名言DB

9412 人 / 110637 名言

ジョセフ・スティグリッツの名言

twitter Facebook はてブ

ジョセフ・スティグリッツのプロフィール

ジョセフ・E・スティグリッツ。アメリカ人経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。インディアナ州出身。アマースト大学卒業後、マサチューセッツ工科大学大学院、ケンブリッジ大学大学院で学ぶ。その後、マサチューセッツ工科大学、イェール大学、オックスフォード大学、プリンストン大学、スタンフォード大学、コロンビア大学などで教鞭をとった。そのほか、クリントン政権で大統領経済諮問委員会委員長、世界銀行上級副総裁、世界銀行主席経済学者などを務めた経済学者。主な著書に『スティグリッツ公共経済学』『スティグリッツ入門経済学』『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』『人間が幸福になる経済とは何か』など。

ジョセフ・スティグリッツの名言 一覧

若い人の存在はある意味で重要です。若者は年配者より行動が大胆ですから。


日本は少子高齢化社会に突入しています。しかし、若者が減少したとしても、経済成長は可能なはずです。若年労働者がゼロになるわけではなく、調整が必要なだけです。


まずは規模の大小が問題にならない分野を産業単位や企業単位で見つける必要があります。グローバリゼーションは、かつては小国の市場規模では無理だったことを可能にしました。


グローバルな経済・社会・環境の中で、地球が増え続ける人口をこのまま吸収していくことは不可能です。だからこそ、人口が増えない経済環境といかに上手く付き合っていくかを人類は学ばなければなりません。このまま人口が増え続けたら、地球は持ちません。


日本には世界で最も生産性の高い製造業と、そのほかの非常に生産性が低い産業が混在しています。二重の経済が混在しているのです。教育は好例でしょう。日本が製造業以外の分野においても生産性を向上させ、人口減少下でも経済の成長を維持していく最初の国になることを期待しています。


人口が多いことが経済成長に有利に働くとは私は思いません。たとえば、シンガポールは小さな国ですが、経済成長率は高い。スイスもしかりです。今日のグローバル経済の中で日本人は人口減少に適応する良い方法を見つけると期待しています。


人口減少社会では、大学教育を例に挙げるなら、講師がもっと個々の学生の面倒を見ることができるようになり、結果としてより高品質な労働力の確保につながるはずです。社会の健全性が高まる可能性もあります。ある意味でチャンスなのです。


イノベーションがもたらす効果をGDP(国内総生産)の統計に見いだすことは難しい。


ジョセフ・スティグリッツの経歴・略歴

ジョセフ・E・スティグリッツ。アメリカ人経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。インディアナ州出身。アマースト大学卒業後、マサチューセッツ工科大学大学院、ケンブリッジ大学大学院で学ぶ。その後、マサチューセッツ工科大学、イェール大学、オックスフォード大学、プリンストン大学、スタンフォード大学、コロンビア大学などで教鞭をとった。そのほか、クリントン政権で大統領経済諮問委員会委員長、世界銀行上級副総裁、世界銀行主席経済学者などを務めた経済学者。主な著書に『スティグリッツ公共経済学』『スティグリッツ入門経済学』『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』『人間が幸福になる経済とは何か』など。

他の記事も読んでみる

佐藤光男(薬学博士)

当初は与えられたテーマの「既定路線内」で仕事をする研究者でした。目標値より上の結果は出しました。研究所の幹部に「会社は僕に何をやらせたいんですか?」と聞いたんです。「甘えるな!それを探すのがお前の仕事だ。でなきゃ会社にいる必要はない」という言葉が返ってきて、そこまで言われると、さすがに考えますよね。


江上治

会社の方針を浸透させるときは、100%の社員に方針を理解してもらおうと期待しなくともいい。2割でよいのだ。初めは組織の20%、つまり社長と経営幹部、主だった社員、といった連中でしっかりと自分たちの目指すべき目標、方針を理解すればいい。


大山健太郎

企業経営は「人、モノ、金」と言われますが、一番大事なのは経営者ではないでしょうか。いくら社員が多くても、経営者が有能でなければ会社は成長しません。


前川正

当社には骨つき鶏モモ肉から骨だけを除く脱骨ロボット「トリダス」という商品があります。食肉加工業者のお客様から悩み事を聞いたことがきっかけで開発されました。製品化まで時間がかかりましたが、お客様からの評判も良く、競合製品が全くない独占状態です。


成宮雄三

仕事ができるかどうかは、朝、出社したときの様子でわかります。朝一番からフル回転で働く人は、やはり優秀。一方、エンジンのかかりが遅い社員は、結局、最後までかからないことが多いのかもしれません。


日覺昭廣

コスト削減はいつの時代も永遠のテーマです。数字を見てもらえば分かりますが、仮にコスト削減がなければ、利益が出ていません。ですからこれからもコスト削減の手綱を緩めるつもりはありません。


所ジョージ

サラリーマンが仕事をしていて「つまらない」と聞くけど、それで正解なんですよ。会社が遊園地のように面白い場所でないのは当たり前。つまらなくて当然と考えてからがスタートだよね。


糸井重里

ビジョンが描けていれば、動機もなくならない。外野から口出しをされても揺らぐことなく、予想外の出来事が起こっても本来の目的を見失うことなく、我慢強く進んでいける。


小笹芳央

まずモチベーションの高い組織を作る上では、採用段階からいかにやる気の高い状態で入社するかが大事です。


安藤宏基

組織をデザインするときには、こうすれば社内競争が起きるかなと、そういうことは考えますね。


小山昇

私の場合は、飲み会を通じて感情面でのコミュニケーションをしっかりととり、ミーティングで現場の状況を把握する。だから、話すときに、相手の心に届く言葉を発することができるのです。


池田千恵

肉が好きなら、朝から肉でいいと思いますよ。朝食の会などでは、ホテルオークラのボリュームたっぷりのフレンチトーストが人気です。甘いものが好きな人なら、前日にケーキやチョコレートを買って帰って「朝起きたら食べよう」と思って寝ればいいんです。


渡辺大

大事なのは、食べたいときにおいしいと思うものを食べ、疲れを感じたときはしっかりと休むこと。睡眠は悩みや心の疲れをリセットしてくれますし。とにかく本能を大事にするのが一番だと思います。「うまそう」とか、「よく寝た」とか、無邪気に子供らしく。そういう時間を大切にしていけば、リフレッシュできていい仕事ができると思うんです。


米澤穂信

もう少し、もう一声できたかもしれないのに、自分が頑張れなかったから、「まぁこんなものか」で本を出してしまうというのは、読者に対して不誠実。でもそれ以前に、小説の登場人物たちにとって申しわけない。


田中兆子

強く見えても男の人は弱いから、応援歌になればいいなと思います。執筆中も、その人それぞれの良いところを見つけてあげようと思いながら書いていました。私も歳を重ねて、だんだん人間を肯定するというか、自分の中でも変化があったんです。若かったら、まだ男の人に対する恨みみたいなものがあって、ここまで引いてあたたかくは見守れなかったかも(笑)。42歳から10年くらい過ぎた今だからこそ書けたのかもしれないですね。