名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ジャン=パスカル・トリコワの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジャン=パスカル・トリコワのプロフィール

ジャン=パスカル・トリコワ。フランス出身の経営者。「シュナイダーエレクトリック」会長兼CEO(最高経営責任者)。

ジャン=パスカル・トリコワの名言 一覧

国によって確かに違いはある。ただローカルな視点で見ると各国で共通している部分が非常に大きいことも分かる。


良い会社とは、良い人材がいる会社を指す。


世界がどこに向かっているか敏感に感じ取り、お客様が求めているものをシンプルに追求していく。


自分自身のキャリアを振り返ると、失敗もありましたが、同時に成長もしてきました。だからこそ今もCEOを続けられているのかもしれません。


先週はパリで取締役会をして、次の取締役会は中国で開く予定です。ビデオ会議システムなどを使えば特に問題はありません。会合はビジネスのあるところでやればいいんですよ。


若くして経営を任せられると、必然的に長期的なスパンで意思決定するようになります。これは企業にとってはプラスです。40代でグローバル企業のCEOに就任するのは大きなプレッシャーですが、同時に仕事にエキサイティングに取り組める年代でもあります。


人材が世界のどこにいるかは大きな問題ではありません。必要な時に必要な場所にいればいい。ですから当社のリーダーは北米、中東、アジアと各地に散らばっています。重要なのは多様化していることでしょう。ですから日本の方々だって、国を出なくてもグローバルな人材になることは十分に可能だと思います。


長期的な視点を持つことができれば変わることができる。どんなに組織や事業内容が複雑になっても、自分たちが今、何にフォーカスを当て、どういうミッションを持って、何をしようとしているのか。従業員一人ひとりが明確に分かっていないといけませんから。


私たちは100か国以上で事業展開していますが、一方で非常にローカルな存在であるとも考えています。工場や物流センター、研究拠点を各国に設置し、ローカルなお客様が望むものをすぐに提供できる体制を整えていますから。今、確かに世界はグローバル化からローカル化する傾向があるかもしれません。それはローカル展開を進めている私たちにとってはチャンスと捉えることもできます。


国の政策によって、流れが速くなったり、遅くなったりすることはあるかもしれません。ただトレンドの方向そのものを変えることはできないと思います。HV(ハイブリッド車)やEV(電気自動車)が増えているのは、政策によるものではなくて、人々がそういうものを求めているからです。世界中に普及したスマートフォンだって、需要があったから市場が生まれたわけであって、政策は関係なかった。


知り合いの経営者に話を聞くと、自分の会社のITに関するコストは把握しているのですが、会社としていくら電気代を支払っているのか知らない人が多い。実際には、ITに投じているコストより、エネルギーコストの方が大きい場合が多い。乱高下するエネルギー価格に事業を依存するリスクは非常に大きい。事業や製品の競争力を高める上で、エネルギーの効率化は不可欠。


ジャン=パスカル・トリコワの経歴・略歴

ジャン=パスカル・トリコワ。フランス出身の経営者。「シュナイダーエレクトリック」会長兼CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

経営者を育てるには、社員に経営を経験してもらうことが一番。


横山光昭

そもそもツラいと感じる節約法は、自分に合ってない。たとえば家計簿1つとっても、真面目でコツコツ型のAさんは手書きの家計簿をキッチリつけたら家計がグッと引き締まったのに対し、ずぼらなBさんは手書きの家計簿が大変ですぐやめてしまった。でもBさんは楽しいことが大好きなので、ゲーム感覚でできる家計簿アプリを使ったら楽しく続けられ、大きな節約に繋がった。このように人により適切な節約法は千差万別なので、自分に合った方法を見つけるのが第一です。


赤塚保

消費者の食に対する嗜好の傾向を素早く感知することも大切です。百貨店の惣菜店「柿安ダイニング」を始めたのは、「健康な食生活のためには何十種類もの野菜をとるべき」という記事がきっかけでした。これだと思ったことは、とにかく早くやることです。このときも1週間で形にしました。


高田明(ジャパネットたかた)

私はいつも課題に挑んでいますが、それをキツイとは思いません。そういう生き方を自分の行動パターンにしているからです。前向きなら苦痛ではないのです。目の前の出来事を課題として意識し、好きになって楽しんで挑めば、いかようにも未来が広がっていきます。教会を造る石積み職人が石を積むだけの単調な仕事と思ったら苦痛ですが、人の役に立つことをしていると考えたら喜びが生まれ、工夫するようになるのと同じです。


島本久美子

日本はこれまでビジュアルより文字を重視する文化が強かったのだと思います。これから日本のブランドイメージを世界に伝えていくためには、もっとビジュアルを重視する必要がある。


宮内義彦

局地戦でも結果を出さないといけない。社会貢献はしたが経営がボロボロでは評価されません。中長期的視点の経営は素晴らしくても、短期では破綻しているのでは意味がない。


川村隆

企業が何のために世にあるかと言えば、付加価値を社会に還元していくためです。企業が稼ぐことで、従業員の給料として、税金として、株式配当として、世の中へ豊かさが広がっていく。


桜井博志

日本酒が売れなくなったのは、日本酒に求める機能が変わっていたにもかかわらず、酒蔵がそれに対応してこなかったからです。私はある先輩からこんなことを言われました。「昔は花見のとき、みんな酒を飲んで動けんようになって、辺りに転がっていた。最近は素面で帰る。日本酒が売れないのは当たり前だ」と。


山田邦雄

創業者の子孫が経営にコミットするというのは、長期でものを考えるという点でメリットがある。僕は長男だし、生まれた時から後継者候補としての時間が動き出していた。子供世代のことを考えると、すぐに100年単位になる。勤め人では100年単位で考えられる人はいないでしょう。


槍田松瑩

商社マンにとって気をつけなければならないのは、儲けを絶対視する発想です。そういうさもしい動機から入った仕事であれば、たいていは三井物産の評判や信用を失墜させます。そうなると真の意味での利益ももたらさないし、社員個人としての達成感を得ることはできません。


松田譲

心の中ではすぐにでも逃げ出したかったですけれど、社長になったらそうはいかない。
【覚書き|社長就任後、証券アナリストから決算について厳しい質問を投げかけられたときを振り返っての発言】


藤原和博

計算するだけでなく、ひとまずやってみることも大事です。私が東京都で義務教育初の民間校長になる初めの一歩は、息子の小学校のボランティアに顔を出したことです。コンピュータルームの前時代的な使われ方に唖然とし、父親5人でサポート隊を作ったことが始まりでした。校長になろうとか、教育を変えてみせるとか、そんな考えはなく、「小学校に行くのは久しぶりだな」くらいの気持ちでした。