名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

ジュール・ルナールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジュール・ルナールのプロフィール

ジュール・ルナール。フランスの小説家、詩人、喜劇作家。マイエンヌ県シャロン=デュ=メーヌ村出身。17歳でパリに上京。高等師範学校入学を目指すも挫折。進学を断念し創作の道に進む。文芸雑誌『メルキュール・ド・フランス』創刊に携わる。代表作に『にんじん』『ばら』『根なしかずら』『ぶどう畑のぶどう作り』『村の犯罪』ほか。46歳でこの世を去った。

ジュール・ルナールの名言 一覧

金を持たずに済ませることも、金を儲けるのと同じくらいの苦労と価値がある。


ジュール・ルナールの経歴・略歴

ジュール・ルナール。フランスの小説家、詩人、喜劇作家。マイエンヌ県シャロン=デュ=メーヌ村出身。17歳でパリに上京。高等師範学校入学を目指すも挫折。進学を断念し創作の道に進む。文芸雑誌『メルキュール・ド・フランス』創刊に携わる。代表作に『にんじん』『ばら』『根なしかずら』『ぶどう畑のぶどう作り』『村の犯罪』ほか。46歳でこの世を去った。

他の記事も読んでみる

山本隆章(経営者)

業務用の端末では、時代によって標準的な通信手順が異なることがあります。いくら新技術に通じていても、古い通信手順を熟知していなければ、これらが混在した環境を構築することはできません。私たちは古くからネットワーク関連の機器やソリューションを手がけているため、多様なIT環境をつなぐことには長けています。


梅原勝彦

私どもの会社は、受注してから製造現場が動き始めるまでが、とにかく早い。以前、あるテレビ番組の取材を受けたとき、「いま来た注文に、5分後には取りかかります」と私が言ったところ、社員に「相談役、3分です」と訂正されました。それぐらい早いのですが、それも人と設備にややゆとりがあるからこそ。こういう「いい無駄」はある程度ないといけません。これも企業の力なんです。


大宮久

日本食文化を広めることは争いのない世界をつくる社会貢献のひとつと考えます。私がシカゴに留学していた1960年代は、海外では生魚を食べる日本の食文化に抵抗があるようでした。しかし、今では、刺身や寿司などのおいしさを実感し、食文化から日本という国に興味を持ち理解が得られるようになってきました。


坂根正弘

企業経営者は自社の弱みばかりを憂慮するのでなく、強みを見つけ、磨いて日本の国際競争力にもっと自信を持ち、攻める姿勢を忘れないでほしい。


石井淳蔵

石井淳蔵の名言・格言| リサーチ部門を持つ3つのメリット

  1. 仕組みとしてのリサーチ・プロセスの確立
  2. マーケッターとリサーチ担当との良い緊張関係
  3. リサーチ標準(手法、プロセス、基準)の維持

築山節

多くの人が侮ってしまうのは、朝の時間の過ごし方です。これが、脳に極めて大きな影響があるということをみな軽んじています。私の患者さんには大手企業の管理職の人や、キャリア官僚なども多いですが、彼らの主な訴えのひとつが、最近どうも頭が冴えないというもの。会議で人の話の要点をうまくつかめない、いいアイデアが浮かばない、と。診察すると、特に健康状態に問題はないのですが、残業などで帰宅時間は一定ではなく、そのため起床時間も一定していないことが目立つ。ぎりぎりまで寝て、タクシーで会社へ行く人さえいます。それでは頭が冴えないのも無理はありません。だから、そういう人には病気ではなくても、早起きして朝一番に病院に来るよう仕向けることもあります。


伊藤絵美

そもそもストレスは、「シマウマがライオンを見つける」→「ストレスを感じる」→「逃げる」といった、生き延びるために、ある瞬間だけ出る反応でした。しかし、文明社会となった今、私たちは刺激に囲まれ常にストレスを感じています。言い換えると、ストレスを感じずに生きることはできないのです。ならば、できるだけストレスを感じないよう対処をすることが、今の世の中でより健やかに生きる方法と言えるでしょう。


市村清

私は過去の体験から、従業員を使用人でなく事業の協力者だと思っているし、物心両面からできるだけの待遇を実行している。そしていつも彼らが勤めを楽しい面白いこととして愛するようにと導いているつもりだ。働くことに何の心配もつきまとわない、世界のどこにも類例のない独特の市村産業団というものをつくりあげていきたい。


小笹芳央

不満ばかり言っていても事態は何も変わらない。逆に自分の関与の仕方次第で、状況は変わってくる。


上田準二

多少高くてもここでしか買えない、そして思わず買いたくなってしまう商品が、店内の活気を生み、新しいお客様の流れをつくりだしていくのです。


奥山清行

仕事への意欲とは「何かを残したい」という、人間としての種の保存的本能です。後世に残る仕事を成し遂げたいという思いが意欲を生むのです。


石川純一(経営者)

NECの技術者だった頃、しまむらの藤原秀次郎さんに「POSレジを40万円にしろ!」と怒鳴られました。当時POSレジは280万円ほどする高価な物でした。「どうやってそんなに安くすればいいんですか?」と反論すると、藤原さんは「余計なものは全部省けばいいんだ!」と一喝されました。帰れない日々が続きましたが、不要な機能を排除して要望通りの物を納品することができました。