名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョセフ・ウィルソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョセフ・ウィルソンのプロフィール

ジョセフ・ウィルソン。アメリカの経営者。ゼロックスの社長。祖父が創業したハロイド社の社長に就任し、ハロイド・ゼロックス、さらにゼロックスに商号変更した。当初は写真印画紙の販売が主要な事業だったが、コピー機を開発し同社を大きく育て上げた。コピー機のリース方式を世界で初めて行った。社長就任から10年で自社の株価を60倍以上に増やした経営者

ジョセフ・ウィルソンの名言 一覧

どんな会社のどんな製品であっても、永遠に成功し続けることはない。


ジョセフ・ウィルソンの経歴・略歴

ジョセフ・ウィルソン。アメリカの経営者。ゼロックスの社長。祖父が創業したハロイド社の社長に就任し、ハロイド・ゼロックス、さらにゼロックスに商号変更した。当初は写真印画紙の販売が主要な事業だったが、コピー機を開発し同社を大きく育て上げた。コピー機のリース方式を世界で初めて行った。社長就任から10年で自社の株価を60倍以上に増やした経営者

他の記事も読んでみる

岩沙弘道

ローマの英雄カエサルは「一般の人は見たい現実しか見ない」と言いました。しかしリーダーは、問題から目をそらしてはいけない。


新浪剛史

何事にもせっかちなものですから、もっと早く進むべきだとは思います。ただ、着実に成果は出てきている。


小林陽太郎

私はそんなスーパーな存在ではない。たまたま会社が始まった頃、当時では珍しいMBAを持っていたのと、若くして日本や欧米の立派な経営者と会うことができ、多くを学ぶ機会に恵まれただけです。


江上治

成功した人たちの話には、ドラマがあります。飽くなきチャレンジを繰り返し、成功もすれば失敗もしている。そんな山あり谷ありの人生からつむぎだされるストーリーが面白くないわけがありません。彼らは失敗や挫折した自分を躊躇せずにさらけ出す強さも持っています。「この人でもこんな失敗をしているんだ」という意外性は、相手の共感と信頼を生み出します。


柳弘之

独創的なものを他社よりも先に創りたいというのが当社の文化です。独創的、個性的なモノを他人よりも先に創りたい。それにチャレンジしたい。この独創性は、そう簡単に出てくるものでもなく、チャレンジをやめるとそこで一度止まってしまいます。難しい面はありますが、そのようなことを大事にしている会社です。


若山陽一

パナソニックの子会社の、電池の製造請負・派遣会社、パナソニックバッテリーエンジニアリングを買収・子会社化しましたが、非常にうまくいっています。人を大切にするパナソニックの人づくりの在り方には、学ぶところも多い。一方で向こうの社員にしても、活躍の場が広がった。お互いに得るものがあるM&Aでした。こういう案件があれば、積極的に取り組んでいきたいと考えています。


進藤晶子

私がスポーツの取材をしていたときに心がけていたのは、アスリートの「表の顔」だけでなく、楽屋裏の「素顔」に光を当てること。例えば、猛々しいプレーが持ち味の一流テニスプレーヤーが、競技後に「どこか素敵な美容室はないかしら?」と女性的な一面をのぞかせたり。人間としての横顔を伝えることで、その人物の奥行きが生まれるのではないかと思います。


及川智正

私自身は60歳で引退することを考えておりますが、会社として、あと2つの目標があります。一つは、持続可能な農産業を実現し、生活者を豊かにすること。もう一つは未来の農業が衰退しない仕組みを作ることです。そして農林水産省の仕事をさせていただきたいとも考えています。農水省の仕事を全て預かっても大丈夫なくらい、農業に熱いプロフェッショナル集団を目指します。


森崎博之

この企画(舞台『PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて』)自体は、実はもう10年くらい前から温めていたんです。ただ、なかなか骨太な題材なので形にできずにいたんですけど、メンバーも全員40代になりましたし、今回は勇気を持って挑んでいこうと。


木村皓一

1000円のものを1000円で買ったら、五分五分ですよね。でも、1000円のものを1000円で買って、いい接客をしてもらったなと思ってもらえれば6対4になる。それが8対2になればもう一回行こうかなと思うでしょう。相手に自分より多くわたるようにすれば次につながる関係が生まれてくる。五分五分では一回限りの関係しか成り立たず、あとには何も残りません。これは商売に限らず、人間関係でも同じです。


安藤忠雄

私はひとたびスタッフを現地に派遣したら、ほとんど口を出さないし、スタッフもあまり連絡してこない。


辻庸介

お金って手段ですよね。物々交換のための。でも、この単なる手段のために、我々の人生はものすごく制約を受けているし、そういう人生はあまり楽しくない。だから、お金からある程度自由になりつつ、お金をうまく使えるようになるためのお手伝いをしたいと思ったんです。日本人はお金の使い方・扱い方に関する教育を十分に受けていないし、お金の話は、依然として、後ろめたいものとして捉えられがち。「お金を前へ。」は、そうした現状の改善に役に立ちたいという気持ちを表現した言葉です。