名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジャンフランコ・ランチの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジャンフランコ・ランチのプロフィール

ジャンフランコ・ランチ。イタリア人経営者。「エイサー」CEO(最高経営責任者)、「レノボ」COO(最高執行責任者)。イタリア出身。トリノ工科大学卒業後、テキサス・インスツルメンツ・イタリアに入社。同社のノートパソコン部門がエイサーに買収されたことによりエイサー・イタリアに移る。エイサー・イタリア・マネージングディレクター、エイサー・ヨーロッパ社長などを経てエイサー本社の社長を務めた。その後、レノボに移り上級副社長を経てCOOに就任。

ジャンフランコ・ランチの名言 一覧

社員の多様性とそれを生かす文化は、世界で成功するための必須条件です。


レノボの特色は、「守りと攻め」の戦略にあります。


レノボの強みはハードウエアで収益を生めることです。それはPC事業で証明済みで、この形をサーバー事業に持ち込む。もちろんソリューションの提供も行いますが、それは、ソフトウエアベンダーやシステムインテグレーターなどのソリューションパートナーとともに提供していきます。


PCの形が変わる可能性はありますが、絶対になくならないと思います。PC市場は、全世界で年間約3億台、約20兆円の市場規模があります。市場の縮小速度も弱まり始めていて、むしろ、将来は盛り返してくると予測しています。


ジャンフランコ・ランチの経歴・略歴

ジャンフランコ・ランチ。イタリア人経営者。「エイサー」CEO(最高経営責任者)、「レノボ」COO(最高執行責任者)。イタリア出身。トリノ工科大学卒業後、テキサス・インスツルメンツ・イタリアに入社。同社のノートパソコン部門がエイサーに買収されたことによりエイサー・イタリアに移る。エイサー・イタリア・マネージングディレクター、エイサー・ヨーロッパ社長などを経てエイサー本社の社長を務めた。その後、レノボに移り上級副社長を経てCOOに就任。

他の記事も読んでみる

永井義男

過去に比べれば確実に今のほうがよくなり、未来はもっとよくしていかなければいけない。「昔はよかった」では、考えが未来に向かいません。そのフィルターは外すべきです。


中埜和英(八代目・中埜又左衛門)

これから世の中はすごく変わっていくでしょう。デジタル化という流れの中で、18世紀の産業革命を上回る、想像を超えた変化が起こるかもしれない。我々は10年先を占うことはできませんが、仮説を立てることはできるはずです。1年ほど前から、専門家も交えて議論を始めました。社内のメンバーは私以外に8人います。国内外の幅広い分野について10年先を予測して、どういう課題があり、それをどう乗り切るのかを考えるのです。


泉谷直木

従来の延長線上ではない時代がくる。いままでと同じことをやっていたのでは対抗できない。


梁瀬泰孝

世界初のVR(仮想現実)不動産遠隔接客店舗「どこでもストア」をオープンしました。人手不足や潜在顧客の発掘など不動産業者の悩みを解決する手段を通信サービスの面から提供していきます。


樫尾和宏

ブームに乗っかっただけの製品はどこかで大衆化したり汎用化したりしてしまいます。本当にユーザーが欲しいものは何か、先回りした製品開発をしていきます。


池田貴将

目標設定で大事なのは、「手が届きそう」「実現可能性がある」こと。実現のイメージが湧かない高すぎる目標もまた、人を無気力にしてしまうのです。モチベーションを上げるには、「難しそうだけどできること」を掲げることです。具体的な数値を出せば、「手が届きそう」かが判断できるのです。


山田昇(ヤマダ電機)

トップのリーダーシップは必要だが、それによってできることはたかが知れている。上に立つ人間は、規模にかかわらず全員経営ができる仕組みを、コーポレート・ガバナンスを含めてつくる必要があるのだ。


上田準二

もはや安くすれば売れるという時代でもなく、我々小売業としては常に新しいもの、また、付加価値の高いものを値頃感のある価格、いわゆる適正価格でどれだけ打ち出していけるかだと思う。


豊田泰光

無難な判断に流れる傾向は、職場の中だけでなく、組織全体に広がっているような気がします。この不況下で大企業は次々とスポーツから撤退していきました。聖域なきリストラの観点からすると正しいのかもしれない。でも、同じリストラが必要になった企業でも、日産自動車は野球部を潰しませんでした。ゴーン社長が試合を応援する社員の姿に感激し、存続を決めたからです。日本人の経営者より外国人の方が、我々の胸にぐっとくる心意気を持ち合わせているということになるのでしょうか。


宋文洲

仕事が速い人は集中力がありますね。日本のビジネスマンのなかには、就業時間内にもっと集中して仕事をすれば、残業なんてしないで帰れる人が結構いると思いますよ。


鈴木修

民間企業の社長の任期は少なくとも5年か7年くらいにしたほうがいいんじゃないかなあと思いますよ。長期方針を考えていくことが民間では重要ですから。よほど慎重に考えながら10年先を読める人、10年計画を立てられる人がいいんじゃないでしょうか。その意味では任期にはこだわらないということでしょうね。


出口治明

21世紀の私たちは、いわば「海図のない航海」に出ているのです。絶対的なモデルがないから、どうしたらいいかは自分の頭で考えるしかない。