名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジャン・パウルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジャン・パウルのプロフィール

ジャン・パウル。ドイツの小説家。大学入学後、文学で生計を立てることを志す。初期はなかなか売れなかったが、『ヘスペルス』で名声を得た。その後、ドイツの偉大の作家たちと接しながら、晩年まで名声ある作家として生きた。代表作に『ジーベンケース』『巨人』『生意気盛り』『ヘスペルス』など。

ジャン・パウルの名言 一覧

常に謙虚であるならば、褒められたときも、けなされたときにも間違いをしない。


人生は一冊の本に似ている。馬鹿者たちはそれをペラペラとめくっていくが、賢い人間は念入りにそれを読む。なぜなら、彼はただ一度しかその本を読めないことを知っているからだ。


ジャン・パウルの経歴・略歴

ジャン・パウル。ドイツの小説家。大学入学後、文学で生計を立てることを志す。初期はなかなか売れなかったが、『ヘスペルス』で名声を得た。その後、ドイツの偉大の作家たちと接しながら、晩年まで名声ある作家として生きた。代表作に『ジーベンケース』『巨人』『生意気盛り』『ヘスペルス』など。

他の記事も読んでみる

小山甚一

私は、女性を雇うことに負担を感じたことはありません。「女性社員は扱いにくい」と考えること自体が、性悪説だと思います。扱いにくい社員は男性にもいますよ。人を採用し、育成するときには、性善説の考えを持つべきだと私は考えているのです。


冨田和成

職務スキルといえば資格を思い付きますが、大富豪で資格マニアという人はまずいません。例えば、外国語。私は英語以外の外国語も身に付けた日本人の大富豪に出会ったことがありません。もちろん、語学力は素晴らしい能力ですし、仕事の効率も上げてくれますが、それにかけた時間と労力が結果につながるのかを彼らは逆算しているということです。


勝間和代

私は最小限の労力で最大のリターンを得るために学習理論もひもといてきました。勉強のノウハウよりも、学習とはどういうことで、なぜ反復学習が大切なのか、何を喜びと感じるかなど学習の原則を学ぶのです。


宮本茂

物量を増やすなら、他人以上のことは簡単にできる。ハリウッド映画のように(ある作品が)50億円使ったら、次は100億円、次は200億円と。でも、それでは面白くはならないんです。量を増やすだけでは、密度は上がっていかない


松下幸之助

当時(太平洋戦争時)、政府に200トンの木造船の生産計画があり、大阪府にもこれを割り当ててきた。結局、これを松下でやることになった。電器屋が船をつくるというのだからまことに妙ちきりんなものだが、それでも1日1隻を目標に半年ほどのうちに工場を建ててしまった。一心とは恐ろしいもので、町工場の古い機械をほごして持ってきたような設備でも、夢中になってやっているうちに6日に1隻ずつできるようになり、終戦までに56隻を水に浮かべた。


大原孝治

近年、時代の変化は早くなる一方。情報のスピードが早ければより一層、企業には変化対応力が求められる。


ドナルド・トランプ

ミケランジェロやベートーヴェンのような人々が大変な苦難に見舞われたのは誰もが知るところだろう。だが彼らは打ち克ち、数百年後の今もその名は生き永らえている。他の人々が目標の達成までにどんな苦労をしたかを知ると気が楽になる。


松下雋

トップも普段は実務に関わっているわけではないのですから、レポートだけで判断せず、現場からの声に耳をしっかり傾ける必要があります。部下から悪い話が聞こえてこないような会社は、不健全な会社だと疑うくらいの姿勢が重要です。


栗原博

初めて上場企業の担当になった頃、それまで中堅中小のお客様で実績をあげていたので自信があったが、実際に上場企業担当になると、いままでのやり方が通用しなかつた。当時は「なにくそ」と反発したが、あのとき天狗の鼻を折られてよかったと思う。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

デジタルの世界でどんな革新的技術が古いビジネスモデルを壊して新しいものをつくるのか、それが分からないといけない。(シリコンバレーにラボをつくったのは)その目利きを作るためです。ラボの役割は、そこで新しい技術を開発するのではなく、シリコンバレーで起きていることをつぶさに見ること。そして、これはうちのテーマパーク型事業構造に使えそう、あるいはこう使ったら何かできないかというアイデアをどんどん投げてもらおうと考えているんです。


宮坂学

毎週1回必ず部下と一対一の30分ミーティングを行います。毎週30分をさくことは無駄なコストに見えるかもしれませんが、職場で上司と部下が一対一で話す機会は意外とない。人間は機械のようには動かず、そこには感情が影響します。顔と名前が一致して、「この人は話を聞いてくれる」という関係があって初めて、チームワークで仕事ができると思います。


佐藤優

僕は好きとかやる気を追い求めるより、40代になれば、まずはやるべきことをこなすことだと思います。責任をまっとうするなかで、それまで好きでなかった仕事が、だんだんおもしろくなってくるということもあると思う。