ジョセフ・ジューベルの名言

ジョセフ・ジューベルのプロフィール

ジョセフ・ジュベール。18世紀、フランスのモラリスト、エッセイスト。生前には一切出版活動を行わず、主な著書『パンセ』は死後に発表された(パンセとはフランス語で『考察』を意味し、パスカルだけでなく様々な作家が著書名として使用している)。同書は現在でも多くのファンを持ち読み継がれている

ジョセフ・ジューベルの名言 一覧

相談するときには過去を、享受するときには現在を、何かをするときにはそれが何であれ未来を思え。


すべての庭師は美しい場所に生きている。なぜなら、彼らは庭をそのような美しい場所にするために活動しているのだから。


若者に聞いてみなさい。彼らはすべてを知っていますよ。


教えることは、二度学ぶことである。


学ぶことをせず空想する者は、翼を持つ。しかし、足を持っていない。空想は魂の眠りである。


自分が行動するときは規則に従い、他人を評価するときは情状酌量しなさい。


妻の忍耐ほど、彼女の名誉となるものはない。
夫の忍耐ほど、妻の名誉になるものはない。


あなたが貧しいなら、徳によって名を上げると良い。
あなたが裕福であるなら、慈善によって名を上げると良い。


常に復讐は、小さな、弱々しい、憐れむべき、心の悦びでしかない。


世の中で成功を収めるには、人から愛される徳と、人を恐れさせる欠点が必要である。


欠点を見せない人間は、愚者か偽善者である。欠点の中には美点に結びついているもので、美点を告げ知らせるものであり、改めない方がよい欠点があるものである。


肉体は、我々の存在が野営している仮の小屋である。できればにこにこ笑いながら死ななければならない。


我々の信用は、我々の財産のひとつである。


目的は、必ずしも達成されるために立てられるものではない。標的の役目をするために立てられるものである。


若い人たちの情熱も、老人にとっては悪徳に見える。


才能ある者は、称賛の声のある方へと赴く。称賛の声は才能ある者を惑わす人魚である。


人の不幸の大半は、過去を顧みることで発生する。


快楽は、肉体のある一点の幸福にすぎない。真の幸福、唯一の幸福、完全な幸福は、魂全体の平穏な状態に存在する。


子供は叱られることよりも、手本を必要としている。


私は、知恵を貨幣のように鋳造したい。つまり、知恵を鋳造して、覚えやすく、伝えやすい箴言と格言とことわざとにしたい。


我々の改革者たちは、経験に向かって「お前は時代遅れだ」と言い、過去に向かっては「お前は未熟者だ」と言う。


自分の意見をひっこめない者は、真実を愛する以上に、わが身を愛する人間である。


ジョセフ・ジューベルの経歴・略歴

ジョセフ・ジュベール。18世紀、フランスのモラリスト、エッセイスト。生前には一切出版活動を行わず、主な著書『パンセ』は死後に発表された(パンセとはフランス語で『考察』を意味し、パスカルだけでなく様々な作家が著書名として使用している)。同書は現在でも多くのファンを持ち読み継がれている

他の記事も読んでみる

桑田真澄

人はいろんなことを言うかもしれないけど、僕の人生なんだからカッコ悪くてもいい。僕は野球しかできないし、とにかく野球が好きなんで、最後まで追い続けて、燃え尽きたらボールをそっと置きたいんだ。それを人にカッコ悪いと言われても、自分の人生、自分が納得できればそれでいい。


浜田宏

会社と勉強を両立するには時間を有効に活用するしかありません。通勤時間の往復2時間はもちろん勉強。歩いている時間はリスニングにあて、雑音がうるさい電車の中では文法の勉強です。また週3日は、同僚とランチに行くのを我慢して昼休みに勉強。さらに社内プロジェクトが終わる11時から、終電が発車する12時15分まで会社で勉強。1日4時間は勉強していました。


藤村忠弘

規模が小さい会社ほど、株価が値上がりする余地が大きい。市場で評価されていない銘柄が突然評価されるようになると、株価が大きく上昇するから。


浦沢直樹

僕らが何でこんなにずっと描いているのかって、上手くなりたいだけなんですよ。


湯浅勲

仕事がつらくても、あなたの気持ちにはまだほんの少しの余裕があれば、一年間余計なことを考えずに、一生懸命にその仕事を頑張ってみるといいでしょう。もしかしたら、それまで気づかなかった新しい自分を発見できるかもしれません。もし一生懸命に頑張ることが1から2か月しか続かなければ、いまの仕事が向いていないと考えるべきでしょう。


清水正孝

私は以前から「看脚下」という禅の言葉が好きで、社員にも折に触れて話してきました。暗闇でも足元をしっかり見ろ、ジタバタするな、原点を見失うなというほどの意味です。この言葉をいまこそ噛みしめたい。社員たちにも、そうあってほしいと思っています。


村木厚子

「考えても仕方がないことは考えない」。これを心がけて、「今できることは何か」に集中するようにしていました。


岸田雅裕

「元を取れるかどうか」は重要ではない。これを考え出した途端、「期待外れだったらお金がもったいないから、少し安いのにしようか」などと妥協するようになってしまう。


鈴木あや(IBM)

以前、弊社に赴任してきていたアメリカ人男性のエグゼクティブで、部下の尊敬を一身に集めていた人物がいました。彼は、部下の意見をとにかくよく聞いてくれたのです。個室を持っていましたが、ドアは開いたままでいつでも入れるようにしていました。アメリカ人上司というと私たちも少々構えるものですが、その壁を取り払おうという配慮です。


松井忠三

私は新入社員全員に性格検査を行なっています。チームをまとめ上げるには、性格の把握が不可欠だと思うからです。


芥川龍之介

我々の生活に必要な思想は三千年前に尽きたかもしれない。我々はただ古い薪に新しい炎を加えるだけであろう。


茂木健一郎

人工知能が発達するにつれて、人間にとっても、人工知能のやり方が参考になると感じることが多くなった。あくまでも、論理的に、しかも定量的に考える。そのよう強人工知能のアプローチは、もともと、人間の脳の持っている働きを取り出し、モデル化したものである。だとしたら、人間にもできないはずがない。そして、実際にやっている人がいる。


川野幸夫

尊敬される企業には何が求められるのでしょうか。申し上げるまでもありませんが、私たちは1人で生きているのではなく、多くの方々のおかげで生かされています。すなわち、多くの方々に喜ばれ「おかげさまで」と言われるような企業になるべく努力することが重要です。「ヤオコーがあってよかった」と感謝してもらえる存在になることが私たちの目標です。


山崎将志

英語は必要だからではなく、「将来に備えて」「自分の可能性を広げるため」といった理由で勉強している人も多いものです。しかしそうしたあいまいなゴールでは、具体的に何を勉強すればいいのかがはっきりしません。その結果、あれもこれも勉強して中途半端になり、なかなか身につかなくなってしまう。努力の結果も実感しづらいので、モチベーションも続かない。結果として徒労となりがちなのです。


北島義俊

手で組版を行っていた時代からコンピューター化する時には、社内外から反対がありました。ただ、先を見据えれば手作業を続けるのは不可能で、そうした変化に取り組んできたからこそ、当時のニューメディアや、今のネット時代にも対応できているということだと思います。


ページの先頭へ