名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジャン・ポール・ゲティの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジャン・ポール・ゲティのプロフィール

ジャン・ポール・ゲッティ。アメリカの実業家。石油業で財を成した。ゲティ財団を設立。1956年フォーチュン誌で世界一の金持ちとされた。

ジャン・ポール・ゲティの名言 一覧

いま自分の銀行にどれだけのカネが入っているのか知っているようじゃ、本当の金持ちじゃないね。


私の成功の方程式は何かだって?早く起きて、遅くまで働き、油田を掘り当てる。ただそれだけさ。


自分で100%の努力をするよりも、むしろ100人の1%ずつの努力を味方につけたいところだ。


金は肥料に似ている。分散しておかないと臭ってしょうがない。


カネというのは肥やしと同じだ。ただ積んでいたらハエが集まるだけで、どう上手に畑にまいてやるかなんだ。


払ったら癖になる。
【覚え書き|孫が誘拐されたときに身代金を払わなかったことについてのコメント】


ジャン・ポール・ゲティの経歴・略歴

ジャン・ポール・ゲッティ。アメリカの実業家。石油業で財を成した。ゲティ財団を設立。1956年フォーチュン誌で世界一の金持ちとされた。

他の記事も読んでみる

田中均

実際の交渉にあたっては、いつも自分自身に問いかけたものです。「自分がやろうとしていることは本当に正しいのか?」と。頭の中で繰り返し反芻し、確信を持ったうえで交渉に臨むように交渉に挑むよう心がけました。そうすれば、どんな場面でも発言がブレが生ずることはありません。


松原弘典

実際に学生たちの就活を見ていると、採用される側は目立ちすぎないように画一化のレールに自分から乗っているし、企業の側も効率を口実に、システム化された採用をしている。こういう状態がいいとは思えない。みんなが同じ方向を向く、今の日本のシステムに飼い慣らされてはいけない、と強く感じます。


安藤哲也

「高齢社会」「長寿社会」と聞くと、ビジネスパーソンは年金制度への不安、介護問題に対する恐れといったネガティブな話を想像しがちです。しかしポジティブに捉えれば、人生を楽しむ時間が増える。現在40歳なら100歳まで60年、52万時間以上もある。必要な対策を講じる必要はあるものの、悲観一辺倒になるのは損です。


小倉広

青森県の大間町に、「日本一のマグロ釣り」といわれる漁師がいます。最高価格がつくマグロを毎年釣り上げ、なおかつ平均の4倍近い漁獲高を誇る人物です。彼はこういっています。「海に出れば、嵐や時化(しけ)でマグロが釣れないことはいくらでもある。天候という自分の力ではどうしようもないことに一喜一憂していたら心身がもたないので、自分はつねに船や漁具の手入れをしっかりして、毎日同じ時間に船を出すことだけを考えている」。つまり、自分でコントロールできないことに支配されると、不安や苦しみが生まれてしまう。だから、自分ができることを一生懸命やるしかないのだ、といっているわけです。


須田将啓

弊社が掲げるのは「良い人や良いサービスの提供者が稼げる」ポリシーです。広告費に左右されず、純粋にユーザーの評価が高いものが売れる。評価社会やソーシャル資本主義になる中、バイマのポリシーは時代に合致していると自負しています。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

お客様は来てくださらないもの。お客様は来るものと思い込んでいてはいけない。


宋文洲

経営者は企業の中で、経営という役割を果たしています。その意味では営業とか開発などの役割を分担している社員と対等なんです。それなのに「経営者は偉い人だ」と誤解している人が多い。だから昔の殿様みたいですよ。偉い人はカゴに乗せられて、そこのけそこのけで通るわけですね。でも、担がれているから、降りたいと思ってもなかなか降りられない。


大串亜由美

頼み事が突然舞い込んできた場合、即答する必要はありません。深く考えずに反射神経で対応してしまうと、言わなくてもいいことを口走ったり、伝えなくてはいけないことを言いそびれたりする原因になります。できもしないのに、相手に遠慮して仕事を引き受けてしまうと「なんでおれがやらなきゃいけないんだ」とイライラが募り、感情を爆発させてしまうことにもなりかねません。待ってほしいなら「待ってほしい」、困っているなら「困っている」と素直に状況を伝えることです。


村尾隆介

日常生活のあちらこちらにトレーニングの種は落ちているものです。それらを有効に活用し、楽しみながら向上を目指してください。


松岡正剛

表面的な知識やスキルではなく、教養を身につけるには、歴史のある場面について、深く掘り下げて考えてみることが大切。


アンディ・フグ

あきらめないで自分を信じて欠点を矯正していく。それが一番大切だ。


天坊昭彦

時を上手くつかまえるには、ものごとの優先順位を考える必要があります。その際、私の基準は、「社会に役立つかどうか」です。会社が存続することは無論、従業員にとって重要ですが、果たしてその会社の事業は世の中の役に立っているのか?そこを考えると、ものごとの優先順位はおのずと見えてきます。