名言DB

9429 人 / 110879 名言

ジャン=パスカル・トリコワの名言

twitter Facebook はてブ

ジャン=パスカル・トリコワのプロフィール

ジャン=パスカル・トリコワ。フランス出身の経営者。「シュナイダーエレクトリック」会長兼CEO(最高経営責任者)。

ジャン=パスカル・トリコワの名言 一覧

国によって確かに違いはある。ただローカルな視点で見ると各国で共通している部分が非常に大きいことも分かる。


良い会社とは、良い人材がいる会社を指す。


世界がどこに向かっているか敏感に感じ取り、お客様が求めているものをシンプルに追求していく。


自分自身のキャリアを振り返ると、失敗もありましたが、同時に成長もしてきました。だからこそ今もCEOを続けられているのかもしれません。


先週はパリで取締役会をして、次の取締役会は中国で開く予定です。ビデオ会議システムなどを使えば特に問題はありません。会合はビジネスのあるところでやればいいんですよ。


若くして経営を任せられると、必然的に長期的なスパンで意思決定するようになります。これは企業にとってはプラスです。40代でグローバル企業のCEOに就任するのは大きなプレッシャーですが、同時に仕事にエキサイティングに取り組める年代でもあります。


人材が世界のどこにいるかは大きな問題ではありません。必要な時に必要な場所にいればいい。ですから当社のリーダーは北米、中東、アジアと各地に散らばっています。重要なのは多様化していることでしょう。ですから日本の方々だって、国を出なくてもグローバルな人材になることは十分に可能だと思います。


長期的な視点を持つことができれば変わることができる。どんなに組織や事業内容が複雑になっても、自分たちが今、何にフォーカスを当て、どういうミッションを持って、何をしようとしているのか。従業員一人ひとりが明確に分かっていないといけませんから。


私たちは100か国以上で事業展開していますが、一方で非常にローカルな存在であるとも考えています。工場や物流センター、研究拠点を各国に設置し、ローカルなお客様が望むものをすぐに提供できる体制を整えていますから。今、確かに世界はグローバル化からローカル化する傾向があるかもしれません。それはローカル展開を進めている私たちにとってはチャンスと捉えることもできます。


国の政策によって、流れが速くなったり、遅くなったりすることはあるかもしれません。ただトレンドの方向そのものを変えることはできないと思います。HV(ハイブリッド車)やEV(電気自動車)が増えているのは、政策によるものではなくて、人々がそういうものを求めているからです。世界中に普及したスマートフォンだって、需要があったから市場が生まれたわけであって、政策は関係なかった。


知り合いの経営者に話を聞くと、自分の会社のITに関するコストは把握しているのですが、会社としていくら電気代を支払っているのか知らない人が多い。実際には、ITに投じているコストより、エネルギーコストの方が大きい場合が多い。乱高下するエネルギー価格に事業を依存するリスクは非常に大きい。事業や製品の競争力を高める上で、エネルギーの効率化は不可欠。


ジャン=パスカル・トリコワの経歴・略歴

ジャン=パスカル・トリコワ。フランス出身の経営者。「シュナイダーエレクトリック」会長兼CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

板谷由夏

変化や成長を遂げるのは、簡単ではないと思いますが、やはりそのなかにこそ物事の醍醐味があります。


三村明夫

いま私たちが直面しているような危機は、日本にとって初めてでも何でもない。第2次世界大戦後もそうだし、バブル崩壊もそう。リーマンショックも東日本大震災もそうだが、そういう危機ってみんなが意識できる危機だった。対策がそうとうきつくても、国民は受け入れる。そうやって危機を乗り切ってきた。国民も、国家も、適切に危機を認識できれば、それはそれで物事は動くもの。


浜脇洋二

ドイツのBMW本社からは「もっと優秀な社員はいないのか」と言われ、「トヨタ自動車やホンダが成功しているのは、優秀な人材がいるからだろう?」と質問されたりもしました。しかし、大きな集団の中のひとつの歯車としてはよくできても、日本人ビジネスマンは独り立ちした経営幹部としてはいまひとつなんです。


小田與之彦

自動搬送のシステムは、客室係がお客様へのおもてなしに集中するにはどうすればいいか、という発想から導入したものです。ロボットにできることは、ロボットに任せて省力化する。一方で、お客様と接する部分は人間にしかできません。人の温かさでもてなす、というのが我々の考え方です。


阿部祐二

僕の姿を何人の人が見てくれているかはわかりませんが、朝、僕が何かを伝えることで、「見ると、元気が出るよ」とか、「阿部さんが出てくるのを待っているんだよ」と言ってもらえることがあります。これは、僕の何よりの喜び。それを味わうためには、疲れている場合じゃありません。


梅原誠

仕事の失敗もたくさんありますが、それについては、良かれと信じてやったことだと割り切っていました。最終的にうまくいけば、「終わりよければすべてよし」となりますから。


本田昌也

途中でやめるから失敗なんだ。お客様にとって価値のあることなら、成功するまで続ければ失敗じゃない。


浜矩子

かつて日本にとって復活要因だったことが、今も、いつまでも、日本にとって復活要因であり続けると考える。これは、歴史を知らない者の思い込みです。


ハロルド・ジェニーン

良いリーダーのやることは紳士的でなくてはいけない。誰も自分のリーダーが無知、優柔不断、弱さから無能を甘やかすことを望みはしない。弱いリーダーについていきたいとは誰も思わない。リーダーとして弱いことは最低である。困難な状況にぶつかったら、どう変わるかわからないからだ。困難で、不評判ですらある決断をすることを恐れない強いリーダーの方がずっと多くの尊敬と忠誠を勝ち取る。目下の人間を扱うのに紳士的で公正で信頼できると知られている限り。


星野佳路

星野リゾートのマネジメント職は「立候補制」を採用し、やりたいと手を挙げた人の中から抜擢しているのですが、「失敗しなさそうな人」を選んでいるわけではありません。「もしかしたら失敗してしまうかもしれない、やや危なっかしい人」であっても、そのリスクを踏まえたうえで、本人のやる気とポテンシャルを客観的に判断し指名しています。