名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジャンルカ・ヴィアリの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジャンルカ・ヴィアリのプロフィール

ジャンルカ・ヴィアリ(ジャンルカ・ヴィアッリ)。プロサッカー選手(FW)、監督。イタリア・ロンバルディア州出身。得点王として活躍した。

ジャンルカ・ヴィアリの名言 一覧

ゆっくり行く者が、着実に遠くまで行ける。


ジャンルカ・ヴィアリの経歴・略歴

ジャンルカ・ヴィアリ(ジャンルカ・ヴィアッリ)。プロサッカー選手(FW)、監督。イタリア・ロンバルディア州出身。得点王として活躍した。

他の記事も読んでみる

羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

どんなサービスであっても、最終的には実在する拠点と、フェース・トゥ・フェースの対応ができる営業スタッフが必要になる。逆にいえば、店舗というインフラさえあれば、そこで売買でもライドシェアでもレンタカーでも何でもできる。


田中稔一

決裁書類のハンコの数を半減させ、社内メールにつけるカーボンコピー(CC、同じ文面を複数人に送るメール)は極力少なくすることを訴えてきました。仮に30人にあまり重要でないCCを送ったとすると、一人がメールを開いて読むのに1分かかったとすれば、合計して30分、その人たち、つまり会社の時間を浪費したことになってしまうのです。


藤田晋

合理主義で自己中心的な人は、「素早く、正確に仕事を処理する能力」は高くても、「顧客の気持ちに立った仕事」ができず、提供する商品やサービスが全く顧客の方を向いたものになっていないことがある。そんな人は、どこかで仕事が頭打ちになります。特に最終意思決定者にホスピタリティーがあるかどうかは、企業にとって重要です。


下地寛也

プレゼンで結論を言うときは、聞き手に驚きを与える結論を述べることがポイントです。気をつけたいのは、「職場環境の改善に必要なのは、コミュニケーションの活性化です」のように、当たり前のことを言ってしまうことです。これでは聞き手は興味を失ってしまいます。「コミュニケーションの活性化」という漠然とした大きな概念ではなく、「上司がチーム思いでありすぎるため、部門間に壁ができているのです」のように聞き手が予想する結論よりも一歩踏み込んだレベルにすることが大切です。


諸富祥彦

自分は嫌われているかもしれないという自覚を持つだけでも素晴らしい。常人にはなかなかできることではありません。しかし、大変身して人気者になろうとしても無理が生じるだけです。小さく、具体的に、少しずつ変わっていきましょう。そんなあなたの姿勢を嫌う人は誰もいないはずです。


高橋尚成

メジャー挑戦には、もちろん不安も一杯ありますよ。でも、目標を明確にして、そこにチャレンジしていく姿勢が大事なんだと思います。目標を見失ってしまうと、なにをしていいのか、わからないですし、自分がどの立場にいるかまで見えなくなってしまいます。


八木沼純子

リンクの上から去るときは、いつかくると思っています。でもそれは、いまではないかも……。まだやらなければならないことが、たくさんありますから。日本にフィギュアスケートを根づかせたいのです。荒川(静香)さんや(浅田)真央ちゃんのおかげで人気が急上昇したとはいえ、まだまだこれからだと思っています。リンクは次から次へと閉鎖されており、環境的には厳しい状態が続いていますし、バンクーバー五輪以降を担える選手の育成も、急務になっています。


名越康文

忙しい毎日の中で、新しいことに挑戦するには、煩雑な日常を受け止め、その中から無駄だと思われる時間を削り、新しいものが入る余地をつくってあげることが大切です。考えてみれば当たり前のことですが、ものごとが続かない人の多くはここでつまづいてしまうようです。


大山健太郎

下請けが作る部品を組み立てる大手メーカーでは、ユーザーが買いたい価格の実現は難しい。まずは製造工程を見直し、ビス1本まで内製化することで低価格でも利益を出す仕組みを作り上げました。


ボビー・オロゴン

投資は昔からやってるよ。最初に相場の世界を教えてくれたのは、ナイジェリアで貿易商をやっているお父さん。ボクは子どもの頃から見込まれて、オフィスに連れていかれては「これはドコソコの国からいくらで買ってきたモノで、これからいくらで売るから、利益はいくらになる」ということを教えてもらっていました。


中谷彰宏

部下がミスを犯したとき、上司が思わずカッとなるのは仕方がありません。しかし、その場で反射的に叱らないことです。ミスを犯したとき、部下は気持ちが動転しています。そんなときにいくら叱られても、その言葉を素直に受け入れられるわけがありません。かたや上司の方も、同様に動転していますから、「ただたんに怒る」ことになりがちです。ですから、カッとなったら、すぐその場から去ることです。そうやっていったん間を置き、冷静になってから理性的に叱るのが得策です。


美崎栄一郎

情報過多の時代、聞き手の記憶に1つでも残したら勝ち。それには、自分が面白いと思う内容に絞り、自分の言葉で話すことが大事。続けると、おのずと伝わるプレゼンができるようになる。