ジャンルカ・ヴィアリの名言

ジャンルカ・ヴィアリのプロフィール

ジャンルカ・ヴィアリ(ジャンルカ・ヴィアッリ)。プロサッカー選手(FW)、監督。イタリア・ロンバルディア州出身。得点王として活躍した。

ジャンルカ・ヴィアリの名言 一覧

ゆっくり行く者が、着実に遠くまで行ける。


ジャンルカ・ヴィアリの経歴・略歴

ジャンルカ・ヴィアリ(ジャンルカ・ヴィアッリ)。プロサッカー選手(FW)、監督。イタリア・ロンバルディア州出身。得点王として活躍した。

他の記事も読んでみる

早川徳次

私の苦労は宿命のようだった。時代も違っていた。私は自分が過去にやってきたことをいまの人たちに強制しようという気持ちはさらさらない。ただ苦労に明け暮れたころがいまとなってみると限りなく楽しい思い出となっているのである。


高橋晋平

嫌われてそうと感じる相手には、逆に懐に飛び込む。話せば相手の立場がわかったり、イメージと違う面も知ることができる。思い込みを捨てられます。


鵜浦博夫

家電メーカーが集落したのは顧客との接点を量販店に任せたからです。グーグルやアマゾンは直接ユーザーにリーチしています。「お客様のために」へ、もう一度立ちかえってやっていきたいです。


高橋智隆

ロボットというと、日頃の家事や雑用の代行から社会問題の解決まで、人間の面倒を押しつけようとしがちですが、そういった安直な発想から脱し、遊び心ある創造的発想で見守っていただきたいものです。


田渕裕哉

証券会社で営業マンをしていた頃、副業で特許翻訳のサービスを始めました。サービスの核となる翻訳は、私よりもっと英語が堪能な知人のネットワークに任せ、私は自信のあった営業スキルを活かすことにしました。その結果、早々に顧客がついて、半年で他のビジネスとあわせて月収200万円以上も稼げるようになりました。


永江朗

もちろん、他人の知見に頼りたくなる局面もあります。かくいう私自身も、数年前から京都と東京の二重生活を営み始める際に、周囲の何人かに意見を聞いてみたことがあります。私の場合、そうした意見のひとつに背中を押されて現在の生活にたどりついたのですが、結局決めたのは自分です。最終的には自分の心の声に従いました。


富野由悠季

まずは皆が見てくれるものを一生懸命作れ。なんで作品に自分の主義や主張が出てくるんだ。個性なんていうものは、嫌でも一番奥に置いていても出るんです。なのに初めから自分のつまらない個性をバンと出して作ったらつまらない映画にしかならないのは当然のこと。


藤田晋

07年にこのままではダメだということで、僕が直接アメーバの事業をやることにしました。僕が社長で、一番重要な事業はアメーバだと言っていたのですが、それまではアメーバを人に任せていました。当社はもともと広告代理店で、アメーバはメディア事業。会社としてメディアにシフトすると言っているのに、人任せでは何も変わらないことに気がついて、自分でやることにしたんです。


山崎元

所有することが社会的なポジションを表現する財産を「地位財」と呼びますが、この扱いが厄介です。たとえば、広くて立派な家は住人の経済力をアピールするし、自動車や高級時計、高級な衣服、子供に与える教育によって地位が示される場合もあります。ほとんどの人は地位財にこだわるのはくだらないと頭ではわかっています。でも他人の地位財に影響を受けてしまう。こうした人間の本性とも言える衝動に抗えるかどうかが、今後の人生の幸福度を左右します。


白井一幸

「俺も一歩目によく出遅れたよ」「そうか、かかとだったか」などと、相手の答えに共感や信頼を表すことで、質問が活きてきます。そうやって選手が自分で答えを見つけると、信頼関係が生まれる。すると、次に何かあった時には、指導者から質問をする前に選手のほうから「ちょっといいですか」「僕はこう思うのですが、コーチはどう思いますか?」と投げかけてきます。これだと選手が求めてきたことに答えを返すことになり、ティーチングも効率よくできるのです。そして、ここまでくれば、当然、選手は自分の頭で考え、自主的に練習するようになります。


休山昭

世界の都市と比べても特殊な場所である東京にフォーカスした、「LONG LIFE TOKYO」というリノベーションプロジェクトを昨年スタートしました。日本は今、6千万戸以上ある住宅ストックの循環が命題であるとともに、その中古住宅のリノベーション市場の成長が期待されています。リノベーションとは、単に復元することではなく、ライフスタイルに合わせて、間取りや内装を刷新し、「理想の住まい」によみがえらせることです。


藤沢武夫

トップが一緒に行動する必要がどこにありますか。年中一緒にいるということは、裏を返せば、お互いの意思が完全につながっていないことを示すものではありませんか。縦糸さえ通っていれば、一見お互いにばらばらの行動であってもいいのではないでしょうか。
【覚書き|本田宗一郎との仲について聞かれたときの発言】


角山剛

いわゆるお荷物部下を叱る場合、PDCAを一緒にチェックすれば修正点も見つかりやすいものです。勤務態度が悪い部下なら、若い世代に対する偏見はないかなど、自分にバイアスがかかっていないか確認したうえで、注意を促すべきです。


水留浩一

日本航空の場合は、経営陣の問題もあったかもしれませんが、それ以上に、規制の強い業界ということで政治家や官僚がチャチャを入れていた。みんながある意味で甘い汁を吸おうとしていたんです。そういうチャチャを一つ一つ遮断していきました。航空会社というのはほかの業種と比べれば参入障壁は高く、過酷な競争環境に晒されているわけではない。まっとうに、そして正直にやれば本来は破綻しないビジネスです。業務自体は変化していないのに、かつては赤字でいまは年間約1700億円の利益が出ているわけですから。


佐々木常夫

大事なのはスキルではなく、「志」をもつこと。どう働きたいのか、あるいはどう生きたいのか、その志さえあれば、スキルは後から自然とついてきます。


ページの先頭へ