名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジョエル・ティリングハストの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョエル・ティリングハストのプロフィール

ジョエル・ティリングハスト。「米フィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチ」ポートフォリオマネジャー。ノースウエスタン大学経営大学院でMBAを取得。米調査会社バリューライン アナリスト、バンク・オブ・アメリカ調査アナリストなどを経てフィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチに入社。著書に『Big Money Thinks small』。

ジョエル・ティリングハストの名言 一覧

私自身、大きな期待を抱き過ぎて多くの失敗をしてきた。最良の学びは他の人の失敗から得られる。


植物を育成するために、水をやり、雑草を取り除く作業を続けなければならない。ほったらかしにすることはできない。株式投資でも常に新しい情報を入手して、購入した時の見立てが崩れていないかどうかを確かめることが必要だ。


企業が成長し続けるかどうかを判定するためには、消費者がなぜその会社の商品を選ぶのか、消費者はこれからもその商品を買い続けてくれるのか、その会社は消費者の購買を促す新商品の開発が得意なのかといった点をチェックしなければならない。


テンバガー(10倍株)の軌跡は、PER(株価収益率)が低い時点から始まる。バランスシート(貸借対照表)も良好だ。成長率が非常に高い。だから、成長するために必要な人員を雇い、設備を購入することもできる。通常は、まだ誰も手掛けていない、もしくは他社がまねできない独特の事業を営んでいる。


経営者に問題がある会社の株を購入するという失敗もある。さらに、流行り廃りの激しい事業や汎用品の販売を手掛ける会社の株を買ったり、割高な価格で賊入したりといった失敗がよく見られる。


多額の投資を必要としないビジネス、また、消費者が特別と感じる事業を手掛けていることが必要だ。さらに、特定の消費者にフォーカスし、ニッチな商品を販売して高い満足度を与えている会社が望ましい。


投資銘柄選定の4つのポイント。

  1. 事業内容を理解できること。その会社の商品を客がなぜ買おうとしているのかが分からなければ、販売の先行きを高い精度で見通すことはできない。
  2. その会社が他社とは異なるユニークな事業を営んでいること。その会社がなくなったら、消費者たちが惜しむような事業を手掛けている会社がいい。
  3. 資金配分に長けていること。これは、ROE(自己資本利益率)が高いことを意味する。ROEが安定していて成長を続けている会社が望ましい。
  4. PER(株価収益率)が低いこと。PBR(株価純資産倍率)や配当利回りを見ることもあるが、常に見ている株価指標はPERだ。

バリュー株投資を採用しているのは、私が典型的な中産階級の家庭で生まれ育ったことが影響している。裕福ではないので、モノをできるだけ安く買うことで所持金を有効利用しようとした。だから、本来の価値よりも低い価格で買うバリュー株投資は自分には腑に落ちた。


私が運用を担当しているファンドが中小型株に特化しているのは、中小型株をフォローしているアナリストは、大型株ほど多くはいない。そのため、中小型株の中に見過ごされた有望な銘柄を見つけることができるからだ。


株式投資で失敗する人が多いのは、株式投資をギャンブルと考えている人が多いからだと思う。失敗を防ぐためには、長期投資の仕方と合理的な思考を学ぶ必要がある。企業の事業内容を理解できるだけでなく、「この事業は5年以内にこのようになっている」と推測できるようになることも求められる。


「正しい判断は経験から生まれ、経験は間違った判断から生まれる」という格言もある。利益に伴う喜びよりも損失に伴う痛手の方が大きい。さらに、完璧になるよりも失敗を防ぐ方が簡単だ。完璧な投資などあり得ない。大きな損失につながる失敗を防いで心理的な痛手を回避することは、多くの人にとって可能だ。


私の趣味はガーデニングだ。株式投資もガーデニングも今日の行動の結果がすぐには表れない点が共通している。ガーデニングでは、蒔いた種が花や野菜になるまで何か月もかかる。木の場合は何か月どころか何年だ。株式投資も同じだ。今日買った株が明日100円上がるかもしれないが、そのことを当てにしてはいけない。5年後までに「あの株を買ったのは良い判断だった」と振り返ることができればいい。


株に投資するのであれば、先行きを予想しようと試みることが必要だ。企業の将来価値は、経営者がどれだけ優れた決断を下せるかに左右される。もちろんその決断がどのような結果をもたらすかは事前に分からない。一つの決断の結果が出るまでに長い時間がかかることもある。だからこそ、長期投資が求められる。


企業の利益が将来に増えるかどうかは、経営者の手腕にかかっている。他社にはない特別なものを扱うビジネスを創り出している経営者を探すことだ。たとえば米アマゾン・ドット・コムは、世の中に流通している本を全て扱い、しかもすぐに配達することで、書籍販売という一般的なビジネスを特別なものにした。


ビッグチェンジには乗ろうとしている。ただし、誰もが注目して最も人気のある銘柄には投資しない。だから、EV(電気自動車)や自動運転車には関心を持っているが、テスラの株は保有していない。その代わりに、EVメーカーや自動運転車メーカーと協業する戦略を取っている自動車関連の会社を探している。


日本は小型株の投資家にとっては素晴らしい市場だ。米国よりも人口が少ないのに、米国に比肩するほど多くの小型株が上場しているからだ。この点は他の国の小型株も同じだが、米国に比べてアナリストにカバーされている小型株が少ない。また、他国に比べて日本は詐欺師まがいの悪質な経営者が少ない。これも私が日本の小型株を強く選好する理由の一つだ。


ピーター(リンチ)は驚くほどエネルギーに満ち溢れていた。非常にスマートで、新しいアイデアや情報に耳を傾ける柔軟性があった。彼は知識の習得に貪欲で、それまでの考えと矛盾する情報を得ると、考えを改めることをいとわなかった。自分の失敗を素直に認めることができた。その姿勢だろう。これは簡単なことではない。多くの人は自分の下した判断が正しいと思いたがり、それを裏付ける情報だけを見ようとするからだ。


保有している株を売るのは他にもっと有望な株を見つけた時だ。事業が成長するスピードが速く、経営者の手腕も優れている一方で、過小評価されて価格は割安になっている。そんな会社の株が見つかったら、保有している株を売却して乗り換える。そのために常に銘柄を比較している。もちろん単に保有している銘柄が割高になり、経営も悪化して、競合他社に対する優位性も失われていたら、他にもっと有望な銘柄がなくても、見切って売却することはある。


フィデリティに採用される前はバンク・オブ・アメリカでエコノミストをしていた。その時に債券よりも株の方が好きなことに気付いた。それで株式投資に関係する仕事に就きたいと考えた。また、多くのことを学べる偉大な人たちと一緒に仕事をしたいという気持ちも強かった。ピーター(リンチ)は、今も米国で最も有名なファンドマネジャーだ。運用していた「フィデリティ・マゼラン・ファンド」で抜群の成績を残した。だから彼に何度も電話して面談を受けたんだ。


ジョエル・ティリングハストの経歴・略歴

ジョエル・ティリングハスト。「米フィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチ」ポートフォリオマネジャー。ノースウエスタン大学経営大学院でMBAを取得。米調査会社バリューライン アナリスト、バンク・オブ・アメリカ調査アナリストなどを経てフィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチに入社。著書に『Big Money Thinks small』。

他の記事も読んでみる

亀井静香

日本郵政の新社長に元大蔵省の事務次官・斎藤次郎さんを起用すると発表したら、大新聞は一斉に「元次官に郵政を託す『脱官僚』」とか「民から官へ、逆流ですか」って皮肉って批判したでしょう。だから記者会見のときに、記者たちに向かって言ってやったんだよ。「斎藤次郎さんの就任について反対のヤツは、手を挙げろ!」と。そしたら記者たちはだれも挙げなかった(笑)。だいたい10年以上も前に官僚だったからといって、「官僚支配の復活だ」みたいに騒ぐほうがおかしいでしょう。官僚だって、いい人材がいれば使えばいいんだよ。まあ、マスコミにあおられるまま、役人をバッシングしていれば国民にも拍手されるかもしれないけどね。


最上悠

交渉の場で「この値段がギリギリです」と言ってみて、相手が「そうか、わかった」と流したら、いま気になっているのは値段ではないと判断できます。このように、小さく本音をぶつけて、スルーするか、反発しないか、相手の態度から、心を読み取ることができるでしょう。


大山健太郎

うちは全国から採用していますが、社員には部活を一所懸命やった人とか、何かの組織でリーダーをやった人が多い。そうした活動を通して組織について実地に学んできた人の方が、学歴が高いだけの人よりも会社にとって魅力的な人材なのです。


中野信子

ネガティブ脳は、人が生きる上で必要な機能。ネガティブ感情は、「状況がよくないですよ」という脳からのアラート=注意信号なんです。危険だから今の状況を変えましょう、という信号です。だからネガティブ思考の人は、危機察知能力が高いとも言えるんです。


泉谷しげる

人間はどうやったって疲れる生き物だから。むしろ、どこまで突っ張って、波風立てて、疲れられるかが勝負だよ。


金澤悦子

会によっては、「名刺だけは何十枚も集まったけれど、一人も顔を思い出せない」という結果に終わることもあるからだ。どんな会が「出るだけムダ」なのかといえば、「そこにいる全員が何かを求めている」ような会である。何かというのは、「仕事につながる話」や「転職のためのコネ」だ。全員が求めてばかりで与える人がいない集まりは、ハイエナの群れも同然。お互いが牽制しあって、参加した後には疲労感しか残らない。こうした会は、テーマが明確に設定されていないことが多い。門戸が広く、誰でも参加できる分、いいことを漠然と求めるハイエナが、鼻をきかせて集まってくるのである。


岡田元也

企業が大きくなると間接部門が肥大化し、お客様と距離力難れる社員も多くなります。官僚的な体質や組織が大きくなる。それと真正面から戦うのも重要かもしれないけど、それよりも、小さくても新しいものをどんどん誕生させる方が、ある意味で楽ですよ。


大久保恒夫

小売業の価格は、チラシで丸見えになっており、値下げをしてもすぐに他社が追随してきます。安売り合戦になると、体力のない店に勝ち目はありません。


徳重徹

文句を言っても仕方がない。当時は「天災だった」と気持ちを切り替えるしかありませんでした。
【覚え書き|受注したフィリピン政府主導の電動三輪タクシー事業が突然中止され、経営危機に陥った当時を振り返っての発言】


北条重時

自分の妻子の話はよく聞いてあげるといいだろう。その際、僻(ひが)み言を言ったとしても、女子供の常であるからと思ってこらえ、また道理のあることを言ったとしたら、いかにももっともなことだと感心し、これから後も、このように意見を聞かせてくれ、と言うといいだろう。


小堺桂悦郎

借金には「お金があってする借金」と「お金がなくてする借金」の二つがあって、前者は検討に値する場合があります。たとえば300万円の預金があって、200万円のクルマを買おうという場合、多くの人が「ローンの金利がもったいないから現金で買おう」と思います。しかし、私はその300万円は銀行に預けたまま、ローンでクルマを買うことを勧めます。なぜなら、給料が下がったり、病気をしたりするなど不測の事態が起きれば、途端に余裕がなくなるからです。そして「お金がなくてする借金」をせざるを得なくなります。「お金がなくてする借金」は、本当につらい。そうならないためにも、ローンの金利は一種の保険料だと思って、手元にある程度自由になるお金を持っておくことは必要だと思います。


石塚しのぶ

商品や価格では差別化がむずかしい時代になりました。「人」の力が最大の武器になりますが、これに磨きをかけるのは莫大な資金力を要することではありません。つまり、小・中規模企業にも、大企業より優位に立つチャンスがあるということなのです。ただし、莫大な資金力を要求しない代わりに、経営者をはじめ、関わる人たち全員の覚悟と真心と辛抱強さを要します。