が違うのか」を絶えず自分に問いかけよう。これは自分の強みを認識し、それを活かしながら、自主性をもって働くためには必要な視点。


益本康男

このビジネスは確かに世界中で追い風が吹いています。ただ、世界中のどこでも取引先が官で、事業を拡大しようとすると談合などの不祥事が起きるリスクがある。前回の談合事件では事業を縮小しました。「もし今度、不祥事を起こしたら、事業そのものをなくすぞ」と社員には言い続けています。