名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョセフ・アディソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョセフ・アディソンのプロフィール

ジョセフ・アディソン。17世紀イギリスのエッセイスト、詩人、劇作家、政治家、文学者。情報誌Spectator誌、政治新聞Freeholderや、現在も発行されている海外ファッション誌Tatlerの創設者の一人。アイルランド下院議員。最も有名な著作は共和制ローマの政治家小カトー(マルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシス)の人生を描いた悲劇『Cato』で、ジョージ・ワシントンも愛読したといわれている

ジョセフ・アディソンの名言 一覧

賞賛は命の情熱である。慣れるにつれてたちまち消え失せる。


人間は笑うという才能によって、他のすべての生物よりも優れている。


なんらかの善を心の内に持たない悪人はなく、なんらかの悪を心の内に持たない善人もいない。


正義ほど偉大にして神聖な美徳はない。


ジョセフ・アディソンの経歴・略歴

ジョセフ・アディソン。17世紀イギリスのエッセイスト、詩人、劇作家、政治家、文学者。情報誌Spectator誌、政治新聞Freeholderや、現在も発行されている海外ファッション誌Tatlerの創設者の一人。アイルランド下院議員。最も有名な著作は共和制ローマの政治家小カトー(マルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシス)の人生を描いた悲劇『Cato』で、ジョージ・ワシントンも愛読したといわれている

他の記事も読んでみる

杉本隆一郎

世の中のコミュニケーションは、どんどんデジタルに寄ってきています。それは、簡単に数多くの人にメッセージを送れるということ。だからこそ、相手の印象に残るプラスアルファが必要です。そこで有効なのがアナログの持つ温かみ。例えば、メールでコンタクトを増やしていき、手書きのお礼状で差別化するといった方法などは、有効なのではないでしょうか。手書きって大変なものですから、そこまでしてくれる人には、何かを返してあけたいという印象を持ちます。


高嶋ちほ子

その仕事が好き・得意であるだけでは、アマと同じ。私が取材したプロの多くは、人を喜ばせ、感謝の対価としてお金をもらうのが自分の生業だという強い誇りを持っていました。


竹中平蔵

手を打たなければならないなら、追い詰められてから慌てるよりも前もって準備して手を打った方が良い。対策が遅れれば遅れるほど、それを是正するためのコストは多く掛かる。


野口美佳

消費者を知るための重要な情報源として、私はほとんどすべての女性誌に目を通しています。雑誌を読むときは、その雑誌のターゲットになったつもりで読み、そのページの何に自分が引っかかったのか、モデルなのか、誌面デザインなのか、といったことを考えながら読んでいます。そうすることで、商品や雑誌が買われている理由がわかるようになるのです。


正垣泰彦

「この程度の管理ができないような会社ならつぶれてもいい。うちより立派な会社はたくさんあるのだから」と取締役たちには話しました。ありのまま自分たちの非を認めて改善すること、ご迷惑をおかけしたお客様に代金を全額返金すること、私が考えたのはその二点だけです。
【覚書き|中国メーカーに製造委託していたピザから微量のメラニンが検出された問題が発生した当時を振り返っての発言】


デレク・シヴァーズ

リーダーだけでなく、フォロワーが姿を見せることも大事である。なぜなら、新しいフォロワーたちは、リーダーではなくフォロワーを真似るからだ。


前川正雄

20世紀は品質、価格、納期というニーズを満たしていればいい、「モノの生産性」の時代でした。しかし、世紀が変わってモノ余りの時代になると、ユーザーの要求や不満が見えなくなった。「何が問題でしょうか」と聞いても、「とにかくダメだ」と(笑)。そんな、雲をつかむような要求を切り捨てると、大企業であっても潰れていく時代になりました。なぜなら、「知恵の生産性」の社会に変わっているからです。


トマス・エジソン

懸命に働いている者は、決して歳をとるということはない。私は、自分の葬式の日をもって、人生からの引退の日とする。


守安功

リーダーを目指すならばジェネラリストとして様々な経験を積みながらやっていった方がいいと思います。私の場合、多様な仕事を振られて、会社の事業全体に詳しくなっていったのはよかったと思います。


宇佐美進典

業績がよくならないとき、ついコスト削減に走りがちです。当社でも何度かやったことがあるのですが、中でも社員に一番インパクトを与えたコスト削減策は「自動販売機の有料化」でした。実際コストは月30万円程度なんですが、「ここまでするなんて本当に会社が危ないのでは」と必要以上に社員の不安をあおってしまったんです。私としては正直「こんなことで?」と思いましたが、食べ物ってダイレクトに感じてしまいますから、モチベーションに直結したようです。


住谷栄之資

エレベーターやエスカレーターを利用したり、電車やバスで空席に座ったりするのも、特に考えずにやっていることではないでしょうか。私は自分で意識して、エレベーターやエスカレーターはなるべく使わず、電車やバスでは席が空いていても立っています。それだけでちょっとした運動になる。当たり前になっていることでも、自分でちゃんと考えてみることが必要だと思いますね。


坂信弥

飛行機をつくろうという決断と努力があってはじめて飛行機ができるんだ。例がない、例がないでは何ひとつ新しいことはできない。
【覚書き|北海道の内務省土木部総務課長時代、函館が何度も火事で大被害を出していたので火災のない町をつくろうと企画したところ、大蔵省に「前例がない」とつっぱねられたことに対しての発言】