ジャンフランコ・ランチの名言

ジャンフランコ・ランチのプロフィール

ジャンフランコ・ランチ。イタリア人経営者。「エイサー」CEO(最高経営責任者)、「レノボ」COO(最高執行責任者)。イタリア出身。トリノ工科大学卒業後、テキサス・インスツルメンツ・イタリアに入社。同社のノートパソコン部門がエイサーに買収されたことによりエイサー・イタリアに移る。エイサー・イタリア・マネージングディレクター、エイサー・ヨーロッパ社長などを経てエイサー本社の社長を務めた。その後、レノボに移り上級副社長を経てCOOに就任。

ジャンフランコ・ランチの名言 一覧

社員の多様性とそれを生かす文化は、世界で成功するための必須条件です。


レノボの特色は、「守りと攻め」の戦略にあります。


レノボの強みはハードウエアで収益を生めることです。それはPC事業で証明済みで、この形をサーバー事業に持ち込む。もちろんソリューションの提供も行いますが、それは、ソフトウエアベンダーやシステムインテグレーターなどのソリューションパートナーとともに提供していきます。


PCの形が変わる可能性はありますが、絶対になくならないと思います。PC市場は、全世界で年間約3億台、約20兆円の市場規模があります。市場の縮小速度も弱まり始めていて、むしろ、将来は盛り返してくると予測しています。


ジャンフランコ・ランチの経歴・略歴

ジャンフランコ・ランチ。イタリア人経営者。「エイサー」CEO(最高経営責任者)、「レノボ」COO(最高執行責任者)。イタリア出身。トリノ工科大学卒業後、テキサス・インスツルメンツ・イタリアに入社。同社のノートパソコン部門がエイサーに買収されたことによりエイサー・イタリアに移る。エイサー・イタリア・マネージングディレクター、エイサー・ヨーロッパ社長などを経てエイサー本社の社長を務めた。その後、レノボに移り上級副社長を経てCOOに就任。

他の記事も読んでみる

田中和彦

ワークライフバランスという言葉が普及した成果、自分の時間を仕事とプライベートの二つに分けて考える人が増えてきました。しかし人生は二分法で切り分けられるほどシンプルではありません。会社で働く自分、遊んでいる自分以外にも、もっと多様な自分がいるはずです。


ロバート・マートン

投資にフリーランチはない。リスクが低いと喧伝されている投資には手を出してはならない。


松本義弘

とらえどころがないものは、絶対に真似できないし、それゆえに強い。


宮内誠

父(オリックス会長・宮内義彦)が教えてくれたことはほんの5つくらいしかありません。父のすごいところは、同じことを何十年も言い続けていることです。しかもその言葉の背景も教えてくれる。


樋口宏江

私が若い頃は、「見て倣え」と言われたものです。先輩たちの動きを見て、一つずつ覚えていきました。でも今は手取り足取り教えています。その意味では時代が変わりました。


松橋良紀

低価格競争に流されないためには、「当社はこれだけ安く提供できます」といった価格訴求ばかりではなく、「当社からお買い上げいただくと、ほかにもこんな利点があります」という自社ならではのメリットをしっかりとアピールしておくことが大切です。


津村記久子

せっかちになりすぎない。ズルもしない。その覚悟が持てるんやったら、誰でも、こんな時代であっても何かかなえられることはある。


中澤優子(経営者)

会社が大きくなると、ある人はカメラの一部、ある人はガラスというように分業化されて、自分が何をつくっているのか見えづらくなります。私はそれを「冷たいものづくり」って呼んでいますが、そうやってできたものはすぐ飽きられて捨てられがちです。それはやっぱり悲しいので。


マハトマ・ガンジー

必要なものだけを得る、シンプルで簡素な暮らしでいい。そんな精神を持って働く人々の仕事を評価しないのは大いなる損失である。


赤羽雄二

同年齢、5歳上、10歳上、5歳下、10歳下で2名ずつ、何でも相談できる相手をつくっておくことが情報収集や仕事を進めるうえでのバランス感覚を得るためにも重要だと考えています。


小嶋淳司

目の前で起きている潮流が、自分自身の商売に当てはまることか否か、(自社の)状況やスケールに応じて本質を誤りなく見抜くことが大切。


マザー・テレサ

この世界は食べ物に対する飢餓よりも、愛や感謝に対する飢餓の方が大きいのです。


川上量生

道を踏み外した人たちに元気を出せ、頑張れなんて言ってもしょうがなくて、こうすれば勝てるよ、という具体的な武器を与えてあげたいんです。精神面じゃなくて。


秦建日子

1冊の本を読むには、かなりの時間がかかります。読者からそれだけの労力を頂いている以上、何らかのポジティブなものを残すのは書き手の義務だと思っています。


岩澤俊典

当社のコンサルティングでは、グローバルで統一すべき領域と、ローカルで維持すべき領域のバランスを重視しています。画一的なプロセスを無条件に普及させるのではなく、ローカルの特性を大事にするアプローチが欠かせないと考えています。競争力を担保しながら、標準化していくわけです。


ページの先頭へ