ジョセフ・ジューベルの名言

ジョセフ・ジューベルのプロフィール

ジョセフ・ジュベール。18世紀、フランスのモラリスト、エッセイスト。生前には一切出版活動を行わず、主な著書『パンセ』は死後に発表された(パンセとはフランス語で『考察』を意味し、パスカルだけでなく様々な作家が著書名として使用している)。同書は現在でも多くのファンを持ち読み継がれている

ジョセフ・ジューベルの名言 一覧

1 / 11

相談するときには過去を、享受するときには現在を、何かをするときにはそれが何であれ未来を思え。

ジョセフ・ジューベルの名言|何かをするときにはそれが何であれ未来を思え


すべての庭師は美しい場所に生きている。なぜなら、彼らは庭をそのような美しい場所にするために活動しているのだから。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|自分が望む人生を生きたいなら、望む人生を作り上げるために活動しろ


若者に聞いてみなさい。彼らはすべてを知っていますよ。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|若者に意見を聞いてみよう


教えることは、二度学ぶことである。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|教えることは二度学ぶこと


学ぶことをせず空想する者は、翼を持つ。しかし、足を持っていない。空想は魂の眠りである。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|学びのない空想には足がない


自分が行動するときは規則に従い、他人を評価するときは情状酌量しなさい。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|自分のことは厳しく、他人のことは甘く評価しろ


妻の忍耐ほど、彼女の名誉となるものはない。
夫の忍耐ほど、妻の名誉になるものはない。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|妻の忍耐、夫の忍耐、それぞれがもたらすもの



あなたが貧しいなら、徳によって名を上げると良い。
あなたが裕福であるなら、慈善によって名を上げると良い。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|貧しくても裕福でも人のために生きれば名が上がる


常に復讐は、小さな、弱々しい、憐れむべき、心の悦びでしかない。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|復讐は憐れむべき心の悦び


世の中で成功を収めるには、人から愛される徳と、人を恐れさせる欠点が必要である。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|成功を収めるのに必要は二つのこと


欠点を見せない人間は、愚者か偽善者である。欠点の中には美点に結びついているもので、美点を告げ知らせるものであり、改めない方がよい欠点があるものである。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|自分の欠点を人に見せろ


肉体は、我々の存在が野営している仮の小屋である。できればにこにこ笑いながら死ななければならない。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|肉体とは仮の庵


我々の信用は、我々の財産のひとつである。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|信用は財産


目的は、必ずしも達成されるために立てられるものではない。標的の役目をするために立てられるものである。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|目標は達成するために立てるのではなく、標的として立てるもの


若い人たちの情熱も、老人にとっては悪徳に見える。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|若者の情熱は、老人には悪徳に見える



才能ある者は、称賛の声のある方へと赴く。称賛の声は才能ある者を惑わす人魚である。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|称讃は才能ある人を惑わす人魚


人の不幸の大半は、過去を顧みることで発生する。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|過去を振り返ることは不幸を生むこと


快楽は、肉体のある一点の幸福にすぎない。真の幸福、唯一の幸福、完全な幸福は、魂全体の平穏な状態に存在する。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|完全なる幸福は魂全体を平穏にすること


子供は叱られることよりも、手本を必要としている。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|子供を叱るよりも、子供の手本となれ


私は、知恵を貨幣のように鋳造したい。つまり、知恵を鋳造して、覚えやすく、伝えやすい箴言と格言とことわざとにしたい。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|知恵をことわざにして鋳造する


我々の改革者たちは、経験に向かって「お前は時代遅れだ」と言い、過去に向かっては「お前は未熟者だ」と言う。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|時代遅れと未熟


自分の意見をひっこめない者は、真実を愛する以上に、わが身を愛する人間である。

ジョセフ・ジューベルの名言・格言|持論を曲げない人は、真実よりも自分を愛する


ジョセフ・ジューベルの経歴・略歴

ジョセフ・ジュベール。18世紀、フランスのモラリスト、エッセイスト。生前には一切出版活動を行わず、主な著書『パンセ』は死後に発表された(パンセとはフランス語で『考察』を意味し、パスカルだけでなく様々な作家が著書名として使用している)。同書は現在でも多くのファンを持ち読み継がれている


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ