名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジャン=パスカル・トリコワの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジャン=パスカル・トリコワのプロフィール

ジャン=パスカル・トリコワ。フランス出身の経営者。「シュナイダーエレクトリック」会長兼CEO(最高経営責任者)。

ジャン=パスカル・トリコワの名言 一覧

国によって確かに違いはある。ただローカルな視点で見ると各国で共通している部分が非常に大きいことも分かる。


良い会社とは、良い人材がいる会社を指す。


世界がどこに向かっているか敏感に感じ取り、お客様が求めているものをシンプルに追求していく。


自分自身のキャリアを振り返ると、失敗もありましたが、同時に成長もしてきました。だからこそ今もCEOを続けられているのかもしれません。


先週はパリで取締役会をして、次の取締役会は中国で開く予定です。ビデオ会議システムなどを使えば特に問題はありません。会合はビジネスのあるところでやればいいんですよ。


若くして経営を任せられると、必然的に長期的なスパンで意思決定するようになります。これは企業にとってはプラスです。40代でグローバル企業のCEOに就任するのは大きなプレッシャーですが、同時に仕事にエキサイティングに取り組める年代でもあります。


人材が世界のどこにいるかは大きな問題ではありません。必要な時に必要な場所にいればいい。ですから当社のリーダーは北米、中東、アジアと各地に散らばっています。重要なのは多様化していることでしょう。ですから日本の方々だって、国を出なくてもグローバルな人材になることは十分に可能だと思います。


長期的な視点を持つことができれば変わることができる。どんなに組織や事業内容が複雑になっても、自分たちが今、何にフォーカスを当て、どういうミッションを持って、何をしようとしているのか。従業員一人ひとりが明確に分かっていないといけませんから。


私たちは100か国以上で事業展開していますが、一方で非常にローカルな存在であるとも考えています。工場や物流センター、研究拠点を各国に設置し、ローカルなお客様が望むものをすぐに提供できる体制を整えていますから。今、確かに世界はグローバル化からローカル化する傾向があるかもしれません。それはローカル展開を進めている私たちにとってはチャンスと捉えることもできます。


国の政策によって、流れが速くなったり、遅くなったりすることはあるかもしれません。ただトレンドの方向そのものを変えることはできないと思います。HV(ハイブリッド車)やEV(電気自動車)が増えているのは、政策によるものではなくて、人々がそういうものを求めているからです。世界中に普及したスマートフォンだって、需要があったから市場が生まれたわけであって、政策は関係なかった。


知り合いの経営者に話を聞くと、自分の会社のITに関するコストは把握しているのですが、会社としていくら電気代を支払っているのか知らない人が多い。実際には、ITに投じているコストより、エネルギーコストの方が大きい場合が多い。乱高下するエネルギー価格に事業を依存するリスクは非常に大きい。事業や製品の競争力を高める上で、エネルギーの効率化は不可欠。


ジャン=パスカル・トリコワの経歴・略歴

ジャン=パスカル・トリコワ。フランス出身の経営者。「シュナイダーエレクトリック」会長兼CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

山本晴義

「忙しくて、運動をしている暇がない」と言う人もいるかもしれませんが、アメリカのジョージ・ブッシュ元大統領は、大統領の任期中、一日たりともジョギングを欠かさなかったそうです。空いた時間に運動するのではなく、意識して時間を作るといいでしょう。


戸田博道

当社は世界の通信大手との取引がほとんどありませんでした。国内市場でしか仕事が取れず、グローバル市場では米独の計測器メーカーに圧倒されていたのです。ですが、この大きな変化はチャンスでした。技術が何より大事なこの世界では、変化の時には従来の取引にこだわらずにいいものを採用してくれる可能性があるからです。
【覚書き|携帯電話の通信規格が第2世代から第3世代に入れ替わった時期を振り返っての発言】


内藤忍

投資で大勝負をするなら、失ってもいいお金でやるべきです。決して虎の子をつぎ込むべきではありません。


進藤貞和

販売は人間関係だとよく言われますが、まったくそのとおりです。買っていただくからと言って、必要以上に卑屈になることはありませんが、売ってやるといった姿勢でいたら、買う気になっているお客さんも嫌になって買ってくれないでしょう。


丹羽宇一郎

残念ながら教訓というのは自分のためのもので、人のものにはならない。まったく同じ事象が起きることはないし、事象の原因も変わる。だからバブルは繰り返す。


築山節

「とにかく終わるまでやる」という気持ちでは、ダラダラ作業になりがちで、効率が悪く、気づいたらいつの間にか午後9時……なんてことになりがち。制限時間を決めれば、その緊張感で集中しやすく、必死で終わらせようと頑張れます。


高城幸司

上司にしてみれば、飲みニケーションは仕事の延長線上にあるという感覚でしょう。確かに、会社や部署の全員が参加する宴会なら、業務の一環です。しかし、飲みニヶーションは任意のもの。そのため、誘うタイミングや理由に工夫が必要です。「仕事がひと段落したから」「君が好きそうな良い店を見つけたから」「20代の社員と順番に飲みに行っているから」など。「行きたい」「行くべきだ」と思える理由がないと、部下は喜んでついてきませんし、心を開いてはくれません。


樋口武男

人間、生まれたときはだれでもそう大差はない。持っている細胞の数もそれほど変わらない。揉まれて努力することで初めて能力差がつく。しかし、いくら努力しても運がついてこない人がいる。運と努力がマッチしないと芽は出ない。ならば、運はどうやってつくのか。不義理をするとか、王道を進もうとしない人には、運はついてこない。


秋元康

自分一人が面白いと思ったなら、必ず他にもそれを面白いと思う人がいる。言い換えれば、面白いことに気づいている自分がすでに面白い。クリエイティブというのは、そういうものだと思います。


熊谷亮丸

レポートを作成するに当たっては、一番旬なテーマや切り口を調査本部のエコノミスト、研究員と一緒に徹底的に議論する。このプロセスは部下の指導も兼ねています。仕上げの直前は一日おきぐらいに集まって、数時間議論して詰めるのです。


プラユキ・ナラテボー

日本人はみずからの心の安定はさておき、相手への思いやりを優先する傾向がある。それが礼儀正しさや責任感の強さといった評価にもつながっていくのであろう。しかし相手の気持ちを慮(おもんばか)るためには、思考を働かせねばならない。それがときにクリアット(心配しすぎ)となり、「心配事」や「気がかり」が多くなって悩みがちになるゆえんでもあろう。


佐治敬三

教えてもあかんやつはあかん。でけんものはできへん。