名言DB

9413 人 / 110706 名言

ジャン=ジャック・ルソーの名言

twitter Facebook はてブ

ジャン=ジャック・ルソーのプロフィール

ジャン=ジャック・ルソー。フランスの哲学者、政治哲学者、教育思想家、作家、作曲家。スイスのジュネーブ出身。13歳で牧師や法律家に預けられたのち、彫金工に弟子入り。その後、放浪生活を送る。20歳でヴィラン男爵夫人に庇護をされながら教育を受け愛人となる。この時に膨大な書物を読み、様々な知識を得た。夫人と別れたのち、家庭教師などをしながら論文を執筆。その著書はフランス革命とそれ以降の社会思想に大きな影響を与えた。

ジャン=ジャック・ルソーの名言 一覧

勇気がなければ幸福は得られない。戦いなしには美徳はあり得ない。


忍耐は苦い。しかしその実は甘い。


すべての不幸は、未来への踏み台にすぎない。


人は常に自分の幸福を望むものだが、常に幸福を見分けることができるわけではない。


ある真実を教えることよりも、いつも真実を見出すにはどうしなければならないかを、教えることが問題なのだ。


世界で一番有能な先生によってよりも、分別ある平凡な父親によってこそ、子どもは立派に教育される。


生きるとは呼吸することではない。行動することだ。


恋と同じで、憎悪も人を信じやすくさせる。


ある者は明日に、ある者は来月に、さらにある者は10年先に希望をかけている。一人として、今日に生きようとする者がいない。


人間は自らの努力によっていわば虚無から抜け出し、その理性の光によって自然が人間を包んでいた暗黒を消失させ、自己を越えて向上し、精神によって天上界まで飛翔し、太陽のごとき巨人の歩みによって宇宙の広大な領域を駆け回り、一層偉大かつ困難な自己の内部へ立ち戻り、人間を学び、その本性、義務、目的を知ろうとしている。このことはまさしく偉大にして高貴な光景である。


最も長生きした人間とは、最も年を経た人間のことではない。人生を楽しんだ人間のことである。


過ちを犯すことは恥ずべきことではない。むしろその過ちがわかった後も、その過ちを改めようとしないで、繰り返すのは恥ずかしいことだ。


ラブレターを書くには、まず何を言おうとしているのか考えずに書きはじめること。そして何を書いたのかを知ろうとせずに、書き終わらなければならない。


他人を愛せよ。そうすれば彼らもまた、あなたがたを愛するだろう。
彼らの役にたて。そうすれば彼らもあなたがたの役にたつであろう。


子どもを不幸にする一番確実な方法は、いつでもなんでも手に入れられるようにしてやることだ。


男は知っていることをしゃべり、女は人に悦ばれることをしゃべる。


自然を見よ。そして自然が教える道を辿っていけ。自然は絶えず子どもを鍛える。


私は失意の20年に悲しむべき学問を身につけた。こんなことなら無知でいるほうがよかったといまでも思う。


原初の状態にある人間ほど穏和なものはない。彼らは、動物的な愚かさからも文明人の忌むべき光からも遠いところにいる。


ジャン=ジャック・ルソーの経歴・略歴

ジャン=ジャック・ルソー。フランスの哲学者、政治哲学者、教育思想家、作家、作曲家。スイスのジュネーブ出身。13歳で牧師や法律家に預けられたのち、彫金工に弟子入り。その後、放浪生活を送る。20歳でヴィラン男爵夫人に庇護をされながら教育を受け愛人となる。この時に膨大な書物を読み、様々な知識を得た。夫人と別れたのち、家庭教師などをしながら論文を執筆。その著書はフランス革命とそれ以降の社会思想に大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

森川徹治

ガバナンスに必要なのは透明性。情報によって、会社の透明性を向上させることが重要。


安藤俊介

上司や部下がどんなことに怒りを感じるのか、日ごろから相手を観察することが大切です。ミーティングなど冷静な場で、ゲーム形式でお互いを知りあうのもいいでしょう。「どんなことに腹が立つか」を紙に書いて発表し、どれくらいの怒りなのか、その強度を10段階で当てあうのです。人は些細なことに意外なほど腹を立てていることがわかるはずです。


齋藤孝(教育学者)

優れたリーダーといわれる方にお会いして感じるのは、状況がよく見え、的確な判断ができ、自分が今何をなすべきかを見誤らないということだ。混沌としている人がいない。経験と実績に裏打ちされた自信が体に漲(みなぎ)り、勢いがある。決断が早く、コミュニケーションに長け、声も強い。そうした精神の明晰さと身体的迫力が、人を惹きつける。部下やビジネスパートナーを「この人についていけば大丈夫だ」「この人と一緒に何かをなしとげたい」という気持ちにさせるのだ。


ケリー・マクゴニガル

やることが多いのに割ける時間がなく、文句を言いたくなった時は、自分の人生で最も忙しかったいくつかの出来事を思い出すようにしています。論文を仕上げる時、本を執筆している時、そして結婚した時。その忙しかった時期に、信じられないくらい実りある成長を遂げたことを、自分に言い聞かせます。忙しさはポジティブなストレスとなり得るのです。


松本晃(経営者)

みんながもっと稼いで、税金を払えば、日本は借金をして国債を発行する必要もありません。世のため、人のための事業をして、稼ぐ。そして税金を納める。これが企業の役目です。


御手洗冨士夫

現場には自慢話をしてくれと言っているんです。だから私に自慢話をしようと、現場は私が来るのを待ち構えている。戦略を出し、仕組みを作り、何回もコミュニケーションをして、自分のやり方にも修正を加えながら、現場を指導していく。そして実行を確かめ、実行した人たちの苦労話を聞いて評価する。その繰り返しによって現場のモチベーションは格段に上がる。


浦上ヤクリン

自分の資質は簡単には変えられませんが、行動は変えられます。失敗の原因究明と対策をやったら、あとはいい意味で開き直るのです。逆に、自分の資質を責めてしまうとネガティブな循環から抜け出しにくくなります。


松岡昇

ほとんどの人の英語学習はプールサイドでハウ・トゥ・スイムの本を読んでいるようなものです。水に入って練習すれば泳げるのにやらない。英語も同じで、使う練習さえすれば使えるようになります。


浜田広

経営学者のピーター・ドラッカー氏は、経営とは「顧客の創造を手際よくやることだ」と言っています。氏の言う「顧客の創造」とは、売り上げ1億円の会社は1億円の顧客を創造できたということです。売上5000万円の会社は5000万円しか顧客を創造できなかったのです。売上自体が2倍あるということは、その会社の活動が世の中から2倍認められていることなんです。


吉田松陰

勉強しない人の気持ちには3つある。ひとつ目は、「年をとりました」と。ふたつ目は、「馬鹿ですから」と。そうでなければ、「私は才能が高く、もう学問は極めました」と。


鎌田浩毅

私は「好きなことよりできること」を自分の標語にしています。岡目八目(おかめはちもく)で、自分自身よりも他人のほうが自分の能力を的確に評価していると思っています。自分では興味がなかったり、苦手だなと思っていることも、人に言われて誘われたままにやってみると、意外と自分にぴたっとはまることもあります。得てして、そういう場合は成功する確率も高いものです。


クリス・アンダーソン

ユーチューブは「クズばかり」だからテレビの脅威にはならないだろう、と言う人が良くいる。クズばかりなのは、私も本当だと思う。ただ、何を「クズ」と思うのかは人それぞれに違う。その反対に「質の良いもの」だって同じだ。面白いネコ動画を探している人には、私が気に入っているハンダづけのやり方の解説動画はまったく興味がないだろう。自分の愛する家族のビデオはもちろん自分にとっては楽しいものだが、ほかのすべての人にはまったく退屈なものだ。クズは見る者の目の中にある。


的場浩司

デビュー作『首都高速トライアル』の撮影中、芝居をしながら「あ、俺、天才だ」って思ったんですよ。だから、監督が「そこ、もっと笑って」と言っても、「俺、十分笑ってますよ」なんて偉そうに言い返してた。役者デビューの新人が。でも、できあがった作品を見たとき、唖然とした。そのシーンも監督の言うとおり、全然笑えてないし、全体的にロボットみたいな動きをしているし。もう、試写室で監督に土下座です。「申し訳ありませんでした」と。その瞬間に天才だと思っていた自分はどこにもいなくなって「最低だ、自分は」と痛感。本当に芝居は難しいものなんだと思い知ったんですよ。演じることの深さ、ゴールのなさ。それを初めての作品で学ばせてもらった。すごくラッキーでした。


佐々木常夫

他人のことは「仕事ができない」と決めつけ、自分は「仕事ができる」と思い込む。これはダメなビジネスマンの典型的な例です。正しく自己認識ができていないのです。


古川貞二郎

公平・公正の視点は人事でも重視しました。こまめに情報を上げに来てくれる人物はありがたい存在ですが、いくらか小さく見るように心がけ、見えにくいところで地道に実績を上げている人たちを評価するよう努めました。それにより組織が活性化し、信頼が深まる面もありました。