名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジャン・パウルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジャン・パウルのプロフィール

ジャン・パウル。ドイツの小説家。大学入学後、文学で生計を立てることを志す。初期はなかなか売れなかったが、『ヘスペルス』で名声を得た。その後、ドイツの偉大の作家たちと接しながら、晩年まで名声ある作家として生きた。代表作に『ジーベンケース』『巨人』『生意気盛り』『ヘスペルス』など。

ジャン・パウルの名言 一覧

常に謙虚であるならば、褒められたときも、けなされたときにも間違いをしない。


人生は一冊の本に似ている。馬鹿者たちはそれをペラペラとめくっていくが、賢い人間は念入りにそれを読む。なぜなら、彼はただ一度しかその本を読めないことを知っているからだ。


ジャン・パウルの経歴・略歴

ジャン・パウル。ドイツの小説家。大学入学後、文学で生計を立てることを志す。初期はなかなか売れなかったが、『ヘスペルス』で名声を得た。その後、ドイツの偉大の作家たちと接しながら、晩年まで名声ある作家として生きた。代表作に『ジーベンケース』『巨人』『生意気盛り』『ヘスペルス』など。

他の記事も読んでみる

平井伯昌

五輪などの大きな舞台に100%の状態で臨めるのは奇跡に近い。であれば、85%の調子でも勝てる実力をつけておけば、本番で絶好調でなくても結果を出すことができる。


土井英司

「エグゼクティブ・ダイエット」では、ジョギング禁止を提案しています。なぜなら、雨が降ったらやる気が失せるから。つまり、天候次第で、トレーニングできる日とできない日ができてしまう。ビジネスと一緒で、自分でコントロールできず、何かに依存した方法は挫折するリスクが高いのです。そのため、スクワットや腹筋などを推奨しています。それらは、場所も時間も選ばずにできるからです。


澤功

あるときインド人のお客様たちが言っていることがわからないので絵を描いてもらうと、細かな点々をたくさん描いて「これがほしい」という身振りをされる。塩を持って行くと「違う」。砂糖を持って行っても「違う」。「あとはこれしかない」と持つて行った胡椒が正解でした(笑)。そんなやり取りは、不自由というより、むしろ楽しいものです。


法華津孝太

山地土佐太郎社長から仕込まれたのは、値切ることである。外務省時代から、私は言い値が定価だと心得ていた。外交官が値切って物を買うなぞはしたないという見栄もあったのだろう。ところが山地さんは、商売人になったからにはとにかく物を安く買うことを覚えなければいけないと言い、私が購入伝票を社長のところへもっていくたびに必ず「君、これ値切りましたか」と聞く。私が値切っていますと言っても「ちょっと待ちたまえ」と片っ端から値切っていく。何件かの中にはやはり私の買った値段より安いところが出てくる。すると山地さんは「どうです。ここじゃあ、この値段だから、君の買った店にこれだけ引くように言いなさい」と言うのだった。


赤坂祐二

私も現場によく顔を出しますし、私から伝えたいメッセージは社内の様々なメディアを使って送っています。社員との対話はしっかりできている。本当に相当な労力をかけてやっていますよ。


渡邊陽一

創業当初は広告を出してもらうために接待するなど、「お願いして仕事をもらう」という状況が続きました。ところが講演の依頼は、相手から「お願いします」と言ってくる。これは鉱脈かもしれないと思いました。お願いされるということは、すなわち世の中に必要とされていることではないかと思った。そしてこれこそが、事業として継続していけるものではないかと。


黒田如水(黒田官兵衛)

大将が文道を好むというのは、必ずしも書物を多く読み、詩を作り、故事を覚え、文字を嗜むことではない。誠の道を求め、何事につけても吟味工夫を怠らず、筋目をたがえず善悪をただし、賞罰を明らかにして、心に憐みの深いのをいう。


リンダ・グラットン

日本の皆さん、我々ヨーロッパ人のように、もっと休暇を取って、ゆったりと人生を過ごしましょう。人の一生はますます長くなる。「シフト」に大切なこともきっと見つかるはずです。


小池百合子

社会全体で大義を実現していくには、「面白い」「楽しい」「かっこいい」といった「共感」が必要。共感があって初めて、実行できる。


山口悟郎

ミスしたと正直に言えないのは、怒られるのが怖いからでしょう。言い方や指導方法は考える必要がありますが、ミスを犯したら怒られるのは、当たり前です。ですから若い人には、怒られる勇気を持てと言いたいですね。


小倉昌男

監督官庁とよく喧嘩ができますね、といわれるが、父から江戸っ子の町人気質を受け継いだせいでしょう。「二本差しが怖くておでんが食えるか」という、侍への反発心です。
【覚書き|二本差しとは腰に大小の刀を差している人=侍のこと】


虚淵玄

作品の価値は、つくる人が考えることじゃない。